★7/10『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.セブンイレブン値引販売を容認へ!廃棄額の15%を負担!
◆2.昭和シェル、サウジ国営と共同で太陽光発電事業に参入!
◆3.環境技術の産業連携化と知財化促進=坂田提言の価値!
◆4.7/10の『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。エコカーブームの自動車業界やエコ(省エネ)家
 電ブームの家電業界だけでなく、流通小売業にも『グリーン・
 グロース』(環境を重視した経済成長)の大波がやって来てい
 ますね。
 
●今日の元気の出るニュースの第1は、公取の排除命令を受
 けて、『セブンイレブンが値引販売を容認し、食品廃棄金額(
 仕入れ原価で計算)の15%を本部が負担する』という、歓迎
 すべき話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『昭和シェルが、サウ
 ジアラビア国営の石油会社と共同で太陽光発電事業に参入
 する』という今後が楽しみな話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『世界トップの日本の
 環境技術の産業連携化と知財化を促進する坂田提言の価
 値』という、極めてタイムリーな話題です。どうぞお楽しみに。

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式
 に決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に
 好評です。

●本日は特に、NTTドコモさんの講演1、『NTTドコモによるEC・
 通信販売事業への進出~オークローンマーケティング(OLM)
 との資本提携について~』に、ご注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報
 を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.セブンイレブン値引販売を容認へ!廃棄額の15%を負担!
------------------------------------------------------

●6/24朝日記事(1面)・6/23朝日記事(1面・2面、小島・五十
 嵐・益増・高田・伊藤の5記者)・6/23朝日記事(11面)によれ
 ば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.6/22の公正取引委員会の排除措置命令を受けて、セブン
  イレブンは、6/23の記者会見などを通して、値引販売を容
  認し、売れ残りの弁当などを廃棄する場合、その仕入れ原
  価の15%を本部が負担する方針を明らかにした。今年7月
  から実施する。
2.この方針転換により、現状の廃棄食品の負担額=仕入れ
  原価の総額=約667億円のうち、本部負担の百億円、加盟
  店負担の567億円の圧縮が双方の今後の課題になる。
3.また、現状の廃棄食品量(推定・年間17万トン)の圧縮が、
  本部と加盟店双方の今後の課題になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●07年に改正された『食品リサイクル法』は、コンビニを含む
 食品小売業に対して、2012年度までに、リサイクル率を07年
 度の35%から45%まで向上させることを義務づけています。

●また、2010年4月に本格施工される『改正省エネ法』(経産
 省の試算)によれば、コンビニで30~40店、ファストフードで
 25店、フィットネスクラブで8店を超える流通・サービス各社
 には、年間のエネルギー使用量を報告し管理し減らす義務
 が課せられます。

●コンビニ大手各社とその加盟店のオーナーには、コンビニ
 本来のビジネスモデル(収益構造)を尊重しながら、食品の
 廃棄量を減らし、省エネに努め、国内外の店売・ネット販売
 ・通販分野などで、世界最高の競争力を保持しながら、今
 後とも、さらに健全な経済成長を着実に実現して行かれる
 ことを、強く要望しておきたいと思うのですが、いかがでしょ
 うか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆2.昭和シェル、サウジ国営と共同で太陽光発電事業に参入!
------------------------------------------------------

●6/24日経記事(1面トップ、11面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.昭和シェル石油は、サウジアラビアの国営石油会社サウジ
  アラムコ社と共同で太陽光発電事業に参入する。
2.まず、2010年に、サウジに昭和シェルの太陽電池を使い、
  小規模分散型発電所を建設。地域の家庭や公共施設に電
  力を供給する。
3.2012年をメドに合弁会社を設立し、中東のほか東南アジア
  などの新興国でも事業を展開する。
4.日本とサウジの石油大手が手を組み、太陽光発電を新たな
  収益源に育成する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●太陽光発電事業への参入では、すでに太陽光パネル国内
 最大手のシャープが昨年、イタリアの電力会社エネル社と提
 携して、同国でのパネル生産と発電事業に乗り出すことを発
 表しています。

●今回のニュースは、石油や天然ガスを燃やさない方向に進
 む、現在の『環境・エネルギー革命』の流れを受けて、消費
 国日本と、産油国サウジアラビア両国の石油大手企業が手
 を組み新たな収益源として、太陽光発電事業を育成しようと
 している点(その切実な点)が大いに注目されますね・・・。

------------------------------------------------------
◆3.環境技術の産業連携化と知財化促進=坂田提言の価値!
------------------------------------------------------

●6/24日経『経済教室』記事(29面、東大教授の坂田一郎氏の
 寄稿)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.世界的に革新的な環境技術の創成を目指した学術研究が
  盛り上がっており、この分野(特定の4分野)では日本の大
  学や研究機関が世界のトップグループにある。  
2.学術研究と産業技術のリンケージ(距離の短縮)という観点
  から見ると、日本のグリーン・イノベーション(環境を重視した
  技術革新)のために下記の3点を提案したい。
3.◆まず第1に、学術文献と特許の双方を対象にした、『シー
  ムレスな検索エンジン』の開発である。
  ◆第2に、日本版の『仮出願制度』の導入である。米国には
  すでに同制度があり、簡略な早期出願による権利確保に役
  立っている。
  ◆国内の大学で国際競争上、重要な技術が生まれた場合、
  その特許出願をサポートする最高の『ドリームチーム』を編
  成し、派遣する仕組みを設けることである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●現行の特許法が制定から50周年の節目を迎えている現在、
 ぜひ実現して欲しい提言ではないかと思うのですが、いかが
 でしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆4.7/10の『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!
------------------------------------------------------

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式に
 決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に好評
 です。

●本日は特に、NTTドコモさんの講演1、『NTTドコモによるEC・
 通信販売事業への進出~オークローンマーケティング(OLM)
 との資本提携について~』に、ご注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報を
 心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
☆===================================================☆
■日時:2009年7月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー11階、ヤフー
 (株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『NTTドコモによるEC・通信販売事業への進出~オークローン
 マーケティング(OLM)との資本提携について~』
 NTTドコモ 理事 グループ事業推進部長 兼 新事業領域開
 発室長 守屋 学氏
 http://www.nttdocomo.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月、NTTドコモは、ビリーズブートキャンプなどのヒット作
 を生んでいるオークローンマーケティング社と資本提携、51%
 の株式を取得しました。コマース領域への本格的な進出はドコ
 モにとって初めて、また、通販業界においても通信キャリアとの
 提携は例のないことです。この新事業領域へのチャレンジをテ
 ーマに、
 ・ドコモの新事業領域
 ・通信販売市場とモバイルビジネスの親和性
 ・オークローンとの資本提携の理由
 ・今後の事業展開構想
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆守屋学氏の略歴:
 1960年生まれ、東京都出身、東京大学・経済学部卒業。
 1984年に日本電信電話公社に入社。以後NTTにおいて主とし
 て財務管理・ファイナンス業務を担当。2004年にNTTドコモに
 転籍。2005年より携帯クレジット事業、モバイルCRM、決済サ
 ービスの立ち上げ・展開などに従事、本年4月より現職。
※守屋氏はオークローン社の副社長も兼務しています。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『丸善店舗メディアの可能性 -新サービス「マルエムビジョン」
 の登場-』
 大日本印刷株式会社 C&I事業部メディア本部 
 ビジネス企画開発室 室長 福武 謙氏
 http://www.dnp.co.jp/
◆講演の概要:
 ・丸善の持つ「知的・創造空間」
 ・丸善店舗メディアと企業文化
 ・ クロスメディア情報端末「マルエムビジョン」
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話し
 する予定です。
◆福武謙氏の略歴:
 1958年、兵庫県生まれ。1981年大日本印刷株式会社入社。放
 送通信事業のサービス開発やコンテンツ事業を担当。2008年4
 月からDNPと丸善の資本・業務提携を受け、丸善店舗メディア
 事業や丸善教育・学術事業のサービス開発や事業運営を担当
 しております。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「だからあなたの会社のホームページは売れない」~今日か
 らすぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』
 株式会社セルフデザイン 代表取締役 古澤 暢央氏
 http://www.self-design.jp/
◆講演の概要:
 ・今すぐ止血を CPAを劇的に下げるPPC広告運用5つのチ
  ェックポイント。
 ・危険『SEO=上位表示=リンク獲得』は全くの間違い。
 ・ヤフー・カテゴリー登録の極意と最大のSEO効果を得るコツ。
 ・これがSEO対策の成果だ 実例紹介。
 ・実例から学ぶ究極の自然リンク獲得法。
 ・SEO対策、PPC広告運用で企業再生を実現した実例紹介。
 ・2年先をいく米国の最新SEO対策テクニック。
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆古澤暢央氏の略歴:
 1974年、札幌市生まれ。北海道立札幌北高校中退し上京する
 も失敗を続け約8か月間のホームレス生活の後、25歳で一念
 発起し、(株)光通信に入社。150ブースの大規模コールセンタ
 ーを統括するマネージャー経験を経てIT系ベンチャー企業に
 転職。社運を掛けた新規事業を失敗させ、30歳のときに特別
 損失5億円とともにリストラ。資金もコネもアテも無い状態でア
 フィリエイトを自宅アパートでスタートしSEO対策を独学で習得、
 1年目に1人で1億円の収益を上げることに成功し法人を設立
 する。現在は大検を取得し、グループ3社のCEOを務める傍
 らMBAを取得するため経営大学院に通い最先端のインター
 ネット・マーケティング手法と伝統的な経営理論を融合させ、机
 上の空論ではなく、実践に使える経営戦略スキルを編み出して
 います。
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【新着情報です】
 『「LightBike(ライトバイク)」ヒットに至るまでの経緯と今後の展開
 ~全米No.1 iPhone(アイフォーン)アプリになったその要因~』 
 株式会社パンカク 代表取締役 柳澤 康弘氏
 http://www.pankaku.co.jp/company.html
◆講演の概要:
 株式会社パンカクの3D対戦ゲーム『LightBike(ライトバイク)』が
 今年2月に米AppStore(アップストアー)の有料アプリランキング
 の第1位を獲得しました。
 当日は、ヒットに至るまでの経緯と、日本のモバイル・アプリケー
 ション・デベロッパーで唯一の快挙を成し遂げられた要因につい
 てお話ししたいと思います。
 ・パンカクについて
 ・現在のiPhoneアプリ市場について
 ・パンカクのiPhoneへの取り組み
 ・LightBikeについて
 ・今後の展開について
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆柳澤康弘氏の略歴:
 1980年、群馬県生まれ。慶応義塾大学・総合政策学部卒。携
 帯サービス製作会社、SNSパッケージ製作会社の創業を経
 て、2007年2月に株式会社パンカクを設立。iPhone/Android
 /Oviなどのプラットフォームを利用して、全世界の携帯電話
 を対象に、アプリケーションを開発し提供しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※7/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。7/8
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○7/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ecken | 2009-06-24 18:39 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31