<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


★情報工学系の卒業者、インドは日本の25倍、中国は40倍!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(586号)★2007/10/24発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.情報工学系の卒業者、インドは日本の25倍、中国は40倍!
◆2.ネット大手、PCや携帯に続き第3のネットTV通販を開始!
◆3.11/16全国から7賞の受賞者(約20社・数10人)が参集!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。おかげさまで東京地方の今日のお天気は秋晴れで
 す。
  
●本日の元気の出る1番目の話題は、『世界を席巻する25億人の
 パワー インド人と中国人』(東洋経済10/20号の大特集)のニュ
 ースです。詳細につきましては、同特集記事をご参照いただけれ
 ば幸いです。

●本日の元気の出る2番目の話題は、『楽天市場アクトビラと提携
 薄型テレビ向けネット通販を開始!』(10/23日経本紙)のニュー
 スです。いよいよネットTV通販の時代の到来ですね。どうぞお楽
 しみに・・・。
 
●次回のフォーラムは11/16(金)の午後、 東京・JR新橋駅近くの
 汐留住友ビル16階 KBMJ社・セミナーホールで開かれます。

●同フォーラム冒頭の2時間を活用して、(1)7賞合同の記者発表
 会(13:00~14:00)と、(2)7賞合同の授賞式(14:00~15:00)が
 開かれます。

●また、午後3時からは受賞者の代表を含む記念の4講演(各30
 分間)があります。

●発表会と授賞式には、7賞の受賞者(約20社)の方々が日本全
 国から参集します。貴重な取材・交流・営業・名刺交換の機会に
 なりますので、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.情報工学系の卒業者、インドは日本の25倍、中国は40倍!
-------------------------------------------------------

●週刊『東洋経済誌』10/20号の『インド人と中国人』の大特集記
 事(P42~P105)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.05年の中国の大学卒業者数は253万人、インドは230万人、日
  本は55万人。約4倍~5倍の差がある。
2.05年の中国の情報工学系の卒業者数は約81万人、インド人は
  約50万人、日本は約2万人。約25倍~40倍の差がある。
3.しかし、彼らを日本人を脅(おびや)かす外部(の存在)としてと
  らえるのは誤りだ。
4.中国インドとも所得階層の上位10%に属する人々の暮らしのレ
 ベルは、現代の日本人の暮らしのレベルとさほど違いがない。し
  かも中印ともに上位10%に属する人々の数は軽く1億人を超え
  てしまう。(以上、P42~P43)
5.「11億人の国のトップ10%と日本人全体を比較するのは不公平
  です」、「インドのトップ10%と日本のトップの10%を比較すれば、
  全然差がないと思います。日本の方がちょっと優れているかも
  しれない」(P95、トレンドマイクロCOOのマヘンドラ・ネギ氏)
6.「成長したいなら人口の増えているインド・中国・アメリカ・ブラジ
  ルなどにマーケットを求めて売ればいい」、「なのに日本人を増
  やすことで自分の商売を拡大しようという発想の情けなさ」(P95、
  ソフトブレーン前会長の宋文洲氏)
7.在日中国人(インド人も)の大きな悩みは、日本の小学校(特に
  公立)のレベルの低さだ。日本の小中学校(特に公立)の生徒
  への要求水準はあまりにも低すぎる。(P104~P105)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ショックがないと言えばウソになりますね。しかし耳の痛い本当
 のこと=事実は事実としてしっかり受け止めたうえで、例えばイ
 ンドであれば、(1)高速道路・新幹線・双翼の超音速機などイン
 フラの整備、(2)2輪車・4輪車・精密機械・ロボットなどに代表
 されるインド製造業全般の底上げ、(3)安全で効率のよい原子
 力発電所群の整備と運用、省エネ・環境対策での貢献、(4)キ
 メ細やかなコンビニやスーパーの全国展開、物流網の整備など、
 お互いに補完・貢献していける仕事が山のようにあるのではない
 かと思います。

●また、中国についても、(1)本当の意味での自由主義経済や
 民主主義社会の長期的な定着、(2)2015年以降の中国の少子
 高齢化問題への課題先進国としての貢献、(3)世界の工場・巨
 大な市場への日本の堅実な取り組み、研究開発拠点としての
 活用、(4)省エネ・環境対策分野での大きな貢献、(5)アジア経
 済全体の底上げへの両国の協力と分担など、重要な仕事が山
 のようにあるのではないかと思います。

●同様のことが、アセアン(10か国)や中央アジア、他のアジア諸
 国地域やロシア、オセアニアや太平洋沿岸の諸国地域などとの
 協力・協調・ビジネス関係についても生じているのではないかと
 思います。

●これをチャンスとしてしっかりとらえ、上記のような大きな仕事に
 日本人らしくコツコツと堅実に取り組み、今後とも平和に徹して行
 くことができれば、21世紀の日本の未来はとても明るいと筆者は
 確信しているのですが、愛読者の皆様のご感想はいかがでしょう
 か。

-------------------------------------------------------
◆2.ネット大手、PCや携帯に続き第3のネットTV通販を開始!
-------------------------------------------------------

●10/23日経本紙の記事、『楽天市場アクトビラと提携 薄型テレビ
 向けネット通販を開始!』によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.楽天は10/22、ソニーや松下など日本の代表的な電機メーカー
  が出資するアクトビラ(東京・港区)と提携し、インターネットにつ
  ながる薄型テレビ向けのネットテレビ通販事業を始めた。
2.ヤフーも今年度中にテレビ向けポータルサイトを設けて本格参
  入する方針。
3.生活者との接触拡大を狙うネット大手は、パソコンや携帯電話
  に続きテレビ戦略を競い始めている。
4.楽天は10/22、生活情報や動画配信が利用できるアクトビラの
  テレビ向けサイトに、ネット商店街の『楽天市場』を開いた。
5.同市場では食品や衣料品など楽天のパソコンや携帯電話向け
  のネット通販で扱う大半の商品を購入できる。(以下・割愛)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●10/20の日経本紙の記事によれば、楽天は08年に台湾に進出。
 来年から5年をかけて欧米・アジアなどネットサービスの盛んな
 国や地域に本業の『楽天市場』を開く計画とのこと。

●遅すぎるのではないかとの懸念も一部にないわけではありませ
 んが、日本の大手ネット企業各社が積極的・本格的・持続的に、
 海外市場に参入して行くことは、むしろ当然の選択であり、その
 基本的な姿勢をひとまず歓迎したいと思います。

-------------------------------------------------------
◆3.11/16全国から7賞の受賞者(約20社・数10人)が参集!
-------------------------------------------------------

●11月16日(金曜日)午後1時から2時まで、東京都港区東新橋
 (JR新橋駅近く)の汐留住友ビル16階のKBMJさんのセミナー
 ルームをお借りして、11回目を迎える『日本オンラインショッピン
 グ大賞』など下記・7賞合同の記者発表会があります。

 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
 『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
 『アバター・ビジネス・グランプリ』: http://ecken.jp/abg/

●また、同日の午後2時から3時まで7賞共同の授賞式があり、
 今年最も注目される受賞者(約20社・数10人)の皆さんが全国
 から集まります。

●さらに、同日の午後3時から5時まで、受賞者の代表を含む
 4社の記念講演(各30分間)があります。その詳細は決まり次
 第、改めてご案内します。

●好評が予想されますので、下段のお申し込み欄(2種類のどち
 らか)に必要な事項をご記入のうえ、 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 宛てにお申し込みください。

☆==================================================☆
■日時:2007年11月16日(金) 13:00~14:00 
■場所:〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住
 友ビル16階 KBMJ社・セミナーホール
 TEL:03-5568-2051 広報担当・野本氏
■最寄駅:JR新橋駅下車、カレッタ汐留(電通本社)方向に直進
 し、電通前にて右折。約200メートル先の汐留住友ビル16階です。
■案内図:http://www.kbmj.com/profile/access.html
☆==================================================☆

●お手数ですが、マスコミ関係の方々の出欠のご連絡は下段の
 フォームをご利用ください。 ecken@ceres.ocn.ne.jp 宛てにお
 申し込みください。
 
------------------------------------------------------
■11/16の7賞合同の記者発表会に
 (1)出席します。  (2)残念ですが今回は出席できません。
1.御社名:
2.媒体名:
3.ご所属:
4.お名前:
5.TEL(直通):
6.FAX(最寄):
7.eメール:
------------------------------------------------------

●お手数ですが、マスコミ関係以外の方々の出欠の連絡は下段
 のフォームをご利用ください。 ecken@ceres.ocn.ne.jp 宛てに
 お申し込みください。

------------------------------------------------------
■11/16(金)午後のフォーラムに、
 (1)午後1時からの記者発表会から出席します。
 (2)午後2時からの授賞式から出席します。
 (3)午後3時からの記念講演から出席します。
 (4)午後5時半からの懇親会(頭割りで3千円前後)から出席し
   ます。
 (5)残念ながら今回はいずれも参加できません。
■非会員さんのお申し込みを歓迎します。参加費9千円を11/14
 (水)までに、下記の口座宛てにお振り込みください。当日・現金
 でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
●参加費9千円の振り込みを 月 日に予定しています。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL(直通):                    
○FAX(最寄):                    
○eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/印田/小石/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.jp/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2007-10-24 15:45

★10/19樋口さんの『最新ネットショッピング事情』講演に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.イオン現状中国出店22店舗を12年度には100店舗に拡大!
◆2.日本・EU(27か国)のEPA(経済連携協定)検討、民が先陣!
◆3.10/19講演4の『最新ネットショッピング事情』講演に注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。7賞の応募締切日を1週間延ばして10/16(火)とし
 ました。最後のチャンスです。積極的なご応募をお待ちしています。
 
●本日の元気の出る1番目の話題は、『イオン12年度に中国で100
 店舗に拡大へ』(10/11朝日)のニュースです。どうぞご期待くださ
 いね。

●また今日の元気の出る2番目の話題は、『日本とEU EPA検討
 民が先陣』、『研究会初会合、政府に早期交渉促す』、『関税撤廃
 など焦点』のニュースです。どうぞお楽しみに・・・。

●最後に、10/19(金)の午後、東京・新橋、汐留住友ビル16階で開
 かれるフォーラム(117回目)の4講演すべての概要が正式に決ま
 りにました。

●本日は特に講演4の『進化するEC~最新ネットショッピング事情
 ~』講演にご注目いただければ幸いです。

●おかげさまで充実した4講演が出揃(そろ)いました。好評が予想
 されますので、お早目に(下段のお申し込み欄に必要事項をご記
 入のうえ) ecken@ceres.ocn.ne.jp 宛てにお申し込みいただけれ
 ば幸いです。

●毎回4割近くを初めて参加する方々が占めています。また、非会
 員さんのお申し込みを歓迎しています。どうぞ遠慮なくお申し込み
 くださいね。

-------------------------------------------------------
◆1.イオン現状中国出店22店舗を12年度には100店舗に拡大!
-------------------------------------------------------

●10/11朝日『イオン「中国で100店舗に」12年度目標』の記事によ
 れば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.イオンは10/10、中国の不動産開発大手の『上海上実集団有限
  公司』と提携し、現在22店ある中国国内での店舗網を12年度に
  100店に広げる方針を発表した。
2.上海上実が開発した新興住宅地などに、イオンが大型ショッピン
  グセンターなどを出店する。重点地区は北京・天津、広東省や香
  港などの都市部。
3.岡田元也社長は会見で「中国での成功なしに当社のビジョン達
  成は不可能だ」と表明。
4.07年度の中国での売上高1千3百億円を12年度には6千億円に、
  同営業利益50億円を12年度には350億円へ引き上げる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●まず、イオンの積極的な中国出店方針を歓迎したいと思います。
 また、まだ外資に開放されていないインド市場や、アセアン(10か
 国)市場を含む世界市場への取り組み方針を期待したいと思い
 ます。

-------------------------------------------------------
◆2.日本・EU(27か国)のEPA(経済連携協定)検討、民が先陣!
-------------------------------------------------------

●10/11の日経本紙と朝日・経済面の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日本と欧州連合(EU・27か国)は10/10、貿易自由化にとどまら
  ず環境規制など内政面のルールの共通化にまで踏み込む経済
  統合協定(EIA)に関する民間主導の共同研究(=『日本とEUの
  EIA検討タスクフォース』)をスタートさせた。 
2.日本の06年のEU輸出額は約11兆円、輸入額は約7兆円。堅調
  なEU経済を背景に貿易額は前年よりも約11%増えている。
3.民間のシンクタンクの試算によれば、日本とEUの経済連携協定
  (EPA)が機能すれば、日本のGDPを最大年1兆円押し上げる効
  果が見込める。
4.しかし、日本側は薄型テレビなどへの関税14%や自動車への関
  税10%などの撤廃を望んでいるのに対して、
5.EU側はEPAよりもさらに進んだEIAの締結による欧州基準の世
  界化を「狙っており、今後、双方ともに乗り越えるべきハードルも
  数多い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●短距離の100メートルのハードル競争というよりも、中・長距離の
 ハードル競争を思わせる難交渉ですが、ぜひ政府間交渉につな
 げ締結(EPAであれEIAであれ)に到るフェアプレイを、日本・EU
 双方に強く要望しておきたいと思いますね。

-------------------------------------------------------
◆3.10/19講演4の『最新ネットショッピング事情』講演に注目を!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで10/19・4講演の概要がすべて正式に決まりました。
 
●本日は特に、講演4の『進化するEC~最新ネットショッピング事
 情~』にご注目いただければ幸いです。

●下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入のうえ、お早目にお
 申し込みいただければ幸いです。スタッフ一同、朗報を心からお
 待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年10月19日(金) 13:00~17:00 
■場所:〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友
 ビル16階 KBMJ社・セミナーホール
 TEL:03-5568-2051 広報担当・野本氏
■最寄駅:JR新橋駅下車、カレッタ汐留(電通本社)方向に直進し、
 電通前にて右折。約200メートル先の汐留住友ビル16階です。
■案内図:http://www.kbmj.com/profile/access.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『フィンランド発の仮想世界ハボ(Habbo)ホテル』
 ハボ(Habbo)ホテルジャパン株式会社 社長 上園 尊仁氏
◆講演の概要:(新着情報)
 フィンランドが生んだ仮想世界『ハボ(Habbo)ホテル』の累積アバ
 ター数は8千万に達し、月次トラフィックは7百万に及びます。世界
 有数のオンライン・コミュニテイーに成長した『ハボ(Habbo)ホテル』
 を紹介し、日本市場のさらなる成長への抱負をお話します。
◆講師の略歴:(新着情報)
 1965年、ドミニカ共和国サント・ドミンゴ市生まれ。旧ナショナルウェ
 ストミンスター銀行(資本市場部門)、ナイトリッダー通信社(東京特
 派員)、博報堂、ダブルクリック・ジャパン、J・ウォルター・トンプソン
 ・ジャパン、旧ボーダフォンを経て、2006年春にスラケ・コーポレーシ
 ョンに入社、Habboホテルジャパン株式会社のカントリーマネジャー
 兼代表取締役に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:
 『ぐるなびが考えるリアル連動型サービスとユーザーの行動』
 株式会社ぐるなび 企画第2グループ グループ長 津田 宗利氏
◆講演の概要:
 飲食店検索サイトとして圧倒的な知名度とユーザー数を誇る「ぐる
 なび」の、モバイルサービスならではのサービス展開について、事
 例を踏まえながらお話します。
 1.独自の進化をはじめたモバイルサービス
 2.リアルシチュエーションとの連携によるサービス展開事例「ぐる
   なびタッチ」
 -新規来店に加え、リピーター獲得を実現
 -店舗からユーザーに対してのコミュニケーションツール
 -今後の展開
◆講師の略歴:
 1977年:大阪府生まれ。
 関西大学卒業後、広告代理店を経て、2002年に株式会社ぐるな
 びに入社。現在536万人となったぐるなび会員の獲得業務やぐる
 なびトラベル事業などを歴任し、現在は、企画部門第2グループ長
 として、モバイル関係、会員サービス、ECモールサービスの企画
 を推進。
-------------------------------------------------------
◆講演3:(15:00~15:50)
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム』
 株式会社SGラボ 代表取締役社長 前田 徹哉氏
◆講演概要:(新着情報)
 広告(アドバタイジング)とゲームを掛け合わせた『アドバゲーム』。
 ゲームのアイテムとして商品を取り上げるなどにより、ネットを通
 じて広くゲームを楽しんでもらうことでブランドの浸透や集客を高
 められる。単純な広告よりも効果的にユーザーにアプローチでき
 る手段として注目度が高まっている。SGラボ(東京・渋谷)は、ス
 クウェア・エニックスと学習研究社の合弁企業として設立され、エ
 ンターテインメント以外のニーズにゲームの持つ力を応用し、「遊
 び」と「学び」を融合させたコンテンツであるシリアスゲームを制作、
 販売をしている。
◆前田徹哉氏の略歴:(新着情報)
 1987年、慶應義塾大学・文学部・社会学専攻卒業。西武百貨店
 にて店舗開発、営業企画、顧客計画、営業投資計画の立案業務
 などに従事した後、1999年プライスウォーターハウスコンサルタン
 ト(現IBMビジネスコンサルティングサービス)に入社。主に流通業
 やメーカーのCRM戦略の構築、業務プロセス構築、顧客情報の
 活用手法(データマイニング活用手法)定着化などのコンサルティ
 ングに従事。2007年4月より現職。シリアスゲームという分野から、
 企業や各種団体が抱えている様々な課題の解決に挑戦中。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『進化するEC~最新ネットショッピング事情~』
 株式会社シンクエージェント 代表取締役社長  樋口 進氏
◆講演の概要:(新着情報)
 ECの普及浸透にともない、様々なスタイルのECサイトと、これを
 支えるサプライヤーが登場しています。多様化するECのビジネ
 ス構造と、ウェブ2.0以降に注目されているソーシャル・ショッピ
 ングやショッピング・サーチ、ドロップシッピングといったECのトレ
 ンドを、事例を中心にご紹介します。
◆樋口進氏の略歴:(新着情報)
 住友ビジネスコンサルティング(現日本総合研究所)にて、主に小
 売業(チェーンストア)の業態開発及びビジネス戦略、消費財メー
 カーのマーケティング戦略、カードビジネス戦略(故三石玲子氏に
 師事)、大手製造業の新規事業開発戦略、商品開発コンサルティ
 ングなどを経験の後に独立。 その後、株式会社ビジネスアーキテ
 クツ取締役、株式会社ミディシティ取締役を経て、2005年IMJビジ
 ネスコンサルティング株式会社を設立し、取締役兼COOに就任。
 2007年株式会社シンクエージェントを設立し、代表取締役となる。
-------------------------------------------------------
※10/19(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。10/17
 (水)までに下記の口座宛てにお振り込みをお願いします。当日
 現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。(消費
 税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
○10/19(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○10/19フォーラム終了後の懇親会(参加費は3千円前後、17:30
 ~)に、 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/印田/小石/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2007-10-11 18:16 | 情報経済新聞

★10/19ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム講演!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.東アジア16か国FTAの実現で世界の所得が約30兆円増へ!
◆2.五輪後の中国経済、内需が成長の原動力になり好循環も!
◆3.SGラボ『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム』に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。今朝の日経本紙のトップは、『東レ、炭素繊維で車
 部品』、『10年に新工場投資額300億円 世界初の量産』でした。

●同記事によれば、炭素繊維は鉄に比べて重さは4分の1、強度
 は10分の1。すでに、ボーイングの新型機『787』の機体の5割
 に東レの炭素繊維が採用されており、燃費を従来機より2割向上
 させています。

●問題はコストですが、東レでは、低コストの成型加工技術を顧客
 企業と共同で開発。06年度の売上高は700億円弱ですが、15年
 度には自動車・航空機分野向けの売上高を(樹脂などを含め)5
 千億円にする意欲的な計画を立てています。
 
●本日の元気の出る1番目のニュースは、『東アジア16か国のFT
 Aが実現すれば世界全体の所得が年間約30兆円増』(10/8日経
 本紙)の話題です。どうぞご期待くださいね。

●また今日の元気の出る2番目のニュースは、『五輪後の中国経
 済の行方』です。どうぞお楽しみに・・・。

●最後に、10/19(金)の午後、東京・新橋、汐留住友ビル16階で開
 かれるフォーラム(117回目)の3講演の概要が正式に決まりにま
 したので、本日は特に講演1~3にご注目いただければ幸いです。

●まだ4分の3完成の状態でのご案内で恐縮ですが、好評が予想
 されますので、お早目に(下段のお申し込み欄に必要事項をご記
 入のうえ) ecken@ceres.ocn.ne.jp 宛てにお申し込みいただけれ
 ば幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.東アジア16か国FTAの実現で世界の所得が約30兆円増へ!
-------------------------------------------------------

●10/8の日経本紙(マニラ発・石沢将門記者)の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.アジア開発銀行(ADB)の試算によれば、東アジア首脳会議参
  加16か国(日中韓+アセアン10か国+インド・豪州・ニュージー
  ランド)による自由貿易協定(FTA)が実現した場合、世界全体
  の所得が年2千598億ドル(約30兆円)増加する。
2.日中韓とアセアン10か国の13か国のFTAでは年2千139億ドル
  (約24.7兆円)の増加に止まり、インド・豪州・ニュージーランドを
  加えた16か国の方が約2割上回る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●16か国はまだ、とりあえず利益を共有する共同体の段階ですが、
 そのFTA効果には素晴らしいものがあることがよくわかりますね。

-------------------------------------------------------
◆2.五輪後の中国経済、内需が成長の原動力になり好循環も!
-------------------------------------------------------

●10/8の日経本紙、『月曜経済観測 五輪後の中国経済の行方』
 (大和総研シニアエコノミスト 肖敏捷さん、聞き手は香港・編集
 委員の鈴置高史さん)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.五輪後に中国の景気はある程度、減速するかもしれないが、大
  不況には陥(おちい)らない。けん引役は五輪需要だけではない
  からだ。
2.車・住宅・インフラ整備・自然環境・農業の英語の頭文字を合わ
  せるとCHINA(チャイナ)になる。輸出を起爆剤に成長を始めた
  中国経済は、この五つの内需に頼れる段階に入った。  
3.財政規模は日本にほぼ並んでおり、輸出で稼いだおカネでイン
  フラ整備に拍車をかけ、内需の振興で成長を加速する自立発展
  の好循環を期待できる。
4.確かに環境対策(省エネや公害防止)は短期的にはマイナス要
  因だが、中長期的には新たな産業と雇用を生む。
5.中国食品の安全性の問題も、『中国ブランド』のイメージの低下
  といった心理的な影響は大きいが、中国の総輸出額に占める
  食品や玩具の比率は約5%。この問題は景気をすぐには左右
  しない。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●肖敏捷さんは、8年間の香港・上海勤務を終えて日本に戻った
 ばかりとのこと。中国内外での(五輪後の中国経済の行方につ
 いての)評価の違い(中国内では強気論が強く、国外では弱気
 論が強い)をよく知る人物の景気観測情報として、ご参照いただ
 ければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆3.SGラボ『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム』に注目!
-------------------------------------------------------

●10/19・4講演の顔ぶれが全て決まり、特に講演1~3の概要が
 正式に決まりました。講演1~3の新着情報をどうぞお楽しみに
 ・・・。

●講演3のテーマは、『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム』
 です。広告(アドバタイジング)とゲームを掛け合わせた『アドバゲ
 ーム』。

●本日は特に、スクウェア・エニックスと学習研究社の合弁企業=
 SGラボ社長の前田徹哉さんの迫力ある講演内容にご注目いた
 だければ幸いです。

●下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入のうえ、お早目にお
 申し込みいただければ幸いです。スタッフ一同、朗報を心からお
 待ちしています。

☆====================================================☆
■日時:2007年10月19日(金) 13:00~17:00 
■場所:〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友
 ビル16階 KBMJ社・セミナーホール
 TEL:03-5568-2051 広報担当・野本氏
■最寄駅:JR新橋駅下車、カレッタ汐留(電通本社)方向に直進し、
 電通前にて右折。約200メートル先の汐留住友ビル16階です。
■案内図:http://www.kbmj.com/profile/access.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『フィンランド発の仮想世界ハボ(Habbo)ホテル』
 ハボ(Habbo)ホテルジャパン株式会社 社長 上園 尊仁氏
◆講演の概要:(新着情報)
 フィンランドが生んだ仮想世界『ハボ(Habbo)ホテル』の累積アバ
 ター数は8千万に達し、月次トラフィックは7百万に及びます。世界
 有数のオンライン・コミュニテイーに成長した『ハボ(Habbo)ホテル』
 を紹介し、日本市場のさらなる成長への抱負をお話します。
◆講師の略歴:(新着情報)
 1965年、ドミニカ共和国サント・ドミンゴ市生まれ。旧ナショナルウェ
 ストミンスター銀行(資本市場部門)、ナイトリッダー通信社(東京特
 派員)、博報堂、ダブルクリック・ジャパン、J・ウォルター・トンプソン
 ・ジャパン、旧ボーダフォンを経て、2006年春にスラケ・コーポレーシ
 ョンに入社、Habboホテルジャパン株式会社のカントリーマネジャー
 兼代表取締役に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:
 『ぐるなびが考えるリアル連動型サービスとユーザーの行動』
 株式会社ぐるなび 企画第2グループ グループ長 津田 宗利氏
◆講演の概要:
 飲食店検索サイトとして圧倒的な知名度とユーザー数を誇る「ぐる
 なび」の、モバイルサービスならではのサービス展開について、事
 例を踏まえながらお話します。
 1.独自の進化をはじめたモバイルサービス
 2.リアルシチュエーションとの連携によるサービス展開事例「ぐる
   なびタッチ」
 -新規来店に加え、リピーター獲得を実現
 -店舗からユーザーに対してのコミュニケーションツール
 -今後の展開
◆講師の略歴:
 1977年:大阪府生まれ。
 関西大学卒業後、広告代理店を経て、2002年に株式会社ぐるな
 びに入社。現在536万人となったぐるなび会員の獲得業務やぐる
 なびトラベル事業などを歴任し、現在は、企画部門第2グループ長
 として、モバイル関係、会員サービス、ECモールサービスの企画
 を推進。
-------------------------------------------------------
◆講演3:(15:00~15:50)
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲーム』
 株式会社SGラボ 代表取締役社長 前田 徹哉氏
◆講演概要:(新着情報)
 広告(アドバタイジング)とゲームを掛け合わせた『アドバゲーム』。
 ゲームのアイテムとして商品を取り上げるなどにより、ネットを通
 じて広くゲームを楽しんでもらうことでブランドの浸透や集客を高
 められる。単純な広告よりも効果的にユーザーにアプローチでき
 る手段として注目度が高まっている。SGラボ(東京・渋谷)は、ス
 クウェア・エニックスと学習研究社の合弁企業として設立され、エ
 ンターテインメント以外のニーズにゲームの持つ力を応用し、「遊
 び」と「学び」を融合させたコンテンツであるシリアスゲームを制作、
 販売をしている。
◆前田徹哉氏の略歴:(新着情報)
 1987年、慶應義塾大学・文学部・社会学専攻卒業。西武百貨店
 にて店舗開発、営業企画、顧客計画、営業投資計画の立案業務
 などに従事した後、1999年プライスウォーターハウスコンサルタン
 ト(現IBMビジネスコンサルティングサービス)に入社。主に流通業
 やメーカーのCRM戦略の構築、業務プロセス構築、顧客情報の
 活用手法(データマイニング活用手法)定着化などのコンサルティ
 ングに従事。2007年4月より現職。シリアスゲームという分野から、
 企業や各種団体が抱えている様々な課題の解決に挑戦中。
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『飛躍するサイトのためのネット流通戦略2.0』(仮題)
 株式会社シンクエージェント コンサルタント 磯田 たみよ氏
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
※10/19(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。10/17
 (水)までに下記の口座宛てにお振り込みをお願いします。当日
 現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。(消費
 税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
○10/19(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○10/19フォーラム終了後の懇親会(参加費は3千円前後、17:30
 ~)に、 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/印田/小石/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2007-10-09 14:07 | 情報経済新聞

536万会員ぐるなびのリアル連動型サービスの全貌!(EC研)

○こんにちは。お疲れ様です。EC研の土屋・金澤・山村です。
 おかげさまで、今日の東京地方のお天気は典型的な秋晴れ。
 開放された戸や窓から、爽やかな風が前後左右に吹き抜け
 ています。

○今日の元気の出るニュ-スの1番目は、『(全がん協、加盟
 病院が)がん5年生存率を公表』(朝日10/5)の話題です。こう
 した大切な情報がネットでも見ることができ・活用できることを
 まず歓迎したいと思います。

○今日の元気の出るニュ-スの2番目は、立花隆さんの談話、
 『21世紀の科学技術と国家(日本など)の関係』(朝日10/5)で
 す。

----------------------------------------------------- 
1.全がん協、がん(4種類)の『5年生存率』を施設ごとに公表!
----------------------------------------------------- 

○10/5朝日1面のトップ記事(編集委員の出河雅彦さん)によ
 れば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.国公立のがん専門病院などでつくる、『全国がん(成人病)
  センター協議会』(全がん協、30病院)は10/4、一部の加盟
  施設の(1)胃がん、(2)肺がん、(3)乳がん、(4)大腸がん
  の入院(99年)後の、『5年生存率』を公表した。
2.例えば、(1)の胃がんでは、(A)1位の国立がんセンター中
  央病院の『5年生存率』は84.1%で、(B)最下位の45.5%と
  は38.6%の差があった。
3.しかし、(A)の『1期÷4期の比率』(がんの進み具合を、早
  期の1期から、最も進んだ4期までに分類したうえで割算で
  比率化したもので、数字が大きいほど早期の患者さんが多
  い)は12.3であるのに対して、
4、(B)は1.2であり、最も進んだ4期の比率がはるかに高い
  ことを示しており、単純に(A)の方が(B)よりも優れていると 
  言うことはできない。
5.以上、公表データは全がん協のホームページで見ることが
  できる。 http://www.gunma-cc.jp/sarukihan/seizonritu/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○少し前まで『ガン』と表記されて『不治の病』と誤解されること
 も多かったわけですが、今は『がん』と表記されて、『5年生存
 率』が8割を超える施設も増えていることがよくわかりますね。

●そして、こうした客観的で重要な医療情報が、これからもネッ
 ト上でどんどん公開され、活用されていくことを心から歓迎した
 いと思います。

----------------------------------------------------- 
2.軍事予算の支援なしに今後も発展を続ける日本の科学技術!
----------------------------------------------------- 

○10/5朝日の立花隆さんの談話(聞き手は安田朋起さん)によ
 れば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日本は『科学技術創造大国』・『国家基幹技術』のスローガ
  ンを掲げているが、世界の人材は米国に集まり、日本が科
  学技術力で米国に肩を並べられる日は当分来そうにない。
2.一方、中国・韓国などアジアの国はすぐ背後に迫っている。
3.しかし、米国の科学技術は、実は産軍複合体によって支え
  られ、それが米国の国力の源泉になっている。
4.戦後日本は憲法9条を柱に非軍事的な平和産業・生活産
  業を中心に発展。
5.軍事予算のバックアップなしで、科学技術をここまで発展さ
  せた国は、日本以外にない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●今後とも非軍事的な平和産業・生活産業を中心に、世界に
 貢献していく日本の科学技術力やクールな創造力であって
 欲しいと心から願わずにはいられません。

----------------------------------------------------- 
3.!
----------------------------------------------------- 

●おかげさまで、10/19のフォーラム・4講演の意欲的な顔ブレ
 が決まりました。

●昨日・今日と『円天』と称する擬似通貨を隠れ蓑(ミノ)にし、
 年利36%目くらましにした詐欺(現状では出資法違反の容疑
 )商法に捜査の手が入ったニュースのオンパレードでしたが
 ・・・。これはニセモノ・虚業の世界のお話。

●世界29か国、毎月750万人が遊ぶ仮想のハボホテル(フィ
 ンランド本社のスラケ社が運営、10/19の講演1)や、広告(
 アドバタイジング)とゲームを掛け合わせたアドバゲーム(SG
 ラボ社、10/19の講演3)の世界など、仮想経済とはいえ、ホ
 ンモノの世界・実業の世界での、着実なビジネス展開が加速
 して来ています。

●特に本日は、講演2=536万会員を超えた株式会社ぐるな
 び・津田宗利さんの、(1)講演テーマ、(2)講演の概要、(3)
 講師の略歴の情報が新着しましたのでご注目いただければ
 幸いです。

○毎回平均4割の方が初めて参加される方々です。非会員さ
 ん・初参加の皆様のお申し込みを歓迎します。どうぞ遠慮な
 くお申し込みくださいね。

○お手数ですが、下段のお申し込み欄に必要事項をご記入の
 上、EC研・事務局(ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515
 -7175)宛てにご送信いただければ幸いです。スタッフ一同、
 朗報をお待ちしています。遠慮なくさあ~、どうぞ・・・。

☆====================================================☆
■日時:2007年10月19日(金) 13:00~17:00 
■場所:〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友
 ビル16階 KBMJ社・セミナーホール
 TEL:03-5568-2051 広報担当・野本氏
■最寄駅:JR新橋駅下車、カレッタ汐留(電通本社)方向に直進し、
 電通前にて右折。約200メートル先の汐留住友ビル16階です。
■案内図:http://www.kbmj.com/profile/access.html
☆====================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1.13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:
 『世界29か国、毎月750万人が遊ぶ仮想のハボホテル』(仮題)
 ハボ(Habbo)ホテルジャパン株式会社 社長 上園 尊仁氏
◆講演の概要:(準備中です。下段は同社の概要です)
 同社は、「Habbo(ハボ)ホテル」と呼ばれるバーチャルホテルを舞
 台にしたオンライン・コミュニティーを運営するエンターテイメント企
 業。フィンランドを拠点とするスラケ社(Sulake Corporation)の日本
 法人で現在世界29か国にコミュニティーを持ち、毎月750万人のユ
 ニーク・ユーザーが世界中で楽しんでいます。
◆講師の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演2.14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:(新着情報)
 『ぐるなびが考えるリアル連動型サービスとユーザーの行動』
 株式会社ぐるなび 企画第2グループ グループ長 津田 宗利氏
◆講演の概要:(新着情報)
 飲食店検索サイトとして圧倒的な知名度とユーザー数を誇る「ぐる
 なび」の、モバイルサービスならではのサービス展開について、事
 例を踏まえながらお話します。
 1.独自の進化をはじめたモバイルサービス
 2.リアルシチュエーションとの連携によるサービス展開事例「ぐる
   なびタッチ」
 -新規来店に加え、リピーター獲得を実現
 -店舗からユーザーに対してのコミュニケーションツール
 -今後の展開
◆講師の略歴:(新着情報)
 1977年:大阪府生まれ。
 関西大学卒業後、広告代理店を経て、2002年に株式会社ぐるなび
 に入社。現在536万人となったぐるなび会員の獲得業務やぐるなび
 トラベル事業などを歴任し、現在は、企画部門第2グループ長として、
 モバイル関係、会員サービス、ECモールサービスの企画を推進。
-------------------------------------------------------
◆講演3:(15:00~15:50)
◆講演のテーマと講師:
 『ブランド浸透や集客に有効なアドバゲームと仮想経済』(仮題)
 株式会社SGラボ 代表取締役社長 前田 徹哉氏
◆講演概要:(準備中です。下段は8/6の日経記事の抜粋です)
 ゲームソフト各社が特定の商品やサービスを紹介する企業向け
 の広告(アドバタイジング)とゲームを掛け合わせた『アドバゲー
 ム』の受注・製作に力を入れている。スクウェア・エニックスは、
 学習研究社と新会社のSGラボ(東京・渋谷、前田徹哉社長)を
 設立。2007年度中に20作品の受注を目指している。
 ◆講師の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演4.16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:
 『飛躍するサイトのためのネット流通戦略2.0』(仮題)
 株式会社シンクエージェント コンサルタント 磯田 たみよ氏
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
※10/19(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。10/17
 (水)までに下記の口座宛てにお振り込みをお願いします。当日
 現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。(消費
 税は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 
○10/19(金)午後の『合同フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○10/19フォーラム終了後の懇親会(参加費は3千円前後、17:30
 ~)に、 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/印田/小石/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.jp/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2007-10-05 12:39
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31