★価値変化の時代における競争は量より質の競争となる!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.価値変化の時代における競争は量より質の競争となる!
◆2.不況の時代にうろたえるな!大変な今こそ何かが誕生!
◆3.未来を救うグリーン・リカバリーとグリーン・ニューディール!
◆4.2/13のEC研フォーラム、講演2・3・4の概要を紹介します!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●明けましておめでとうございます。今年もEC研の無料の機関
 紙=『情報経済新聞』は、『元気の出るニュースの選択』、『明
 るい展望を切り拓いていける論考』をモットーに、『事実をして
 大いに語らしめ』られるように努力して参ります。
 
●今年もご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。また、
 『元気の出る投稿・寄稿』を、昨年に引き続きどうぞよろしくお
 願いいたします。
 
●今日の元気の出るニュースの1番目は、『多様性・多極化の
 時代はまた相互依存の世界でもある』という、スタンフォード
 大学名誉教授で、国際経済学連合会長でもある青木昌彦さ
 んの卓説のご紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『不況の時代にうろ
 たえるな』という俳優で、無名塾の主宰者でもある仲代達矢さ
 んの体験からにじみ出た名言のご紹介です。どうぞお楽しみ
 に・・・。

●今日の元気の出るニュースの3番目は、『未来を救う、グリー
 ン・リカバリー(緑の経済復興)、グリーン・ニューディール(環
 境投資による新規まき直し)』政策のご紹介です。どうぞお楽
 しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの4番目は、2/13(新年第1回)
 『EC研フォーラム(通算130回)』講演2・3・4の概要のご紹介
 です。どうぞお楽しみに・・・。

------------------------------------------------------
◆1.価値変化の時代における競争は量より質の競争となる!
------------------------------------------------------

●1/5日経『経済教室』の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.多様性・多極化の時代はまた相互依存の世界でもある。
2.日本と中国との間には、環境親和的な再生可能エネルギー
  技術と、持続的に拡張する市場機会との補完性がある。
3.日本と米国は、世界的な共有地ともいうべき自然・気候環境
  の保全維持に補完的な役割を果たせる。
4.米国は大規模なジオ・エンジニアリング(地球工学)や発想が
  革新的なクリーン・テクノロジーの開発のリーダーになる可能
  性がある。
5.日本は生活や産業に根ざした環境親和的な技術開発に独
  創性や競争力を発揮しうるだろう。
6.人間的な意識や価値観などに基づく多様化の時代における
  市場競争は、量より質の競争になる。
7.環境親和的な技術や社会貢献に積極的な企業が、ますます
  高く評価される傾向にある。
8.グリーン・ジョブとクリーン・テクノロジーをキーワードとするオ
  バマ政権の産業政策が働き出すと、米国の自動車の再生は
  思いのほか、(シリコンバレーなど)デトロイトの外でのイノベ
  ーションをきっかけに起きるかもしれない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●これまでの意識や価値観が大きく変わる=『大変な時代の市
 場競争』は、量より質の競争になることを念頭に、今年も日本
 の企業と個人間のECビジネス(B2C)が、エコECとして、人々
 の暮らしの充実に役立ち、環境改善にも貢献して行けるように
 倍旧の努力を傾けて行きたいと思うのですが、いかがでしょう
 か・・・。
 
------------------------------------------------------
◆2.不況の時代にうろたえるな!大変な今こそ何かが誕生!
------------------------------------------------------

●1/4朝日『耕論』記事の中で仲代達矢さんは次のように語って
 います・・・。(聞き手は刀祢館正明さん)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.子供の頃は極貧でした。父を失い、母と姉と弟と妹と、米1粒
  が食えない、そんな生活でした。
2.役者になって60年近くになりますが、常に不安定な職業です。
  芝居1本1本が就職。芝居が終わったら、次が決まっていな
  ければ失業です。ある意味で万年失業状態の日雇い労働者
  です。
3.食うための闘い。生活のために闘うことを、日本人は忘れて
  いるのではないでしょうか。
4.時代が大変な時こそ、うろたえたらいけない。浮足だったら、
  まともなことも考えられない。そう思いますね。
5.人間とは、人生とは、常に不安定なものではないでしょうか。
6.不安定な時こそ、新しい何かを生むということもあると思いま
  す。
7.そんな私がいつも思うのは、「人間、太陽がある限り生きて
  いける」ということです。うろたえちゃあ、いけません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●味のある名言ですね。こうした名言を胸にしっかり抱きしめて、
 苦境はチャンスだと自分自身にも言い聞かせながら、今年1年
 しっかり頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
------------------------------------------------------
◆3.未来を救うグリーン・リカバリーとグリーン・ニューディール!
------------------------------------------------------

●12/31の朝日2面『世界変動~前例のない危機 打開策は~』
 (編集委員の外岡秀俊さん)の記事と、1/4朝日2面『世界変動
 ~未来を救うか「グリーン・ニューディール」』(編集委員の小此
 木潔さん)の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.今回明らかになったのは、資本主義を支えるのは『信頼』の
  1点ということだ。どんな経済措置も政治的信頼の回復につ
  ながらない限り効果はない。
2.欧州では、米次期大統領(1/20に就任)のオバマ氏が提唱
  する『グリーン・リカバリー』(環境投資による経済復興)が注
  目を集めている。(以上、12/31)
3.オバマ氏の政策に影響を及ぼした論文=『グリーン・リカバ
  リー』の著者、マサチューセッツ大学・政治経済研究所のロ
  バート・ポーリン教授(58)によれば・・・。
4.「学校や公共施設、住宅を改築しエネルギー効率を良くする
  など、雇用をたくさん生むとともに将来の成長に役立つ事業
  から始めるべきだ」
5.「太陽光発電など再生可能エネルギーへの投資で産業発展
  を促せ。いわばグリーン・ニューディールだ」
6.小此木潔さんの分析によれば・・・。「グリーン・ニューディー
  ルのかけ声は、日本でも聞かれる。民主党は、新エネルギ
  ーへの転換で250万人の雇用創出を見込む構想を出した」
7.「一方、政府は『低炭素社会』の実現を掲げるが、景気刺激
  策の柱は旧来型の公共事業に頼る。『土建国家』を再び追
  う危険はぬぐえていない。(以上、1/4)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●与党でも野党でも(黒猫でも白猫でも)よい。ネズミ(経済回
 復)を取る(実現する)ネコは良いネコです。米新政府の『グ
 リーン・ニューディール政策』の本質と方向性をよく見定めた
 うえで、さらに優れた日本版の『グリーン・ニューディール政
 策』、アジア版の『グリーン・ニューディール政策』をぜひ実行
 に移して欲しいことを、強く強く要望しておきたいと思います。

------------------------------------------------------
◆4.2/13のEC研フォーラム講演2・3・4の概要を紹介します!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、2/13(新年第1回目)『EC研フォーラム(130回)
 』講演2・3・4の概要が現時点ですでに決まっています。

●講演1の講師には、さらに魅力的な方をお招きする予定です。
 どうぞお早目に、2/13(金)の午後の時間帯を)『EC研フォー
 ラム』用に押さえておいてくださいね・・・。

☆===================================================☆
■日時:2009年2月13日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区大手町1-6大手町ビル9階、(株)オプト
  さんの第2会議室をお借りしています。
■最寄駅:JR『東京駅』丸の内口下車・徒歩7分。
 東京メトロ『大手町駅』丸の内線・東西線・半蔵門線のE2出口
 下車・徒歩1分。(千代田線の場合はC7出口下車・徒歩1分)
■案内図: http://www.opt.ne.jp/company/outline.html
☆===================================================☆

●新年第1回目の『EC研フォーラム(通算130回)』は、2/13(金)
 の午後、東京・大手町ビル9階、(株)オプトさんの第2会議室を
 お借りして開かれます。

-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:(同上)
◆講師の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:
 『日本企業の中国向けネット販売支援事業戦略』(仮題)
 アリババ株式会社 セールス部長・サービス部長 大佐々 憲氏
 http://www.alibaba.co.jp/static/aboutalibaba/companyprofile.htm
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆大佐々憲氏の略歴:(同上)
 -------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『中国インターネットマーケティングと百度(Baidu)の広告メニュー
 ~ EC事業者のCTR、CPC から見るトレンドと課題 ~』
 百度株式会社 国際事業室/マネージャー 高橋 大介氏
 http://www.baidu.jp/
◆講演の概要:
 ・中国のインターネットマーケティング全般について
 ・百度(Baidu)のポジションとサービス
 ・具体事例(EC事業者の誘引施策など)
 ―以上のような、3部構成でお話させていただく予定です。
◆高橋大介氏の略歴:
 ネットベンチャーを経て、04年 株式会社サイバー・コミュニケーシ
 ョンズ入社。05年9月、株式会社電通 インタラクティブ・コミュニケ
 ーション局に出向。東芝、アリコジャパン、日本中央競馬会、日本
 たばこ産業などを担当。08年2月、百度株式会社・国際事業室へ。
 【受賞歴:東芝:Onehour www.onehour.jp 担当:プロデューサー】
 カンヌ国際広告祭2007 Cyber Lions部門 Corporate Information
 SHORTLIST、第5回 東京インタラクティブ・アド・アワード 2007 コ
 ーポレート部門入賞。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『仮想空間サービス「うぇぶぐるみ」の現状と今後の展望』
 (株)セガトイズ コンテンツマーケティング部長 大西 智彦氏
 http://www.segatoys.co.jp/
◆講演の概要:
 ・海外ウェブ玩具状況
 ・商品化までのプロセス
 ・今後の展望
 ―当日は、海外のウェブ玩具状況から国内導入に至った経緯と
 商品化までの流れを紹介したいと思います。
◆大西智彦氏の略歴:
 1963年、兵庫県生まれ。
 1987年、株式会社セガに入社。
 玩具の企画開発を中心とした業務を担当。
 1998年、株式会社セガトイズに入社。
 コミュニケーションマーケティング部に所属。
 “プーチ、夢ネコ”を代表とするロボット玩具開発から“お茶犬”
 などのキャラクタートイを担当した。
 2004年、新規事業部に配属。
 “機関車トーマス”や“ドラえもん”などのキッズAMのOEM業務を
 担当。
 2007年、コンテンツマーケテイング部に配属。
 “恐竜キング”やサンリオとのコラボキャラクター“ジュエルペット”
 などのキャラクター玩具と、女児ホビー商品“アイスクリン”のマー
 ケティングを行なう。
-------------------------------------------------------
※2/13(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 来年2/10(火)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み
 下さい。(消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合
 の参加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○2/13(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4 原口ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『モバイルコマース・グランプリ』(新設の新賞):
http://mcgp.blog.so-net.ne.jp/
http://ecken.jp/mcg/m/ (携帯版サイト)
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:
http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』:
http://ecken.jp/jk/
============================
[PR]

by ecken | 2009-01-08 18:28 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31