★4/10講演3は『ネオ・ウィングの海外ECビジネス成功の要点』!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.低炭素革命など3本柱!政府の成長戦略原案明らかに!
◆2.中国3G関連投資、3年で29兆円。日本勢にも商機拡大!
◆3.テレビ通販(40年間で4千億円市場)に民放連が新基準!
◆4.4/10講演2は『ネオ・ウィング海外ECビジネス成功戦略』!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。本日は筆者の都合により『情報経済新聞』の配
 信が遅れましたこと、心からお詫び申し上げます。本当にスミ
 マセン! 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
●今日の元気の出るニュースの第1は、『低炭素革命などを3
 本柱とする政府の成長戦略原案が明らかになった』という話
 題です。どうぞお楽しみに・・・。
 
●今日の元気の出るニュースの第2は、『中国3G関連の投資、
 3年間で29兆円。日本勢にも商機拡大へ』という頼もしい話題
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『テレビ通販(40年間
 で4千億円市場)に民放連が来月から新基準を適用へ』とい
 う話題です。どうぞお楽しみに・・・。
 
●4/10『EC研フォーラム』講演3は、注目の『ネオ・ウィングの海
 外ECビジネス成功の要点』講演です。

●同社の海外ECの売上高は、「全体の約3分の1となる11億円
 強」(『月刊ネット販売』3月号P24)に達しており、海外EC事業
 の先駆け、数少ない成功事例として、ぜひご注目・ご聴講いた
 だければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.低炭素革命など3本柱!政府の成長戦略原案明らかに!
------------------------------------------------------

●3/28日経記事(1面と5面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.政府が4月にまとめる経済成長戦略の原案が明らかになっ
  た。(1)低炭素革命、(2)健康長寿、(3)底力発揮―など3
  分野が柱になっている。
2.低炭素革命分野では、『太陽光(発電)・省エネ世界1プラン』
  を中心に、電気自動車やハイブリッド車などエコカーへの買
  い替え促進のため、優遇税制に加えて1台数10万円の補助
  金を出す。
3.『和製水メジャー』を設立して世界の水市場に参入する構想
  なども含まれている。
4.財政支出規模としては、総額10~20兆円を想定。2011年度
  までの3年間の集中投資で、最大60兆円の需要創造と200
  万人の雇用創出を目指している。
5.成長戦略は内需拡大に重点を置きつつ、アジアなど(広域
  の内需)の成長力を取り込むことを目指している。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●政府は上記の経済成長戦略(≒追加経済対策)に先行して、
 09年度の予算と同税制改正関連法を成立させており、今年
 1月の入居分から過去最大規模(10年間で最大600万円)の
 住宅ローン減税の対象になります。

●3/29日経記事(7面)によれば、住生活グループは4月から
 電気自動車対応(車に充電できる200ボルトのコンセントを
 屋外駐車場に標準装備)の一戸建て住宅を本格販売します。

●いよいよエコカー、そしてエコ住宅の時代の到来ですね。ま
 だ読んでいる途中ですが、東大特任教授の村沢義久さんの
 『日本経済の勝ち方 太陽エネルギー革命』(文春新書、800
 円+税)を参考図書として、あげておきたいと思います。

------------------------------------------------------
◆2.中国3G関連投資、3年で29兆円。日本勢にも商機拡大!
------------------------------------------------------

●3/30日経記事(1面トップ、北京発・多部田俊輔記者)によれ
 ば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中国通信大手3社は、2011年までに、第3世代携帯電話(3
  G)サービスのインフラ整備に、4千億元(約5兆8千億円)を
  投じる。  
2.関連産業による投資を含めると総投資額は2兆元(約29兆
  円)規模に達する見通しだ。
3.通信規格が同じ日本と中国の通信会社間の連携加速が見
  込まれるほか、動画配信や部品供給などで、日本勢の商機
  が広がりそうだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ちなみに、08年の中国での携帯電話の販売台数は、前年比
 8.8%増の1億6100万台で世界1位。09年は微増の予想で
 すが、11年には2億台を突破する見通しです。

------------------------------------------------------
◆3.テレビ通販(40年間で4千億円市場)に民放連が新基準!
------------------------------------------------------

●3/29朝日記事(1面と8面、橋田正城記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日本民間放送連盟(民放連)は、苦情やトラブルが相次いで
  いるテレビ通販番組のルール強化に乗り出す。
2.民放連は、テレビ通販番組に関する放送基準の改定を3/18
  に決め、加盟201社に通達。4月から『新基準』を適用する。
3.新基準では、商品の品質や効能を掲げる場合は、実証デー
  タや使用条件を番組内で示すことを求めている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●日本でテレビ通販が始まって約40年。市場規模は4千億円
 に達しています。バランスを欠いた規制は論外として、すでに
 6兆円規模に達しているネット販売業界の法令順守。より一
 層の自主規制や自助努力が求められていると思うのですが、
 いかがでしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆4.4/10講演3は『ネオ・ウィング海外ECビジネス成功の要点』!
------------------------------------------------------

●4/10『EC研フォーラム』講演3のテーマは、『ネオ・ウィングの
 海外ECビジネス展開について』です。

●同社の海外ECの売上高は、「全体の約3分の1となる11億円
 強」(『月刊ネット販売』3月号P24)に達しており、海外EC事業
 の先駆け、数少ない成功事例として、ぜひご注目・ご聴講いた
 だければ幸いです。

●まだ途中の段階でのご案内で恐縮ですが、4/10(金)『EC研
 フォーラム』のお早目のお申し込みを、心から歓迎いたします。

☆==================================================☆
■日時:2009年4月10日(金) 13:00~17:00 
■場所:〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
 日本教育会館8階 805会議室 TEL:03-3230-2833
■最寄駅:東京メトロ・半蔵門線・神保町駅・A1下車・徒歩3分
■案内図:http://www.jec.or.jp/koutuu/
☆==================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:
 『(準備中です。もうしばらくお待ちください)』
 ヤフー株式会社 オークション事業部 リーダー 長谷川 審氏
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください) 
◆長谷川 審氏の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(全て決定)
 『「じゃらんnet」のPC・モバイル戦略について』
 (株)リクルート 旅行カンパニー MP部 じゃらんnetグループ
 『じゃらんnet』 編集長 出木場 久征氏
 http://www.jalan.net/
◆講演の概要:
 総年間予約が3200万人泊にまで成長。
 なかでもモバイルは、売上高345億円で、対前年150%を超える
 伸びを示しています。当日は、
 ・じゃらんnetのビジネスモデル
 ・高い成長率を実現した戦略内容について
 ・モバイル戦略について
 ・今後の戦略について
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しする予定です。   
◆出木場 久征(いでこば・ひさゆき)氏の略歴:
 90年代のインターネット隆盛期からネットビジネスに関わり、02
 年には中古車ネットオークションシステムの立ち上げに携わる。
 2004年より現職。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(全て決定)
 『ネオ・ウィングの海外ビジネス展開について』 
 株式会社ネオ・ウィング 代表取締役 片桐 文夫氏
 http://www.neowing.co.jp/
◆講演の概要:
 ・海外ビジネス展開の経緯
 ・海外ビジネスに必要とされること
 ・今後の展開について
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しする予定です。 
◆片桐 文夫氏の略歴:
 1955年、大分県・別府市生まれ。
 1979年、三菱重工業(株)に入社。  
       発電プラントの基本設計、新規システム開発。
 1989年、(株)リクルートに入社。
       通信・コンピューター関連の新規事業開発。
 1995年 (株)ネオ・ウィングを設立。
       インターネットによるCD/DVD/ゲームソフトなどの
       国内市場と海外市場での販売に専念。
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(全て決定)
 『国内外にみるメールマーケティング活用事例のトレンド』
 エイケア・システムズ株式会社 ソリューション事業部 
 マーケティンググループ マネージャー 北村 伊弘氏
 http://www.a-care.co.jp/
◆講演の概要:
 米国ネット通販業界における最新メールマーケティング活用事
 例と、国内モバイルメールにおけるプロモーション実施のポイン
 トについてご紹介します。
◆北村 伊弘氏の略歴:
 1970年、東京都・中野区生まれ。
 1996年、株式会社サンミュージックプロダクションに入社。
       タレント安達祐実のマネージャーとして従事。
 1999年、シノックス株式会社(現エイケア・システムズ㈱)に入社。
       営業部に配属。
 2006年、同社、マーケティング・グループへ、マネージャーとして
 配属。製品企画・プロモーション・広報業務を担当。
-------------------------------------------------------
※4/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 4/8(水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参加費
 は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・佐藤
------------------------------------------------------
○4/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------
 
●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』: http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』: http://ecken.jp/mcg/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』:
http://ecken.jp/jk/
============================
[PR]

by ecken | 2009-03-31 11:25 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30