★注目5/22『セブン&アイGのリアルとネットの融合戦略講演』!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.年内底打ち、最悪期脱した日本!回復後の布石が不可欠!
◆2.次世代携帯で日中が協力!4/29日中首脳会談で合意へ!
◆3.インドで日系企業向け情報誌を2千号発行した小和田さん!
◆4.注目5/22!セブン&アイのリアルとネットの融合戦略講演!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。春の褒章(704人・24団体)でWBCで連覇を果た
 した日本代表チームが紫綬褒章に選ばれましたね。本当にご
 苦労様でした・・・。心から熱く励まされましたよ・・・。
   
●今日の元気の出るニュースの第1は、『年内に底打ち、最悪
 期を脱した日本経済!回復後の展望・布石が不可欠になる』
 という待望の朗報です。どうぞお楽しみに・・・。
 
●今日の元気の出るニュースの第2は、『次世代携帯で日中が
 協力!4/29の日中首脳会談で合意へ』という頼もしい話題で
 す。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『インドで日系企業向
 けの情報誌をすでに2千号発行した小和田宏明さん(70)』の
 地道な快挙の話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、5/22『EC研フォーラム』の4講演・4講師の概
 要がすべて決まりました。
 
●本日は特に、セブンアンドワイさんの、『セブン&アイ・グルー
 プのリアルとネットの融合と、ネットとメディアの融合について』
 講演2にご注目いただければ幸いです。【新着情報(1)】

●お早目のお申し込みをスタッフ一同、心から歓迎いたします。

------------------------------------------------------
◆1.年内底打ち、最悪期脱した日本!回復後の布石が不可欠!
------------------------------------------------------

●4/28日経記事(5面、マドリード発・馬場燃記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.訪欧中の経団連の御手洗会長は、「補正予算が通れば年後
  半の底打ちを予測できる」との認識を示した。
2.「(日本経済は)7月~9月に底を打ち、10月~12月には少し
  あがる気配になれば理想的だ」。
3.「補正予算が通れば、景気の底割れを確実に防げる。特に、
  雇用増大と環境分野での需要喚起が盛られており、労働人
  口が多い自動車や家電産業への刺激効果が見込める。年
  後半の景気底打ちに寄与する」。
4.「今は政府支援や公的資金が必要だが、やはり経済のダイ
  ナミズムを担うのは民間。景気回復後の『出口論』も、そろそ
  ろ考えていく必要がある」との認識を示した。  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●まったく同感です。中国に続いて日米欧の景気が年内にも底
 を打ち、(1)経済・産業の情報化(IT化・EC化)と、(2)経済・産
 業の環境化(エコ化)を両輪に、健全な発展軌道に乗ることを
 強く希望し、微力を傾けていきたいと強く念じている次第です。

------------------------------------------------------
◆2.次世代携帯で日中が協力!4/29日中首脳会談で合意へ!
------------------------------------------------------

●4/28日経記事(1面トップ)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.麻生首相と温首相は明日4/29、北京で会談し、次世代(3G
  と3.9G)携帯電話の開発に向けた技術協力の枠組みで合
  意する。
2.両政府が新たな端末開発やインフラ整備で連携し官民の協
  力を主導。動画などコンテンツの共同研究も促していく。
3.日本は、技術協力をテコに約6億5千万件(世界最大)の中
  国携帯電話市場への日本企業の進出を後押しする。
4.中国政府は、日本側との連携で、中国企業の技術力向上を
  狙う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●こうした動きを心から歓迎したいと思います。遅ればせですが、
 こうした機会(チャンス)をテコにして、日本のケータイ市場・ケ
 ータイ技術・ケータイコンテンツの底力を、国際ビジネスと国際
 貢献の両面で、大いに発揮して欲しいと思うのですが、いかが
 でしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆3.インドで日系企業向け情報誌を2千号発行した小和田さん!
------------------------------------------------------

●4/28朝日記事(2面、山田理恵記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.『日刊インドビジネス』誌が発刊から8年半で、2千号を超えた。
2.同誌の本社は、ニューデリーにあり、日本人と現地人の合計
  10人のスタッフがいる。
3.インドの新聞・通信社9社の約20件の記事を翻訳し紹介して
  いる同誌は、日系企業など約3百団体向けに週5日、有料で
  配達&配信されており、大変に重宝がられている。
4.同誌を創刊し育てた小和田宏明さん(70)は、98年に新天地
  を求めてインドへ。成功の秘密を問われて、小和田さんは、
  「いまの仕事と同じ。とにかく続けることです」と語っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●今年の10/10で満10周年を迎える小紙も、小和田さんにあや
 かり、ぜひ20年~30年と、「とにかく続けていきたい」と心から
 念じています。今後とも、どうぞご愛読を・・・。

------------------------------------------------------
◆4.注目5/22!セブン&アイのリアルとネットの融合戦略講演!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/22『EC研フォーラム』4講演・4講師が決まり
 ました。

●本日は特に、セブンアンドワイさんの講演2、『セブン&アイ・
 グループのリアルとネットの融合戦略』にご注目いただければ
 幸いです。【新着情報(1)】

●『ネットと実店舗の融合型』の成功事例として、ネットスーパー
 事業が、年率50%~60%の高い伸びを示しており、最大手の
 年商は早くも2百億円を超えようとしています。

●これから伸びてくる『ネット&実店舗融合型』ビジネスの有力
 候補に、(1)ネットコンビニ事業、(2)ネットデパート事業があ
 ります。そうした流れ(トレンド)の中で、セブンアンドワイさん
 の、今回の講演2に、改めてご注目いただければ幸いです。

●非会員さんや初めて参加される方々のお申し込みを、心から
 歓迎いたします。最下段の申し込み欄に必要事項をご記入の
 うえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

●【謹告】:オプトさんの本社移転に伴い、会場が従来の大手町
 から神田錦町に変わりました。

☆===================================================☆
■日時:2009年5月22日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26一ツ橋SIビル1階、(株)
 オプトさんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神保
 町駅』A9出口下車・徒歩1分。
 東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「インタレストマッチ」が切り拓く、インターネット広告の未来』
 オーバーチュア株式会社 マーケティング部 マネージャー
 河田 顕治氏 http://ov.yahoo.co.jp/
◆講演の概要:
 ・インターネット広告の現況
 ・オーバーチュアの成り立ちと検索連動型広告の歴史
 ・興味関心連動型広告「インタレストマッチ」の概要と使いこなし
  のポイント、今後の展開について
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話
 しする予定です。
◆河田顕治氏の略歴:
 1973年、滋賀県生まれ。大阪大学・人間科学部を卒業。海外ビ
 ジネス系通信社のウェブサイトの企画・運営などを経て、2003年
 1月から、検索エンジンマーケティング(SEM)に携わり、その有
 効性について広く訴求・啓蒙に努めています。
 2006年9月より現職。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:【新着情報(1)】
 『セブン&アイ・グループのリアルとネットの融合と、ネットとメデ
 ィアの融合について』
 セブンアンドワイ株式会社 管理本部 広報担当責任者 
 宮田 祐江氏 http://www.7andy.jp/all/
◆講演の概要:
 1.セブンアンドワイの成り立ち
 2.セブン&アイグループの事業領域について
 3.「リアルとネットの融合」について
 4.「ネットとメディアの融合」について
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話
 しする予定です。
◆宮田祐江(ひろえ)氏の略歴:
 1989年、大日本印刷入社、デジタルコンテンツの企画制作を担
       当。
 2000年、イー・ショッピング・インフォメーション入社、サイト統括
       を担当。
 2002年、ヤフージャパンの業務受託で、ヤフー・ブックスのプロ
       デ ューサーを担当。
 2008年、日テレ7に出向し、ポータルサイトの立ち上げを担当。
 2009年、セブンアンドワイの広報担当責任者に着任。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『ムトウのネット戦略と通販サポートメニュー』 
 株式会社ムトウマーケティングサポート 通販サポート部長 
 高山 隆司氏  http://www.mutow-ms.jp/
◆講演の概要:
 総合通販のムトウが、カタログビジネスから生き残りをかけて
 ネットビジネスに戦略転換した過程をお話しする予定です。
 ・通販進化論 通販の進化と生き残り策について
 ・脅威のネット受注10%⇒65% ムトウのネット戦略
 ・ネット勝ち組企業の事例紹介
 ・(株)ムトウマーケティングサポートの通販サポートメニュー
 システムサポート、フルフィルサポート、プロモーションサポート
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しする予定です。 
◆高山隆司氏の略歴:
 1957年、静岡県浜松市生まれ。
 1981年、(株)ムトウに入社。
 1985年、新規事業開発部 食品通販を立上げ。
 1995年、通販事業部マーケティング課長として、DB分析、ロイ
       ヤル会員制の導入などに従事。
 2000年、データマイニング、ポイント制の導入。
 2003年、ネット戦略の導入。
 2006年、ソリューション営業部にて、通販ソリューション事業を
       確立。
 2008年、(株)ムトウマーケティングサポートを設立
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【新着情報(2)】
 ビックタウン株式会社 営業開発部部長 中村 篤弘氏
 http://bict.jp/
◆講演の概要:
 ・通販、モバイルを取り巻く環境
 ・モバイル通販の基本
 ・売れる商品ページとは
 ・売れる商材とは
 ・モバイルのマーケティングについて 
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話
 しする予定です。
◆中村篤弘氏の略歴:
 神奈川県出身。大学を卒業後、大手ドラックストアに就職。
 リアルの小売業にて、売り場づくりからOEMの販売に力を入れ、
 複数の店舗の売上アップ、品質の向上に大きく貢献しました。
 その後、日本NCR株式会社にて、小売(POSレジ)システムの
 普及事業に従事。以前より興味を持っていたECの業界に飛び
 込むべく、2006年にビックタウン株式会社に入社。
 様々なモバイル広告メニューを作成・実施・検証し、100社以上
 のECサイトの売上を10倍、20倍と伸ばし、同社・営業開発部部
 長に就任。現在に至っています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・郭・佐藤
------------------------------------------------------
○5/22(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●5/1から精華大学の女性教員で、東大大学院留学のため来日
 中の郭韻(グォ・ユン)さんがEC研の事務局に研究員として加
 わります。(詳細につきましては、次号でご紹介の予定です)

●現在EC研では、インターン生・1名を求めています。本人の志
 望と適性により、近い将来、フルタイムの正規のスタッフへの登
 用も可能です。人事面接担当の土屋までご推薦・ご応募・お問
 い合わせいただければ幸いです。

●仕事の内容は、(1)70%が経済・産業の情報化(IT化・EC化)
 分野に、(2)30%が経済・産業の環境化(エコ化)分野になりま
 す。


●以上、どうぞよろしくお願いします。

============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済
新聞』編集部/代表・土屋憲太郎・金澤・佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
『情報経済新聞』のブログ: http://ecken.jp/blog/
『環境経済新聞』のブログ: http://eckenkyuka.exblog.jp/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』: http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』: http://ecken.jp/mcg/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』:
http://ecken.jp/jk/
============================
[PR]

by ecken | 2009-04-28 16:09 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31