★12/14フルスピード社長のSEM講演に注目!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.『午後の紅茶』ペットボトル、中国で爆発的な人気、5倍増!
◆2.日本の製造業の有望な進出先 インド首位 中国抜き初!
◆3.12/14(金)・充実した4講演の内容が正式に決まりました!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。思い切って前号(12/3)でイランの良いところを紹介
 しましたが、70%安心しました。翌日(12/4)の朝日の夕刊では、
 『イラン核兵器計画(を)中断 米報告書「03年秋に」(と結論)』と
 報道。また日経も同日の夕刊で、『核兵器開発 イラン03年に停
 止』、『米情報機関・判断を修正 制裁議論に影響も』との報道が
 あったからです。
 
●残り30%は麻薬密輸組織に誘拐されている横浜国大生の中村
 聡志君(23歳)の解放・解決ですが、産経新聞などの報道によれ
 ば、今年8月にベルギー人の男女ふたりが、同じ組織に誘拐され
 無事解放された事例などがあり、現在イランを訪れている小野寺
 外務副大臣の粘り強い交渉に期待したいと思います。
 
-------------------------------------------------------
◆1.『午後の紅茶』ペットボトル、中国で爆発的な人気、5倍増!
-------------------------------------------------------

●今日の元気の出るニュースは、『「午後の紅茶 ミルクティー」中
 国で爆発的人気』(12/5朝日)です。同記事によれば・・・。
 
-------------------------------------------------------
1.国内でも人気の高いキリンビバレッジの『午後の紅茶 ミルクテ
  ィー』が中国で爆発的に売れている。
2.従来は缶で売られていたが、今年3月から中国では珍しいペット
  ボトルでの販売を開始。持ち運びできる利便性(とカッコよさ=
  筆者の見方)が支持されて、販売数量は缶の時代に比べて約5
  倍。
3.同社は約30億円を投じて上海に2番目の工場を新設。来年1月
  から稼動し第1・第2の2工場をああわせて年間1千万ケースの
  生産が可能になる。
4.キリングループは、アジア・オセアニア地区を中心に海外での飲
  料事業を強化している。
-------------------------------------------------------

●同社の『午後の紅茶 ミルクティー』を、筆者は上海で何本か(ま
 だ缶でしたが)飲んで見た経験がありますが、甘すぎずおいしか
 ったことをよく覚えています。次回・訪中の際にはぜひペットボトル
 を飲んでみようと思います。

-------------------------------------------------------
◆2.日本の製造業の有望な進出先 インド首位 中国抜き初!
-------------------------------------------------------

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『製造業の有望(な)進
 出先 インド首位 中国抜き初』(12/5朝日)です。同記事によれ
 ば・・・。

-------------------------------------------------------
1.国際協力銀行が実施した国内メーカーの海外展開に関するア
  ンケートで、「10年程度先を見越して有望な事業展開先」(複数
  回答)として、インドが12年連続でトップだった中国を抜いて、初
  めてトップになった。
2.インドを有望な事業展開先と答えた企業は前回67%よりも3%
  多い70%。中国と答えた企業は前回の74%よりも7%少ない67
  %。
3.3位はロシアの37%(前回35%)、4位はベトナムの28%(前回
  30%)、5位はブラジルの21%(前回20%)の順番。先進国では
  米国が18%(前回22%)で7位に入っている。
-------------------------------------------------------

●筆者は永らく日本の『七福神』の例(日本由来の福の神はえび
 すさん1人、中国由来の福の神が3人、インド由来の福の神が
 3人)を示して、唐(中国)だけでなく天竺(インド)も同様に重視
 すべきことを粘り強く説いて来ました。こうした傾向を心から歓
 迎したいと思います。

●唐(中国)や天竺(インド)ばかりでなく、アセアン(10か国)やオ
 セアニア、太平洋諸国・地域、さらに今後は中央アジアや中東
 を含む西アジア全域などを同様に重視していくことは、もはや
 常識・良識ではないかと思いながら・・・。

-------------------------------------------------------
◆3.12/14(金)・充実した4講演の内容が正式に決まりました!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、12/14(金)午後のEC研フォーラム(119回目)の
 4講演すべての内容が下段の通り、正式に確定しました。

●お忙しいところ恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、また、お
 誘い合わせのうえ、多数お申し込みいただければ幸いです。(複
 数のお申し込みの場合は、下段のお申し込み欄をコピーして、
 ecken@ceres.ocn.ne.jp 事務局宛にご送信ください)

●毎回・実質40分間のご講演のほかに、質疑応答の時間(約10分
 間)と名刺交換の時間(約10分間)を必ずお取りしています。

●盛況が予想されますので、お早目にお申し込みいただければ幸
 いです。

============================
■講演1:(13:00~13:50)
◆講演のテーマと講師:
 『面白法人カヤックのラボBM11(ブッコミイレブン)の取り組みと
 その戦略的意図』
 株式会社カヤック 代表取締役社長 柳澤 大輔氏
  http://www.kayac.com/
◆講演の概要:
 ・面白法人カヤックの簡単な紹介。
 ・ラボBM(ブッコミイレブン)の紹介。
 ・面白法人カヤックにおけるラボとしてのBM11の目的。
 ・ネット企業各社のラボ比較
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆柳澤大輔氏の略歴:
 1974年2月、香港に生まれる。慶応義塾高校時代にCTOの貝畑
 と出会う。慶応義塾大学・環境情報学部に進学し、ニューラルコ
 ンピューティングを専攻。久場智喜と出会い、将来、貝畑と3名で
 起業することを約束する。
 3期生として卒業後は、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入
 社。通販部隊であるファミリー倶楽部に配属となり、新商品の企画、
 バイヤー業務、カタログ制作を経験する。1998年に合資会社カヤ
 ックを設立。2001年には受託ウェブ制作を専門とする(株)クーピ
 ーを設立。現在、カヤックとクーピーの代表取締役を兼任する傍ら、
 各種ウェブサービスのディレクションを自ら務める。
-------------------------------------------------------
■講演2:(14:00~14:50)
◆講演のテーマと講師:
 『フルスピードのウェブマーケティング』
 株式会社フルスピード 代表取締役社長 芳賀 麻奈穂氏
 http://www.fullspeed.co.jp/about/
◆講演の概要:
 ・ウェブ・マーケティングにおけるSEM(SEO・リスティング広告)
  の重要性
 ・SEMの最新事情・業界動向
 ・SEMを絡めた様々な施策
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆芳賀麻奈穂氏の略歴:
 1975年京都生まれ。京都工芸繊維大学の繊維学部応用生物学
 科を卒業。大学在学中に家庭教師のマッチングサイトをはじめと
 する複数のサイトを立ち上げるなど、サイトの企画・運営に従事。
 2001年に有限会社エクシスを設立し、代表取締役に就任。早くか
 らSEM(検索エンジンマーケティング)の必要性に着目、SEO(
 検索エンジン最適化)対策の技術開発を手がける。
 2005年に社名をフルスピードに変更、現在、ウェブ・プロモーショ
 ン支援サービス企業として、SEO、リスティング広告を主力に約
 100以上の自社サイトを運営。ASPおよびECの運営など、事業
 を拡大中。SEO分野ではその技術力と多数の実績を強みに、
 国内トップシェアを獲得。2007年8月に東京証券取引所マザーズ
 に上場。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:
 『広告×ゲーム:アドバゲームという新しいマーケティング手法
 について』
 株式会社インディソフトウェア 代表取締役社長 野津 幸治氏
 http://www.indi.co.jp/company/company_profile.html
 『アドゲー天国』 http://www.ad-game.jp/
◆講演の概要:
 アドバゲームとは、商品や企業の広告メッセージをゲームを媒
 介として伝える手法です。ゲームならではの親しみやすさはもち
 ろん、ユーザーと広告の接着時間が長く、エンタテインメント性
 を持って、商品や企業のブランドイメージを自然に伝えることが
 可能な、新しいマーケティングソリューションです。
 (1)百聞は一見にしかず。事例紹介①
 (2)アドバゲームの定義・狙い・強み
 (3)アドバゲームの事例紹介②
 (4)アドバゲームの今後の発展について
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆野津幸治氏の略歴:
 1968年生まれ。インディソフトウェア代表。
 リクルートにてソフトウェアの企画・マーケティングに従事し、
 ゲームベンチャーに転職。シミュレーションゲーム『TOWER』
 をプロデュース。1999年、『インディソフトウェア』を設立。
 PS2やDSのタイトルを10本以上プロデュース。
 2003年よりウェブ・インテグレーション事業を開始。
 2007年頭より、『広告』+『ゲーム』の新しいマーケティング・ソ
 リューション『アドバゲーム事業』を展開。
 一橋大学・経済学部を卒業。
-------------------------------------------------------
■講演4:(16:00~16:50)
◆講演のテーマと講師:
 『シナジーマーケティングのEC/CRMソリューション』
 シナジーマーケティング株式会社
 営業部 東京営業グループ 内田 純矢氏
 http://www.synergy-marketing.co.jp/company/
◆講演の概要:
 ・ECを取り巻く環境
 ・CRMの必要性
 ・シナジーマーケティングの取り組み事例
 ・ブログを100%楽しむモバイルサービス『Choime(チョイミー)』
  のご紹介
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆内田純矢氏の略歴:
 2000年に大学卒業後、日本ヒューレットパッカード社に入社。
 大手証券会社のウェブ・トレーディング・システムの設計・開発に
 携わる。2004年、Deakin University(ディーキン大学)修士課程に
 入学、ECやウェブを利用したマーケティングについて修学。卒業
 後帰国し、シナジーマーケティング(株)に入社。統合顧客管理シ
 ステム『Synergy!(シナジー)』開発のためのマーケティング・リサ
 ーチ、仕様決定などを行なう商品企画を担当。自社主催の『メー
 ルマーケティング講座』などのセミナー講師も務める。現在は、
 東京営業グループの販売パートナーを担当。
============================

●毎回4割前後の方が初参加です。初めての方のお申し込み、非
 会員さんのお申し込みをスタッフ一同、心から歓迎しています。ど
 うぞ遠慮なくお申し込みくださいね。

☆==================================================☆
■日時:2007年12月14日(金) 13:00~17:00 
■場所:〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住
 友ビル16階 KBMJ社・セミナーホール
 TEL:03-5568-2051 広報担当・野本氏
■最寄駅:JR新橋駅下車、カレッタ汐留(電通本社)方向に直進
 し、電通前にて右折。約200メートル先の汐留住友ビル16階です。
 (2階の遊歩道から1階のエレベーター利用階に降りてください)
■案内図:http://www.kbmj.com/profile/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
※12/14(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。12/12
 (水)までに下記の口座宛てにお振り込みをお願いします。当日
 現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。(消費
 税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円は 月 日の振り込みを予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
○12/14(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○12/14フォーラム終了後の懇親会(参加費は2千円前後、17:30
 ~19:30、JR新橋駅・烏森口1分、西口通り入って5軒目左側の
 『味之苑』2階:新橋3-21-11、TEL:03-5408-5582、黄雷さん)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2007-12-06 18:08 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31