<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


★08年の中国ネット利用人口は世界最多の3億人を突破へ!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(635号)★2008/04/30発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.08年の中国ネット利用人口は世界最多の3億人を突破へ!
◆2.成都の流通革命!車所有率は上海(5%)の倍の10%!
◆3.5/16『売れるモバイルECを支える技術』講演1に注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。おかげさまで東京地方のお天気は快晴。初夏のよ
 うな快適さで、仕事にも遊びにも素晴らしい1日になりそうですね。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『ソフトバンク 中国ネッ
 ト大手を傘下に』、『交流サイトの校内網・会員2200万人 最大市
 場に攻勢』(4/30日経1面トップ)の話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『中国とロシア 最新報
 告特集』(『週刊ダイヤモンド』誌5/3と5/10の合併号)、『成都 驚
 きの世界流通大戦争』(P88~P93)の話題です。

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の概要が全て決まりました。好評が予想されますので、お早目
 にお申し込みいただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.08年の中国ネット利用人口は世界最多の3億人を突破へ!
-------------------------------------------------------

●4/30日経1面トップ記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ソフトバンクは中国のインターネット大手、オーク・パシフィック
  ・インタラクティブ(OPI)を傘下に収めることで同社と合意した。
2.約400億円でOPIの株式の40%を取得、経営権を握る。
3.急成長する中国ネット市場で携帯電話経由の情報提供など新
  サービスの拠点とする。
4.中国の07年のネット利用人口は2億1千万人(前年比53%増)
  で、08年には米国の2億1500万人(07年)を抜いて世界最多と
  なるのは確実の見通し。
5.OPIが運営する学生向けSNSサイト『校内網』は約2200万人
  の会員を保有。
6.ソフトバンクは、中国の企業間電子商取引(B2B)トップのアリ
  ババグループへの出資(30%)を通して、B2Bのシェア70%、
  生活者間の競売サイトの80%をすでに握っている。
7.日本のSNS最大手のミクシィは今春、中国・上海に子会社を
  設立。ネット広告大手のサイバーエージェントも中国のSNS『
  愛情公寓』(850万人以上)の運営会社に出資している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●今年も前年並みの53%増であれば、08年の中国のネット利用
 人口は約3億2千万人(普及率は約24%)に達します。

●普及率では米国の71%、日本の69%の約3分の1。つまり中国
 のネット利用人口は、今後さらに3倍程度までに伸びる可能性が
 あるということになり、中国のネットビジネスの市場規模も今後さ
 らに3倍前後まで伸びる可能性が大きいことが分かりますね。

-------------------------------------------------------
◆2.成都の流通革命、車所有率は上海(約5%)の倍の約10%!
-------------------------------------------------------


●『週刊ダイヤモンド(5/3と5/10の合併号)』誌の特集記事、『成都
 驚きの世界流通大戦争』(P88~P93)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中国四川省の省都・成都までは上海から飛行機で3時間。随
  一の繁華街・春熙路(しゅんきろ=長さ数百メートルの歩行者
  専用道路)は日本でいえば銀座。消費の最先端都市、上海と
  比べてもほとんど遜色がない。
2.この狭いエリア内に、(1)日本のイトーヨーカ堂、(2)伊勢丹、
  (3)西武など大型の小売り店舗が、なんと12店もある。
3.成都市内には仏カルフールが4店あり5号店を準備中。ヨー
  カ堂が3店あり、4号店(今秋)、5号店(来年)を準備中。
4.特にヨーカ堂の成都2号店に当たる双楠店は成都市の環状
  2号線(二環路)沿いに立地しており、日本を含むヨーカ堂全
  店の中で売上高は第3位。衣料部門の売上高は全店のトップ
  を占めている。
5.成都市のクルマ所有率は上海(約5%)の倍の約10%。モー
  タリゼーションの進み具合は中国トップ級。外資系の百貨店・
  スーパーが市内に14店、同民族系が10店(香港2店を含む)、
  民族系の家電量販店37店が出店している。  
6.江戸っ子と同様、成都っ子は宵越しの金は持たない主義で、
  好奇心が旺盛。新商品にはすぐに飛びついてみる性分。
7.とはいえ、「外資系で利益を出しているのは、当社を含めてご
  く少数しかない」(ヨーカ堂=成都伊藤羊華堂・総経理の三枝
  富博さん)実情で、『成都を制するものが中国市場を制する』
  といっても過言ではない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●この特集記事を読んで、筆者もヨーカ堂がなぜ北京と同時に
 成都でのドミナント(地域集中)出店を図っているのか、その理
 由がよく分かりました。

●次回5/2号の『情報経済新聞』で、下記のような同誌・後半の
 『ロシア特集』の核心部分に、簡潔なコメントを付けてご紹介し
 たいと思いますので、どうぞお楽しみに・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P106 中国・ロシア企業の大躍進
P112 [モスクワ]地獄から天国への超特急
P117 【インタビュー】ロシア商工会議所会頭(ロシア元首相)
    ○エフゲニー・プリマコフさん
P118 ロシアを牛耳った「政商」 国際関係アナリスト
    ○北野幸伯さん
P124 [サンクトペテルブルグ]「デトロイト」を超えて
P130 欧州一の自動車市場へ
P132 [ウラジオストク]極東ロシア再興の曙光
P136 【インタビュー】ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長
    ○大前研一さん
P137 【インタビュー】三井物産常務・戦略研究所所長
    ○寺島実郎 さん
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
-------------------------------------------------------
◆3.5/16『ネット実績380億円・パルシステム』講演2に注目を!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の概要が全て正式に決まりました。

●おかげさまで、好評が予想されますので、お早目にお申し込み
 いただければ幸いです。

●本日は特に、パルシステム連合会の平井(執行役員)さんの、
 『ネット実績380億円 パルシステムのネット通販事業戦略』講
 演2にご注目いただければ幸いです。

☆===================================================☆
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側、2階遊歩道の突き当たり
 に秋葉原UDXビルが見えます。右側の正面入口を入りエスカレ
 ーターで5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しく
 ださい。(南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『売れるモバイルECを支える技術とは―売れるサイトにする
 ために、押さえておくべき技術のポイント―』
 株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田 浩嗣氏
 http://www.yumemi.co.jp/company/
◆講演の概要:
 MCFの調査によると2006年度のモバイルコマースの市場規模は
 5624億円まで成長しています。さらに右肩あがりの伸びが予想さ
 れる今年、2001年からモバイルECのサイト構築に従事してきた
 ゆめみがモバイルECを立ち上げるにあたり押さえておくべき技術
 のポイントをお伝えします。
◆深田 浩嗣(ふかだ こうじ)氏の略歴:
 京都大学大学院・情報学研究科在学中の2000年1月、現取締役
 会長の片岡俊行、 技術担当取締役の中田稔と共に株式会社ゆ
 めみを設立。
 ユーザー視点でのモバイル向けサービスを中心に、技術力を駆使
 したモバイルECシステム、メールの配信システム、モバイルSNS
 システムなど、モバイルコンテンツを支えるソリューションの企画・
 開発・運営・コンサルティングを手がける。
 2005年11月より自社サービス『Sweet(スイート)』の展開に力をい
 れ、コミュニケーション・プラットフォーム作りを目指す。
 2005年4月に代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ネット実績380億円 パルシステムのネット通販事業戦略』
 パルシステム連合会 執行役員 平井 健一氏
 http://www.pal-system.co.jp/youkoso/group/
◆講演の概要:
 ネット通販の売上高(08年3月期):380億円。1都8県の10の地
 域生協による事業連合体。総会員数は約100万人。生協として
 のオンライン注文化は他生協より先んじており、01年7月より『
 オンラインパル』を運営。オンライン会員数は25万人を超え、安
 定した売上を上げている。
◆平井健一氏の略歴:
 89年に中央大学経済学部卒業後、(株)日立情報システムズに
 就職。
 94年に同社を退職後、3年ほど放浪し寺などに寄宿して過ごす。
 97年に首都圏コープ事業連合(現パルシステム連合会)に入協。
 06年より執行役員。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『インドの最新技術を駆使した日本で通用する高品質なサービ
 スの提供と、日本市場での今後のビジネス展開について』
 日本インフォビューテクノロジス株式会社
 代表取締役社長 ナタラジャン・スブラマニア氏
 http://www.ivtlinfoview.co.jp/Profile.htm
◆講演の概要:
 1.インドのIT産業について:
 2.サービス内容:(日本でビジネスを展開する際のあるべき姿)
 3.インフォビューの現状について:
 (1)ビジネスモデル:(インフォビューのビジネスモデルについて)
 (2)具体的なサービス内容:オフショアサービス、アウトソーシン
   グサービスなど。
 (3)リソースの活用:日本とインドの役割、採用、トレーニング、
   キャリアプランなど。
 (4)インフォビューの今後の中長期的なビジネス展開について:
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆ナタラジャン・スブラマニア氏の略歴:
 インドのバラディダーサン大学のコンピューター工学部を卒業後、
 日本経団連の関連会社で日本国際協力機構(JAIDO)の子会社
 インド・ジャパン ソフトウェアエンジニアリングコーポレーション(I
 JSEC)に入社し、1993年に来日。
 日本の大手企業数社にてコンサルタント・営業として勤務した後、
 2000年にインドにてインフォビューテクノロジス社を起業。
 2001年には、日本インフォビューテクノロジス株式会社を設立し、
 代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ECショップ・トラストマークサービスの現状と展望について―安
 心・安全なEC社会構築のために―』
 株式会社TradeSafe(トレードセーフ) 代表取締役 岡本 高彰氏
 http://www.tradesafe.co.jp/profile/index.html
◆講演の概要:
 みんなが安心して取引できるEC市場を創りたい。そんな思いか
 ら、株式会社TradeSafe(トレードセーフ)は誕生しました。経済性
 の追求だけでなく、社会にも貢献できる企業として、独自のビジネ
 ス・スタイルを展開。
 小さなショップでも、ユーザーが安心して買い物ができるインフラ
 を構築することにより、社会的貢献と経済性をあわせ持つ『ソー
 シャル・ベンチャー』を目指しています。
 本講演では、EC市場の現状と問題点、EC市場におけるトレード
 セーフの位置づけについて。また、トレードセーフが提供するトラ
 ストマークサービスの概要、今後の展望などについて、お話しさ
 せていただきたいと思います。
◆岡本高彰氏の略歴:
 1991年4月、株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に入行。
 各支店において法人融資渉外、審査業務。本部にてソリューショ
 ン開発・推進企画業務などに従事。
 2005年10月に株式会社オプトに入社。 
 法人事業投資及びファンド投資支援業務、新規事業企画開発に
 従事し社長室室長、事業開発本部副本部長を経て、社内ベンチ
 ャーとしてTradeSafe(トレードセーフ)プロジェクトを立ち上げて起
 業。2006年8月、株式会社TradeSafe(トレードセーフ
-------------------------------------------------------
※5/16(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 5/14(水)までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円
 になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『稲田屋 秋葉原店』です。参加費は3千円前後を予
 定しています)に、 http://r.gnavi.co.jp/g629004/
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●講演1と講演2の順番は、株式会社ゆめみ・深田(社長)さんの
 都合で入れ替わりました。

●5/16の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに5/16以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、6/13、
 7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。4/11か
 ら12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー・スクエ
 ア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-30 13:32

★5/16『ECショップ・トラストマーク』講演に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.07年度・貿易黒字・2年連続で増!13%増で10兆円を突破!
◆2.内需型・主要22社の海外売上高、3年内に4割増を計画!
◆3.5/16『ECショップ・トラストマークサービス』講演に注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。今日の東京地方のお天気は雨のち曇りですが、
 春のコートなしで外出しても、少しも寒くなく、今日も働きやすい
 1日になりそうですね。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『07年度・貿易黒字が
 2年連続で増えている』話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『内需型企業の海外
 シフト、主要22社の海外売上高、3年内に4割増』の話題です。
 どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の概要が全て正式に決まりました。好評が予想されますし、5
 月の連休も入りますので、お手数ですが、お早目にお申し込み
 いただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.07年度・貿易黒字・2年連続で増!13%増で10兆円を突破!
-------------------------------------------------------

●4/23の朝日・夕刊によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.07年度の貿易統計(速報)は、貿易黒字が前年度に比べ13.4
  %増の10兆2246億円となり、2年連続で増えた。
2.対米黒字が減り、原油高で輸入額も増えたたが、新興国向け
  の自動車や鉄鋼の輸出が好調だった。
3.輸出総額は9.9%増の85兆1177億円、輸入総額は9.4%増の、
  74兆8931億円でいずれも過去最高を更新した。
4.品目別では自動車の輸出額が14.3%の伸び。米国向けは減っ
  たが新興国や産油国向けが好調だった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●3月以降は減少傾向が明らかになっていますが、インドのIT産
 業と同様に、厳しい米国市場での大幅な受注減に歯止めをかけ
 ながら、新興国・産油国・資源国など伸び盛りの市場での大幅な
 伸びを実現。3年連続の貿易黒字増をぜひ達成したいところで
 すね。(過去最高の更新は無理かも知れませんが・・・)
 
-------------------------------------------------------
◆2.内需型・主要22社の海外売上高、3年内に4割増を計画!
-------------------------------------------------------

●4/24の日経(複数面の)記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.内需型の大手企業が一斉に海外事業を拡大する。食品・日用
  品・製薬などの主要22社の計画では、海外の売上高が3年以
  内に4割増える。
2.キリンホールディングスはオーストラリアの乳業大手の買収を
  検討。花王とライオンはアジア全域の供給体制を整える。
3.各社とも少子高齢化で内需低迷が続くと判断。自動車など現
  在の日本の基幹産業に続き、内需に依存してきた産業も海外
  に成長の軸足を移す。
4.板ガラス世界2位の日本板ガラスは4/23、06年に買収した英
  国ピルキントン社長で、日本板ガラスの副社長でもあるスチュ
  アート・チェンバースさん(51)が、社長兼CEOになると発表。
5.日本企業の国際化もいよいよ経営者・経営陣にも波及。同社
  はチェンバースさん主導で新興国の市場開拓を加速する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●海外シフトが急務なのは日本のネットビジネス業界も同様です。
 まずは、(1)留学生など外国人インターンの増加、(2)新卒や
 中途など外国人採用枠の拡大、(3)海外の赴任先で実績を上
 げた社員(日本人か外国人かを問わない)を優先的に抜擢し、
 役員にも登用するなど、人材の採用・育成・選抜戦略に着手す
 べき段階にすでに入っているように思うのですが、いかがでしょ
 うか・・・。

●余談になりますが、筆者は『少子高齢化による国内市場の低
 迷問題』も、賢明な諸策を同時に導入できれば、充分に解決し
 ていけるのではないかと考えています。

●すでに『50年間で1千万人の海外移民の受け入れ』などのプラ
 ンもあるようですが、(1)『30年間で1200万人の海外移民の受
 け入れ』と日本語教育と職業再訓練の徹底化。(2)クルマから
 ジェット機などへの産業の高度化、(3)トヨタやホンダの生活ロ
 ボット企業への転換、(4)鉄道や路面電車など公共的な輸送
 手段の復活・拡充―などの諸策の同時進行によって、国内市
 場の活性化や拡大・充実も図れるのではないかと考えています。

●それにしても、海外シフトが急務なのは日本のネットビジネス業
 界も同様なのですが・・・。

-------------------------------------------------------
◆3.5/16『ECショップ・トラストマークサービス』講演に注目を!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の概要が全て正式に決まりました。

●おかげさまで、好評が予想されますし、5月の連休も入りますの
 で、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

●本日は特に、株式会社トレードセーフの岡本高彰(社長)さんの、
 『ECショップ・トラストマークサービスの現状と展望について―安
 心・安全なEC社会構築のために―』講演にご注目いただければ
 幸いです。

☆==================================================☆
■日時:2007年5月16日(金) 13:00~17:00 
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 ※UDXビル左側の外付けのエスカレーターを利用されますと
 迷いやすいので、ビル右側の入口をどうぞご利用ください。  
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『売れるモバイルECを支える技術とは―売れるサイトにする
 ために、押さえておくべき技術のポイント―』
 株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田 浩嗣氏
 http://www.yumemi.co.jp/company/
◆講演の概要:
 MCFの調査によると2006年度のモバイルコマースの市場規模は
 5624億円まで成長しています。さらに右肩あがりの伸びが予想さ
 れる今年、2001年からモバイルECのサイト構築に従事してきた
 ゆめみがモバイルECを立ち上げるにあたり押さえておくべき技術
 のポイントをお伝えします。
◆深田 浩嗣(ふかだ こうじ)氏の略歴:
 京都大学大学院・情報学研究科在学中の2000年1月、現取締役
 会長の片岡俊行、 技術担当取締役の中田稔と共に株式会社ゆ
 めみを設立。
 ユーザー視点でのモバイル向けサービスを中心に、技術力を駆使
 したモバイルECシステム、メールの配信システム、モバイルSNS
 システムなど、モバイルコンテンツを支えるソリューションの企画・
 開発・運営・コンサルティングを手がける。
 2005年11月より自社サービス『Sweet(スイート)』の展開に力をい
 れ、コミュニケーション・プラットフォーム作りを目指す。
 2005年4月に代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ネット実績380億円 パルシステムのネット通販事業戦略』
 パルシステム連合会 執行役員 平井 健一氏
 http://www.pal-system.co.jp/youkoso/group/
◆講演の概要:
 ネット通販の売上高(08年3月期):380億円。1都8県の10の地
 域生協による事業連合体。総会員数は約100万人。生協として
 のオンライン注文化は他生協より先んじており、01年7月より『
 オンラインパル』を運営。オンライン会員数は25万人を超え、安
 定した売上を上げている。
◆平井健一氏の略歴:
 89年に中央大学経済学部卒業後、(株)日立情報システムズに
 就職。
 94年に同社を退職後、3年ほど放浪し寺などに寄宿して過ごす。
 97年に首都圏コープ事業連合(現パルシステム連合会)に入協。
 06年より執行役員。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『インドの最新技術を駆使した日本で通用する高品質なサービ
 スの提供と、日本市場での今後のビジネス展開について』
 日本インフォビューテクノロジス株式会社
 代表取締役社長 ナタラジャン・スブラマニア氏
 http://www.ivtlinfoview.co.jp/Profile.htm
◆講演の概要:
 1.インドのIT産業について:
 2.サービス内容:(日本でビジネスを展開する際のあるべき姿)
 3.インフォビューの現状について:
 (1)ビジネスモデル:(インフォビューのビジネスモデルについて)
 (2)具体的なサービス内容:オフショアサービス、アウトソーシン
   グサービスなど。
 (3)リソースの活用:日本とインドの役割、採用、トレーニング、
   キャリアプランなど。
 (4)インフォビューの今後の中長期的なビジネス展開について:
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆ナタラジャン・スブラマニア氏の略歴:
 インドのバラディダーサン大学のコンピューター工学部を卒業後、
 日本経団連の関連会社で日本国際協力機構(JAIDO)の子会社
 インド・ジャパン ソフトウェアエンジニアリングコーポレーション(I
 JSEC)に入社し、1993年に来日。
 日本の大手企業数社にてコンサルタント・営業として勤務した後、
 2000年にインドにてインフォビューテクノロジス社を起業。
 2001年には、日本インフォビューテクノロジス株式会社を設立し、
 代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ECショップ・トラストマークサービスの現状と展望について―安
 心・安全なEC社会構築のために―』
 株式会社TradeSafe(トレードセーフ) 代表取締役 岡本 高彰氏
 http://www.tradesafe.co.jp/profile/index.html
◆講演の概要:
 みんなが安心して取引できるEC市場を創りたい。そんな思いか
 ら、株式会社TradeSafe(トレードセーフ)は誕生しました。経済性
 の追求だけでなく、社会にも貢献できる企業として、独自のビジネ
 ス・スタイルを展開。
 小さなショップでも、ユーザーが安心して買い物ができるインフラ
 を構築することにより、社会的貢献と経済性をあわせ持つ『ソー
 シャル・ベンチャー』を目指しています。
 本講演では、EC市場の現状と問題点、EC市場におけるトレード
 セーフの位置づけについて。また、トレードセーフが提供するトラ
 ストマークサービスの概要、今後の展望などについて、お話しさ
 せていただきたいと思います。
◆岡本高彰氏の略歴:
 1991年4月、株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に入行。
 各支店において法人融資渉外、審査業務。本部にてソリューショ
 ン開発・推進企画業務などに従事。
 2005年10月に株式会社オプトに入社。 
 法人事業投資及びファンド投資支援業務、新規事業企画開発に
 従事し社長室室長、事業開発本部副本部長を経て、社内ベンチ
 ャーとしてTradeSafe(トレードセーフ)プロジェクトを立ち上げて起
 業。2006年8月、株式会社TradeSafe(トレードセーフ
-------------------------------------------------------
※5/16(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 5/14(水)までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円
 になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場は4/11と同じ徒歩1分の
 『稲田屋 秋葉原店』です。参加費は3千円前後を予定していま
 す)に、 http://r.gnavi.co.jp/g629004/
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●講演1と講演2の順番は、株式会社ゆめみ・深田(社長)さんの
 都合で入れ替わりました。

●5/16の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。
 案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに5/16以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、6/13、
 7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。4/11か
 ら12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー・スクエ
 ア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-24 16:17 | 情報経済新聞

★日本に特化したインドIT企業、 5/16ナタラジャン講演に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.新卒の3分の1を外国人に、ローソン海外出店増に対応!
◆2.三菱商事と野村総研が提携、中国情報システムの開発へ!
◆3.日本に特化したインドIT企業、5/16ナタラジャン講演に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。おかげさまで今日の東京地方のお天気は晴れ。
 春らしい働きやすい1日になりそうですね。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『外国人、新卒の3分
 の1に ローソン海外出店増に対応』の話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『三菱商事と野村総
 研が提携 中国向け情報システム開発で新会社』の話題です。
 どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の講師の顔触れがすでに決まり、講演1と2と4の概要もすで
 に正式に決定しました。好評が予想されますので、お早目にお
 申し込みいただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.新卒の3分の1を外国人に、ローソン海外出店増に対応!
-------------------------------------------------------

●4/22の日経によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ローソンは09年春に採用する新卒者のうち3分の1に当たる
  30人~50人を外国人にする方針を決めた。08年春の10人に
  比べて3倍~5倍に増やす。
2.人手不足に悩む国内店舗では外国人パート・アルバイトの活
  用が広がるほか、海外での出店も増えており、店舗の運営指
  導やサービスの開発には外国人社員の参画が不可欠と判断
  した。
3.入社後はまず国内のFC(フランチャイズ・チェーン)店を含め
  た店舗の運営指導やサービスの開発に当たらせた後、今後
  の海外での出店拡大をにらみ海外事業向け要員の育成にも
  つなげる方針。
4.ちなみに08年春の実績10人の内訳は中国人が9人、ベトナム
  人が1人。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●4/21の日経MJ(流通)紙の1面記事によれば、国内の業績好
 調のファミリーマートも『グローバル2万店』の方針を掲げていま
 すし、セブン-イレブンも07年3月時点の店舗数が3万2208店舗
 となり、ハンバーガーチェーンのマクドナルドを抜いて世界最大
 のチェーン店舗数になったことなどをすでに発表しています。

●現地採用の人材が多くなることは当然として、日本国内での店
 舗指導やサービス開発の経験を持つ海外事業向けの要員(幹
 部候補生)の育成が急務になっている事情がよく理解できる出
 来事ですね。

-------------------------------------------------------
◆2.三菱商事と野村総研が提携、中国情報システムの受注へ!
-------------------------------------------------------

●4/22の日経によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.三菱商事と野村総研が提携して新会社を設立し、中国の企業
  や政府からの情報システム受注・開発事業を開始する。
2.新会社『MC・NRIグローバルソリューションズ』には、三菱商事
  が51%、野村総研が49%を出資。三菱商事が社長を派遣する。
3.本社は日本に置くが、三菱商事のシステム開発子会社の上海
  菱威深信息技術(=アイビジョン社)を新会社の傘下に収め、
  中国での事業はアイビジョン社が主体となって展開する。
4.国内の情報システム大手では富士通やNECなどが中国事業
  を進めている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●中国に進出する日系企業からの受注だけでなく、中国の企業
 や政府(中央・地方)から情報システムを受注して現地で開発す
 る、上記のような事業展開にも大いに期待したいと思います。

-------------------------------------------------------
◆3.日本に特化したインドIT企業、5/16ナタラジャン講演に注目!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講師の
 顔触れがすでに決まり、講演1と2と4の概要もすでに正式に決
 定しました。好評が予想されますので、お早目にお申し込みいた
 だければ幸いです。

●本日は特に、日本に特化したインドIT企業、ナタラジャン(社長)
 さんの講演3にご注目いただければ幸いです。

☆==================================================☆
■日時:2007年5月16日(金) 13:00~17:00 
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 ※UDXビル左側の外付けのエスカレーターを利用されますと
 迷いやすいので、ビル右側の入口をどうぞご利用ください。  
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『売れるモバイルECを支える技術とは―売れるサイトにする
 ために、押さえておくべき技術のポイント―』
 株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田 浩嗣氏
 http://www.yumemi.co.jp/company/
◆講演の概要:
 MCFの調査によると2006年度のモバイルコマースの市場規模は
 5624億円まで成長しています。さらに右肩あがりの伸びが予想さ
 れる今年、2001年からモバイルECのサイト構築に従事してきた
 ゆめみがモバイルECを立ち上げるにあたり押さえておくべき技術
 のポイントをお伝えします。
◆深田 浩嗣(ふかだ こうじ)氏の略歴:
 京都大学大学院・情報学研究科在学中の2000年1月、現取締役
 会長の片岡俊行、 技術担当取締役の中田稔と共に株式会社ゆ
 めみを設立。
 ユーザー視点でのモバイル向けサービスを中心に、技術力を駆使
 したモバイルECシステム、メールの配信システム、モバイルSNS
 システムなど、モバイルコンテンツを支えるソリューションの企画・
 開発・運営・コンサルティングを手がける。
 2005年11月より自社サービス『Sweet(スイート)』の展開に力をい
 れ、コミュニケーション・プラットフォーム作りを目指す。
 2005年4月に代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ネット実績380億円 パルシステムのネット通販事業戦略』
 パルシステム連合会 執行役員 平井 健一氏
 http://www.pal-system.co.jp/youkoso/group/
◆講演の概要:
 ネット通販の売上高(08年3月期):380億円。1都8県の10の地
 域生協による事業連合体。総会員数は約100万人。生協として
 のオンライン注文化は他生協より先んじており、01年7月より『
 オンラインパル』を運営。オンライン会員数は25万人を超え、安
 定した売上を上げている。
◆平井健一氏の略歴:
 89年に中央大学経済学部卒業後、(株)日立情報システムズに
 就職。
 94年に同社を退職後、3年ほど放浪し寺などに寄宿して過ごす。
 97年に首都圏コープ事業連合(現パルシステム連合会)に入協。
 06年より執行役員。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(講師決定)
 『インドの人材力を活かした日本語のわかるIT技術者派遣事業
 の現状と展望』(仮題)
 日本インフォビューテクノロジス株式会社
 代表取締役社長 ナタラジャン・スブラマニア氏
 http://www.ivtlinfoview.co.jp/Profile.htm
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
 (以下は同社のHPや朝日記事などから抜粋)
 チェンナイと東京に拠点を持つIT企業インフォビューは、(インド)
 南部の「人材力」に注目し、日本企業に優秀な人材を派遣してい
 る。同社は(インド科学大学院大学の)理工系学生を新卒で採用
 し、日本語と技術を3か月かけて教え込んでいる。1人の採用枠
 に100人の応募があるという難関。同社は2000年にインド出身の
 ITエンジニア2名により、日本向けのサービスを専門とするインド
 IT企業として誕生。
 他のインドIT企業と異なり、日本で活動する企業ならびに日本企
 業の海外展開に対するサービスに特化。同社は日本の商習慣、
 文化、日本語を充分に把握し、ITを通じての日本とインドとの架
 け橋になることを使命(ミッション)にしている。
◆ナタラジャン・スブラマニア氏の略歴:
 (ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ECショップ・トラストマークサービスの現状と展望について―安
 心・安全なEC社会構築のために』
 株式会社TradeSafe(トレードセーフ) 代表取締役 岡本 高彰氏
 http://www.tradesafe.co.jp/profile/index.html
◆講演の概要:
 みんなが安心して取引できるEC市場を創りたい。そんな思いか
 ら、株式会社TradeSafe(トレードセーフ)は誕生しました。経済性
 の追求だけでなく、社会にも貢献できる企業として、独自のビジネ
 ス・スタイルを展開。
 小さなショップでも、ユーザーが安心して買い物ができるインフラ
 を構築することにより、社会的貢献と経済性をあわせ持つ『ソー
 シャル・ベンチャー』を目指しています。
 本講演では、EC市場の現状と問題点、EC市場におけるトレード
 セーフの位置づけについて。また、トレードセーフが提供するトラ
 ストマークサービスの概要、今後の展望などについて、お話しさ
 せていただきたいと思います。
◆岡本高彰氏の略歴:
 1991年4月、株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に入行。
 各支店において法人融資渉外、審査業務。本部にてソリューショ
 ン開発・推進企画業務などに従事。
 2005年10月に株式会社オプトに入社。 
 法人事業投資及びファンド投資支援業務、新規事業企画開発に
 従事し社長室室長、事業開発本部副本部長を経て、社内ベンチ
 ャーとしてTradeSafe(トレードセーフ)プロジェクトを立ち上げて起
 業。2006年8月、株式会社TradeSafe(トレードセーフ
-------------------------------------------------------
※5/16(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 5/14(水)までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円
 になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場は4/11と同じ徒歩1分の
 『稲田屋 秋葉原店』です。参加費は3千円前後を予定していま
 す)に、 http://r.gnavi.co.jp/g629004/
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●講演1と講演2の順番は、株式会社ゆめみ・深田(社長)さんの
 都合で入れ替わりました。

●5/16の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。
 案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに5/16以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、6/13、
 7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。4/11か
 ら12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー・スクエ
 ア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-22 18:32 | 情報経済新聞

★5/16の4講演・4講師が決まりました!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.北京の日系商業、たった1日だけのドタバタ観察レポート!
◆2.5/16(金)午後、4講演の4講師、正式決定のご案内です!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●今日の特集として、『北京の日系商業、たった1日だけのドタバ
 タ観察レポート』をお届けします。
 
●4/12(土)~4/15(火)の『北京3泊4日』のツアーに申し込み、
 生まれて初めて格安の海外パック旅行に参加して見ました。そ
 の理由は、(1)経済的だったこと(総費用は5万4千円でした)。
 (2)4/14(月)が自由日だったこと。―の2点です。

●4/12(土)の夕方に日本を出発し、4/15(火)の早朝に北京を
 発つ日程だったので、北京での実質的な稼働日は4/13(日)と、
 4/14(月)の2日間でした。4/13(日)を観光に充(あ)て、4/14
 (月)を主として、視察に充てました。今回は4/14(月)の『ドタバ
 タ観察レポート』をお届けしますので、どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の講師が正式に決まりました。まだ仮のご紹介内容で恐縮で
 すがご参照のうえ、5/16当日の午後の予定を空けておいてい
 ただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.北京の日系商業、たった1日だけのドタバタ観察レポート!
-------------------------------------------------------

●まず地下鉄1号線の西単駅から徒歩5分、大悦城ショッピング
 センターの1階に出店している『MUJI(無印良品)北京1号店を
 見ました。

●西単駅は北京市の中心・故宮博物院(旧・紫禁城でその前が
 天安門広場)に向かって左側にあり、西長安街(:北京市の中
 心を東西に結ぶメインストリートで、故宮博物院より左側が西
 長安街、右側が東長安街)に直結。若者向きの繁華街がある
 ことで有名です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.大悦城の正面玄関を入ってすぐ右側に無印良品の北京1号
  店(以下、同店)のロゴが見える。
2.いちばん立地がよいのは正面玄関に出店しているジーンズの
  リーバイス店。2番目に立地がよいのはその左後方に出店し
  ている化粧品店。同店の立地は3番目。
3.同店の外観の印象は全て透明な薬箱。内部が全て透けて見
  えるシースルー:スケルトンの構造。内部もよく整理されており、
  シンプルなデザインの統一感が心地よい。
4.入場すると、作業中のスタッフが、サッパリとした口調で『モー
  ニン』と挨拶。後は自由に見て回れるのも快適。
5.午前10時を過ぎたばかりの時間帯であったが、すでに入店し
  ている数名の顧客の姿があり、まずまずの滑り出しの印象。
6.同店は北京1号店だが、ユニクロより1か月ほど早く開店した
  せいか?すっかり北京の街に定着している感じがある。
7.価格帯は日本とほぼ同様。物価が安い(日本の3分の1~4
  分の1)北京ではやや高級で落ち着いた専門店の部類に入り
  そうだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●次に同じビルの3階に開店したばかりの『ユニクロ西単店』を
 見学。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.1階『MUJI』の右奥手にあるエスカレーターを利用して3階へ。
  降りたすぐ右側に『ユニクロ西単店』(以下、同店)の広い入口
  があり、軽音楽が中程度の音量で流れている。入りやすく・活
  気づけも良好。
2.店内の装飾は明るい色が目立ち、すでに20数名の若者たち
  が入店。レジもすでに稼動して(売れて)いる。
3.価格帯は日本とほぼ同じだが、1着99元(約1500円)、2着で
  168元(約2千5百円)程度の開店セールなどを実施。
4.地下鉄1号線・西単駅の構内には集客用に『ユニクロ西単店』
  開店を告げるポスターが多数貼られていて、話題を呼ぶ装置
  の一環になっている。
5.同ビル1階にはスペインのファッションブランド『ZARA(ザラ)』
  が出店。時間的な制約から見学を省いたので比較検討ができ
  ないのが残念だが、たぶん『ユニクロ西単店』よりは少し高い
  価格帯(プライスライン)ではないかと勝手に想像。
6.若い店員があちらこちらで部分的な床の汚れをふいており、
  クレリンネス(清潔)の維持には気を配り続けている。
7.広い店内を巡回する形で、10数名規模の新入りスタッフの教
  育が行われており、近日中に複数店舗のチェーン展開を予定
  している様子がうかがわれる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●3番目と4番目に、大望路駅に直結している日系デパートの『新
 光天地』(三越系)と『SOHO現代城』を見学しましたが、このドタ
 バタ観察レポートの本来の主旨から外れる部分が多いので、残
 念ですが割愛させていただきます。

●最後に地下鉄2号線の西直門駅に隣接した住宅街の中の大通
 りに面したイトーヨーカ堂(貨堂商場)の西直門店(北京市西城区
 西直門外大街112号甲)を見学。ささやかな夕食用に、(1)いなり
 ずし、(2)おにぎり、(3)サラダ、(4)ビール、(5)おつまみ、―な
 どを実際に買って見ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.西直門店に到着したのは4/14月曜日の夕方6時すぎ。すでに
  買物客の群れで店内はすごい混雑ぶり。特に地下1階の食品
  階の繁盛ぶりは圧倒的。
2.1階は気取らない感じの化粧品や婦人小物、2階は婦人用品、
  3階は紳士用品、4階はスポーツ用品や寝具、5階は家電製品
  や庶民的な外食店(牛丼の吉野家やラーメン店など)が入居。
3.高度成長期の東京の私鉄の駅前に集中出店していた総合ス
  ーパー(GMS)、それも繁盛していた頃のGMSが、北京の住
  宅地内にそのまま移転して来たような印象だ。
4.しかし、品揃えや陳列、対象顧客や売り方などは、完全に現地
  化しており、イトーヨーカ堂(英文字)の表示がなければ、日系
  のスーパーか現地資本のスーパーか、ほぼ100%見分けがで
  きないほど完全に現地に密着している。
5.したがって日本のお弁当のようなものを買おうと思っていた筆
  者が探し回ってようやくフロアーの片隅で見つけたのは、上記
  (1)から(5)までの商品などで、日系の商品は全体の数%を
  切りそうな存在感しかない。
6.ちなみにアサヒのスーパードライ(ビール)のロング缶が9.9元(
  約150円)、6個入りのいなりずしが8元(約120円)、おにぎりが
  1元(約15円)と2元(約30円)など。
7.地下鉄の料金は2元均一(約30円)、タクシーの初乗り料金が
  10元均一(約150円)など、公共料金的なものは日本の約4分
  の1。他の商品価格などを加えて考えて見ると北京の物価は
  東京の約3分の1。
8.北京の平均的な家庭の月収が12万円相当だとすれば、その
  3倍の月収36万円前後の使用価値があるのではないか。
9.以上のようなことを加味して考えて見ると、北京や上海など、
  沿岸の先進・大都市部の流通革命は、すでに離陸してグング
  ンその高度を増している段階にあると理解してよいのではない
  だろうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●北京市の面積は、約1万6808平方キロメートルで、東京都(約
 2187平方キロメートルの約8倍。日本の四国(約1万8299平方
 キロメートル)にほぼ匹敵する面積を持っており、実際の人口は
 1700万人を超えています。

●イトーヨーカ堂はこの北京市内に現在のところ10店舗を出店し
 て高い支持を受けていますが、北京市の人口や面積、GMSが
 今後さらに発展する素地などを勘案すると、関東の1都(35店)
 3県(神奈川30店、埼玉23店、千葉21店)の同社の総店舗数:
 109店に匹敵する今後の出店(シェア100%と仮定、食品スーパ
 ーを含む)の可能性が最大限あるように感じました。

●中国全土を視野に入れて見ると、GMS出店の可能性は千店
 規模に達することもあり得るのではないかと思います。

●さらに、北京市内でコンビニエンス・ストアを展開しているセブ
 ン―イレブン北京有限会社(ホームページ上では現在61店舗)
 の現状(現在のイトーヨーカ堂の約6倍の店舗数)から推測し
 てみると、セブン―イレブンの北京市内での出店可能数は最
 大限6百店、中国全土では(6百店×10倍=)6千店程度の出
 店の可能性があるのではないかと思うのですが、いかがでしょ
 うか。

●急速に進む中国のモータリぜーション(クルマ社会化)の浸透
 ぶりに合わせて、今後徐々に郊外立地に、そしてGMSを核店
 舗とする大型ショッピングセンターを出店して行く方向に切り替
 えて行くべき段階も遠からず到来するだろうと思いますが、08
 年4月時点での、『ドタバタ観察レポート』は以上の通りです。

-------------------------------------------------------
◆2.5/16(金)午後、4講演の4講師、正式決定のご案内です!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/16の「EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 の4講師が下段の通り正式に決まりました。まだ途中の段階
 のご案内で恐縮ですがお早目にお申し込みいただければ幸い
 です。

☆==================================================☆
■日時:2007年5月16日(金) 13:00~17:00 
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 ※UDXビル左側の外付けのエスカレーターを利用されますと
 迷いやすいので、ビル右側の入口をどうぞご利用ください。  
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『売れるモバイルECを支える技術とは―売れるサイトにする
 ために、押さえておくべき技術のポイント―』
 株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田 浩嗣氏
 http://www.yumemi.co.jp/company/
◆講演の概要:
 MCFの調査によると2006年度のモバイルコマースの市場規模は
 5624億円まで成長しています。さらに右肩あがりの伸びが予想さ
 れる今年、2001年からモバイルECのサイト構築に従事してきた
 ゆめみがモバイルECを立ち上げるにあたり押さえておくべき技術
 のポイントをお伝えします。
◆深田 浩嗣(ふかだ こうじ)氏の略歴:
 京都大学大学院・情報学研究科在学中の2000年1月、現取締役
 会長の片岡俊行、 技術担当取締役の中田稔と共に株式会社ゆ
 めみを設立。
 ユーザー視点でのモバイル向けサービスを中心に、技術力を駆使
 したモバイルECシステム、メールの配信システム、モバイルSNS
 システムなど、モバイルコンテンツを支えるソリューションの企画・
 開発・運営・コンサルティングを手がける。
 2005年11月より自社サービス『Sweet(スイーツ)』の展開に力をい
 れ、コミュニケーション・プラットフォーム作りを目指す。
 2005年4月に代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:
 『ネット実績330億円 パルシステムのネット通販事業戦略』(仮題)
 パルシステム連合会 執行役員 平井 健一氏
 http://www.pal-system.co.jp/youkoso/group/
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
 (以下は同社のHPから抜粋)
 ネット通販の売上高(07年3月期):330億円。1都8県の10の地域
 生協による事業連合体。総会員数は約100万人。生協としてのオ
 ンライン注文化は他生協より先んじており、01年7月より『オンライ
 ンパル』を運営。オンライン会員数は25万人を超え、安定した売上
 を上げている。
◆平井健一氏の略歴:
 (ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:
 『インドの人材力を活かした日本語のわかるIT技術者派遣事業
 の現状と展望』(仮題)
 日本インフォビューテクノロジス株式会社
 代表取締役社長 ナタラジャン・スブラマニア氏
 http://www.ivtlinfoview.co.jp/Profile.htm
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
 (以下は同社のHPや朝日記事などから抜粋)
 チェンナイと東京に拠点を持つIT企業インフォビューは、(インド)
 南部の「人材力」に注目し、日本企業に優秀な人材を派遣してい
 る。同社は(インド科学大学院大学の)理工系学生を新卒で採用
 し、日本語と技術を3か月かけて教え込んでいる。1人の採用枠
 に100人の応募があるという難関。同社は2000年にインド出身の
 ITエンジニア2名により、日本向けのサービスを専門とするインド
 IT企業として誕生。
 他のインドIT企業と異なり、日本で活動する企業ならびに日本企
 業の海外展開に対するサービスに特化。同社は日本の商習慣、
 文化、日本語を充分に把握し、ITを通じての日本とインドとの架
 け橋になることを使命(ミッション)にしている。
◆ナタラジャン・スブラマニア氏の略歴:
 (ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:
 『ECに安心を!トレードセーフのEC認証サービスの現状と展望』
 (仮題)
 株式会社トレードセーフ 代表取締役 岡本 高彰氏
 http://www.tradesafe.co.jp/profile/index.html
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
 (以下は同社のHPや日流eコマースの記事などから抜粋)
 同社は日本国内における消費者視点での『あんしんサービス』の
 拡充と市場における認知に努めている。
 同社は06年に設立されたEC向けのトラスト&セーフティ・ソリュ
 ーション企業で、07年12月からECショップ向けに信頼性認証の
 付与事業を開始。ネット広告大手オプトの子会社である同社は
 ネット通販サイトの信頼性を確かめる民間認証制度を開始。独
 自の審査基準に基づき、合格したショップに認証マークを付与
 する。同様の制度は既にあるが、同社は通販サイトと購入者と
 の間でトラブルが起きた際に迅速に解決する支援体制を整え、
 違いを打ち出す方針。通販サイトの信頼性を表すマークは『オン
 ライン・トラストマーク』と呼ばれ、国内では日本商工会議所や日
 本通信販売協会がそれぞれ手がけている。
 トレードセーフは通販サイトのシステムをソフトの期間貸し(ASP
 )方式で提供する企業を通じて、認証マークの取得希望ショップ
 を募る。事業者が確かに存在するか、特定商取引法(特商法)
 に基づくサイトの表示が適正かどうかなどを審査する。基準に合
 えば認証マークを付与し、継続的に確認する。
 マーク取得店に対する情報提供やリンク型の玄関モールでの集
 客支援もすることで、取得ショップの増加をめざす方針。
◆岡本高彰氏の略歴:
 (ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
※5/16(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 5/14(水)までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円
 になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場は4/11と同じ徒歩1分の
 『稲田屋 秋葉原店』です。参加費は3千円前後を予定していま
 す)に、 http://r.gnavi.co.jp/g629004/
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●講演1と講演2の順番は、株式会社ゆめみ・深田(社長)さんの
 都合で入れ替わりました。

●5/16の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。
 案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに5/16以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、6/13、
 7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。4/11か
 ら12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー・スクエ
 ア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-17 11:04 | 情報経済新聞

★4/11残席3あり!『リアルとネット、GISとGPS講演』に注目を!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(629号)★2008/04/09発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.実験成功!2018日本も天然ガスの産出国になる可能性大!
◆2.イオンとヨーカ堂の海外戦略、ネットも国際人材育成の時代!
◆3.4/11残席3あり!『リアルとネット、GISとGPS講演』に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

○こんにちは。今朝の朝日に美女2人が水着姿で微笑(ほほえ)
 んでいる姿が載(の)っていました。3段ぐらいの比較的小さな
 記事でしたが印象に残りました。

○2人は旭化成の水着のキャンペーンモデルで、1人は日本人
 の佐野真理子さん(22)で、もうひとりは、中国人の趙思宇さん
 (20)でした。

○見出しには『中国市場に照準 旭化成 08年水着』とあり、同
 社が北京五輪に合わせて中国市場を中心に海外での水着の
 販売増を狙っていることなどが紹介されていました。

○今後は水着に限らず、日本のファッション製品・商品のキャン
 ペーンモデルには日本人と同時に、中国人やインド人、タイ人
 やベトナム人、あるいは中央アジア人やアラブ人など成長著し
 いアジアの人々を積極的に起用していく時代がもう来ているこ
 とを身近に感じた一齣(ひとこま)・ワンシーンでした。
 
●今日の元気の出るニュースの1番目は、『次世代燃料のメタ
 ンハイドレート 連続産出実験に成功』、『日本の石油天然ガ
 ス機構 18年の商業化をめざす』話題で、10年後の2018年に
 は日本も天然ガス産出国になる可能性が高いというビッグニ
 ュース(4/8日経・夕刊1面トップ記事)です。
 
●今日の元気の出るニュースの2番目は、『イオンとヨーカ堂の
 海外出店戦略と、ネットも国際人材育成の時代』の話題です。
 (昨日配信させていただいたEC研のメルマガの内容と一部重
 複しますが、重要な内容なので、お許しいただければ幸いです)

●おかげさまで、4/11の「EC研フォーラム』(122回目)が大変に
 好評で、現時点で残席が3になりました。万一、満員になりまし
 たら何とか(最大95名様まで拡張可能)しますので、至急、お申
 し込みいただければ幸いです。
 
-------------------------------------------------------
◆1.実験成功!2018日本も天然ガスの産出国になる可能性大!
-------------------------------------------------------

●4/8日経・夕刊1面のトップ記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.独立行政法人の石油天然ガス機構(JOGMEC)が、次世代
  エネルギーと期待されるメタンハイドレート(日本近海の海底
  に豊富に存在。水とガスが高圧下でシャーベット状の固体に
  なっているため、その採掘技術の開発が決め手)を地中から
  連続して産出する実験に世界で初めて成功した。
2.同機構は2018年ごろの商業化をめざしており、天然資源小国
  である日本にとってエネルギー自給率の向上につながる可能
  性が出てきた。
3.メタンハイドレートの日本近海での埋蔵量について、経産省は
  日本の天然ガスの年間使用量に換算して、「約百年分に相当
  する7.4兆立方メートル。世界最大規模の埋蔵量がある」と、
  推定している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●メタンハイドレート関連の知的財産権の所在については、同機
 構に帰属することが委託業務契約書に明記されているようです
 が、山中教授の『iPS万能細胞』の時と同様に、すみやかに国
 家プロジェクトのひとつに昇格させて、(1)特許を申請するのか
 しないのか(申請しないことで技術の中核部分を守ることも選択
 肢のひとつ)などを含めて、オールジャパンの支援体制を1日も
 早く組んで欲しいと思います。

-------------------------------------------------------
◆2.イオンとヨーカ堂の海外戦略、ネットも国際人材育成の時代!
-------------------------------------------------------

●イオンが09年2月期以降の新中期経営計画(3年)を4/7に発表
 しその中で、日本国内は収益重視路線に転換。中国やアジアを
 中心とする海外事業を重視拡大していく路線を明確にしました。

●ちなみに、4/8現在、イオンのホームページ上で確認できる同社
 の海外店舗網は下記の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■イオンの中国店舗網(4/8現在のHP公開情報):下記10店はす
  べて広東省内で展開)
1.深セン永旺友誼商業有限公司:深セン市・福田区店:
  広東省深セン市福田区福華三路星河蘇話購物公園負一楼
  86-755-2531-3669
2.同:深セン市・福田区(深南中路)店:
  広東省深セン市福田区深南中路1095号
  86-755-25942828
3.同:深セン市・羅湖区(太寧路)店:
  広東省深セン市羅湖区太寧路百仕達花園
  86-755-2500-8123
4.同:深セン市・龍崗区(龍崗鎮)店:
  広東省深セン市龍崗区龍崗鎮深恵公司旁
  86-8488-1688
5.同:深セン市・南山区店
  広東省深セン市南山区
  86-755-8635-9900
6.永旺(中国)商業有限公司:佛山市(順徳区)店
  広東省佛山市順徳区大良鎮南国東路
  86-757-2291-2288
7.広東吉之島天貿百貨有限公司:佛山市(禅城区)店
  広東省佛山市禅城区錦華東路1号
  86-757-8232-0698
8.同:中山市(石岐区)店
  広東省中山市石岐区中山二路8号
  86-760-892-7271
9.同:珠海市(香洲区)店:
  広東省珠海市香洲区鳳凰路1088号 揚名広場二至四層
  86-756-222-2988
10.同:広州市(天河路)店:
  広東省広州市天河路208号 天河城広場内
  86-20-8559-2238
--------------------------------------
■イオンの香港店舗網(同上):9店
■イオンのタイ店舗網(同上):8店
■イオンのマレーシア店舗網(同上):10店
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●一方、セブン&アイ・ホールディングスの総合スーパー部門を
 担う(株)イトーヨーカ堂は、まだ表立った形で同社の海外戦略
 を公表してはいませんが、実は下段のようなドミナント出店(一
 定の地域に集中して出店する戦略)を主として北京で展開して
 おり、上海への伊勢丹の事例(近く北京にも出店を予定)と同
 様に、日本の小売業の中国進出の大きな成功事例としてすで
 に高い評価を受けています。

●参考までに、4/8現在、イトーヨーカ堂のホームページ上で確
 認できる同社の中国店舗網は下記の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■イトーヨーカ堂の中国店舗網(4/8・HP情報):
◆【北京】華糖洋華堂商業有限公司:(日本語名:華糖ヨーカ堂
  有限会社):7店:
1.十里堡店 (じゅうりほてん) 010-86-10-6556-5566 100025
北京市朝陽区朝陽路十里堡甲三号
2.亜運村店(あじあむらてん) 010-86-10-6491-0099 100029
北京市朝陽区北四環東路108号
3.豊台北路店(ほうだいほくろてん) 010-86-10-6380-1166
  100073
  北京市豊台区豊台北路79号
4.大興店(だいこうてん) 010-86-10-8128-2288 102600
  北京市大興区康庄路10号那尓水晶城
5.西直門店(にしちょくもんてん) 010-86-10-8836-5028
  100041
  北京市西城区西直門外大街112号甲
6.望京店(ぼうきょてん) 010-86-10-5920-3636 100102
  北京市朝陽区望京街9号
7.右安門店(ゆうあんもんてん) 010-86-10-8354-5566
  100054
  北京市宣武区右安門内大街72号
◆【北京】北京王府井洋華堂商業有限公司:(日本語名:王府井
  ヨーカ堂有限会社):2店:
1.勁松店(じんそんてん) 010-86-10-6770-2510 100021
北京市朝陽区勁松南路1号海文大厦5層
2.蒲黄楡店(ぷほあんゆてん) 010-86-10-8767-5205 100075
  北京市豊台区東鉄営街道塔園12号
---------------------------------
◆【四川省・成都】成都伊藤洋華堂有限公司:(日本語名:成都イ
  トーヨーカ堂有限会社):3店
1.春熙店 (しゅんきてん) 010-86-28-8671-5111 610016
  四川省成都市紅星路三段大科甲巷口利都広場
2.双楠店(そうなんてん) 010-86-28-8702-1111 610041
  四川省成都市二環路西一段逸都路6号
3.錦華店(きんかてん) 010-86-28-8419-2000 610061
  四川省成都市二環路東五段29号万達広場
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●以上、イオンが華南の広東省を中心にドミナント出店している
 のに対して、ヨーカ堂は華北の北京市を中心にドミナント出店
 している現状がよくわかりますね。

●筆者が強く感じていることは、「いままさに、中国の流通革命
 が進行している」という実感です。こうした事態はインドでも、ベ
 トナムでも同時進行の形で進んでいます。

●また、上記のような事態はリアルな商業のみならず企業と個人
 間の電子商取引(B2C)の分野でも進行しています。

●国内市場を固めるのは当然として、国際的な人材確保のため
 に御社は何かもう手を打っていますでしょうか。成長するアジア
 のB2C市場に御社はすでに参入されていますでしょうか。参入
 に向けて御社はすでに何か手を打っていますでしょうか・・・。

●例えばの話ですが、採用時に最低2年間~5年間の海外勤務
 を幹部候補生には課していく。また最低1か国での成功事例の
 創造や拡大を将来の役員候補には課していくような、そうしたこ
 とがごく当たり前とされる、企業文化・企業風土を育て上げてい
 くことが不可欠な時代が、すでに到来していると思うのですが、
 いかがでしょうか。
 
-------------------------------------------------------
◆3.4/11残席3あり!『リアルとネット、GISとGPS講演』に注目!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/11の「EC研フォーラム』(122回目)が大変に
 好評で、現時点で残席が3になりました。万一、満員になりまし
 たら何とか(最大95名様まで拡張可能)しますので、至急、お申
 し込みいただければ幸いです。

●本日は特に、株式会社JPSの平下(社長)さんの講演2、『進
 化するGISマーケティングの現状と今後の課題』に、ご注目いた
 だければ幸いです。

●最下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入のうえ、下記の
 事務局宛てに、至急お申し込みください。朗報を心からお待ち
 しています。
 ecken@ceres.ocn.ne.jp 事務局 担当/土屋・金澤・山村

☆==================================================☆
■日時:2007年4月11日(金) 13:00~17:00 
■会場:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『「サーチ&マッチング+UI(ユーザーインターフェース)」で、や
 められない、とまらない。集客と回遊、そしてリピートの秘訣』
 チームラボ株式会社 代表取締役社長 猪子 寿之氏
 http://www.team-lab.com/company/index.html
◆講演の概要:
 検索はインターネットの玄関です。チームラボはただ玄関をつく
 るだけではなく、家全体をつくります。格好だけのデザインなん
 ていりません。優れたテクノロジーと、優れたインターフェイスが
 融合することで、今までの当たり前が、当たり前ではなくなって
 いきます。
 ユーザーにとっては「使って楽しく、ストレス知らずで、便利なサ
 イト」で、運営者にとっては「楽して運用、無駄な手間なく、リッチ
 コンテンツ化」を実現できます。
 ・ECにも展開できる『サーチ&マッチング+ユーザーインターフ
  ェース』の可能性について
 ・サグールテレビについて
 ・バンダイナムコホールディンクスについて
 ・不動産物件検索ポータル『いえーい!(ie-ei.jp)』について
 ・ニュースポータル『Iza(イザ!)』について
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。 
◆猪子寿之(いのこ としゆき)氏の略歴:
 現在、チームラボ(株)の代表取締役社長。
 77年、徳島市出身。01年、東京大学・工学部・計数工学科・卒
 業と同時にチームラボを創業。04年、東京大学・大学院情報学
 環を中退。大学では、確率・統計モデルを、大学院では、自然
 言語処理とアートを研究。
 ニュースポータル『iza(イザ!)』(ウェブ・オブ・ザ・イヤー2006 新
 人賞、ウェブ人オブ・ザ・イヤー 2006)、オモロ検索エンジン『sag
 ool(サグール・ドット・ジェイピー)、不動産物件検索ポータル『い
 えーい!(ie-ei.jp)』などのウェブの企画開発や、検索エンジンや
 レコメンデーション(推薦)エンジンなどの開発販売を行うほか、
 アート活動として、水墨空間「花紅(ハナハクレナイ)」などで、海
 外などの展覧会に多数参加。auデザイン・プロジェクトにて、20
 07年のコンセプトモデルとして、新しいインターフェイスの概念の
 携帯電話『actface(アクトフェース)』を発表し、第11回文化庁メ
 ディア芸術祭審査員推薦作品に選ばれる。
◆ちなみに同社は、EC研が主宰している2006年の第1回『日本
 検索経済大賞』の『大賞』を受賞されています。
 http://seaward.seesaa.net/
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『進化するGISマーケティングの現状と今後の課題』
 株式会社JPS 代表取締役社長 平下 治氏
 http://www.jps-net.com/company/index.html
◆講演の概要:
 GISはエリアマーケティングに不可欠な存在となっています。
 しかし、GISを本格的に活用するためにはそれなりの運用ノウハ
 ウを必要とします。各種マーケティングの実践現場を再現し、そ
 の効果的な活用事例を紹介すると共に今後の取り組みについ
 てお話いたします。
 ・GISマーケティングについて
 ・百貨店の活用事例について
 ・カーディラーの活用事例について
 ・ウェブマッピングを活用した顧客管理事例について
 ・まとめ
◆平下治(ひらした おさむ)氏の略歴:
 1943年、山口県出身、1966年、甲南大学・文学部・社会学科を
 卒業。1978年、コンピューター・マッピングシステムに出会い、
 1979年に同社を設立、現在に至る。当初は広域商業診断調査
 (大阪府)や商店街活性化振興計画(中企庁)などの官公庁業
 務に参加。
 その後は民間企業のマーケティング分野へのGIS活用効果に
 着眼し商圏分析、出店計画、既存店評価、販売促進計画、広
 告計画、売上予測等を手掛ける。
 GIS学会ビジネスGISコーディネーター研修専任講師、ビジネス
 プロデューサー研修(OCP)常任講師、国土交通大学校講師な
 どを務める。国内各地、米国、中国、香港、セルビア・モンテネ
 グロなど海外でのセミナー講演活動も多数。
 GISマーケティング関連の著書多数、関連誌への投稿多数。
 GIS学会理事、GIS上級技術者、マイクロソフト認定システムコ
 ーディネーター。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『レコメンド&感性検索でECが変わる!―大手ECサイトで続々
 導入。コンバージョン率1.6倍の秘密』
 株式会社ALBERT(アルベルト) 代表取締役社長 上村崇氏
 http://www.albert2005.co.jp/corporate/index.html
◆講演の概要:
 大手を中心に、レコメンドエンジンや感性検索で売り上げを伸ば
 すECサイトが増えています。一般消費者が当たり前のようにイン
 ターネットを利用するようになった今、キーワードや条件指定によ
 る『検索』に変わる次世代ECサイトのコア技術として注目されて
 いるのがこれらのエンジンです。
 講演では、ヤマダ電機さんやNetRICOHさん、@ニフティストアさ
 んといった大手企業の事例を交えながら、『本当に売り上げがあ
 がるECの仕組み』をご紹介します。さらに、この4月に新しく立ち
 上がるレコメンデーション(推薦)サイト『見つかる・ドット・ジェイピ
 ー』の事業戦略についてもご紹介させていただきます。
◆上村崇(たかし)氏の略歴:
 1979年生まれ。京都府出身。
 早稲田大学・商学部在学中に、株式会社インタースコープにてイ
 ンターン、契約社員として各種レポート作成、テキストマイニング
 ソフト『テキストコンパイラー』の開発に従事。
 2003年4月、アクセンチュア株式会社に入社。戦略グループにて
 大手電気メーカー・OA機器メーカーの事業戦略及び営業戦略プ
 ロジェクトに従事。
 2004年、株式会社インタースコープに転じ、社内業務フローの整
 備、複数の新規事業立ち上げに関わる。
 2005年7月、株式会社ALBERTを設立し代表取締役社長に就任。
-------------------------------------------------------
■特別講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(決定)
 『食べる人と作る人。つなぐ私たち』
 オイシックス株式会社 取締役・EC事業部長 堤 祐輔氏
 http://www.oisix.com/shop.g5--aboutus--annai_outline__html.htm#naiyou
◆講演の概要:
 「食」への関心が高まる中、ECのアドバンテージを最大限に活用
 し、サービスを進化させつ続けることで食品小売業界のみならず
 ユニークな存在として多くの注目を浴びるまでに至りました。その
 経緯について試行錯誤だった創業当初のエピソードなどを交えな
 がら解説します。
◆堤祐輔氏の略歴:(同上)
 1978年3月、長崎県生まれ。2000年3月、東京農工大学・電子情
 報工学科卒業後、オイシックスの創業に携わる。2000年6月、オ
 イシックス創業と同時に取締役・カスタマーサポート・チームリーダ
 ーに就任。2006年7月、取締役EC事業部長に就任。現在に至る。
 データベース・マーケティングをベースにした顧客サービス全般が
 専門。
-------------------------------------------------------
※4/11(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 本日4/9(木)中に、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込み
 をお願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万
 円になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○4/11(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○4/11フォーラム終了後の懇親会(会場はまだ未定ですが、参加
 費は3千円前後を予定しています)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●4/11の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。
 案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに4/11以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、5/16、
 6/13、7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。
 4/11から12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー
 ・スクエア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-09 15:24

★4/11の『リコメンド&感性検索でECが変わる』講演に注目を!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(627号)★2008/04/03発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.アジア経済の伸び堅調!08年7.6%増、09年7.8%増を予測!
◆2.ガリバー、中・印・露に自動車整備士の養成9校を開設へ!
◆3.4/11講演3の『リコメンド&感性検索でECが変わる』に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。4/2の日経MJ紙の『ユニクロ中国出店加速』の記事
 によれば、3/29にオープンしたばかりの『ユニクロ北京西単店』が
 入っている商業ビル内には、3/7に開店した『無印良品・北京1号
 店』がすでに入居しているそうです。一緒に見学しよく観察して来ま
 すので、その速報をどうぞお楽しみに・・・。
 
●今日の元気の出るニュースの1番目は、アジア開発銀行が4/2に
 発表したばかりの予測、『アジア経済の伸び堅調』の話題です。
 
●今日の元気の出るニュースの2番目は、『ガリバーインターナショ
 ナルが、中国・インド・ロシアに自動車整備士の養成学校を開設す
 る』話題です。http://www.glv.co.jp/

●また本日は特に、4/11の講演3=『リコメンド&感性検索でECが
 変わる』にご注目いただければ幸いです。
 
-------------------------------------------------------
◆1.アジア経済の伸び堅調!08年7.6%増、09年7.8%増を予測!
-------------------------------------------------------

●4/2朝日の夕刊記事(マニラ発・木村文記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.アジア開発銀行(ADR)は4/2、日本、オーストラリア、ニュージ
  ーランドを除く、アジア太平洋地域・全体の国内総生産(GDP)
  が、08年は7.6%増、09年は7.8%増になるとの予測を公表。
2.07年の全体の実績8.7%増は下回るものの、米国発の世界的
  な経済減速の影響を大きくは受けず、堅調な伸びを示す見込
  みだ。
3.中国・香港・韓国・台湾のGDPを合計した東アジアの07年の実
  績は9.3%増。08年は8.1%増。09年は8.2%増の見通し。
4.インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール、タイ・ベトナ
  ムを合計した東南アジアの07年の実績は6.5%増。08年は5.7
  %増、09年は6.0%増の見通し。
5.中央アジアの07年の実績は11.6%増。08年は7.5%増、09年は
  8.4%増の見通し。
6.中国の07年の実績は11.4%増。08年は10.0%増、09年は9.8%
  増の見通し。
7.インドの07年の実績は8.7%増。08年は8.0%増、09年は8.5%
  増の見通し。
8.ベトナムの07年の実績は8.5%増。08年は7.0%増、09年は8.1
  %増の見通し。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●アジア開発銀行の「米国発の世界的な経済減速の影響を大き
 くは受けず、アジア経済は08年も09年も堅調な伸びを示す」との
 予測を支持したいと思います。

●米英主導の金融経済のバブル崩壊は、全治に3年程度かかる
 でしょうが、『成長するアジア経済』はその間も堅調だという予測
 に特にご注目いただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆2.ガリバー中印露に自動車整備士の養成学校(9校)を開設へ!
-------------------------------------------------------

●4/3の日経記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中古車ネット販売のパイオニア、ガリバーインターナショナルは
  09年までに、中国・インド・ロシアの3か国に各3校ずつ(合計9
  校)の自動車整備士を養成する専門学校を開設する。
2.各校とも1学年に百人程度の学生を募集。自動車整備の専門
  知識から車検・補修実習までを習得してもらう。
3.新興国では富裕層などを中心に新車販売が急増(例えば中国
  では800万台超と日本の535万台を大きく超えている)している
  が、整備士不足から中古車市場が思うようには広がっていない。
4.同社は購買力が高まる新興国では、日本に比べて買い替えの
  期間が短く、数年以内に中古車市場が急成長すると判断。今
  回の養成学校(9校)の開設に踏み切った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●大局に着目し、新興国の新興市場を支える人材育成から着手
 する同社の戦略眼・戦術眼のよさに脱帽。新興国の新興市場
 攻略の大きな成功事例になることを、心から期待したいと思い
 ます。

●ちなみに同社は、EC研が主宰している1998年の第2回『日本
 オンラインショッピング大賞』の『大賞』を受賞されています。
 http://ecken.jp/ols/history.html#2003

-------------------------------------------------------
◆3.4/11講演3の『リコメンド&感性検索でECが変わる』に注目!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/11(金)午後の『EC研フォーラム』(122回目)の
 4講演の概要がすべて正式に決まりました。

●本日は特に、株式会社ALBERT(アルベルト)社長の上村さんに
 よる講演3、『レコメンド&感性検索でECが変わる!―大手EC
 サイトで続々導入。コンバージョン率1.6倍の秘密』に、ご注目
 いただければ幸いです。

●最下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入のうえ、下記の
 事務局宛てに、お早目にお申し込みください。朗報を心からお
 待ちしています。
 ecken@ceres.ocn.ne.jp 事務局 担当/土屋・金澤・山村

☆==================================================☆
■日時:2007年4月11日(金) 13:00~17:00 
■会場:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆==================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『「サーチ&マッチング+UI(ユーザーインターフェース)」で、や
 められない、とまらない。集客と回遊、そしてリピートの秘訣』
 チームラボ株式会社 代表取締役社長 猪子 寿之氏
 http://www.team-lab.com/company/index.html
◆講演の概要:
 検索はインターネットの玄関です。チームラボはただ玄関をつく
 るだけではなく、家全体をつくります。格好だけのデザインなん
 ていりません。優れたテクノロジーと、優れたインターフェイスが
 融合することで、今までの当たり前が、当たり前ではなくなって
 いきます。
 ユーザーにとっては「使って楽しく、ストレス知らずで、便利なサ
 イト」で、運営者にとっては「楽して運用、無駄な手間なく、リッチ
 コンテンツ化」を実現できます。
 ・ECにも展開できる『サーチ&マッチング+ユーザーインターフ
  ェース』の可能性について
 ・サグールテレビについて
 ・バンダイナムコホールディンクスについて
 ・不動産物件検索ポータル『いえーい!(ie-ei.jp)』について
 ・ニュースポータル『Iza(イザ!)』について
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。 
◆猪子寿之(いのこ としゆき)氏の略歴:
 現在、チームラボ(株)の代表取締役社長。
 77年、徳島市出身。01年、東京大学・工学部・計数工学科・卒
 業と同時にチームラボを創業。04年、東京大学・大学院情報学
 環を中退。大学では、確率・統計モデルを、大学院では、自然
 言語処理とアートを研究。
 ニュースポータル『iza(イザ!)』(ウェブ・オブ・ザ・イヤー2006 新
 人賞、ウェブ人オブ・ザ・イヤー 2006)、オモロ検索エンジン『sag
 ool(サグール・ドット・ジェイピー)、不動産物件検索ポータル『い
 えーい!(ie-ei.jp)』などのウェブの企画開発や、検索エンジンや
 レコメンデーション(推薦)エンジンなどの開発販売を行うほか、
 アート活動として、水墨空間「花紅(ハナハクレナイ)」などで、海
 外などの展覧会に多数参加。auデザイン・プロジェクトにて、20
 07年のコンセプトモデルとして、新しいインターフェイスの概念の
 携帯電話『actface(アクトフェース)』を発表し、第11回文化庁メ
 ディア芸術祭審査員推薦作品に選ばれる。
◆ちなみに同社は、EC研が主宰している2006年の第1回『日本
 検索経済大賞』の『大賞』を受賞されています。
 http://seaward.seesaa.net/
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『進化するGISマーケティングの現状と今後の課題』
 株式会社JPS 代表取締役社長 平下 治氏
 http://www.jps-net.com/company/index.html
◆講演の概要:
 GISはエリアマーケティングに不可欠な存在となっています。
 しかし、GISを本格的に活用するためにはそれなりの運用ノウハ
 ウを必要とします。各種マーケティングの実践現場を再現し、そ
 の効果的な活用事例を紹介すると共に今後の取り組みについ
 てお話いたします。
 ・GISマーケティングについて
 ・百貨店の活用事例について
 ・カーディラーの活用事例について
 ・ウェブマッピングを活用した顧客管理事例について
 ・まとめ
◆平下治(ひらした おさむ)氏の略歴:
 1943年、山口県出身、1966年、甲南大学・文学部・社会学科を
 卒業。1978年、コンピューター・マッピングシステムに出会い、
 1979年に同社を設立、現在に至る。当初は広域商業診断調査
 (大阪府)や商店街活性化振興計画(中企庁)などの官公庁業
 務に参加。
 その後は民間企業のマーケティング分野へのGIS活用効果に
 着眼し商圏分析、出店計画、既存店評価、販売促進計画、広
 告計画、売上予測等を手掛ける。
 GIS学会ビジネスGISコーディネーター研修専任講師、ビジネス
 プロデューサー研修(OCP)常任講師、国土交通大学校講師な
 どを務める。国内各地、米国、中国、香港、セルビア・モンテネ
 グロなど海外でのセミナー講演活動も多数。
 GISマーケティング関連の著書多数、関連誌への投稿多数。
 GIS学会理事、GIS上級技術者、マイクロソフト認定システムコ
 ーディネーター。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(決定)
 『レコメンド&感性検索でECが変わる!―大手ECサイトで続々
 導入。コンバージョン率1.6倍の秘密』
 株式会社ALBERT(アルベルト) 代表取締役社長 上村崇氏
 http://www.albert2005.co.jp/corporate/index.html
◆講演の概要:
 大手を中心に、レコメンドエンジンや感性検索で売り上げを伸ば
 すECサイトが増えています。一般消費者が当たり前のようにイン
 ターネットを利用するようになった今、キーワードや条件指定によ
 る『検索』に変わる次世代ECサイトのコア技術として注目されて
 いるのがこれらのエンジンです。
 講演では、ヤマダ電機さんやNetRICOHさん、@ニフティストアさ
 んといった大手企業の事例を交えながら、『本当に売り上げがあ
 がるECの仕組み』をご紹介します。さらに、この4月に新しく立ち
 上がるレコメンデーション(推薦)サイト『見つかる・ドット・ジェイピ
 ー』の事業戦略についてもご紹介させていただきます。
◆上村崇(たかし)氏の略歴:
 1979年生まれ。京都府出身。
 早稲田大学・商学部在学中に、株式会社インタースコープにてイ
 ンターン、契約社員として各種レポート作成、テキストマイニング
 ソフト『テキストコンパイラー』の開発に従事。
 2003年4月、アクセンチュア株式会社に入社。戦略グループにて
 大手電気メーカー・OA機器メーカーの事業戦略及び営業戦略プ
 ロジェクトに従事。
 2004年、株式会社インタースコープに転じ、社内業務フローの整
 備、複数の新規事業立ち上げに関わる。
 2005年7月、株式会社ALBERTを設立し代表取締役社長に就任。
-------------------------------------------------------
■特別講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(決定)
 『食べる人と作る人。つなぐ私たち』
 オイシックス株式会社 取締役・EC事業部長 堤 祐輔氏
 http://www.oisix.com/shop.g5--aboutus--annai_outline__html.htm#naiyou
◆講演の概要:
 「食」への関心が高まる中、ECのアドバンテージを最大限に活用
 し、サービスを進化させつ続けることで食品小売業界のみならず
 ユニークな存在として多くの注目を浴びるまでに至りました。その
 経緯について試行錯誤だった創業当初のエピソードなどを交えな
 がら解説します。
◆堤祐輔氏の略歴:(同上)
 1978年3月、長崎県生まれ。2000年3月、東京農工大学・電子情
 報工学科卒業後、オイシックスの創業に携わる。2000年6月、オ
 イシックス創業と同時に取締役・カスタマーサポート・チームリーダ
 ーに就任。2006年7月、取締役EC事業部長に就任。現在に至る。
 データベース・マーケティングをベースにした顧客サービス全般が
 専門。
-------------------------------------------------------
※4/11(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 4/9(木)までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万
 円になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○4/11(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○4/11フォーラム終了後の懇親会(会場はまだ未定ですが、参加
 費は3千円前後を予定しています)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●4/11の会場は秋葉原駅・徒歩2分のUDXビル9階の『アイ・オ
 ー・スクエア』になります。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに4/11以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、5/16、
 6/13、7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。
 4/11から12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー
 ・スクエア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-04-03 15:24
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31