<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


★6/13講演2は、『カカクコムの9サイトと新事業戦略』!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(646号)★2008/05/30発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.日本人初のメジャー大会優勝を目指す今田竜二さん(31)!
◆2.成長するアフリカを加速する企業投資と政府援助の両輪!
◆3.6/13講演2は、『カカクコムの9サイトと新事業戦略』です!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。少し肌寒い日が続きそうですが、朝顔が咲き、ア
 ジサイの花も準備に忙しい毎日です。どうぞ鼻カゼなどひかれ
 ませんように・・・、ご健勝をお祈りいたします。
 
●今日の元気の出るニュースの1番目は、『日本人初のメジャー
 大会優勝を目指す今田竜二さん(31)!』の話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『』の話題です。

●おかげさまで、6/13『EC研フォーラム』(124回目)の4講演の内
 容が全て決まりました。講演2は『』です。他の3講演も充実。好
 評が予想されますので、お早目にお申し込みいただければ幸い
 です。

-------------------------------------------------------
◆1.日本人初のメジャー大会優勝を目指す今田竜二さん(31)!
-------------------------------------------------------

●5/20の朝日『ひと』欄の記事(畑中謙一郎記者)とその続報にあ
 たる『素顔のプロたち』の記事(在米ゴルフジャーナリストの舩越
 園子さん)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.渡米から17年。プロゴルファーの今田竜二さん(31)が米ツア
  ーのAT&Tクラシック大会で初優勝。
2.今田さんはジュニア時代にタイガー・ウッズ(米)選手を抑えて、
  95年の年間最優秀ジュニアに輝いたこともある逸材。
3.中学2年・14歳のときに、両親を説得して単身渡米。米国の中
  学に通いながらフロリダのゴルフスクールに通う。「英語なんて
  ABCがやっと書けるぐらいだった」(父の隆史さん、62歳)。
4.99年にプロ転向。190センチ前後の大男が幅をきかす米ツアー
  で、173センチの今田さんは小柄。5年間、米2軍ツアーで苦し
  み2軍ツアーでの初優勝は04年。日本人初のメジャー大会制
  覇が次の目標だ。
5.舩越さんによれば、「異色の経歴の持ち主と見られがちだが、
  米国側から見れば今田が通ってきた道筋は王道」とのこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ゴルフについてはまったく素人の筆者ですが、王道を歩む今田
 選手の日本人初のメジャー大会制覇を心から期待したいと思い
 ます。

-------------------------------------------------------
◆2.成長するアフリカを加速する企業の投資と政府援助の両輪!
-------------------------------------------------------

●5/29朝日記事(斎藤徳彦記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.未来の大消費地として期待が高まるアフリカで、日本企業がビ
  ジネス展開を急いでいる。
2.三菱商事が出資するクロム合金生産(南アフリカ)とアルミ精錬
  事業(モザンビーク)は、現地で加工工場まで手がける。アフリカ
  で継続的な事業を育てた成功例として知られる。
3.建機大手のコマツは、インフラ建設向けの需要もあり、アフリカ
  での販売額は06年度の700億円から08年度は1200億円に増え
  ると見込んでいる。
4.発電需要もうなぎ登りで、日立製作所や三菱重工が南ア政府か
  ら発電用ボイラーや原子炉を受注している。
5.トヨタ自動車は、南アフリカに持つ工場の生産能力を、現在の20
  万台から22万台に増やす計画だ。
6.日産自動車は、仏ルノーと共同出資するモロッコの新工場を10
  年に稼動させる。
7.住友化学は、殺虫成分を編みこんだマラリア対策の蚊帳を、タ
  ンザニアで年間1千万張りの生産体制を整えた。ナイジェリアで
  も工場新設を計画。
8.味の素は、ナイジェリアで主力製品のうまみ調味料を販売。安
  い小袋入りを発売したことも人気に火をつけ、07年度の売上高
  は100億円。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●援助も大切です。しかし継続的・持続的な投資はさらに大切です。
 両輪の働きで、『成長するアフリカ』に加速度が増すことを心から
 期待したいと思います。
 
-------------------------------------------------------
◆3.6/13講演2は、『カカクコムの9サイトと新事業戦略』です!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、6/13『EC研フォーラム』(124回目)の4講演の内
 容が全て決まりました。講演2は『カカクコムのプラットホーム展
 開と今後の事業戦略』です。他の3講演も充実。好評が予想され
 ますので、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『「永久不滅.com」に見るクレディセゾンのネットビジネス戦略』
 株式会社クレディセゾン(東証1部) ネットビジネス部 部長
 覺正純司(かくしょう じゅんじ)氏
 http://www.saisoncard.co.jp/
 http://www.a-q-f.com/
◆講演の概要:
 『永久不滅.com』は、《セゾン》カードのネット会員限定のオンライ
 ンショッピングモール。ウェブサイトという顧客接点を活かし、消
 費をリードする女性の比率が70%という《セゾン》カードの会員資
 産と、ポイントに有効期限のない『永久不滅ポイント』というキラー
 コンテンツを武器にして、急成長しています。
 この顧客接点は、eコマース事業をはじめ広告事業、コンテンツ
 ダウンロード事業に続き、今後もリサーチ事業ほか、様々な形式
 で事業展開の予定です。この『永久不滅.com』の、ウェブ&モバ
 イル戦略を事例に、インターネットという場を『市場』、『売場』とし
 てどう活かすのか、成果を高め、成長していく仕組みと今後の方
 向性をお話しさせていただきます。
◆覺正純司(かくしょう じゅんじ)氏の略歴:
 1961年生まれ。1984年に明治大学・法学部を卒業後、三和銀行
 (現三菱東京UFJ銀行)入行。本部企画部門、支店営業部門を
 経て、1995年に証券営業部、2000年より三和キャピタル(現三菱
 UFJキャピタル)に所属し、主に10年間ベンチャー投資を担当。
 その後、2005年にクレディセゾンに入社、主に新規ネットビジネス、
 ベンチャー投資を担当。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師::(全て決定)
 『カカクコムのプラットホーム展開と今後の事業戦略』
 株式会社カカクコム(東証1部) 取締役COO 安田 幹広氏
 http://kakaku.com/info/
 http://kakaku.com/
◆講演の概要:
 『価格.com』、『食べログ.com』など計9サイトを運営し、ユーザー
 本位の購買支援サービスを提供するカカクコムの事業内容や、
 ユーザーと企業をつなぐ情報プラットホームとしてのサービス展
 開を中心にお話します。
 また5月に開始したばかりの、多言語に対応するITエンジニア向
 けコミュニティーサイト『オキュウコム(okyuu.com)』についてご説
 明しながら、ナレッジ集積型のウェブサイトの可能性についても
 論じます。
◆安田幹広氏の略歴:
 1971年5月生まれ。
 ロチェスター工科大学コンピュータサイエンス学科卒業。
 1996年9月、(株)インターナショナルシステムリサーチに入社。
 1998年1月、日本ネットスケープ・コミュニケーションズに入社。
 1999年12月、(株)デジタルガレージに入社。技術部門を統括。
 2002年7月、同社業務執行役員。 
 2004年6月、株式会社カカクコムに入社。取締役CTOとしてシス
 テムを統括する傍ら、成長分野であるコミュニティーやショッピン
 グサーチ事業を推し進める。
 2005年7月、同 取締役CTO兼システム本部長。
 2007年8月、同 取締役COOに就任。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『採用コストを軽減する 転職・求人サイト「アットコスメキャリア」
 の特徴と展望』
 株式会社アイスタイル キャリア事業部 営業課・課長 
 長谷川 泰之氏
 http://career.cosme.net/
◆講演の概要:
 ・『アットコスメキャリア(@cosme Career)』について
 ・『アットコスメキャリア(@cosme Career)』を立ち上げ経緯
 ・『アットコスメキャリア(@cosme Career)』の競争優位性
 ・今後の展望
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆講師の略歴:
 慶応義塾大学・環境情報学部・環境情報学科を卒業後、
 2005年4月、株式会社アイスタイルに入社。
 メディア開発事業、及び広告営業を経て、
 2007年11月、キャリア事業の立ち上げに参画、現在に至る。
◆講師の略歴:
 慶応義塾大学 環境情報学部 環境情報学科を卒業後、
 2005年4月、国内最大級の美容情報専門サイト『アットコスメ
 (@cosme)』を運営する株式会社アイスタイルに入社。 メデ
 ィア開発事業、及び広告営業を経て、2007年11月、キャリア事
 業の立ち上げに参画、現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『韓国IT技術者の受け入れ事業と日韓ビジネス交流』
 アークシステム株式会社 代表取締役社長 中川 成仁氏
 http://www.arcc.co.jp/gaiyou.html
◆講演の概要:
 韓国産業人力公団が実施している海外就業研修事業の紹介と、
 その受け入れ事業、そして今後の日韓ビジネス交流を中心に、
 ・韓国産業人力公団が実施する海外就業研修事業とは
 ・日韓IT人材交流活性化について(日本側の視点)
 ・韓国側従来の考え方
 ・日本側の考え方
 ・今後の展望(FROM NOW ON)
 ・受け入れ事業の実務について
 ―当日は、以上のような要点についてお話させていただく予定です。
◆中川成仁(しげひと)氏の略歴:
 1952年生まれ。76年、日本大学・商学部・会計学科卒業後、日
 本ユニバック株式会社(現 日本ユニシス株式会社)に入社。85
 年、アークシステム株式会社を設立。01年、インフラネットジャパ
 ン株式会社を設立。
 95年~日本ソフトウェア産業協会(NSA:会員数 約200社)理事、
 教育委員会・委員長を勤める。98年、社団法人情報サービス産
 業協会(JISA)国際委員会、委員。05~07年、東京都職業能力
 開発推進協議会、委員。07年、厚生労働省管轄の独立行政法人
 雇用・能力開発機構、委員。08年、社団法人 グローバルIT交流
 協会(韓国労働部 認可)、副会長・日本代表に就任。05年には
 東京都より中小企業の振興により表彰を受けている。著書・著作
 として、『C入門アルゴリズムマスター(ジャストシステム)』など。
-------------------------------------------------------
※6/13(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。6/11(水)
 までに、下記の口座宛てに参加費9千円のお振り込みをお願いし
 ます。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
 (消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○6/13(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○6/13フォーラム終了後の懇親会:(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『ばん かむ(アラビア語)』、TEL3256-8860、店主
 は辻さん夫妻。参加費は2千円前後を予定しています)に・・・、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●6/13の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに6/13以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、7/11、
 9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。

●4/11から12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー
 ・スクエア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-05-30 14:48

★6/13の講演3は、『美容に特化したアットコスメ・キャリア』!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(643号)★2008/05/23発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.アセアン共同体実現を支持する新福田ドクトリンの効用!
◆2.自動車のダウンサイジング(軽量化・省エネ化・低炭素化)!
◆3.6/13の講演3は、『美容に特化したアットコスメキャリア』!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。北の根室では桜が咲き、南の奄美・沖縄では梅雨
 入りしたそうですね。おかげさまで東京地方は昨日・今日と初夏
 の到来を思わせる陽気です。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『アセアン共同体実現
 を支持する新福田ドクトリンの効用』の話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『自動車分野のダウン
 サイジング(軽量化・省エネ化・低炭素化)』の話題です。どうぞ、
 お楽しみくださいね。

●おかげさまで、6/13の『EC研フォーラム』(124回目)の4講演が
 全て決まりました。講演3は、『美容業界に特化した転職・求人
 サイト「アットコスメキャリア」』です。』です。お早目にお申し込み
 いただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.アセアン共同体実現を支持する新福田ドクトリンの効用!
-------------------------------------------------------

●5/23・日経1面のトップ記事&同日の朝日記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.福田首相は5/22の『アジアの未来』(日経主催・第14回・国際
  シンポジウム)の晩さん会で演説。
2.日米同盟と対アジア外交をともに重視する『共鳴外交』を発展
  させたその内容は『新福田ドクトリン』とも呼べる内容でその効
  用は大きい。
3.福田氏は、(1)アセアン共同体実現の断固支持、(2)日米同
  盟の強化、(3)平和協力国家として尽力、(4)知的・世代的交
  流のインフラの育成、(5)気候変動と闘い、低炭素社会を実
  現する、―5本柱を『5つの約束』として提言。
4.『開放をキーワードに、「日本自身が開かれた多様性に生きる
  ことを原点とする」』との発言を朝日記事(内田晃記者)も引用。
5.地域協力の目玉として『アジア防災・防疫ネットワークの構築』
  や、欧州連合(EU)統合に貢献した『エラスムス計画』をモデル
  にしたアジア・太平洋地域の大学間の相互交流・単位の相互
  認定制度の整備などの具体的な提案も効果的だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●日米同盟について、福田氏は「アジア・太平洋地域の公共財」
 と強調。中国・インド・ロシア・ベトナム・中央アジアなど旧共産
 圏諸国、そして新興国の経済や文化の現状を学べば学ぶほど、
 欧米(特に成熟した北欧諸国)と日本との共同歩調の必要性を
 痛感します。

●余談ですが、筆者は『自由と民主主義なしには生きられない』
 人間であり、アメリカの復元力に心から期待している1人ですが、
 現在のブッシュ政権の自殺・他殺行為に近い蛮行の数々を『公
 共財』とはけして呼べないだろうと考えています。米国の次期政
 権(民主党であれ共和党であれ)の『世界の公共財路線』への
 明確な復帰・復興を心から期待したいと思います。

-------------------------------------------------------
◆2.自動車のダウンサイジング(軽量化・省エネ化・低炭素化)!
-------------------------------------------------------

●『週刊 東洋経済』(5/24号、570円)の『世界同時大転換 自動車
 革命 クルマもついに変わる』(P36~P79)、特集の内容(下段の
 目次をご参照ください)が充実しています。

●その核心を大胆に数行で要約すれば、『自動車の分野でいまダ
 ウンサイジング(軽量化・省エネ化・低炭素化)という革命的な変
 革の嵐が吹き荒れている』ということになります。

------------------------------------------------------
   ☆『週刊 東洋経済』(2008/5/24号)の目次情報☆
------------------------------------------------------
36P 世界同時大転換
    自動車革命 クルマもついに変わる!?
43P タタ『ナノ』を徹底分析!
    大胆な発想、サプライヤーの“犠牲”で実現した『28万円』
48P ラタン・タタ物語
    高級車ジャガーをも買収、タタ財閥“5代目”の横顔
52P コラム【パッケージング革命】
    小型車ブームを支える知られざる技術革新
54P ナノより安い車を造る!ゴーン、衝撃の『約束』
58P 東欧が誇る低価格車の強豪、ダチア、シュコダって誰だ?
64P 日本が誇る軽自動車、エコカーで世界を目指す
66P コラム【鋼材高騰】
    スモールカーを直撃、鋼材コスト高の影響度
68P レポート01
    『新興国の雄』が失速!? ヒュンダイに訪れた試練
70P レポート02
    トヨタが進める両面作戦、『ナノ』どこ吹く風のホンダ
74P レポート03
    スズキ『マルチ800が消えても勝つ』矜持(きょうじ)
76P インタビュー
    スズキ会長/鈴木 修
    『28万円カーとは競争しない。貧乏競争は、もうゴメンだよ』
    『インドでシェア5割の維持は無理。シェアじゃ飯は食えない』
------------------------------------------------------

●5/23の朝日『韓国に食い込む日本車』(釜山発・稲田清英記者)
 の記事によれば、韓国の08年1~4月の輸入車(新規登録台数)
 トップはホンダ。

●07年の韓国の輸入車の総販売台数は約5万3400台。日本車は
 約1万7600台でシェアは33%。42%のドイツ車を猛追しています。

●ちなみに韓国の年間の乗用車販売台数は、ここ数年100万台前
 後です。日本車の『アコード』(1位)、『レクサス』(4位)、『インフィ
 ニティ』(8位)などに乗っていただくと同時に、韓国最大手の現代
 自動車の高級セダン『グレンジャー』に、日本でも試乗してみる度
 量が求められているように思うのですがいかがでしょうか。
 
-------------------------------------------------------
◆3.6/13の講演3は、『美容に特化したアットコスメキャリア』!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、6/13の『EC研フォーラム』(124回目)の4講演が
 全て決まりました。講演3は、『美容業界に特化した転職・求人
 サイト「アットコスメキャリア」』です。お早目にお申し込みいただ
 ければ幸いです。

☆===================================================☆
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(講師決定)
 『日商5千万円に倍増、ネット会員250万人の「永久不滅.com」
 の事業戦略』(仮題)
 株式会社クレディセゾン(東証1部上場) ネットビジネス部 部長
 覺正純司(かくしょうじゅんじ)氏
 http://corporate.saisoncard.co.jp/co.nsf/corp/co001
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆覺正純司(かくしょうじゅんじ)氏の略歴:(以下は事務局が仮に
 作成した内容です)
 1984年:三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
 2005年10月までの21年間、主にベンチャー企業への投資、M&A、
 証券化等の投資銀行部門を経験。
 2005年11月:クレディセゾンに事業開発部長として入社。
 2006年10月:『永久不滅.com』を立ち上げ。
 2008年4月:(新設の)ネットビジネス部長に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師::(全て決定)
 『カカクコムのプラットホーム展開と今後の事業戦略』
 株式会社カカクコム 取締役COO 安田 幹広氏
◆講演の概要:
 『価格.com』、『食べログ.com』など計9サイトを運営し、ユーザー
 本位の購買支援サービスを提供するカカクコムの事業内容や、
 ユーザーと企業をつなぐ情報プラットホームとしてのサービス展
 開を中心にお話します。
 また5月に開始した、多言語に対応するITエンジニア向けコミュ
 ニティーサイト『okyuu.com』についてご説明しながら、ナレッジ集
 積型のウェブサイトの可能性についても論じます。
◆安田幹広氏の略歴:
 1971年5月生まれ。
 ロチェスター工科大学コンピュータサイエンス学科卒業。
 1996年9月、(株)インターナショナルシステムリサーチに入社。
 1998年1月、日本ネットスケープ・コミュニケーションズに入社。
 1999年12月、(株)デジタルガレージに入社。技術部門を統括。
 2002年7月、同社業務執行役員。 
 2004年6月、株式会社カカクコムに入社。取締役CTOとしてシス
 テムを統括する傍ら、成長分野であるコミュニティーやショッピン
 グサーチ事業を推し進める。
 2005年7月、同 取締役CTO兼システム本部長。
 2007年8月、同 取締役COOに就任。
 2008年5月、エンジニア向けコミュニティーサイト『okyuu.com』な
 ど技術分野のサービス・事業の統括も担当。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『採用コストを軽減する 転職・求人サイト「アットコスメキャリア」
 の特徴と展望』
 株式会社アイスタイル 営業課 課長 長谷川 泰之氏
 http://career.cosme.net/
◆講演の概要:
 ・アットコスメ『キャリア(Career)』について
 ・アットコスメ『キャリア(Career)』を立ち上げた経緯
 ・アットコスメ『キャリア(Career)』の競争優位性
 ・今後の展望
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話する予定です。
◆講師の略歴:
 慶応義塾大学・環境情報学部・環境情報学科を卒業後、
 2005年4月、株式会社アイスタイルに入社。
 メディア開発事業、及び広告営業を経て、
 2007年11月、キャリア事業の立ち上げに参画、現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『韓国IT技術者の受け入れ事業と日韓ビジネス交流』
 アークシステム株式会社 代表取締役社長 中川 成仁氏
◆講演の概要:
 韓国産業人力公団が実施している海外就業研修事業の紹介と、
 その受け入れ事業、そして今後の日韓ビジネス交流を中心に、
 ・韓国産業人力公団が実施する海外就業研修事業とは
 ・日韓IT人材交流活性化について(日本側の視点)
 ・韓国側従来の考え方
 ・日本側の考え方
 ・今後の展望(FROM NOW ON)
 ・受け入れ事業の実務について
 ―当日は、以上のような要点についてお話させていただく予定です。
◆中川成仁(しげひと)氏の略歴:
 1952年生まれ。76年、日本大学・商学部・会計学科卒業後、日
 本ユニバック株式会社(現 日本ユニシス株式会社)に入社。85
 年、アークシステム株式会社を設立。01年、インフラネットジャパ
 ン株式会社を設立。
 95年~日本ソフトウェア産業協会(NSA:会員数 約200社)理事、
 教育委員会・委員長を勤める。98年、社団法人情報サービス産
 業協会(JISA)国際委員会、委員。05~07年、東京都職業能力
 開発推進協議会、委員。07年、厚生労働省管轄の独立行政法人
 雇用・能力開発機構、委員。08年、社団法人 グローバルIT交流
 協会(韓国労働部 認可)、副会長・日本代表に就任。05年には
 東京都より中小企業の振興により表彰を受けている。著書・著作
 として、『C入門アルゴリズムマスター(ジャストシステム)』など。
-------------------------------------------------------
※6/13(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。6/11(水)
 までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みをお願いしま
 す。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
 (消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○6/13(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○6/13フォーラム終了後の懇親会:(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『ばん かむ(アラビア語)』、TEL3256-8860、店主
 は辻さん夫妻。参加費は2千円前後を予定しています)に・・・、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●6/13の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに6/13以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、7/11、
 9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。

●4/11から12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー
 ・スクエア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-05-26 10:57

★6/13の講演1は、月商15億円・倍増の『永久不滅.com』!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.1~3月『GDP年率3.3%増』!外需62%・内需38%貢献!
◆2.ネパール・ムスタン村々で指導続ける近藤さん(87)の執念!
◆3.6/13の講演1は、月商15億円・倍増の『永久不滅.com』!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。昨夜9時からのNHKスペシャル、『沸騰都市第1
 回 ドバイ 砂漠に出現した黄金の街』を見た方も多いと思い
 ます。

●人口わずか140万人のドバイで進む巨大な不動産開発を契
 機に流れ込む巨万の富と、世界の投資家たちの欲望と打算。

●点としては過剰開発かも知れませんが、アラビア語を理解す
 る約3億人強の勃興する市場という面でとらえ、ユニチャーム
 社のようにいち早く地道に取り組んでいる日本企業があること
 も指摘しておきたいと思います。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、日本の1~3月の『
 GDPが年率3.3%増と堅調だった』話題です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『ネパール・ムスタン
 の村々で指導を続ける近藤さん(87)の国際貢献の姿』の話題
 です。どうぞお楽しみくださいね。

●おかげさまで、6/13の『EC研フォーラム』(124回目)の3講演が
 決まりました。講演1は、月商15億円・倍増の『永久不滅.com』
 です。どうぞお楽しみに・・・。

-------------------------------------------------------
◆1.1~3月『GDP年率3.3%増』!外需62%・内需38%貢献!
-------------------------------------------------------

●5/16の日経・夕刊と朝日・夕刊の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.内閣府が5/16発表した1~3月の国内総生産(GDP)の速報
  によると、実質GDPは前期比0.8%(年率換算で3.3%増)
  で3四半期連続のプラス成長になった。
2.新興国向けの輸出(前期比4.5%増)が堅調で成長率を押し
  上げた。輸出から輸入を引いた外需が成長率0.8%のうちの
  0.5%(全体の約62%)分を押し上げた。
3.実質GDPの5割強を占める個人消費も堅調で、内需が成長
  率0.8%のうちの0.3%(全体の約38%)分を押し上げた。
4.名目の雇用者報酬も0.6%増と4期連続のプラスだった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●GDPの伸びの堅調ぶりと、個人の実感が結びついていない点
 が大きな問題ですが、日本経済の実態は依然として堅調である
 ことを示した速報値といえるのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------
◆2.ネパール・ムスタン村々で指導続ける近藤さん(87)の執念!
-------------------------------------------------------

●昨夜・ネパールの高地ムスタンの村々で、1976年から農業・医療
 ・教育の指導に当たり続けている近藤亨さん(87)の素晴らしい国
 際貢献の姿を、テレビの深夜番組で見ることができました。 
 ムスタン:http://www2.neweb.ne.jp/wd/sadachan/mus/ms11.htm

●近藤さんは、1998年10月に標高2750mのネパール・ムスタン・ティ
 ニ村(テレビ番組ではジョムソン村)で世界最高地の稲作に成功。
 また、近くの村々の果樹栽培の指導や、小学校や病院などを建
 設。日本とネパールの両国はもとより、世界的なレベルで、各方
 面から高い評価と大きな賞讃を集めています。
 (詳しい情報は下段の『ウィキペディア』をご参照ください)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E4%BA%A8_(NPO%E7%90%86%E4%BA%8B%  
 E9%95%B7)

●真の国際人・近藤さんの今後ますますのご活躍と健康・長寿を
 心から念じて行きたいと思います。
 
-------------------------------------------------------
◆3.6/13の講演1は、月商15億円・倍増の『永久不滅.com』!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、6/13の『EC研フォーラム』(124回目)の3講演
 の講師が、下段の通り決まりました。どうぞお楽しみに・・・。

☆===================================================☆
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(講師決定)
 『日商5千万円に倍増、ネット会員250万人の「永久不滅.com」
 の事業戦略』(仮題)
 株式会社クレディセゾン(東証1部上場) ネットビジネス部 部長
 覺正純司(かくしょうじゅんじ)氏
 http://corporate.saisoncard.co.jp/co.nsf/corp/co001
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(以下は事務局が仮に作成した内容です)
 1984年:三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
 2005年10月までの21年間、主にベンチャー企業への投資、M&A、
 証券化等の投資銀行部門を経験。
 2005年11月:クレディセゾンに事業開発部長として入社。
 2006年10月:『永久不滅.com』を立ち上げ。
 2008年4月:(新設の)ネットビジネス部長に就任。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(ただいま交渉中です。もうしばらくお待ちくだ
 さい)
◆講演の概要:(同)
◆講師の略歴:(同)
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(講師決定)
 『採用コストを軽減する転職・求人サイト「アットコスメキャリア」の
 特徴と戦略』(仮題)
 株式会社アイスタイル キャリア事業部 課長 長谷川氏
 http://career.cosme.net/
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(講師決定)
 『韓国の新卒技術者を日本企業向けに派遣する事業の成算と展
 望』(仮題)
 アークシステム株式会社 代表取締役社長 中川 成仁氏
◆講演の概要:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(ただいま準備中です。もうしばらくお待ちください)
-------------------------------------------------------
※6/13(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。6/11(水)
 までに、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みをお願いしま
 す。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
 (消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『ばん かむ』(TEL3256-8860)を予定。参加費は
 2千円前後を予定しています)に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●6/13の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに6/13以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、7/11、
 9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。

●4/11から12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー
 ・スクエア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-05-19 17:14 | 情報経済新聞

★5/16残席5あり!『ECショップ・トラストマーク講演』に注目を!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(640号)★2008/05/14発行★1999/10/08創刊★
この無料の機関紙は、お会いした方々やフォーラムの参加メンバー
など、約5千名の方々を対象に毎月10回を限度に発行しています。
ご不要な場合は下記宛てにお知らせください。
編集部: ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175
★ご自身で削除したい場合は:http://www.news-japan.com/mag/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.中国家電量販の売れ筋は、海外勢の大画面の液晶テレビ!
◆2.日経アジア賞(経済)、中国公害被害者の援助団体が受賞!
◆3.5/16残席5あり!『ECショップ・トラストマーク講演』に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。東京地方のお天気は雨のち曇りで今日も少し肌
 寒い感じです。台風一過の快晴を心待ちにしています。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『中国家電量販店の
 売れ筋は、海外勢(特に日本)の大画面の液晶テレビ』の話題
 です。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『日経アジア賞(経済
 発展部門)に、中国公害被害者の法律援助団体が選ばれた』
 話題です。どうぞお楽しみくださいね。

●おかげさまで、5/16の『EC研フォーラム』(123回目)の4講演
 が大変に好評です。現状で残席が5あります。お早目にお申
 し込みいただければ幸いです。

-------------------------------------------------------
◆1.中国家電量販の売れ筋は、海外勢の大画面の液晶テレビ!
-------------------------------------------------------

●5/11の日経記事によれば、日本の家電量販最大手のヤマダ
 電機が中国本土(メインチャイナ)に進出します。上海周辺を候
 補地として2010年までに売り場面積5千~1万平方メートル程
 度の大型店を出店します。

●『週刊東洋経済』(略号T誌)と、『週刊ダイヤモンド』(略号D誌)
 両誌の、5/3・5/10合併号の、ふたつの『中国家電量販関連』記
 事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.上海・浦東地区のソニー製品の専門店『デジタルワークショッ
  プ』の売れ筋は40インチの液晶テレビ(約22万5千円)
2.調査会社の調べによれば、07年の中国での液晶テレビの出
  荷台数は前年比8割増の958万台で、日本の07年の実績870
  万台を超えている。08年も8割増の1700万台を予測。
3.しかもリビングが広い中国では、日本以上に40インチ以上の
  大画面の液晶テレビがよく売れている。
4.その中国市場の主導権を握り始めたのが日本のソニーと韓
  国のサムソン電子だ。08年1月には両社合計で3割以上のシ
  ェアを獲得。その原動力は中国国内メーカーとの製品価格差
  が2~3割程度までに縮小していることにある。この程度の差
  であれば、日本や韓国のメーカーは競争優位に立てる。
5.シャープはここ1年の間に、営業拠点を倍以上の45か所に、
  取扱店を2.5倍の2100店に拡大。松下電器産業も北京オリ
  ンピックの公式スポンサーになるなど虎視眈々とシェアの拡大
  を狙っている。
6.日本や韓国など海外勢の躍進を支えているのが中国の家電
  量販店・主要5社の急成長で、07年末には合計約2千店に達
  している。 
7.家電量販店のカバー率が高い上位100都市での薄型テレビの
  販売シェアは海外メーカーが6割近くに達している。
8.中国では店頭での販売もメーカー側の仕事だ。メーカーが店
  にテナント料を払って展示スペースを借り、販売員も派遣する
  仕組みになっている。(以上、T誌)
-------------------------------
9.中国家電量販の1位は国美電器集団(1兆5360億円、1020店)、
  2位は蘇寧電器集団(1兆2825億円、632店)で、3位の江蘇五
  星電器(米ベストバイが06年に買収、3240億円、246店)を大き
  く引き離している。
10.1位の国美と2位の蘇寧はともに中国国内資本で、そのビジネ
  スモデル(収益構造)は、不動産業(日本の百貨店業)に近く、
  陳列費と呼ばれているメーカーから得る場所貸し料=テナント
  料が大部分を占めている。
11.国美は大型のM&Aを活用、蘇寧は自前の積極出店、江蘇は
  中国流のメーカー別展示ではなく、日本や米国と同じ商品別の
  展示を実施。
12.ソニーは08年1月にAV家電メーカーとして初めて上海に直営
  店を開店。価格は家電量販より1~2割高いが、高いサービス
  レベルで勝負。来店客は土日で数千人、1か月で5万人。
  (以上、D誌)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●家電量販最大手のヤマダ電機だけでない中国進出を心から歓
 迎したいと思います。そして、中国(海外)に進出する際にはネッ
 ト通販事業を開始することが不可欠であり、有利であることをぜ
 ひお忘れなく・・・。

-------------------------------------------------------
◆2.日経アジア賞(経済)、中国公害被害者の援助団体が受賞!
-------------------------------------------------------

●5/14の日経記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.13回目を迎えた『日経アジア賞』の経済発展部門に、中国政法
  大学公害被害者法律援助センター(略称CLAPV、NGO団体)
  が選ばれた。
2.同団体の代表は同大教授で弁護士資格を持つ王燦発氏(49
  歳)。王さんは環境法を専攻。1998年に同団体の認可を受け、
  公害被害者の法律相談のためのホットラインを設置。これま
  でに110件の中国国内の公害訴訟を手助けしている。
3.中国の有識者は、同団体の日頃の活動について、「公正とは
  言えない中国の司法システムの中で、どう闘えば事態を変えら
  れるかを常に模索し続けている」と評価。
4.米タイム誌は王さんを、『2007年 世界の環境ヒーロー45人』
  に選んでいる。
5.また王さんは今年から北京市の人民代表を兼務している。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●日本の、そして世界の公害問題の解決に尽力された故・宇井
 純氏、故・田尻宗昭氏など、人格・識見素晴らしい方々の苦闘
 ぶり、そして在りし日の温顔がふと目に浮かびます。

●王さん始め、新興国の環境リーダー、人権弁護士、市民の暮
 らしを支える科学者・技術者などの、より一層の活躍と健勝を
 これからも強く念じて行きたいと思います。
 
-------------------------------------------------------
◆3.5/16残席5あり!『ECショップ・トラストマーク講演』に注目!
-------------------------------------------------------

●おかげさまで、5/16の『EC研フォーラム』(123回目)の4講演が
 大変に好評です。現時点で残席が5あります。お早目にお申し
 込みいただければ幸いです。

●本日は特に、 株式会社トレードセーフの岡本(社長)さんの『
 ECショップ・トラストマークサービス講演』にご注目いただけれ
 ば幸いです。

☆===================================================☆
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『売れるモバイルECを支える技術とは―売れるサイトにする
 ために、押さえておくべき技術のポイント―』
 株式会社ゆめみ 代表取締役社長 深田 浩嗣氏
 http://www.yumemi.co.jp/company/
◆講演の概要:
 MCFの調査によると2006年度のモバイルコマースの市場規模は
 5624億円まで成長しています。さらに右肩あがりの伸びが予想さ
 れる今年、2001年からモバイルECのサイト構築に従事してきた
 ゆめみがモバイルECを立ち上げるにあたり押さえておくべき技術
 のポイントをお伝えします。
◆深田 浩嗣(ふかだ こうじ)氏の略歴:
 京都大学大学院・情報学研究科在学中の2000年1月、現取締役
 会長の片岡俊行、 技術担当取締役の中田稔と共に株式会社ゆ
 めみを設立。
 ユーザー視点でのモバイル向けサービスを中心に、技術力を駆使
 したモバイルECシステム、メールの配信システム、モバイルSNS
 システムなど、モバイルコンテンツを支えるソリューションの企画・
 開発・運営・コンサルティングを手がける。
 2005年11月より自社サービス『Sweet(スイート)』の展開に力をい
 れ、コミュニケーション・プラットフォーム作りを目指す。
 2005年4月に代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ネット実績380億円 パルシステムのネット通販事業戦略』
 パルシステム連合会 執行役員 平井 健一氏
 http://www.pal-system.co.jp/youkoso/group/
◆講演の概要:
 ネット通販の売上高(08年3月期):380億円。1都8県の10の地
 域生協による事業連合体。総会員数は約100万人。生協として
 のオンライン注文化は他生協より先んじており、01年7月より『
 オンラインパル』を運営。オンライン会員数は25万人を超え、安
 定した売上を上げている。
◆平井健一氏の略歴:
 89年に中央大学経済学部卒業後、(株)日立情報システムズに
 就職。
 94年に同社を退職後、3年ほど放浪し寺などに寄宿して過ごす。
 97年に首都圏コープ事業連合(現パルシステム連合会)に入協。
 06年より執行役員。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『インドの最新技術を駆使した日本で通用する高品質なサービ
 スの提供と、日本市場での今後のビジネス展開について』
 日本インフォビューテクノロジス株式会社
 代表取締役社長 ナタラジャン・スブラマニア氏
 http://www.ivtlinfoview.co.jp/Profile.htm
◆講演の概要:
 1.インドのIT産業について:
 2.サービス内容:(日本でビジネスを展開する際のあるべき姿)
 3.インフォビューの現状について:
 (1)ビジネスモデル:(インフォビューのビジネスモデルについて)
 (2)具体的なサービス内容:オフショアサービス、アウトソーシン
   グサービスなど。
 (3)リソースの活用:日本とインドの役割、採用、トレーニング、
   キャリアプランなど。
 (4)インフォビューの今後の中長期的なビジネス展開について:
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆ナタラジャン・スブラマニア氏の略歴:
 インドのバラディダーサン大学のコンピューター工学部を卒業後、
 日本経団連の関連会社で日本国際協力機構(JAIDO)の子会社
 インド・ジャパン ソフトウェアエンジニアリングコーポレーション(I
 JSEC)に入社し、1993年に来日。
 日本の大手企業数社にてコンサルタント・営業として勤務した後、
 2000年にインドにてインフォビューテクノロジス社を起業。
 2001年には、日本インフォビューテクノロジス株式会社を設立し、
 代表取締役社長に就任。現在に至る。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『ECショップ・トラストマークサービスの現状と展望について―安
 心・安全なEC社会構築のために―』
 株式会社TradeSafe(トレードセーフ) 代表取締役 岡本 高彰氏
 http://www.tradesafe.co.jp/profile/index.html
◆講演の概要:
 みんなが安心して取引できるEC市場を創りたい。そんな思いか
 ら、株式会社TradeSafe(トレードセーフ)は誕生しました。経済性
 の追求だけでなく、社会にも貢献できる企業として、独自のビジネ
 ス・スタイルを展開。
 小さなショップでも、ユーザーが安心して買い物ができるインフラ
 を構築することにより、社会的貢献と経済性をあわせ持つ『ソー
 シャル・ベンチャー』を目指しています。
 本講演では、EC市場の現状と問題点、EC市場におけるトレード
 セーフの位置づけについて。また、トレードセーフが提供するトラ
 ストマークサービスの概要、今後の展望などについて、お話しさ
 せていただきたいと思います。
◆岡本高彰氏の略歴:
 1991年4月、株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に入行。
 各支店において法人融資渉外、審査業務。本部にてソリューショ
 ン開発・推進企画業務などに従事。
 2005年10月に株式会社オプトに入社。 
 法人事業投資及びファンド投資支援業務、新規事業企画開発に
 従事し社長室室長、事業開発本部副本部長を経て、社内ベンチ
 ャーとしてTradeSafe(トレードセーフ)プロジェクトを立ち上げて起
 業。2006年8月、株式会社TradeSafe(トレードセーフ
-------------------------------------------------------
※5/16(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。本日(5/
 14)中に、下記の口座宛てに参加費9千円の振り込みをお願いし
 ます。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
 (消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは本日(5/14)中にお願いします。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○5/16(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○5/16フォーラム終了後の懇親会(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『稲田屋 秋葉原店』です。参加費は3千円前後を予
 定しています)に、 http://r.gnavi.co.jp/g629004/
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●講演1と講演2の順番は、株式会社ゆめみ・深田(社長)さんの
 都合で入れ替わりました。

●5/16の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●ちなみに5/16以降の『EC研フォーラム』の開催日時は、6/13、
 7/11、9/12、10/10、11/14、12/12の13:00~17:00です。4/11か
 ら12/12まで、会場はいずれもUDXビル9階の『アイ・オー・スクエ
 ア』になります。

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
============================
[PR]

by ecken | 2008-05-14 12:36
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31