★1/19残席あり!地図にブログ情報を加えた講演3に注目!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(第512号)★2007/01/09発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.団塊の消費は堅実!生活者が参加する価値の創造・増幅!
◆2.1/19残席あり!地図にブログ情報を加えた講演3に注目!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●明けましておめでとうございます。倍旧のご愛顧・お引き立ての
 ほど、どうぞよろしくお願いいたします。

●新春のテレビ番組の中で、堺屋太一さんが今後の日本の姿と
 して『黄金の10年』を予測・命名していたことが印象的でした。

●日本の『黄金の10年』の前提条件として、日本や世界の『平安
 の10年』が不可欠です。戦後60年の平和をさらに10年・20年・
 30年と継続・延長していくことが強く求められているのではない
 でしょうか。

●微力ですが、愛読者の皆様とともに、ウェブ2.0、ウェブ3.0
 も含めて、日本経済の『平安の10年・20年・30年』を、そして『黄
 金の10年・20年・30年』をぜひ実現していきたいと念じています。

===========================
◆1.団塊の消費は堅実!生活者が参加する価値の創造・増幅!
===========================

●1/5日経MJ紙の優れた特集、『2007年の消費 経営者100人
 はこう見る』によれば、

------------------------------------------------------
1.経営者が今年を占うキーワードとして選んだのは『団塊』。(
  昨年はロハス)
2.今年を象徴する色は明るいブルーで2年連続トップ。晴れ渡
  った青空のイメージ。
3.サントリー次世代研究所・部長の佐藤友美子さんは、団塊の
  世代について、「この世代は趣味を極める、資格取得のため
  の勉強、海外移住などといった今後20年間を見据えた堅実な
  消費行動を取る」と予測。
4.電通消費者研究センター・スーパーバイザーの野村尚矢さん
  は、「バブル崩壊から10数年が経過。ようやく日々の生活をき
  ちんと楽しみ充実させたうえで、明日を考えられる気分が広が
  りつつある」
5.同「ブログやSNSなど、消費者(生活者)が自ら参加して価値
  を創造したり、増幅したりする動きが定着しつつある」と分析。
------------------------------------------------------

●ネットビジネスの基盤には、GDP約500兆円の60%=約300
 兆円にのぼる家計消費があります。こうした消費動向に無関
 心・無関係なネットビジネスは、荒唐無稽な根無し草となり、そ
 の末路は(現在・裁判中の堀江・村上両被告のように)哀れな
 ものにならざるを得ないのではないかと思います。

●今年も、日本のIT分野・ネットビジネス分野・EC分野各社・各
 団体・各個人の堅実で着実な前進・成長を心から願いながら、
 微力を尽くせるように努力して参りたいと思います。
 
===========================
◆2.1/19残席あり!地図にブログ情報を加えた講演3に注目!
===========================

●おかげさまで1/19(金)午後のEC研・合同フォーラム(第110回)
 4講演の概要が下記の通り決まりました。

●好評が予想されます。新年早々で何かと忙しいところ、誠に恐
 縮ですが、最下段のお申し込み欄の必要事項をご記入のうえ、
 至急お申し込みいただければ幸いです。

●毎回の参加者(80名前後)のうち、約4割の方々が非会員さん
 です。また約2割の方々が初めての参加です。どうぞ遠慮なく、
 お申し込みくださいね。スタッフ一同、朗報をお待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年1月19日(金) 13:00~17:00 
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-3
 -6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、総
 研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『「街でも使えるETC」サービスの取組み状況と今後の期待』
 三菱商事株式会社 理事 ITS事業企画部長 小池 建四郎氏
 (ITS事業企画株式会社 社長を兼務)
 http://www.mitsubishicorp.com/jp/bg/cs/investments.html#d
◆講演の概要:(新着情報)
・クルマへの通信インフラとしてなぜDSRCに注目・注力しているの
 か
・ITS事業企画(株)によるIBAプロジェクトの取り組み状況
・ITS/DSRCサービス事業推進に向けた今後の期待
 三菱商事はITS/DSRCを活用した駐車場等での自動入退場、
 課金決済、情報配信サービス、ガソリンスタンドでの給油料金自
 動決済等の次世代サービスを商用化していますが、当日は以上
 のようなポイントについてお話しをさせていただく予定です。
◆小池建四郎氏の略歴:(新着情報)
 1974年 三菱商事㈱入社 80年 カナダ三菱商事 資材部長 駐
 在中、タイヤ販売会社、ガラス販売会社設立夫々の代表を兼ね
 る。87年交通資材部 ABS・オートコンポーネントチームリーダー、
 96年自動車企画部次長、01年 社長直轄全社開発部門 ITS事
 業企画部長、03年 ITS事業企画(株)(資本金6億円)を設立し、
 同社・社長を兼務。
 http://www.itsbiz.co.jp/campany.html
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 仮題『コミュニティー2.0を目指すLNC(ライフ・ネットワーキング
 ・コミュニティー)の世界-ロココム(Lococom)の成長日記から』
 株式会社ネクスト 事業部長 金 相集(キム・サンブジ)氏 
 http://www.next-group.jp/company/overview.html
◆講演の概要:(新着情報)
 ウェブ2.0がユーザーの自律的な利用環境の構築を目指すとす
 れば、コミュニティー2.0の世界は自立共生(コンビビアリィティー
 :conviviality)をその根底にある思想として持つべきであると考え
 ています。私たちは社会のあり方をコミュニティー2.0という新し
 い価値観を通して変えるべく、10月に『ロココム(Lococom)という
 コミュニティーサイトをオープンしました。『ロココム』は、LNC(ライ
 フ・ネットワーキング・コミュニティー=生活共有コミュニティ)という
 設計思想をもちながら、さらにリアルな地域に関心を持たせる仕
 組みになっています。なお、ユーザーを個人と法人にわけ、いわ
 ゆるCtoCtoBtoBのコミュニティ活動ができるように構造化されて
 いる点が既存のSNSやブログといったコミュニティーサイトと異な
 る内容です。 http://www.lococom.jp/
◆金相集(キム・サンブジ)氏の略歴:(新着情報)
 韓国出身、1968年9月2日生まれ。
 2004年03月 東京工業大学社会理工学研究科博士課程修了
         (学術博士)
 2004年04月 東京工業大学21世紀COEプログラム研究員就任
         (ネットコミュニティー構造論研究)
 2005年03月 東京工業大学21世紀COEプログラム研究員退任
 2005年04月 (株)NHN Japan入社
 2006年02月 (株)NHN Japan退社
 2006年03月 (株)ネクスト入社。2006年10月東証マザーズに上
         場。現『ロココム(Lococom)』事業部 事業部長。
 【受賞経歴】:2002年日本社会情報学会学位論文賞受賞、2003
 年同学会研究発表賞受賞、2005年同学会研究論文賞を受賞。
 【著書など】:『インターネットと<世論>形成』(共著、2004年)、『間
 メディア性とメディア公共圏の変化』、『社会学評論』No54(2)など
 多数。国際会議:国連世界情報社会サミット(WSIS:2003年)およ
 び国内学会発表多数。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『ウェブ2.0時代の地図情報サービス「地図ログ(chizulog)」の可
 能性』 株式会社ゼンリンデータコム コンシューマビジネス本部
 副本部長 松尾 祐二氏 
 http://www.zenrin-datacom.net/
◆講演の概要:(新着情報)
 次世代型位置情報サービスのプロトタイプとして2006年10月3日
 から公開した『地図ログ』は、インターネット上の主要なブログサ
 イトの記事をクローリングし、独自の解析手法とジオコーディング
 によって位置を特定することで、記事内のスポットを地図上にプ
 ロットすることを可能にしました。
 現在、特定のジャンルに絞ったブログ記事の検索サービスは試
 みられていますが、今回の『地図ログ』は、表示されている地図
 のエリアからジャンルを特定せずに記事を検索し地図上にプロ
 ットすることができます。
 これにより、情報発信の分布を地図上で確認したり、キーワード
 を絞り込むことで地域の特性を地図から読み取ることもできる、
 地図をプラットホームにブログ記事情報をマッシュアップした“街
 の姿が見えてくる”地域情報検索サービスです。
 ―以上のようなサービスの要素技術、今後のビジネスの可能性
 について当日はお話しをさせていただく予定です。 
 http://www.chizulog.com/
◆松尾祐二氏の略歴:(新着情報)
 1960年生まれ、広島県出身。
 1982年 同志社大学を卒業。
 1982年 (株)東芝に入社。
 1997年 東芝アメリカ勤務 NewsWatch(米国)代表取締役社長。
 2001年 (株)東芝で駅前探検倶楽部を推進。
 2003年 (株)駅前探検倶楽部・代表取締役。
 2006年 現職。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『話題の営業力診断テストをベースに“営業力”を解き明かす』
 株式会社グランド・デザインズ 代表取締役社長 藤本 篤志氏
 http://www.granddesigns.jp/
◆講演の概要:(新着情報)
・“営業力”のメカニズムを解き明かす3つの方程式
・営業力=営業量×営業能力
・営業量=営業時間-(意識的怠慢時間+結果的怠慢時間)
・営業能力=営業知識量+営業センス力+グランドデザイン力
・センスは掛け算、知識は足し算
・営業力アップは、マネジメント改革が必須
・常識という名の幻想に惑わされて如何にマネジメントミスをしてい
 るかを知る
・対処療法と根本治癒の決定的な違い
・“いま”と“これから”の差異を計る“成長力”の重要性
 ―当日は以上のようなポイントについてお話させていただく予定
 です。
◆藤本篤志氏の略歴:(新着情報)
 1961年(昭和36年)大阪生まれ。大阪市立大学法学部卒。株式
 会社USEN取締役、株式会社スタッフサービス・ホールディング
 ス取締役を歴任。 2005年7月、株式会社グランド・デザインズを
 設立し、代表取締役に就任。営業組織コンサルティング事業、
 営業人材紹介事業、営業人材強化事業を始める。2006年6月、
 東証1部上場のインプレスグループと合弁で株式会社インプレ
 スキャリアを設立。代表取締役を兼任。IT人材紹介事業を始め
 る。著書にベストセラーになった「御社の営業がダメな理由」(新
 潮新書刊)、「営業のプロになる!(共著)」(日本実業出版社)など
 がある。
 http://www.impresscareer/
-------------------------------------------------------
※1/19合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。参加費は9千
 円です。1/17(水)までに下記の口座宛てにお振り込みください。
 消費税は不要です。お振り込み手数料はご負担ください。当日、
 現金でのお支払いは1万円になります。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●1/19(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------
●参加費9千円の振り込みは 月 日を予定しています。
------------------------------------------------------
●フォーラム後の今回1/19の懇親会は、代表の土屋が1/20~
 2/10、海外出張のためお休みさせていただきます。悪しからず
 ご了承いただければ幸いです。
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/パダン/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-01-09 16:46 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31