<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


★5/18の講演3・『テレマティクスの最新事情』にご注目を!★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.アマゾン日本の電子商店街(モール)ビジネスに参入!
◆2.総務省報告 第3世代の携帯電話の海外展開を支援!
◆3.5/18の講演3・『テレマティクスの最新事情』にご注目を!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。通勤途中で見かける、庭先にある小さな藤棚の花
 が、雨模様の中で、その手足をグンと伸ばし、凛(りん)とした香
 りを放ち始めているのがとても心地よく感じられました・・・。

●本日は、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.アマゾンが米英独に次いで、日本の電子モール事業に4/24か
  ら参入したこと。
2.総務省のICT国際競争力懇談会の最終報告書が4/23にまと
  まり、第3世代の携帯電話の海外展開を支援する具体的な方
  策が盛り込まれていること。
3.次回5/18フォーラム4講演の中で、本日は特に、3番目の『テ
  レマティクスの最新事情』にご注目をいただきたいこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

―以上3点のご紹介・ご案内をお届けします。

●今朝の各紙は、トヨタの1~3月の世界販売台数が234万8千
 台(前年同期比9%増)に達し、米GMの226万台(同3%増)を
 抜き、4半期ベースで初めて世界1になったニュースを伝えて
 いましたね。

●トヨタ・日産・ホンダいずれも環境に優しいクルマづくりと同時に
 情報に強いクルマづくりに最大限の努力をはらっていることは、
 愛読者の皆様すでにご承知の通りです。

●5/18の講演3・『クルマ版ウェブ2.0、日産カーウイングスの新
 展開』』にご注目いただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.アマゾン日本の電子商店街(モール)ビジネスに参入!
------------------------------------------------------

●4/25の朝日と日経本紙の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ネット通販・世界最大手の米アマゾン(06年12月期の売上高:
  約1兆2700億円)は、4/24から、アマゾンジャパン(同:1270
  億円強)のサイト内に加盟企業約50社を有料で招待。楽天
  やヤフーなどと同様の電子商店街(電子モール)事業に参入
  した。
2.米アマゾンはすでに米英独の3か国で、同様の事業に参入し
  ており、米国ではすでに数千社が出店。販売商品全体の約
  30%を占めている。
3.今後、「楽天・ヤフー・アマゾンの間で、優良店の奪い合いが
  激しくなりそうだ」(朝日)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●日本の楽天の海外進出はごく簡単な事前アナウンスのみで、
 残念ながらその戦略の全体像がまだ見えていません。

●TBSなどとの攻防もさることながら、本業(=『コア・ミッション』)
 の海外展開の方がむしろ優先されてしかるべきではないのか。
 内弁慶のままでは10年先の未来が危(あや)うい・・・。
 
------------------------------------------------------
◆2.総務省報告 第3世代の携帯電話の海外展開を支援!
------------------------------------------------------

●4/24の日経本紙の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.総務相の『ICT(情報通信技術)国際競争力懇談会』は4/23
  に最終報告書をまとめた。
2.同報告書は、2011年度をメドに情報通信分野のGDP(国内
  総生産)を、2004年度:64兆円に比べて、倍増する目標を掲
  げている。
3.また、中心的な柱として、第3世代の携帯電話の海外展開を
  支援する施策も盛り込まれている。
4.同報告書では、欧米などの携帯がいずれ高機能の第3世代
  に移行すると分析。
5.日本の携帯は部品レベルでは強く、また技術や機能面では
  優位性があるが、全体として割高なため、開発コストの引き
  下げを提言。
6.具体策として、日本メーカーの端末仕様の共通化を進めるこ
  となどを提言。
7.同省は5月に、『ICT国際競争力会議』を設置して、具体的な
  官民の役割分担などを詰めていく方針。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●携帯電話の分野も、結果として内弁慶に留まっていますが、
 上記のような施策・機会を機敏に活かして、「井戸のなかの競
 争状態」から1日も早く脱皮して、世界的なレベルでの競争に
 移行して欲しいと思います。内弁慶のままでは5年先の将来が
 危(あや)うい・・・。

------------------------------------------------------
◆3.5/18の講演3『テレマティクスの最新事情』にご注目を!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、次回・5/18(金)午後のフォーラム4講演の魅力
 的な講師の方々が決まりました。下段の案内をどうぞご参照く
 ださいね。

●本日は特に、3番目の『クルマ版ウェブ2.0、日産カーウイン
 グスの新展開』講演に、ご注目いただければ幸いです。

●不完全な内容のご案内で恐縮ですが、下段のお申し込み欄に
 必要事項をご記入の上、EC研・事務局(ecken@ceres.ocn.ne.jp
 TEL:03-3515-7175)宛てに、お早目にご送信いただけれ
 ば幸いです。スタッフ一同、朗報をお待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年5月18日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から、近くの経団連3階の社員
 食堂を会場に懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『徹底研究 日本型ドロップシッピングの成功事例・成功条件』
 (仮題)
 (株)リアルコミュニケーションズ 代表取締役社長 鈴木 秀則氏
 http://www.realcoms.co.jp/index.html?go=gaiyou/gaiyou1.html
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆鈴木秀則氏の略歴:
 新潟県出身、1969年6月10日生
 1995年03月 早稲田大学・政治経済学部・政治学科を卒業。
 1995年04月 朝日新聞社に入社。
 2001年04月 朝日新聞社を退社。
 2002年05月 合資会社リアルアジアを設立し代表社員に就任。
 2003年11月 有限会社リアルコミュニケーションズを設立し代表
         取締役社長に就任。
 2004年04月 株式会社リアルコミュニケーションズに改組、代表
         取締役社長に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『携帯電話向け検索エンジン「クルーズ」を活用した広告配信事業
 の展望と、今後の企業戦略』(仮題)
 株式会社ウェブドゥジャパン 代表取締役社長 小渕 宏二氏
 大証ヘラクレスに上場(07年2月)
 http://www.webdojp.com/company/outline.html
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください) 
◆小渕宏二氏の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『クルマ版ウェブ2.0、日産カーウイングスの新展開』
 日産自動車株式会社 プログラムダイレクターオフィス リーダー
 小泉 雄一氏
 http://drive.nissan-carwings.com/WEB/index.htm
◆講演の概要:
 カーナビは、「知らないところ」へ行く時に道案内役として使われ
 てきた。しかしカーナビが通信手段を手に入れたことで、現在で
 は「知っているところへ行く」時にも使われる道具に進化してきま
 した。
 さらに、クルマがどう移動しているかという情報をセンターで集約
 しており、一種のセンサー・ネットワークを形成しています。日本
 では、こういった『ITカーナビ』が既に150万台以上走っています。
 個々のドライバーに対して、場所に応じた的確な情報を、的確な
 タイミングで提供できる環境が整い、カーウイングスは、『クルマ
 2.0』というコンセプトの、新しいサービスを提供しています。
 当日は、
 1.国内カーナビ向け情報サービスの最新事情
 2.カーウイングスの紹介
 3.クルマをセンサーとして活用(クルマ版ウェブ2.0)
 4.インターネットとクルマの関係
 5.近未来の「マイカー旅行」
 ―以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆小泉雄一氏の略歴:
 日本大学・大学院・理工学研究科を卒業後、
 1991年に日産自動車(株)に入社。エンジン設計を経て、商品
企画部門に異動。商品企画部門にて車種ラインナップ戦略、カ
 ーマルチメディア商品戦略を担当。カーウイングスサービスの立
 ち上げから従事し、現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『5千社を超えたシステム開発のビジネス仲介サイト=イージョブ
 ゴー事業の現状と展望』(仮題)
 株式会社アクロネット 代表取締役会長 石田 知義氏
 http://www.acro-net.com/profile/03outline/
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください) 
◆石田知義氏の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
※5/18(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お
 振り込みの場合の参加費は9千円です。5/16(水)までに下記の
 口座宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合
 の参加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●5/18(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
●参加費の振り込みは 月 日を予定しています。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-26 18:43 | 情報経済新聞

★5/18フォーラム・4講師の顔ぶれが決まりました!★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.インドと中国の神様各3名を含んでいる日本の『七福神』!
◆2.グルジア・ワインの日本での評価と流通ぶりを教えて下さい!
◆3.次回5/18フォーラム4講師の充実した顔ぶれが決まりました!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。先週の金曜日(フォーラムの終了後)肩が凝(こ)
 らない懇親会を、経団連3階の社員食堂で開きました。

●その席で、『千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン』(
 野村進さん、角川ワンテーマ21新書、705円+税)の本が面白
 いからと、複数の方から薦(すす)められました。

●土日の休日を利用して他の数冊の本と一緒に早速・購入。読
 み始めたばかりですが、、世界最古の会社は、西暦578年に生
 まれた大阪の『金剛組』という建設会社であることがわかりまし
 た。

●飛鳥時代から寺社を建て続けてきた『金剛組』の仕事始めは、
 493年に完成した難波(なにわ)の『四天王寺(してんのうじ)』だ
 ったそうですよ。

●本日は、(1)インドで活躍する日本企業の奮闘ぶりの一端、
 (2)ロシアの経済制裁なんのその、GDP10%増と好調なグル
 ジア経済の現状、(3)次回5/18のフォーラム4講師の決定、
 以上3点のご紹介・ご案内をお届けします。

------------------------------------------------------
◆1.インドと中国の神様各3名を含んでいる日本の『七福神』!
------------------------------------------------------

●4月16日~20日の日経夕刊、『日本企業・イン・インディア―未
 知の市場を拓く』(国際部次長の後藤康浩さんの連載)記事に
 よれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.インド・バンガロールに本拠を置くシチズン・ウオッチ・インディ
  ア社長の中崎秀明さん(57)のインド駐在はすでに6年半。
2.当初・困惑したのは小売業の発達が遅れたインドの、時計販
  売網の脆弱(ぜいじゃく)さだった。
3.中崎さんが打った手は、フランチャイズ・チェーン(FC)店の展
  開。03年にスタートした同社のFC店は現在インド全域に45店。
4.03年度の約10万個・約6億円から、06年度の約23万個・16億
  円へ、金額ベースで5倍以上に拡大。
---------------------------
5.一方、デリー近郊の新興工業団地の一角にあるホンダの4輪
  車・合弁会社のHSCIの販売台数は、02年度の約1万3千台
  から06年度の約6万台と、4年で4倍強に急増。
6.HSCIに限らず外国メーカーがインドで生産に乗り出す時に、
  直面する最大の壁は、待遇の格差・待遇の改善・根深いカー
  スト制度への柔軟な対応など、を含めた『労務問題』。
7.ホンダは2年前に現場(下位カーストが担当)から管理職(上
  位カーストが担当)に昇格・昇給できる制度をつくり、優秀な
  作業員2人を抜擢。
8.現地の文化(カースト制度など)を柔軟に考慮しつつ、そうした
  風土に徐々に風穴を開けようと取り組んでいる。
9.そうした難しさの反面、インド政府がルールの適用に厳格なた
  め、模倣メーカーはなく、中国のような違法な技術模倣や商標
  の侵害などの被害は、インドでは起きにくいという利点もある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●いずれにせよ、日本の『七福神』は、インド出身の神様3名と中
 国出身の神様3名、日本生まれの神様1名で構成。『七福神』そ
 のものは、日本のオリジナルな文化・風習・習慣として、大事に
 お参りしていくような、柔軟でいてしたたかな日本企業の知恵の
 ある戦略的な取り組みが、今後さらに大切になりそうですね。
 
------------------------------------------------------
◆2.グルジア・ワインの日本での評価と流通ぶりを教えて下さい!
------------------------------------------------------

●4/21の朝日(トビリシ発・大野正美記者)、『世界発2007 グルジ
 ア「わが道」』、『ロシアの経済制裁なんのその GDP10%増 規
 制緩和で元気』、『親NATO 「強い軍」へ米指導』記事によれば
 ・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.19世紀以来、長らくロシアの影響下にあった黒海沿岸の小国
  グルジアが自立の歩みを強めている。
2.ロシアはグルジア特産のワインの輸入禁止措置や、グルジア
  に供給している天然ガスの値段を2倍以上に引き上げるなど、
  ロシアの影響下に引き戻そうとしているが・・・。
3.03年の『バラ革命』以降、親欧米路線を取るグルジア政府は、
  規制緩和・代替市場の開拓・外国資本の導入などで10%を超
  える高い経済成長を続け・・・。
4.北大西洋条約機構(NATO)入りに必要な準備を進めている。
5.その反面の影の部分(対価・代償・犠牲)として、グルジア政府
  は、現状850名のイラク派遣部隊を、3月以降、約3倍にあたる
  2500名まで増やす方針を発表している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●黒海とカスピ海にはさまれた南コーカサス(南カフカス)の地に
 位置する、アゼルバイジャン(首都バクー・207万人、経済成長
 率は25%)、グルジア(首都トビリシ・126万人、経済成長率は10
 %増)、アルメニア(首都イェレヴァン・127万人、最近の経済動
 向は不明)の3か国。

●グルジアの首都トビリシの新興ワイン会社『キンズマラウリ・マ
 ラニ』社の営業部長のラシャ・スラーゼ(35)さんによれば、「特
 賞が2つ、金賞と銀賞が3つずつ。でも(最大の輸出先だったロ
 シアには)輸出はできない」とのこと。

●ワインの世界に全くうとい筆者の、あやふやな記憶で恐縮です
 が、「たしかグルジアは世界のワインの発祥の地で、そのワイン
 の評価は世界的にも高い」と聞いた覚えがあるのですが・・・。

●グルジア・ワインの日本での評価と流通について、どなたか詳
 しい方がいらっしゃいましたら、どんな情報でも構いませんので
 ご一報いただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆3.次回5/18フォーラム4講師の、充実した顔ぶれが決定!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、次回・5/18(金)午後のフォーラム4講演の魅力
 的な講師の方々が決まりました。下段の案内をどうぞご参照く
 ださいね。

●(1)講演の概要、(2)講師の略歴など、まだ準備段階でのご
 案内で恐縮ですが、4講演ともに、大変に充実した講師陣に恵
 まれており、素晴らしい講演内容になることが予想されます。

●不完全な内容のご案内で恐縮ですが、下段のお申し込み欄に
 必要事項をご記入の上、EC研・事務局(ecken@ceres.ocn.ne.jp
 TEL:03-3515-7175)宛てに、お早目にご送信いただけれ
 ば幸いです。スタッフ一同、朗報をお待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年5月18日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から、近くの経団連3階の社員
 食堂を会場に懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『徹底研究 日本型ドロップシッピングの成功事例・成功条件』
 (仮題)
 (株)リアルコミュニケーションズ 代表取締役社長 鈴木 秀則氏
 http://www.realcoms.co.jp/index.html?go=gaiyou/gaiyou1.html
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆鈴木秀則氏の略歴:
 新潟県出身、1969年6月10日生
 1995年03月 早稲田大学・政治経済学部・政治学科を卒業。
 1995年04月 朝日新聞社に入社。
 2001年04月 朝日新聞社を退社。
 2002年05月 合資会社リアルアジアを設立し代表社員に就任。
 2003年11月 有限会社リアルコミュニケーションズを設立し代表
         取締役社長に就任。
 2004年04月 株式会社リアルコミュニケーションズに改組、代表
         取締役社長に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『携帯電話向け検索エンジン「クルーズ」を活用した広告配信事業
 の展望と、今後の企業戦略』(仮題)
 株式会社ウェブドゥジャパン 代表取締役社長 小渕 宏二氏
 大証ヘラクレスに上場(07年2月)
 http://www.webdojp.com/company/outline.html
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください) 
◆小渕宏二氏の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『テレマティクスの最新事情と、日産カーウイングスの事業戦略』
 (仮題)
 日産自動車株式会社 プログラムダイレクターオフィス リーダー
 小泉 雄一氏
◆講演の概要:(正式な原稿が到着次第、差し替えます) 
 1.国内カーナビ向け情報サービスの最新事情
 2.カーウイングスの紹介
 3.クルマをセンサーとして活用(クルマ版ウェブ2.0)
 4.インターネットとクルマの関係
  (クルマ向け広告配信はどうあるべきか)
 5.次のテーマ「マイカー旅行」の予告編
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しいただく予定ですが、
 ご本人からの正式な原稿が到着次第、差し替えます。
◆小泉雄一氏の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『5千社を超えたシステム開発のビジネス仲介サイト=イージョブ
 ゴー事業の現状と展望』(仮題)
 株式会社アクロネット 代表取締役会長 石田 知義氏
 http://www.acro-net.com/profile/03outline/
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください) 
◆石田知義氏の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
※5/18(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お
 振り込みの場合の参加費は9千円です。5/16(水)までに下記の
 口座宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合
 の参加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●5/18(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
●参加費の振り込みは 月 日を予定しています。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-23 16:57 | 情報経済新聞

★ユーチューブの閲覧数が伸び悩み、グーグルも厳しい状況に。★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.深い解説力、建設的な批判や国際感覚・歴史感覚に期待!
◆2.ユーチューブの閲覧数が伸び悩み、グーグルも厳しい状況!
◆3.CGMマーケティング成功に不可欠な要点をご存知ですか?
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。今日の東京地方のお天気は、いつ雨が降り出し
 てもおかしくない雲行きなのですが、今日も大事なニュースや
 嬉しいニュースがいくつかあります。
 
●今日の『トップニュース』は、4/6の日本新聞協会シンポジウム
 『いま、新聞に期待すること~深い解説力で生き抜く~』のハイ
 ライト部分を簡潔にお届けします。

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』の1番目は、『宇宙の太陽
 光を未来エネルギーに、日本が夢の技術を先導』という話題です。
 2番目のニュースは、『有力な合法サイトの出現で、ユーチューブ
 の閲覧数が伸び悩み、グーグルも厳しい状況!』という特ダネに
 なります。
 
●3番目に、4/20(金)午後、東京・大手町で開かれるEC研フォー
 ラム4講演の充実した内容を再度ご紹介しますが・・・。

●特に本日は、講演3=『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%
 の消費者とは~』に登場される、株式会社エイベック研究所・代
 表取締役の武田さんの講演内容にご注目いただければ幸いで
 す。

●ちなみに、112回目を迎えている同フォーラムは、毎回初めて
 参加される方々が多く、約4割が非会員さんです。参加費は合
 理的な9千円です。どうぞ遠慮なく(下段にお申し込み欄があり
 ますので)お申し込みくださいね。朗報をスタッフ一同お待ちし
 ています。
 
------------------------------------------------------
◆1.深い解説力、建設的な批判や国際感覚・歴史感覚に期待!
------------------------------------------------------

●同シンポジウムの概要を紹介している4/14の朝日によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.基調講演を担当した堀田力(さわやか福祉財団理事長)さんは、
  「国民を啓蒙する」というかつての新聞の立場から、「市民の決
  断の材料を提供する」というスタンスが望ましいことをまず指摘。
2.日経新聞・主幹の岡部直明さんは、米国での事例を紹介しなが
  ら、新聞本来の役割として、(1)正確な取材・報道と深い解説力、
  (2)政府の先を行く構想力や提案力、―を指摘。  
3.また岡部さんは、建設的な批判精神や国際感覚・歴史感覚を持
  つ本物のジャーナリストをどれだけ育て・抱えられるかを、新聞
  は問われていると、その課題を指摘。  
4.さらに、岡部さんは、「ネット時代だからこそ新聞だと言いたい」
  として、「(新聞とネットは明らかな補完関係があり)何が確かで、
  信頼のおける情報なのかという、『信頼競争の時代』に入ってい
  る」ことを指摘している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●上記1~4は、相当にハードルが高い課題ばかりではないかと思
 いますが、弊紙(『『情報経済新聞』)もそうした方向で、今後さらに
 数十年にわたる努力を積み重ねていきたいと、心から念じている
 次第です。

------------------------------------------------------
◆2.ユーチューブの閲覧数が伸び悩み、グーグルも厳しい状況!
------------------------------------------------------

●4/16朝日・科学面の、『宇宙の太陽光 未来エネルギーに』、『
 日本が夢の技術を先導』、『地上の10倍の太陽光を補足』、『レ
 ーザー受け水素を燃料に』の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.地上と違い、絶え間なく太陽光が照りつける宇宙空間。そこに
  置いた人工衛星で太陽光を受け、レーザーや電波で地球(日
  本)にエネルギーを送る実験が続けられており、この分野の研
  究開発で日本が世界の先頭を走ろうとしている。
2.主力メンバーは、宇宙機構・主幹研究員の新野正之さんと、共
  同研究者で東北大教授の田路(とうじ)和幸さん。そして計画責
  任者で同機構の高度ミッション研究センター長の森雅裕さんの
  3人。
3.目標コストは1キロワット時8円で、原子力発電並みのを狙う。
  構想では2010年代の後半に実験衛星を打ち上げ、30年代の
  実用化を目指している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●もうひとつの元気が出るニュースですが4/16朝日の『反グーグ
 ル 包囲網』、『米メディアがライバルと提携』、『動画配信へ合法
 サイト』などの記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.米NBCユニバーサルと米ニューズ社は、3/22に著作権を守る
  合法サイトを通して、テレビ番組や映画など有力なコンテンツ
  を無料で(時間制限なしに)配信すると発表。  
2.同・合法サイトは米国のヤフーやMSN、AOLやマイスペース
  など有力なパートナーと提携。「米ネット利用者の96%に配信
  できる」など、反グーグルの包囲網を形成。
3.グーグル傘下のユーチューブなどの閲覧数は、最近伸び悩ん
  でおり、親会社であるグーグルの事業環境も厳しさを増してい
  る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●動画配信の合法サイト化は歓迎すべき方向であり、またグーグ
 ルとまともに競争できる手強いライバルの出現は、独禁法の主旨
 や正当な競争環境を確保していくうえで、歓迎すべき動向ではな
 いかと思うのですが、いかがでしょうか。

------------------------------------------------------
◆3.CGMマーケティング成功に不可欠な要点をご存知ですか?
------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な概
 要がすでに決まっています。下段の案内をどうぞご参照ください。

●手前味噌で恐縮ですが、4講演ともに、充実した講師陣であり、
 大変に興味深い講演内容です。

●特に本日は、株式会社エイベック研究所・代表取締役の武田さ
 んが登場し、CGMマーケティングを成功に導くのに不可欠な要
 点を明かす講演3に、改めてご注目いただければ幸いです。

●下段のお申し込み欄に必要事項をご記入にうえ、EC研・事務
 局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175)宛てに、
 お早目にご送信いただければ幸いです。朗報をスタッフ一同お
 待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」の事業戦略』
 株式会社ドリコム 広告事業部 チーフマネージャー 
 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:
 1.インフラの発展によるインターネットの変化
 (1)インターネットサービスの変化
 (2)インターネットユーザの動向の変化
 2.インターネット広告の動向
 3.スペースハンターの事業戦略
 (1)スペースハンターとは
 (2)スペースハンターが媒体主・広告主にもたらすメリット
 (3)スペースハンターで何がどう変わっていくのか 
◆講師の略歴:
 ・1978年:大阪生まれ。2001年:立命館大学・政策科学部卒。
 同年、(株)日立システムアンドサービスに入社。Linux(リナック
 ス)上のOracle(オラクル)DBのシステム・エンジニアとして大規
 模案件を担当。
 ・2004年:同社にてLinux/オープンソースビジネスセンターの立
 ち上げ、オープンソースの波から、Linuxやオープンソースに関わ
 る事業企画を行う。米国JBossやMySQLなど海外企業と連携を
 進めると共に、日本OSS推進フォーラム及び北東アジアOSS推
 進フォーラムに参画。企業内にあるOSSに関するノウハウをオ
 ープン化する事業をすすめ、日中韓連携でオープンソースビジ
 ネスを推進。
 ・2006年:ネット広告の可能性を感じ、(株)ドリコムへ入社。広
 告新規事業立ち上げを推進し、『スペースハンター』を2007年3
 月にリリース。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨーク・タイムズ紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●4/20(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-16 18:01 | 情報経済新聞

★海外航空券の『自動販売機プロジェクト』をご存知ですか?★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.EC研OB阿部君の『タイ株投資 完全マニュアル』が8位!
◆2.日本のブロードバンドの空白地、10年度末ほぼ解消へ!
◆3.海外航空券の『自動販売機プロジェクト』をご存知ですか?
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。今日の東京地方のお天気は今のところ曇りなの
 ですが、嬉しいニュースがいくつかあります。
 
●今日の『トップニュース』は、EC研のインターン経験者で、現在
 タイ・バンコクで海外ビジネスマンとして活躍している阿部俊之
 君が昨日の午後1時に久しぶりに来所。

○同君がまとめた本=『タイ株投資 完全マニュアル~企業情
 報編・特選41銘柄~』(共著、1800円+税)が日本で出版され、
 現在・大手ネットストアでの総合売上の第8位に入っている―
 というニュースをまずお届けします。 

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』は、(1)『日本のブロード
 バンドの空白地が10年度末ほぼ解消に向かう』という話題と、
 (2)『ロボットなどの人工筋肉に使える新素材開発』など、明る
 い話題の、ニュース2題をお届けします。
 
●最後に、4/20(金)午後、東京・大手町で開かれるEC研フォー
 ラム4講演の充実した内容を再度ご紹介しますが・・・。

●特に本日は、『海外航空券の『自動販売機プロジェクト』(仮称)
 』を、熱心に推進している株式会社ワールドエアシステム社長
 の岡田さんが登場される講演2に改めてご注目いただければ
 幸いです。

●ちなみに、112回目を迎えている同フォーラムは、毎回初めて
 参加される方々が多く、約4割が非会員さんです。参加費は合
 理的な9千円です。どうぞ遠慮なく(下段にお申し込み欄があり
 ますので)お申し込みくださいね。朗報をスタッフ一同お待ちし
 ています。
 
------------------------------------------------------
◆1.EC研OB阿部君の『タイ株投資 完全マニュアル』が8位に!
------------------------------------------------------

●EC研のインターン経験者で、現在タイ・バンコクで海外ビジネ
 スマンとして活躍している阿部俊之君が昨日の午後1時に久し
 ぶりに来所。EC研の若手メンバーと一緒に会食しました。

●繰り返しになりますが、同君がまとめた本=『タイ株投資 完全
 マニュアル~企業情報編・特選41銘柄~』(共著、1800円+税)
 が日本で出版され、おかげさまで、現在・大手ネットストアでの
 総合売上の第8位に入っているそうです。

●まず阿部君の略歴と連絡先をご紹介しましょう。

------------------------------------------------------
          ≪阿部俊之氏の略歴≫
現在タイの首都バンコクで日系高級車ディーラーに勤務する海外
ビジネスマン。早稲田大学商学部卒。大学では日本とタイのFTA
を学ぶ。その後、勢い良く海外で働くことを決意して来タイ。英語・
タイ語を駆使して富裕層向けに高級車を販売する。3年ほど前か
らタイ経済の発展を信じ、タイ株への投資を始める。現在のブロ
グ、「タイ株「アジア株」と海外投資」はタイ株ブログ関連ではナン
バー1を誇る。 http://toatoa.jugem.jp/
------------------------------------------------------

□□□□□□□□□□□□□□□□□□
阿部 俊之 (TOSHIYUKI ABE)
THAI STOCK INVESTER
WORLD INVESTMENT GROUP
TEL 001-66-81441-2303 (Direct Call)
E-mail toa1008@gmail.com
Blog http://toatoa.jugem.jp/
Homepage http://thaikabu.net/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●私見ですが、筆者(土屋)は下記のような主旨のメールを阿部君
 に送っています。

-------------------------------------------------------
○略歴の送稿ありがとう。まず、目の覚めるような、阿部君の素晴
 らしい活躍とその先見性を、改めて心から賞賛し、そのご苦労を
 労(ねぎら)いたいと思いますよ。
○現状の素晴らしい勤務先との縁(信用の基)を切らない形で、自
 ら起業し、成長・繁栄して行くことを、心から念じています。(なぜ
 なら・・・)
○産業資本国家としての日本は超一流ですし、今後とも世界ナン
 バーワンであり続けることは充分に可能だろうと思うのですが、
 残念ながら金融資本国家としては、英米資本などと比較して、ま
 だまだ三流・四流(失礼!)の域を脱していないのではないか。
○当面、日本人相手のタイ株などでのコンサルは「クールにスマー
 トに展開できる」のではないかと思いますし、そうした事業の着実
 な進展を希望しますが・・・、
○産業資本国家としての日本(クルマや電機、精密工作機械を含
 むロボット分野など)の背景=強い経済的・技術的な優位性を離
 れて、海千山千の英米や華僑・印僑など、世界の金融資本の容
 赦ない、手厳しいプレイヤーたちと、(特に個人レベルで)互角以
 上に渉(わた)り合って行けるとは、簡単に誤解・幻想しない方が
 よいのではないかと思います。
○上記の点は特に、日本の経済・タイの経済の実情はもとより、人
 生の表も裏もよく熟知している阿部君のお父さん・お母さんとよく
 相談しながら進めて行ってくださいね。
------------------------------------------------------

●こうした人材を、「手っ取り早く利用してやろう」、「儲けてやろう」
 といった短絡的な発想ではなく、「共に成長していこう」、「共に繁
 栄していこう」といった本格的な姿勢で、活用・支援・育成して行
 っていただければ幸いです。

●ちなみに、同君は帰国を延長して4/20のEC研・フォーラムに参
 加。休憩時間(約5分間)をお借りして、簡単なご挨拶をさせます
 ので、どうぞお楽しみに・・・。

------------------------------------------------------
◆2.日本のブロードバンドの空白地、10年度末ほぼ解消へ!
------------------------------------------------------

●4/13の日経本紙、『ブロードバンド 空白地、ほぼ解消へ』、『10
 年度 総務省など整備計画』の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.総務省や全国の自治体、通信事業者などは官民共同で2010
  年度末までにブロードバンド環境をほぼ100%整備するための
  都道府県別行動計画を作成した。
2.計画が順調に進めば、06年12月末時点で、251万世帯がまだ
  ブロードバンドを使えない状態にあるが、10年度末には11万5
  千世帯に減る見通し。
3.例えば東京都は小笠原村などの離島での普及が遅れていて、
  まだ2万世帯が利用できないでいる。今後・同村と本土を光フ
  ァイバーで結んだり、衛星で通信したりする方法を検討する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●もうひとつの元気が出るニュースですが、同紙、『低電圧で曲が
 るプラ素材』、『クラレと横浜国大 ロボットの腕など目指す』の記
 事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.クラレと横浜国立大学の渡辺正義教授らは、電気を流すと曲
  がる新型のプラスチック素材を開発した。
2.2.5ボルトの電圧を加えると、長さ3センチメートルのシートの
  先端が1センチ程度曲がる。シートの重さを百グラム程度にす
  れば、1.5キログラムの重さを持ち上げられる。
3.医療機器の動力源やロボットの『人工筋肉』として、4~5年後
  の実用化を目指している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●そのほかにも『メタボリック症候群の原因脂肪の量を10分間で
  測定できる検査方法』を新潟大などが開発。1年以内に実用
  化する方針―などの記事もあり、同紙『テクノロジー面』の明
  るい近未来のニュースには、今後とも大いに注目して行きた
  いですね。

------------------------------------------------------
◆3.海外航空券の『自動販売機プロジェクト』をご存知ですか?
------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な概
 要がすでに決まっています。下段の案内をどうぞご参照ください。

●手前味噌で恐縮ですが、4講演ともに、充実した講師陣であり、
 興味深い講演内容です。

●海外航空券の『自動販売機プロジェクト』(仮称)をご存知でしょ
 うか。本日は特に、同プロジェクトを推進している株式会社ワー
 ルドエアシステム社長の岡田さんが登場される講演2に改めて
 ご注目いただければ幸いです。

●下段のお申し込み欄に必要事項をご記入にうえ、EC研・事務
 局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175)宛てに、
 お早目にご送信いただければ幸いです。朗報をスタッフ一同お
 待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」の事業戦略』
 株式会社ドリコム 広告事業部 チーフマネージャー 
 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:
 1.インフラの発展によるインターネットの変化
 (1)インターネットサービスの変化
 (2)インターネットユーザの動向の変化
 2.インターネット広告の動向
 3.スペースハンターの事業戦略
 (1)スペースハンターとは
 (2)スペースハンターが媒体主・広告主にもたらすメリット
 (3)スペースハンターで何がどう変わっていくのか 
◆講師の略歴:
 ・1978年:大阪生まれ。2001年:立命館大学・政策科学部卒。
 同年、(株)日立システムアンドサービスに入社。Linux(リナック
 ス)上のOracle(オラクル)DBのシステム・エンジニアとして大規
 模案件を担当。
 ・2004年:同社にてLinux/オープンソースビジネスセンターの立
 ち上げ、オープンソースの波から、Linuxやオープンソースに関わ
 る事業企画を行う。米国JBossやMySQLなど海外企業と連携を
 進めると共に、日本OSS推進フォーラム及び北東アジアOSS推
 進フォーラムに参画。企業内にあるOSSに関するノウハウをオ
 ープン化する事業をすすめ、日中韓連携でオープンソースビジ
 ネスを推進。
 ・2006年:ネット広告の可能性を感じ、(株)ドリコムへ入社。広
 告新規事業立ち上げを推進し、『スペースハンター』を2007年3
 月にリリース。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨーク・タイムズ紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●4/20(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-13 18:37 | 情報経済新聞

★4/20・講演4:歌声で曲を検索!1台のPCで1万人に動画を配信!★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.イノベーションは技術にあらず!制度改革とマーケが大切!
◆2.2025年には4兆円を超える!次世代ロボットに安全指針! 
◆3.歌声で曲を検索!1台のPCで1万人に動画を配信できる!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。生憎ですが今日の東京地方の天気は曇りです。
 
●今日の『トップニュース』は、『「イノベーション=技術」にあら
 ず』という大事な話題をまずご紹介します。

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』2題は、(1)日本市場で
 の売上高が1千億円を超えたアマゾンジャパンさんが「今後は
 ケータイ通販に力を入れて行く」という話題と、(2)経産省が今
 後・急速に普及することが予測されているサービスロボットなど、
 『次世代ロボット』の安全性に関するガイドライン(指針)をまと
 めたという明るい話題です。
 
●3番目に、4/20フォーラムの講演4に登場されるウタゴエ株式
 会社・社長の園田智也さんの略歴(98年・早大理工・在学中に
 「歌声による楽曲検索システム」を開発し、00年米国特許を取
 得済み)と、その講演内容に、本日はぜひご注目いただきたい
 と思います。

●ちなみに、毎回初めて参加される方々が多く、約4割が非会員
 さんです。参加費は合理的な9千円です。どうぞ遠慮なく(下段
 にお申し込み欄があります)お申し込みくださいね。朗報をスタ
 ッフ一同お待ちしています。
 
------------------------------------------------------
◆1.イノベーションは技術にあらず!制度改革とマーケが大切!
------------------------------------------------------

●4/9日経本紙、『インタビュー領空侵犯 島津製作所会長 矢
 嶋英敏氏』、『「イノベーション=技術」にあらずの談話記事によ
 れば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.防衛庁を経て日本航空機製造に入社した矢嶋さんは、若い
  ころ、国産の中型機『YS-11』を、主にアフリカなどの発展途
  上国で売って来た貴重な体験を持っている。
2.『YS-11』は、当時の先端技術の粋を集めて製造し182機を
  販売したが、「技術だけで売れたのではない」と矢嶋さんは指
  摘する。
3.相互理解の大切さを具体的に指摘する矢嶋さんは、結論とし
  て、「イノベーションを開花させるには、技術力だけではなく、
  世界のニーズをとらえて事業化できる分野を見きわめる、高
  度な眼力と総合的なマーケティング力が大切」と、その本質を
  指摘。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●飛び抜けた日本の学者・研究者・技術者・人財である坂村健
 (東大・教授)さんは、その近著『変われる国・日本へ イノベー
 ト・ニッポン』(アスキー新書、720円+税)の中で、技術の革新
 だけではなく、制度の改革を含めた「国全体が変わって行くと
 いう強い意志と戦略が不可欠である」ことを繰り返し強調され
 ています。

●坂村さんの優れた分析と、矢嶋さんの知恵=『高度な眼力と
 総合的なマーケティング力が大切』という実地の体験を尊重し
 ていくこと。そこから『変われる国・日本へ イノベート・ニッポ
 ン』がいよいよ始まるのではないかと思うのですが、いかがで
 しょうか。

------------------------------------------------------
◆2.2025年には4兆円を超える!次世代ロボットに安全指針!  
------------------------------------------------------

●4/9の日経本紙『回転いす 次はケータイ攻略』、『アマゾンジャ
 パン社長 ジャスパー・チャン氏』記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日本で事業を開始した2000年11月から6年余り。
2.アマゾン全体の売上高の10%以上を稼ぎ出すようになったの
  は、「日本独自のサービスで顧客を開拓したから」と分析。
3.年商1千億円を突破した日本法人の実績。今後は「ケータイ
  通販に力を注ぎたい」との意向。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●もうひとつの元気が出るニュースですが、4/5の日経本紙、『掃
 除・介護ロボ 事故情報記録を』、『経産省、普及にらみ安全指
 針』記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.経産省によればサービスロボットの国内市場規模は、2025年
  に(1)生活分野で3兆3千億円、(2)医療・福祉分野で9千億
  円に達する見込み。
2.経産省は上記のようなサービスロボットの急速な普及をにら
  み同ロボットの安全指針(『次世代ロボット安全性確保ガイド
  ライン』)を作成。
3.メーカーなどに事故情報を記録するようにに求め、関係者が
  情報を共有する仕組みを整える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●同省は、同指針について、一般からの意見を募ったうえで5月
 には正式に決めたいとのこと。大筋で賛同。ぜひ推進して欲し
 いと思いますね。

------------------------------------------------------
◆3.歌声で曲を検索!1台のPCで1万人に動画を配信できる!
------------------------------------------------------

●おかげさまで4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な概
 要がすべて確定しました。

●本日は、講演4=『ネット上の新しいコミュニケーション技術と
 コミュニティー戦略~「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド
 (OG)~』 ウタゴエ株式会社・社長の園田さんのユニークな
 略歴とその講演内容に、ぜひご注目いただければ幸いです。

●同社の歌声で楽曲が検索できるという独自技術も面白いです
 し、1台のパソコンから1万人にライブ映像の配信が可能にな
 るという同社のコミュニティー・サイト『ルーク(Looc)』の発想も
 大変に面白そうですね。

●4/20(金)午後、東京・大手町で開かれるEC研フォーラムの
 講演4をお見逃し・お聞き逃しないように、お早目にお申し込
 みいただければ幸いです。

●もちろん、講演1も2も3も、講演4に勝るとも劣らない講師陣
 であり、講演内容です。

●下段のお申し込み欄に必要事項をご記入にうえ、EC研・事務
 局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175)宛てに、
 ご送信いただければ幸いです。朗報をスタッフ一同お待ちして
 います。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」の事業戦略』
 株式会社ドリコム 広告事業部 チーフマネージャー 
 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:
 1.インフラの発展によるインターネットの変化
 (1)インターネットサービスの変化
 (2)インターネットユーザの動向の変化
 2.インターネット広告の動向
 3.スペースハンターの事業戦略
 (1)スペースハンターとは
 (2)スペースハンターが媒体主・広告主にもたらすメリット
 (3)スペースハンターで何がどう変わっていくのか 
◆講師の略歴:
 ・1978年:大阪生まれ。2001年:立命館大学・政策科学部卒。
 同年、(株)日立システムアンドサービスに入社。Linux(リナック
 ス)上のOracle(オラクル)DBのシステム・エンジニアとして大規
 模案件を担当。
 ・2004年:同社にてLinux/オープンソースビジネスセンターの立
 ち上げ、オープンソースの波から、Linuxやオープンソースに関わ
 る事業企画を行う。米国JBossやMySQLなど海外企業と連携を
 進めると共に、日本OSS推進フォーラム及び北東アジアOSS推
 進フォーラムに参画。企業内にあるOSSに関するノウハウをオ
 ープン化する事業をすすめ、日中韓連携でオープンソースビジ
 ネスを推進。
 ・2006年:ネット広告の可能性を感じ、(株)ドリコムへ入社。広
 告新規事業立ち上げを推進し、『スペースハンター』を2007年3
 月にリリース。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役社長 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨーク・タイムズ紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●4/20(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-09 18:44 | 情報経済新聞

★4/20講演3、CGM成功のカギ握る1%のリーダーの抽出!★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.米最高裁判決、米車は苦慮。日本車に追い風は本当か!
◆2.日中韓3か国を含む、13か国が外貨準備・新体制で合意!
◆3.CGM成功のカギ握る、たった1%のCGMリーダーの抽出!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。おかげさまで今日の東京地方(神田神保町界隈)
 の天気は晴れ。昨日の夕方のような時ならぬ雪・霙(みぞれ)の
 心配はなさそうです。
  
●今日の『トップニュース』は、「二酸化炭素(CO2)などの温室効
 果ガスは大気汚染物質であることは法的に明白である」とした、
 米連邦最高裁の、画期的な判決の話題をご紹介します。

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』は、という明るい話題です。
 
●3番目に、4/20フォーラムの講演3に登場され、「CGM(あるい
 はCGMマーケティング)成功の鍵は、たった1%とも言われて
 いるCGMのリーダー抽出にある」と断言されている、株式会社
 エイベック研究所・社長の武田さんの講演内容に、本日はぜひ
 ご注目いただきたいと思います。

●ちなみに、毎回初めて参加される方々が多く、約4割が非会員
 さんです。参加費は合理的な9千円です。どうぞ遠慮なく(下段
 にお申し込み欄があります)お申し込みくださいね。朗報をスタ
 ッフ一同お待ちしています。
 
------------------------------------------------------
◆1.米最高裁判決、米車は苦慮。日本車に追い風は本当か!
------------------------------------------------------

●4/6の朝日、『CO2は汚染物質』、『米連邦最高裁(の)判決 
 広がる波紋』、『自動車排出 規制の動き』、『議会・業界 方針
 転換も』、『低燃費対応 米車は苦慮』、『1リットル15キロ 達成
 済み 日本車に追い風』の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.米12州が米環境保護局(EPA)の決定撤回を迫った今回の訴
  訟では、CO2などの温室効果ガスが大気汚染物質かどうかが
  最大の争点になった。
2.温室効果ガスが大気汚染物質と認定されれば、EPAの規制
  対象(権限内であることが明確)になるからだ。
3.判決は温室効果ガスは大気汚染物質としたうえで、EPAに事
  実上、規制の実施を求めている。
4.ニューヨーク・タイムズ紙は、「ブッシュ政権の何もしない正当
  性(の根拠)が粉砕された」と報道。
5.日本ではすでに燃料1リットル当たり15.1キロ走行を達成して
  いるが、欧州委員会では1リットル当たり17.4キロ走行(CO2
  の排出量140グラム以下)に相当するさらに厳しい目標を打ち
  出している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●厳しい規制がホンダなど日本車の目覚しい技術革新をうながし、
 日本車全体の現在の高い評価と実績に直結してきた歴史を振
 り返ってみても、こうした規制の厳格化を朗報と受け止めて、制
 度変更を伴う素早い対応(技術革新や改善を含む)を、心から
 期待したいと思いますね。

------------------------------------------------------
◆2.日中韓3か国を含む、13か国が外貨準備・新体制で合意!
------------------------------------------------------

●4/6の日経本紙、『ASEAN財務相(チェンマイ)会議 外貨準備
 拠出 13か国が合意』、『日中韓(3か国も)参画 為替安定へ新
 体制』記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.タイ北部の古都チェンマイで開かれたASEAN(東南アジア諸
  国連合)財務相会議で、日中韓3か国を含む13か国が外貨準
  備を拠出してプール(蓄え)し、通貨下落などの際に各国通貨
  を買い支えるられる新体制を設けることで合意した。
2.同新体制はいわば、アジア版の国際通貨基金(IMF)であり、
  97年~98年のアジア通貨危機の際に構想されたが、米国の
  反対で実現できなかった経緯(いきさつ)を乗り越えたもの。
3.同会議では上記の合意のほかに、過去4年間で2.5倍に拡
  大しているASEAN債権市場で、電子(商)取引システムの基
  盤を整備することでも合意している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●まずは、両合意の成立を心から歓迎したいと思います。

●もうひとつ、元気が出るニュースとして、3/31の日経本紙、『日本
 企業 アジアでの雇用300万人』、『中国での雇用が急増 140万
 人に』の記事をご紹介したいと思います。同記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.経産省の調べによれば、06年3月時点で、日本企業の全世界
  での雇用者数は5.2%増の435万6千人。アジアでの雇用者数
  は10.1%増の305万3千人。
2.日本企業がアジアで雇用する従業員の数は、世界全体の70.1
  %に達しており、米国内の雇用者数の2倍を超えている。
3.中国とともに注目されているインドでの雇用者数は5万5千人。
  今後・急増する見通しだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●4/6の日経本紙の報道、『日通 インドに輸送網』、『現地企業
 を買収 全国10都市・17拠点に』などの記事でもわかるように、
 ロシアやトルコ、中近東や中央アジアなどを含むアジア全土に、
 日本企業の活躍の場が、さらに広がっている様子が、わかりま
 すね。

------------------------------------------------------
◆3.CGM成功のカギ握る、たった1%のCGMリーダーの抽出!
------------------------------------------------------

●おかげさまで4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な概
 要がすべて確定しました。

●本日は、『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは
 ~』、株式会社エイベック研究所・社長の武田隆さんが登場され
 る講演3に、ぜひご注目いただければ幸いです。

●武田さんは、これまでの研究や実績を通して、現在、企業と顧
 客の関係を劇的に変えるといわれているCGM(あるいはCGM
 マーケティング)成功の鍵は、「たった1%とも言われているCG
 Mのリーダー抽出にある」と断言されています。

●4/20フォーラムの講演3をお見逃し・お聞き逃しないように、お
 早目にお申し込みいただければ幸いです。

●もちろん、講演1も2も4も、講演3に勝るとも劣らない講師陣
 であり、講演内容です。

●下段のお申し込み欄に必要事項をご記入にうえ、EC研・事務
 局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175)宛てに、
 ご送信いただければ幸いです。朗報をスタッフ一同お待ちして
 います。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」の事業戦略』
 株式会社ドリコム 広告事業部 チーフマネージャー 
 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:
 1.インフラの発展によるインターネットの変化
 (1)インターネットサービスの変化
 (2)インターネットユーザの動向の変化
 2.インターネット広告の動向
 3.スペースハンターの事業戦略
 (1)スペースハンターとは
 (2)スペースハンターが媒体主・広告主にもたらすメリット
 (3)スペースハンターで何がどう変わっていくのか 
◆講師の略歴:
 ・1978年:大阪生まれ。2001年:立命館大学・政策科学部卒。
 同年、(株)日立システムアンドサービスに入社。Linux(リナック
 ス)上のOracle(オラクル)DBのシステム・エンジニアとして大規
 模案件を担当。
 ・2004年:同社にてLinux/オープンソースビジネスセンターの立
 ち上げ、オープンソースの波から、Linuxやオープンソースに関わ
 る事業企画を行う。米国JBossやMySQLなど海外企業と連携を
 進めると共に、日本OSS推進フォーラム及び北東アジアOSS推
 進フォーラムに参画。企業内にあるOSSに関するノウハウをオ
 ープン化する事業をすすめ、日中韓連携でオープンソースビジ
 ネスを推進。
 ・2006年:ネット広告の可能性を感じ、(株)ドリコムへ入社。広
 告新規事業立ち上げを推進し、『スペースハンター』を2007年3
 月にリリース。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役社長 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨークタイムス紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●3/16(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-06 16:56 | 情報経済新聞

★ネット企業の国際化、進んでいるのは日本か中国か。★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.4月の『省エネ・資源開発』など日中協議を実り多いものへ!
◆2.ネット企業の国際化、進んでいるのは日本か中国か。
◆3.講演2は海外航空券の予約・購入が即時にできる戦略講演。
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。今日の東京地方のお天気(天気予報では午後から
 雨でしたが・・・)は、おかげさまで曇りのち晴れ。パソコン画面の
 右斜め前から明るい陽光が射しています。

●今朝の新聞によれば、5月のゴールデン・ウイーク(5/3~5/5)
 の海外旅行の予約状況は、近場の海外(中国やアジア、特にバ
 リ島やランカウイ島など)が大幅に増えており、国内旅行では北
 海道や沖縄の人気が高いそうです。
 
●今日の『トップニュース』は、その中国の有力ネット企業サイト8
 社の話題をご紹介します。

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』は、中国の温家宝首相が
 来日する4月中旬に、開かれるエネルギー分野の日中閣僚協
 議に、石油や電力など両国の関連・有力企業の首脳100名(日
 中半々の予定)が参加するという明るい話題です。
 
●3番目に、4/20(金)・午後のEC研フォーラム・4講演の魅力的
 な内容がすべて確定しました。本日は下記・講演2のテーマと講
 師にご注目いただければ幸いです。

○『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html

○ワールドエアシステム社長の岡田さんは、上記サイトの同業各
 社による共同利用を強く呼びかけています。どうぞお見逃し・お
 聞き逃しのないように、ご参加・お申し込みいただければ幸い
 です。

●ちなみに、毎回・約2割が初めて参加される方々です。また、
 毎回・参加者の約4割が非会員さんです。参加費はたったの9
 千円です。どうぞ遠慮なく(下段にお申し込み欄があります)お
 申し込みくださいね。朗報をスタッフ一同お待ちしています。
 
------------------------------------------------------
◆1.4月の『省エネ・資源開発』など日中協議を実り多いものへ!
------------------------------------------------------

●3/27の日経本紙、『エネルギー閣僚協議(に) 日中100社も
 参加』、『省エネ・資源開発など協力』記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日中両政府は中国の温家宝首相が来日する4月中旬に、都
  内でエネルギー分野の日中閣僚協議の開催を予定。同協議
  には、石油や電力など両国の関連・有力企業100社の首脳が
  参加する見通しである。
2.中国からは、石油関連の3大企業、中国石油天然気集団(C
  NPC)など、電力最大手の中国華能や中国華電など50社の
  首脳が参加。
3.日本からは、新日本石油や新日本製鉄など50社の首脳の参
  加が固まっている。
4.日本は省エネなど技術供与の見返りに、中国に埋蔵されてい
  る資源の開発などで事業機会の獲得を目指している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●上記のような官民一体となった協議を着実に積み重ねながら、
 資源開発などの面で、実り多いものになることを心から期待した
 いと思いますね。

------------------------------------------------------
◆2.ネット企業の国際化、進んでいるのは日本か中国か。
------------------------------------------------------

●4/3の日経本紙と4/4の日経MJ(流通)紙の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中国の有力なネット企業8社とそのサイトは以下の通り。
(1)総合ポータルの新浪(シンナー)
(2)同上の捜狐(ソーフー)
(3)同上の網易(ネットイーズ)
(4)同上の騰訊網(テンセント)
(5)検索の百度(バイドゥ) ※圧倒的な国内シェアを持つ。
(6)個人向けのネット競売・ネット通販の淘宝網(タオバオ)
   ※タオバオはアリババ・ドット・コムの傘下企業
(7)企業間の電子商取引のアリババ
(8)オンライン・ゲームの盛大(ジェンダー)
2.米アレクサ・インターナショナルの世界のサイト利用の上位10
  社の中に、バイドゥとテンセントの中国2社が入り、シンナーも
  上位にランクされている。
3.また、バイドゥとシンナー、旅行予約サイトの携程旅行網は米
  ナスダック市場に上場済み。
4.テンセントのインスタント・メッセージ(IM)サービスの『QQ』は、
  中国国内で圧倒的なシェアを占めており、利用者は5億8千
  万人(ただし複数のIDを1人とカウント)に達している。(MJ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●冷静に比較して、ネット企業の国際化が進んでいるのは中国
 だろうか。それとも日本だろうか。

------------------------------------------------------
◆3.講演2は海外航空券の予約・購入が即時にできる戦略講演。
------------------------------------------------------

●おかげさまで4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な概
 要がすべて確定しました。

●本日は、海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売
 機プロジェクト(仮称)』事業の共同化を強力に推進されている
 株式会社ワールドエアシステム社長の岡田さんが登場される
 講演2に、ぜひご注目いただければ幸いです。

●もちろん、講演1も3も4も、講演2に勝るとも劣らない講師陣
 であり、講演内容です。

●下段のお申し込み欄に必要事項をご記入にうえ、EC研・事務
 局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175)宛てに、
 ご送信いただければ幸いです。朗報をスタッフ一同お待ちして
 います。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」の事業戦略』
 株式会社ドリコム 広告事業部 チーフマネージャー 
 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:
 1.インフラの発展によるインターネットの変化
 (1)インターネットサービスの変化
 (2)インターネットユーザの動向の変化
 2.インターネット広告の動向
 3.スペースハンターの事業戦略
 (1)スペースハンターとは
 (2)スペースハンターが媒体主・広告主にもたらすメリット
 (3)スペースハンターで何がどう変わっていくのか 
◆講師の略歴:
 ・1978年:大阪生まれ。2001年:立命館大学・政策科学部卒。
 同年、(株)日立システムアンドサービスに入社。Linux(リナック
 ス)上のOracle(オラクル)DBのシステム・エンジニアとして大規
 模案件を担当。
 ・2004年:同社にてLinux/オープンソースビジネスセンターの立
 ち上げ、オープンソースの波から、Linuxやオープンソースに関わ
 る事業企画を行う。米国JBossやMySQLなど海外企業と連携を
 進めると共に、日本OSS推進フォーラム及び北東アジアOSS推
 進フォーラムに参画。企業内にあるOSSに関するノウハウをオ
 ープン化する事業をすすめ、日中韓連携でオープンソースビジ
 ネスを推進。
 ・2006年:ネット広告の可能性を感じ、(株)ドリコムへ入社。広
 告新規事業立ち上げを推進し、『スペースハンター』を2007年3
 月にリリース。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役社長 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨークタイムス紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●3/16(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~、参加費は頭割り)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-04 18:17 | 情報経済新聞

★4/20講演トップは、ドリコム『スペースハンター』事業戦略に決定!★

           ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.IT活用ランク、トップはデンマーク。王者米国は7位に陥落!
◆2.『元気のでるニュース』、07年のアジアの成長率は7.6%!
◆3.4/20講演1、ドリコム『スペースハンター』事業戦略に決定!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。おかげさまで東京地方の今日のお天気は快晴。
 近くの千鳥が淵の見事な桜並木も週末が見ごろではないかと
 思います。

●今日の『トップニュース』は、『07年版世界IT報告書』のIT活用
 ランキングの話題です。

●また、今日の『元気が出るニュ-ス』は、今後3年間(06年~
 08年)のアジア・太平洋地域の経済成長率(GDP)が7.7%
 ~8.3%と非常に高いという話題です。

●おかげさまで、4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な
 顔ぶれが決まりました。お早目にお申し込みいただければ幸い
 です。

●特に本日は、3/27ドリコム発表の、ネット広告の電子市場であ
 って、しかも中堅・中小企業や個人のサイトであってもネット広
 告の配信管理が無料でできるという画期的な同社の『スペース
 ハンター』事業の成長戦略に関する講演にご注目いただけれ
 ば幸いです。
 
------------------------------------------------------
◆1.IT活用ランク、トップはデンマーク。王者米国は7位に陥落!
------------------------------------------------------

●ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムの『07年版世界IT
 報告書』のIT活用ランキングによれば、王者米国は7位に陥落。
 トップは昨年3位だったデンマークで、2位スウェーデン、3位フ
 ィンランド(ノルウェーは10位)と、北欧勢が1位から3位までを
 独占しています。(3/29・朝日)

●トップのデンマークは、政府がIT活用に力を入れており、高度
 なネット利用状況やビジネス環境の整備が高い評価を受けて
 います。

●7位に陥落した米国は、法規制や契約手続きの非効率さなど
 が指摘されています。

●アジア勢の順位は、3位のシンガポール(昨年2位)、13位の
 台湾(昨年7位)、14位の日本(昨年16位)、19位の韓国(昨年
 14位)、44位のインド(昨年40位)、59位の中国(昨年50位)の
 順番。

●14位だった日本は、(1)技術的な下地、(2)ブロードバンド料
 金の安さ,、3)消費者の洗練度―などが高く評価されている反
 面、政府のIT活用度の低さや、経営者・教育機関の利用面に
 おける質的な低さなどが弱点として指摘されています。

------------------------------------------------------
◆2.『元気のでるニュース』、07年のアジアの成長率は7.6%!
------------------------------------------------------

●3/27の朝日(マニラ発、木村文記者)記事によれば、07年のア
 ジア・太平洋地域(日本と豪州、ニュージーランドを除く)の国内
 総生産(GDP)の成長率は7.6%になる見通し。

●上記の見通しは、アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が毎年
 発表している『アジア開発展望』によるもので、同展望によれば
 06年の同域内の成長率は8.3%。08年の成長率は7.7%を
 予測。

●中国は、06年10.7%、07年10.0%、08年9.8%。インドは、
 06年9.2%、07年8.0%、08年8.3%。ベトナムは、06年8.2
 %、07年8.3%%、08年8.5%。

●東アジアは、06年8.7%、07年8.0%、08年8.0%。東南ア
 ジアは、06年6.0%、07年5.6%、08年5.9%。南アジアは、
 06年8.7%、07年7.7%、08年8.0%。特に中央アジア(○○
 スタンという国名が多い)は、06年12.4%、07年10.3%、08
 年9.4%と高く、一方、太平洋(諸島国)は、06年3.1%、07年
 4.5%、08年2.8%と全般的に低い結果になっています。

●ちなみに10%以上の経済成長を遂げている中央アジアの国
 々(近い将来、歴訪の予定を組んでおり、すでに個人的な調査
 を開始していますが・・・)の首都には、すでに地下鉄など公共
 交通手段が整備されているケースが多く、天然資源高による
 経済成長だけではないことがうかがわれます。

●3/27の日経本紙、『大手VC アジアで投資拡大』、『成長企業
 の発掘狙う』記事などでもわかる通り、ネットビジネス各社も足
 下を固めつつ、着実で・長期的・継続的な(その第1歩はアジア
 からの留学生をインターンや社員として雇用するなど)取り組み
 が求められているのではないでしょうか。
 
------------------------------------------------------
◆3.4/20講演1、ドリコム『スペースハンター』事業戦略に決定!
------------------------------------------------------

●おかげさまで4/20(金)午後のフォーラム4講演の魅力的な顔
 ぶれが決まりました。

●おかげさまで、講演1には、3/27に発表されたばかりのドリコム
 さんの、ネット広告の電子市場であって、しかも中堅・中小企業
 や個人のサイトであってもネット広告の配信管理が無料でできる
 『スペースハンター』事業の成長戦略に関する講演が決まりまし
 た。

●また講演2には、海外航空券の予約・購入が即時にできる『自
 動販売機プロジェクト』(仮称)事業を推進されている株式会社
 ワールドエアシステム・代表取締役社長の岡田さんが登場され
 ます。

●毎回・約2割が初めて参加される方々です。また、毎回・参加
 者の約4割が非会員さんです。参加費はたったの9千円です。
 どうぞ遠慮なく(下段にお申し込み欄があります)お申し込みく
 ださいね。朗報をスタッフ一同お待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年4月20日(金) 13:00~17:00 
 ※フォーラム終了後、17:30前後から懇親会を予定しています。
■場所:三菱総研ビル1階AVルーム 東京都千代田区大手町2-
 3-6 (鎌倉橋寄り、高速道路手前の日経本社ビル斜め前です)
■最寄駅:地下鉄・丸の内線・大手町駅A2出口下車・徒歩2分、
 総研ビル入ってすぐ左手が会場(AVルーム)です。【地図】 
 http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆テーマと講師:
 『ネット広告の電子市場、広告配信管理も無料でできる「スペー
 スハンター」事業の成長戦略』(仮題)
 株式会社ドリコム ウェブサービス開発部 広告システムグルー
 プ グループマネージャー 金山 めぐみ氏
 http://www.drecom.co.jp/pr/
◆講演の概要:(現在・準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(同上)
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆テーマと講師:
 『海外航空券の予約・購入が即時にできる『自動販売機プロ
 ジェクト(仮称)』の事業戦略』
 株式会社ワールドエアシステム 代表取締役社長 岡田 健氏
 http://www.was-jp.com/corporation/index.html
◆講演の概要: 
 ボーダレスな現代、世界中の人々がビジネス・文化・観光など、
 あらゆる国境を越えた交流で適切な『移動手段』を必要としてい
 ます。私たちはそれぞれのお客様が、最適な商品を簡単・便利
 に手配・購入できる仕組みを提供します。私たちの使命(ミッシ
 ョン)は、国際航空券販売に関するすべてのサービスにおいて、
 あらゆるお客様にとって最良の選択肢となることです。自らに
 下記のようなミッションを課しています。
 ○お客様の代理店:お客様の期待を超える『賢い選択』を提案
  しつづけます。
 ○イノベーティブ:各専門分野のスペシャリストが、業界慣習に
  とらわれず、最新の技術と独自のサービスを常時提供します。
 ○クオリティ第1:すべてのアウトプットにおいて最良・最善であ
  り続けます。
 ○フレキシブル:お客様のご意見を最大限取り入れ、柔軟に進
  化します。
 ○ユーザビリティー:あらゆるサービスは、お客様の目線から考
  案します。
 当日は本プロジェクトの概要をご説明するとともに、今後の目指
 す方向性についても触れさせていただく予定です。
◆岡田健氏の略歴:
 1964年:東京生まれ。1989年:早稲田大学文学部卒。在学中に、
 仲間と旅行会社を設立。
 1993年:国際航空券販売の専業を目的とする株式会社ワールド
 エアシステムを設立。
 1998年:代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3.15:00~15:50:
◆講演のテーマと講師:
 『CGMの天国と地獄 ~カギを握る1%の消費者とは~』
 株式会社エイベック研究所 代表取締役社長 武田 隆氏
 http://www.aveclab.com/corporate/profile.html
◆講演の概要:
 ウェブ2.0ブームによって、CGMは企業と顧客の関係を劇的に
 変えると言われてきました。しかし、不確実性の高いCGMのコン
 トロールに失敗し、痛手を負った企業が多いのは周知の事実で
 す。情報を捏造(ねつぞう)したために、ユーザーの怒りを買い、
 企業ブログや掲示板が炎上した例は、枚挙に暇(いとま)があり
 ません。『パーミッション・マーケティング』の著者セス・ゴーディン
 は、「バズ・マーケティング会社の報酬で活動するブロガーは、契
 約期間が終了すれば、簡単にその企業を裏切る」と語っています。
 成功の鍵は、たった1%とも言われるCGMのリーダー抽出にあり
 ます。ニッセン、ミツカン、クレディセゾンを始め100社が導入して
 いるシステムのCGMマーケティングの成功事例を中心に、自社
 のCGMを持つことで、少数の特別な影響力を持つ消費者(CG
 Mのリーダー)をブランド戦略の味方とする逆転の施策、ロイヤル
 ティを連鎖的に発生させる具体的なテクニックについて解説致し
 ます。
◆武田隆氏の略歴:
 1996年:社会に革新をもたらすインターネットの可能性を研究す
 る組織として、エイベック研究所を開設。130社以上の企業に対
 し、ウェブサイトの構造デザインを提供。企業と顧客の直接的で
 協調的な関係構築を企画する。代表作のアサヒビール就職サイ
 ト『ガーデン アサヒ(GARDEN ASAHI)』で、採用ホームページ人
 気ランキング食品部門1位を獲得。
 1997年:株式会社電通の次世代メディア構想に対して、オンライ
 ン・コミュニティーを企画提案し採択。ソフトウェアの設計を担当。
 プロジェクトは、ウェブ視聴率・女性コミュニティー部門の第1位を
 連続3回獲得。
 1998年:インターネットの双方向性を最大限に活かしたマーケテ
 ィング・システムの設計を開始。
 2002年:4年の開発期間を経て『サークルモールシステム(Avec
 10.0)」が完成。サービスは、現在までに100社以上の参加企業
 が集まるCGMマーケティングASPに成長した。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『ネット上の新しいコミュニケーション技術とコミュニティー戦略~
 「うたごえ検索」 と「オーシャン・グリッド(OG)~』
 ウタゴエ株式会社 代表取締役社長 園田 智也氏
 http://www.utagoe.com/jp/company/profile.html
◆講演の概要:
 1.ウタゴエとは?
 ―ウタゴエ=コミュニケーションのシンボル
 2. ウタゴエが開発したコミュニケーション技術と実績
 ―ウタゴエ検索、『Cafenet』、『OceanGrid』など
 3.ウタゴエ検索―「タ、タ、タ」と唄って楽曲検索
 4.次世代の大規模コンテンツ配信技術「Ocean Grid」
 一1台のPCから10000人にライブ映像の配信が可能に
 5.ウタゴエの運営するコミュニティーサイト、『ルーク(Looc)』
 6.ウタゴエが目指すコミュニケーションの世界―当日は以上の
   ような内容についてお話しさせていただく予定です。
◆園田智也氏の略歴:
 1975年:福岡県生まれ。博士(情報科学)。
 1998年3月:早稲田大学理工学部情報学科卒。在学中に「歌
 声による楽曲検索システム」を開発。国際特許を申請。
 2000年3月:同大学・大学院・理工学研究科・情報科学専攻了。
 2000年4月:同大学院・博士後期課程に進学。
 2000年10月:米国特許を取得。ニューヨークタイムス紙に掲載
 される。
 2001年1月:うたごえ有限会社を設立。
 2003年8月:博士後期課程を修了後、同社を株式会社に改組。
 2004年10月:同社をウタゴエ株式会社に商号変更。
 現在、同社の代表取締役社長。
-------------------------------------------------------
※4/20合同フォーラムのお申し込みを歓迎します。事前お振り込
 みの場合の参加費は9千円です。4/18(水)までに下記の口座
 宛てにお振り込みください。当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。(消費税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
●3/16(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
●フォーラム終了後の懇親会(17:30~19:00)に
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/6賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤/ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/ecken/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mituisi.html 
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ssl.skillupjapan.net/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://wnb.at.webry.info/
『日本検索経済大賞』:        http://seaward.seesaa.net/
============================
[PR]

by ecken | 2007-04-02 18:23 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30