<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


★11/14【残席39】受賞者代表の4講演に注目を!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(691号)★2008/10/24発行★1999/10/10創刊★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.不況期はM&Aなど実力・資金力のある企業・飛躍の好機!
◆2.楽天が翌日配送の「あす楽」サ-ビス商品数を3倍に拡大!
◆3.11/14【残席39あり】後半の受賞者代表の4講演に注目を!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。今日の東京地方のお天気は大雨ですが、下記
 3氏の受賞を心から歓迎したいと思います。

------------------------------------------------------
1.俳優ペ・ヨンジュンさん(36)の韓国文化勲章の受賞。
2.日系の作家ナオミ・ヒラハラさん(46)のエドガー賞の受賞。
3.中国人権活動家・胡佳さんのサハロフ賞の受賞。
------------------------------------------------------

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『資金力のある企業、
 飛躍の好機』(10/22日経MJ紙、東大教授・伊藤元重さんのコ
 ラム)記事のご紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『楽天が翌日配送の
 「あす楽」サ-ビス商品数を3倍に拡大』(10/24日経)したとい 
 う記事です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの3番目は、『11/14のフォーラム
 【残席39あり】後半の受賞者代表の4講演に注目を』というご
 案内です。

●8賞の受賞者として、日本全国から約20社・20数名の参加を
 見込んでいます。代表4社・4氏による『受賞記念講演』もあり
 ますので、ぜひご注目・ご参加くださいね。

●内容が豊富なので時間割に苦労していますが、大事な名刺交
 換の時間を確保しています。来年後半の本格的な景気回復に
 向けて、『活力あふれたビジネス交流の場』として存分にご活用
 いただければ幸いです。

●会員さんの参加はもちろんですが、非会員さんのご参加も心
 から歓迎いたします。どうぞ遠慮なく、お申し込みくださいね。
 限定50席のところ、現時点で残席が39あります。

●最下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入のうえ、お早目
 のお申し込みをお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.不況期はM&Aなど実力・資金力のある企業・飛躍の好機!
------------------------------------------------------

●10/22の日経MJ紙のコラム記事(東大大学院・経済学研究科
 長の伊藤元重氏)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.不況の話をするのはあまり気が進まないが、不況の時期こそ
  企業業績に大きな差が出ることも事実だ。
2.景気が後退しているときに企業が頼りにできる武器として、い
  ろいろな武器が考えられるが、そのひとつがキャッシュ(現金・
  資本力)の力だ。
3.(今後そうした実力のある)企業の資金力が(M&Aや)業界再
  編にどのように利用されていくのか注目してみたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●上記のような『不況期は資金力のある企業・飛躍の好機』とい
 う強気の姿勢を見せている実力ある日本企業の経営者の声も
 数知れません。(昨日と今日の日経をさがしただけで下記の通
 りです)

------------------------------------------------------
1.10/24日経:サントリーがニュージーランドの飲料大手を買収!
2.同:リーマンの人材(8千人)を買収した野村HD・成功の条件!
3.同:世界2万店体制(現状1万4千店)目指すファミりーマート!
4.10/23同:インド農機市場に参入するクボタ、アジアで1200億円!
5.同:今こそ面白い買収案件を探している、セコムの原口社長!
------------------------------------------------------

●悲観・楽観、弱気・強気が激しく交差する昨日・今日ですが、
 不況の風の厳しさを実感しつつ、やはり打って出なければ何も
 変わらないことも事実です。

●慎重な姿勢と同時に、真に実力ある企業・団体・業界など、明
 日を目指した構想力と実現力を着実に高めていきたいと思うの
 ですがいかがでしょうか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆2.楽天が翌日配送の「あす楽」サ-ビス商品数を3倍に拡大!
------------------------------------------------------

●10/24日経記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.楽天は10/23からネット商店街『楽天市場』の翌日配送の新サ
  ービス『あす楽』を開始する。
2.翌日配送商品をこれまでの3倍強の5万3千点に拡大。ネット
  上のスーパー・マーケットを目指す。
3.正午までに購入手続きをすれば、沖縄県と一部離島を除く全
  国に翌日配達される。
4.現状の参加(加盟)店数は約6百店だが、2009年中に翌日配
  送の対象を楽天市場の全取り扱い商品に広げる計画。
5.物流拠点などの整備を進め、翌日だけでなく『即日』や『週末』
  など期日指定サービスも今後・充実していきたい意向だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●同記事の中で「楽天市場はスーパー・マーケットの機能を持つ
 ことができる」(三木谷社長)という指摘は重要で、ネット商店街
 が地方の特産品や個性的な『買いまわり品』だけでなく、コメや
 飲料、ビールや紙おむつなど(=それこそ町のスーパーで売っ
 ているような)『最寄品』の販売・購入手段として、今後大きな発
 展の可能性を示していることが、大いに注目されますね・・・。

------------------------------------------------------
◆3.11/14【残席39あり】後半の受賞者代表の4講演に注目を!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、11/14(金)の『EC研フォーラム』の前半の2時
 間(13:00~15:00)には下段のような8賞合同の、(1)記者発
 表会と、(2)授賞式―があります。

●手前味噌になりますが、日本全国から最優秀・最有望のサ
 イトの代表者の方々(今年は20社を超える可能性があります
 )が参加されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
2.『三石玲子賞』:          http://ecken.jp/mitsuishi/
3.『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
4.『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
5.『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
6.『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
7.『アバタービジネスグランプリ』:
  http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
8.『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』(今年新
  設の新賞): http://ecken.jp/jk/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●また、11/14(金)フォーラム後半(15:00~17:00)には、受賞
 者を代表して4社・4名の飛び切り新鮮な『受賞記念講演』(各
 25分間)をご用意しています。

●日本全国の最優秀・最有望のサイトの代表者の方々と直接
 お話して、名刺交換ができ、今後のビジネス交流の第1歩に
 できる素晴らしい機会でもあります。

●受賞者の方々の座席を確保するため、11/14(金)の一般参
 加の方々の定員は50名様・限定になりますが、現時点でまだ
 残席が39ありますので、お早目にお申し込みいただければ
 幸いです。

●好評が予想されますので、どうぞお早目にお申し込みください。

 お申し込み先はこちら:EC研・事務局 土屋・金澤・山村 
 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 

☆===================================================☆
■日時:2008年11月14日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆

※11/14(金)の受賞記念フォーラムのお申し込みを歓迎します。
 11/12(水)までに参加費9千円を下記の口座宛にお振り込みく
 ださい。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になり
 ます。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○11/14スーパー・マーケット金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
------------------------------------------------------

●11/14の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』(新設の新賞):
http://mcgp.blog.so-net.ne.jp/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』』(新設の新賞):
http://ecken.jp/jk/
============================
[PR]

by ecken | 2008-10-24 19:35

★8賞の応募・締切日は本日10/20です!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(689号)★2008/10/20発行★1999/10/10創刊★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.新日鉄・減益幅が縮小、JFEは一転増益!原燃料が急落!
◆2.ニューデリーとムンバイ、日印共同で10兆円の産業大動脈!
◆3.11/14全国から受賞者が一堂に!一般の定員は50名です!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。おかげさまで今日の東京地方のお天気は爽や
 かな秋晴れです。早ければ来年後半の景気回復をぜひ呼び
 込みたいですね・・・。

●休日を利用して『強い円は日本の国益』(榊原英資著、東洋
 経済新報社、1600円+税,)を読みました。特に7章の下段の
 ような内容(目次の羅列だけのご紹介でスミマセン)がとても
 印象的でした。

-----------------------------------------------------
1.売るシステムから買うシステムへ        (P214~)
2.オール・ジャパン体制で資源確保を急げ   (P219~)
3.強い円が日本を甦らせる            (P223~)
4、円高による産業構造転換            (P227~)
5.低金利・円安バブルの是正は日銀の責任  (P231~)
6.強い円は日本の国益              (P235~)
-----------------------------------------------------

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『新日鉄、減益幅
 が縮小 JFEは一転増益 原燃料高一服・値上げ効果も』
 の記事です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの2番目は、『ニューデリーとム
 ンバイ間、日印共同で10兆円の産業大動脈を整備』の記事
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの3番目は、『8賞の応募・締切
 日は本日=10/20!まだ間に合います』というご案内です。
 受賞をめざして至急お申し込み・ご応募いただければ幸い
 です。

------------------------------------------------------
◆1.新日鉄・減益幅が縮小、JFEは一転増益!原燃料が急落!
------------------------------------------------------

●10/20日経1面の記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.新日鉄の09年3月期の連結経常利益は、前期比8%減の5
  千2百億円前後と、従来予想の20%減より減益幅が縮まりそ
  うだ。
2.JFEは5千百億円程度と、従来の11%減益予想から一転し
  て1%の増益になる見通しだ。
3.両社の利益が予想よりも増える最大の要因は、コストの減少。
  生産量を増やすために使っている鉄スクラップの価格急落の
  影響が特に大きい。 
4.鉄スクラップの1トンあたりの取引価格は、7月の約7万円を
  ピークに、直近では約2万円まで急落。
5.また、輸出用の高級鋼を中心に、7月末の予想に織り込んで
  いなかった鋼材の値上げも寄与。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●10/18の朝日の『原油急落 投機マネー離れる』、『小麦など穀
 物も下落』記事によれば、原油は7/11のピーク147ドルから7/16
 には69ドルまで半値以下に急落。小麦も3月の史上最高値の1
 ブッシュル(約27キロ)12ドル83セントから10/16には5ドル55セ
 ントまで半値以下に下落しています。

●金融危機や株安の暗いニュースばかりではなく、上記のような
 歓迎すべき明るい側面、元気の出るニュ-スにも注目して行き
 たいですね。
 
------------------------------------------------------
◆2.ニューデリーとムンバイ、日印共同で10兆円の産業大動脈!
------------------------------------------------------

●10/20の朝日記事(村山祐介記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.日本とインドの両政府は、インドの首都ニューデリーと最大の
  商業都市ムンバイ間の産業基盤(総額10兆円規模)を共同で
  整備する。
2.産業大動脈構想は、日本の戦後の高度成長を担った太平洋
  ベルト地帯のインド版。インド政府は上記の鉄道沿線(約1468
  キロメートル)に計24の開発地域を設ける計画。
3.同構想の開発案件は500~600事業(08年から11年間で総計
  10兆円規模)に上り、10/22の日印首脳会談では貨物専用鉄
  道(約4500億円)、工業団地の開発(その青写真を作る150億
  円の基金に50%を出資)、港湾、道路の整備など29事業の先
  行実施で合意する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●日印間に限らずこうしたビックプロジェクトに、日本の資本や技
 術、商社やメーカーが参加・参画・受注していく機会が(欧米の
 金融資本が収縮している現在)飛躍的に増えて行くことも充分
 に予想されますね。

●そうなるように、リアルのビジネスもネットのビジネスも、世界レ
 ベルでの開発案件に大いに貢献しつつ、1日も早い、日本経済
 ・アジア経済・世界経済の好況を確実に呼び寄せて行きたいと
 ころですね・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.8賞の応募・締切日は本日=10/20!まだ間に合います!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、次回11/14(金)の13:00~15:00には、下段の
 ような8賞の(1)合同記者発表会と、(2)合同の授賞式と(3)
 記念の4講演―があります。

●日本全国から最優秀・最有望の各社・各サイトの代表者の方
 々(今年は20社を超える可能性があります)が参加されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
2.『三石玲子賞』:          http://ecken.jp/mitsuishi/
3.『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
4.『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
5.『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
6.『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
7.『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
8.『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』(今年新
  設の新賞): http://ecken.jp/jk/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●11/14(金)当日の15:00~17:00には、受賞者を代表して4社
 ・4名のフレッシュな『受賞記念講演』(各25分間)をご用意して
 います。

●日本全国の最優秀・最有望の各社・各サイトの代表者の方々
 と直接お話して、名刺交換ができ、今後のビジネス交流の第1
 歩にできる素晴らしい機会でもあります。

●受賞者の方々(20数名の見込み)の席を確保するため、11/
 14(金)の一般参加の方々の定員は50名様・限定になります。

●好評が予想されますので、どうぞお早目にお申し込みください。

 お申し込み先はこちら:EC研・事務局 土屋・金澤・山村 
 ecken@ceres.ocn.ne.jp TEL:03-3515-7175 

●また、上記8賞の応募の最終締め切り日は本日=10月20日
 (月)です。受賞を目指して、至急お申し込みいただければ幸
 いです。

●本日お申し込みの方に限り、参加費のお振り込みの期限は
 10/24(金)まで有効にさせていただきますので、どうぞご安心
 くださいね。

 応募フォームはこちらです: http://ecken.jp/form_award/

☆===================================================☆
■日時:2008年11月14日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
※11/14(金)の受賞記念フォーラムのお申し込みを歓迎します。
 11/12(水)までに参加費9千円を下記の口座宛にお振り込みく
 ださい。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になり
 ます。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○10/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
------------------------------------------------------

●11/14の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.jp/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』(新設の新賞):
http://ecken.jp/mcg/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』』(新設の新賞):
http://ecken.jp/jk/
============================
[PR]

by ecken | 2008-10-20 17:51

★10/10残席8あり!『ネットスーパーの進む道』講演に注目!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.快挙!ノーベル物理学賞の日本人3氏の同時受賞を祝う!
◆2.朗報!10/7ドバイ原油が1バーレル80ドル55セントに下落! 
◆3.10/10残席8あり!『ネットスーパーの進む道』講演に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。『ノーベル物理学賞の日本人3氏の同時受賞』の
 明るいニュース、本当によかったですね。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、その『3氏同時受賞
 の快挙を伝える朝日社説』の簡潔なダイジェスト記事です。ど
 うぞお楽しみに・・・。

●また、今日の元気の出るニュースの2番目は、『日本が輸入
 する原油の8割を占めているDD原油(その価格の基礎になっ
 ている=)・ドバイ原油が、10/7に1バーレル80ドル55セントに
 なった』という朗報です。どうぞお楽しみに・・・。

●3番目に、本日は特に10/10の『楽天的ネットスーパーの進む
 道』=講演2にご注目いただければ幸いです。

●おかげさまで、10/10の4講演が大変に好評です。現時点で残
 席が8あります。最下段のお申し込み欄に必要事項をご記入の
 うえ、至急お申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.快挙!ノーベル物理学賞の日本人3氏の同時受賞を祝う!
------------------------------------------------------

●10/8の朝日社説によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.日本の科学を大いに元気づける知らせが6年ぶりに北欧から
  届いた。
2.いずれも人々の世界観を豊かにする純粋科学である。
3.日々の暮らしには縁遠いと思われがちな純粋科学だが、1920
  年代に築かれた量子力学は半導体物理の基礎となり、20世紀
  末に始まる世界的なレベルでのIT社会を花開かせた。
4.もともと日本には(湯川さんや朝永さんなど)、『紙と鉛筆』の理
  論物理の伝統がある。
5.科学の発展には(専門のタコつぼに陥らない)視野の広さと、
  息の長さが欠かせない。3人の快挙はそんなメッセージを発信
  している。
------------------------------------------------------

●10/8の日経社説『世界株安、米欧は危機の根本を絶て』、『危
 機の根本を絶つには、米欧金融機関に公的資金を思い切って
 注入する必要がある』という論調もその通りであると思いますが、
 本日は3氏の快挙を優先し、割愛したいと思います。
 
------------------------------------------------------
◆2.朗報!10/7ドバイ原油が1バーレル80ドル55セントに下落!
------------------------------------------------------

●10/8の日経記事によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.サウジアラビアの国営石油会社=サウジアラムコは10/7、11
  月積み原油(DD石油)価格を4か月連続で引き下げると、日
  本の石油会社に通告した。
2.ガソリンなど石油製品の一段の値下げにつながりそうだ。
3.DD原油は日本が輸入する原油の8割を占めている。
4.DD原油の価格はドバイ原油とオマーン原油の月間平均値に
  調整金を加えて決める。  
5.10/7ドバイ原油は東京スポット市場で、前日比2ドル安い1バ
  ーレル80ドル55セントに下落。4営業日続けての続落となった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●三村・新日鉄会長の談話(10/8の日経記事)によれば、(1)世
 界の鉄鋼需要は5%を下回るかも知れないがマイナスになるこ
 とはない、(2)欧米の経営者は(多少の期待も込めてか)「半年
 から1年で回復する」という人が多かった、(3)ここ数か月間、
 原油や鉄のスクラップなどの商品市況が一様に3割~4割下落。
 投機マネーによる異常なふくらみがほぼ消えてきている。

●また、日経編集委員の西條郁夫さんの同上の解説によれば、
 (1)日本の金融システムは揺らいでいない、(2)家計の財布の
 ひもは引き締まっているが、パニックには至らず、あえて言えば
 『普通の不況』の範ちゅうだ、(3)景気の下降局面のかじ取りと
 して、今こそ戦略的な投資の持続が必要だーと指摘しています。
 
------------------------------------------------------
◆3.10/10残席8あり!『ネットスーパーの進む道』講演に注目!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、10/10のEC研フォーラム・4講演が大変に好評
 で、現時点で残席が8あります。

●本日は特に10/10の『楽天的ネットスーパーの進む道』=講演
 2にご注目いただければ幸いです。

●会員さんのお早目のお申し込みを、心から歓迎いたします。ま
 た、同様に非会員の方、初めての方のお申し込みを心から歓
 迎いたします。

●お手数ですが、最下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入
 のうえ、至急お申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2008年10月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(新着原稿!全て決定)
 『グローバル市場に向けた効果的な多言語SEMの活用方法』
 アウンコンサルティング株式会社 CBMグループ 
 多言語SEMコンサルタント 吉原 元樹氏
 http://www.auncon.co.jp/
◆講演の概要:
 1.グローバル市場におけるSEMの意義
 2.効果的な多言語SEMの活用方法
 3.多言語SEM成功事例の紹介
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しする予定です。
◆吉原元樹氏の略歴:
 1977年、神奈川県生まれ。
 中学~高校までを米国で過ごす。
 立教大学・文学部・卒業後、ベンチャー系広告メディア会社を経
 て、2004年にアウンコンサルティング株式会社に入社。
 中小ベンチャー企業から大手企業まで幅広いクライアントへの
 SEM戦略コンサルを担当。現在は、英語圏に向けたB2C(企
 業と個人間の電子商取引)サイトを中心に、日系企業への効果
 的な多言語SEM戦略支援業務を推進しています。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『新しい流れを知る、「今、ネットスーパーが注目される理由」』
 株式会社 ネッツ・パートナーズ マーケティング・営業本部長 
 丹治 保積(たんじほづみ)氏
 http://www.shokutaku.jp/
◆講演の概要:
 Q:「ネットスーパー?? スーパーの商品がネットで買えるだけ
 でしょ?」
 A:それだけでテレビ・新聞・雑誌などで話題になるでしょうか?
 今、この時代だから必要とされはじめた、ネットスーパーについ
 てひも解いていきます。
 ・今のEC市場 1兆円を越える楽天市場の現状から
 ・ネットスーパーの状況(市場規模、サービス内容、仕組みなど)
 ・注目される理由と期待されるわけ
 ・「鍵」は消費者との関係性を構築できるインターネット活用
 ・楽天的ネットスーパーの進む道
◆丹治保積(たんじほづみ)氏の略歴:
 1971年、福島県生まれ。 東京理科大学大学院卒・経営工学専攻。
株式会社日本ヒューレットパッカードを経て、2001年、楽天株式会
 社に入社。加盟店舗の運営をサポートするECコンサルタントを経
 て、楽天大学・事業部長、楽天大学・マスター講師として、延べ1万
 人以上と楽天市場のノウハウを共有。現在 株式会社ネッツ・パー
 トナーズ(楽天グループ)にて、楽天のノウハウをネットスーパー分
 野に応用・展開することに全力投球中。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『映像・画像コンテンツの特徴を生かしたB2Cビジネスモデル』
 芝ソフト株式会社 取締役ニュービジネス開発部 丸山 則夫氏
 http://www.shibasoft.jp/
◆講演の概要:
 ウェブはいよいよ動画・映像コンテンツの時代に入っています。動
 画・映像は従来の静止画コンテンツとテキストだけのサービスにな
 い臨場感があります。
 その特徴を活かした中国のサービス、製品を扱うオンラインショッ
 プ『ユーチャン(U-chan)』を開設しました。
 このサービスを中心テーマに、映像・動画活用のB2Cおよびコンテ
 ンツビジネス戦略を、下記の4点に集約してでお話する予定です。
1.『ユーチャン(U-chan)』の紹介(中国と日本のB2Cサービス)
2.映像・画像コンテンツ表現の可能性(デモをもとに)
3.映像・画像コンテンツの製作:どこにコストをかけるか?削減する
  か?
4.ビジネスモデル:『ユーチャン(U-chan)』に見る段階的な成長シナ
  リオ、新たな可能性
◆丸山則夫氏の略歴:
 1998年、XMLの可能性に着目し、電子カタログ、電子ドキュメント、
 B2Bなどの広範囲な実績をベースに、XMLソリューションのコンセ
 プトをビジネス展開。
 2002年、独立。2003年、メタジトリー設立 代表取締役に就任(現在
 に至る):経営と情報システムのスムーズな連携。
 2006年、日本BPM協会を設立し理事に就任(現在に至る):ビジネ
 スの可視化、業務改善・改革。
 2008年 芝ソフト株式会社  取締役に就任(現在に至る):映像・画
 像などを利用した新事業の開拓。
 書籍として、『XMLでe-ビジネスに勝つ』(NTT出版)、『勝者のデー
 タベース経営戦略』(NTT出版)、『これから始める人のXMLガイド』
 (日経BP共書)、『実践XMLのスキーマ設計ハンドブック』(SRC)な
 どがある。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:
 『成功するインターネットショップの作り方』(全て決定)
 Eコマース戦略研究所 代表パートナー 
 http://www.ecsi.jp/
 (株)北国からの贈り物 代表取締役&CEO 加藤 敏明氏
 http://www.kitaguni-net.com/
◆講演の概要:
 実際に店舗運営をスタートし、順調に売り上げを伸ばしてゆくな
 かで、ほとんどのネットショップが遭遇する5つの成長ステージが
 あり、そこで発生する問題点や具体的な解決方法について考察
 を行います。
 今回は、北国からの贈り物が、1998年にネットショップの運営を
 始め、現在に至るまでに実際に経験した事例を中心にお話をさ
 せていただきます。
 また今年3月に設立されたEコマース戦略研究所(加藤氏が代
 表パートナーをされています)の今後の事業展開と、10月15日
 開催のセミナー内容についてもお話をさせていただきます。
・北国からの贈り物 会社概要
・ネットショップ成長ステージにおける5つの壁。
 第1ステージ 売れない・・・。
 第2ステージ 注文が増えすぎて、忙しい・・・。
 第3ステージ 配送トラブルが続発、資金繰りの悩み・・・。
 第4ステージ 人が育たない、マネージメントの必要性・・・。
 第5ステージ 成長が頭打ち、差別化、効率化への対応・・・。
・Eコマース戦略研究所の業務概要の紹介。
・インターネット通販「実力強化」集中セミナーの紹介。
◆加藤敏明氏の略歴:
 1965年に北海道厚岸で生まれる。都立大学・卒業後、家業の蟹
 卸売業『加藤水産』のネット部門として、1999年に『北国からの贈
 り物』を立ち上げる。
 その後、多くの失敗と試行錯誤を繰り返しながら、メールマガジン
 会員35万人、購入者のリピート率50%越えを達成。楽天市場、ヤ
 フーショッピングにて各賞を連続受賞。経済産業省の推進事業、
 IT経営百選『奨励賞企業』の受賞など、日本のトップレベルのEC
 (ネット販売)ショップに成長。ネット販売業界においていま最も熱
 い視線を集めるカリスマ店長・カリスマ経営者のひとり。
 ネット販売業界の先駆者として、日本全国で講演会などを数多く
 こなしている。
-------------------------------------------------------
※10/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円になります。
 (消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○10/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○9/12フォーラム終了後の懇親会:(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『ばんかむ(アラビア語)』、TEL3256-8860、店主は
 辻さん夫妻。参加費は2千円前後を予定しています)に・・・、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
★有志参加の懇親会を今回はをぜひ開きたいと思いますので、
 10/9(木)の夕方までに、事前のお申し込みをよろしくお願いしま
 す。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●10/10の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/7賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1徒歩3分、新集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:http://ecken.cocolog-nifty.com/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』(新設の新賞):
http://mcgp.blog.so-net.ne.jp/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』(新設予定):
============================
 
[PR]

by ecken | 2008-10-09 19:04 | 情報経済新聞

★10/10『成功するインターネットショップの作り方』講演に注目!★『情報経済新聞』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■
21世紀・情報経済と情報文化の沃野を拓く!オピニオンリーダー紙
『情報経済新聞』(684号)★2008/10/01発行★1999/10/10創刊★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.生理用品市場より百億円多い国内大人用の紙オムツ市場!
◆2.今日から本業に戻りましょう!リンゴの木を植えましょう!
   (日本語記事の下段に英訳記事を初めて貼付しました)
◆3.『成功するインターネットショップの作り方』講演に注目を!
------------------------------------------------------

      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~

●こんにちは。いよいよ10月になりました。本日は元気の出るニ
 ュースの2番目の日本語記事の下段に、その英訳記事を、初
 めて貼付してみました。ご活用いただければ幸いです。

●今日の元気の出るニュースの1番目は、『日本国内の大人用
 紙オムツの市場規模(07年・1千百億円)が、なんと国内の生
 理用品の市場規模(同1千億円)を、すでに百億円も上回って
 いる』というスゴイ記事です。どうぞお楽しみに・・・。

●また、今日の元気の出るニュースの2番目は『今日から本業
 に戻りましょう!リンゴの木を植えましょう!』という応援歌の
 ようなメッセージを日本語と英語の両方でお届けします。どう
 ぞお楽しみに・・・。

●10/10のEC研フォーラムの講演4のテーマは、『成功するイ
 ンターネットショップの作り方』です。

●好評が予想されますので、最下段のお申し込み欄に必要な事
 項をご記入のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.生理用品市場より百億円多い国内大人用の紙オムツ市場!
------------------------------------------------------

●10/1の日経MJ紙のコラム記事(『早耳遠耳』)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.ユニ・チャームは高齢者向け商品(例えば大人用の紙オムツ)
  の需要開拓が国内での拡販のカギを握っていると認識。
2.国内の大人用紙オムツ市場は、2004年度に同社の主力商品
  である生理用品市場を逆転。
3.2007年度の大人用紙オムツ市場は1千百億円で、2007年度
  の生理用品市場の1千億円を百億円も上回っている。
4.同社・社長の高原豪久氏によれば、「高齢者向け商品を日本
  市場以外のアジア諸国・オセアニア地域などに率先して売り
  込んでいく方針」だ。
------------------------------------------------------

●ちなみに10/1の日経本紙の記事によれば、同社は9/30豪州
 の紙オムツ用品大手のAPPP社(07年の売上高は約90億円)
 を買収。アジアや中東に続き、未開拓だったオセアニア地域の
 市場を本格的に開拓して行く方針です。

------------------------------------------------------
◆2.今日から本業に戻りましょう!リンゴの木を植えましょう!
------------------------------------------------------

●9/28の日経『金融資本主義の誤算(4)』(著者は編集委員の
 梶原誠さん)の記事によれば・・・。(下段に英訳文も貼付して
 おきましたので、原典を明記のうえ、ご活用いただければ幸い
 です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1.80年前の大恐慌も金融の暴走が招いた危機だった。株の信
  用取引ブームなどマネーの膨張が株価暴落を機に一気に収
  縮。大量の企業倒産を招いて4人に1人が失業。再生に10年
  以上を費やした。
2.スウェーデン、フィンランド、ノルウェーの3か国は1980年代以
  降、不動産などのバブル崩壊で次々に金融危機に陥った。バ
  ブルの要因は今回の米国の金融危機と同じだ。
3.だが対応は素早かった。スウェーデン政府は危機が表面化し
  た直後に銀行の国有化を断行。不良資産の分離、経営責任
  の追及、合理化と一気に手を打った。企業の生産は3年後に
  は拡大の軌道に乗った。
4.対応が遅れたのは日本だ。失われた日本の10年の苦い記憶
  は今も生々しい。
5.(A)金融資本主義を過信した代償を払って再生に進むのか、
  (B)ためらって誤算の種を増やすのか、今度は米国が(己れ
  の過ちを克服する)歴史を刻む番である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●欧州は『明らかな市場の失敗』に断固として政府が介入。日中
 韓3か国も、アセアン各国も続くことでしょう。私たち市民も世界
 経済の復調と、健全な発展を求めて、静かで深い洞察の声をあ
 げようではありませんか。

●9/29米下院が『金融安定化法案』を否決。暗雲がただよい視
 界不良の日本経済であり、アジア経済であり、世界経済ですが、
 私たちは今日から勇気を持って本業に戻りましょう。

●欧米にも、「明日世界が終わるとしても、今日私たちはリンゴ
 の木を植えるだろう」という知恵の言葉があるそうです。

●ましてや、『政策が大胆なら傷は浅い』今回の金融危機です。
 金融危機を恐慌には絶対にしないように、私たち世界の市民
 は、静かで深い洞察の声をあげながら、勇気をふり絞って、
 今日から、再び本業に戻ろうではありませんか。

------------------------------------------------------
◆2.Let's go back to our profession today! Let's plant an apple!
------------------------------------------------------

●According to the article "Miscalculation of financial capitalism
vol.4" written by Makoto Kajiwara, a member of editorial board,
Nihon Keizai Shimbun on September 28th;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
1. The great depression of 80 years ago was also the crisis that
reckless driving of finance invited. The expansion of money
such as booms of the margin trading of the stock shrank
rapidly for the heavy fall in stock prices. It caused the
bankruptcy of a large amount of enterprise, and one person
in four people lost his/her job. It took ten years or more to
reproduce the enterprise.
2. Sweden, Finland, and Norway fell into the finance crisis by
burst of the economic bubble such as the real estate after
the 1980's. The factor of the bubble is the same as this
financal crisis of the United States.
3. However, the government responded quickly. A Swedish
government carried out the bank nationalization resolutely
immediately after the crisis came to light. The government
dealt quickly such as separation of non-performing asset,
pursuit of responsibilities of the management and
rationalization. The production of the enterprise went into
the orbit of the expansion three years later.
4. Correspondence was delayed in Japan. A bitter memory at
lost decade in Japan is still fresh.
5. A) Reproduction after paying compensation that is
overconfident in the finance capitalism. B) The number of
seeds of the miscalculation is increased because of the
hesitation. It is a turn for which the United States carves
the history of overcoming mistake by itself.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

●The government in Europe intervened "Clear failure of the
market" with determined. Japan, China, South Korea, and
each country of ASEAN might lead to Europe. We citizens
also give the voice of a quiet, deep insight for recovery of
the world economy and healthy development.

●The U.S. House of Representatives voted down "Financial
stabilisation bill" on September 29th. Though dark clouds
drifts and the low visibilities in the economy of Japan, Asia,
and the world, let's go back to our profession with courage
today.

●In Europe and America, there seems to be a word of wisdom
"We will plant an apple today even if the world will end
tomorrow".

●This finance crisis is "If the policy is bold, the wound is
shallow". We The Citizen of the World returns to the
profession while giving the voice of a quiet, deep insight
with courage so as not to make the finance crisis a panic
today.
------------------------------------------------------
◆3.『成功するインターネットショップの作り方』講演に注目を!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、10/10のEC研フォーラム・4講師の顔ぶれが、
 すでに決まっています。

●本日は特に、講演4=『成功するインターネットショップの作り
 方』(講師は、あの北国からの贈り物の経営者であり名物店長
 でもある加藤敏明さん)にご注目いただければ幸いです。

●会員さんのお早目のお申し込みを心から歓迎いたします。ま
 た、同様に非会員の方、初めての方のお申し込みを心から歓
 迎いたします。

●お手数ですが、最下段のお申し込み欄に必要な事項をご記入
 のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2008年10月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル9階
 (株)アイ・オー・データ機器さんのショールーム、『アイ・オー・
 スクエア』をお借りしています。
 JR秋葉原駅・電気街口を出て右側の広場、2階遊歩道の突き
 当たりの秋葉原UDXビル・右側の正面入口からエスカレーター
 で5階まで上がり、北側のエレベーターで9階にお越しください。
 (南側のエレベーターでは会場へ行けませんので・・・) 
 http://www.iodata.jp/company/guidance/outline/index.htm
■最寄駅:JR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分
■案内図:http://www.udx.jp/access.html
☆===================================================☆
-------------------------------------------------------
■講演1:13:00~13:50
◆講演テーマと講師:(新着原稿!全て決定)
 『グローバル市場に向けた効果的な多言語SEMの活用方法』
 アウンコンサルティング株式会社 CBMグループ 
 多言語SEMコンサルタント 吉原 元樹氏
◆講演の概要:
 1.グローバル市場におけるSEMの意義
 2.効果的な多言語SEMの活用方法
 3.多言語SEM成功事例の紹介
 ―当日は上記のようなポイントについてお話しする予定です。
◆吉原元樹氏の略歴:
 1977年、神奈川県生まれ。
 中学~高校までを米国で過ごす。
 立教大学・文学部・卒業後、ベンチャー系広告メディア会社を経
 て、2004年にアウンコンサルティング株式会社に入社。
 中小ベンチャー企業から大手企業まで幅広いクライアントへの
 SEM戦略コンサルを担当。現在は、英語圏に向けたB2C(企
 業と個人間の電子商取引)サイトを中心に、日系企業への効果
 的な多言語SEM戦略支援業務を推進しています。
-------------------------------------------------------
■講演2:14:00~14:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『新しい流れを知る、「今、ネットスーパーが注目される理由」』
 株式会社 ネッツ・パートナーズ マーケティング・営業本部長 
 丹治 保積(たんじほづみ)氏
◆講演の概要:
 Q:「ネットスーパー?? スーパーの商品がネットで買えるだけ
 でしょ?」
 A:それだけでテレビ・新聞・雑誌などで話題になるでしょうか?
 今、この時代だから必要とされはじめた、ネットスーパーについ
 てひも解いていきます。
 ・今のEC市場 1兆円を越える楽天市場の現状から
 ・ネットスーパーの状況(市場規模、サービス内容、仕組みなど)
 ・注目される理由と期待されるわけ
 ・「鍵」は消費者との関係性を構築できるインターネット活用
 ・楽天的ネットスーパーの進む道
◆丹治保積(たんじほづみ)氏の略歴:
 1971年、福島県生まれ。 東京理科大学大学院卒・経営工学専攻。
株式会社日本ヒューレットパッカードを経て、2001年、楽天株式会
 社に入社。加盟店舗の運営をサポートするECコンサルタントを経
 て、楽天大学・事業部長、楽天大学・マスター講師として、延べ1万
 人以上と楽天市場のノウハウを共有。現在 株式会社ネッツ・パー
 トナーズ(楽天グループ)にて、楽天のノウハウをネットスーパー分
 野に応用・展開することに全力投球中。
-------------------------------------------------------
■講演3:15:00~15:50
◆講演テーマと講師:(全て決定)
 『映像・画像コンテンツの特徴を生かしたB2Cビジネスモデル』
 芝ソフト株式会社 取締役ニュービジネス開発部 丸山 則夫氏
 http://www.shibasoft.jp/
◆講演の概要:
 ウェブはいよいよ動画・映像コンテンツの時代に入っています。動
 画・映像は従来の静止画コンテンツとテキストだけのサービスにな
 い臨場感があります。
 その特徴を活かした中国のサービス、製品を扱うオンラインショッ
 プ『ユーチャン(U-chan)』を開設しました。
 このサービスを中心テーマに、映像・動画活用のB2Cおよびコンテ
 ンツビジネス戦略を、下記の4点に集約してでお話する予定です。
1.『ユーチャン(U-chan)』の紹介(中国と日本のB2Cサービス)
2.映像・画像コンテンツ表現の可能性(デモをもとに)
3.映像・画像コンテンツの製作:どこにコストをかけるか?削減する
  か?
4.ビジネスモデル:『ユーチャン(U-chan)』に見る段階的な成長シナ
  リオ、新たな可能性
◆丸山則夫氏の略歴:
 1998年、XMLの可能性に着目し、電子カタログ、電子ドキュメント、
 B2Bなどの広範囲な実績をベースに、XMLソリューションのコンセ
 プトをビジネス展開。
 2002年、独立。2003年、メタジトリー設立 代表取締役に就任(現在
 に至る):経営と情報システムのスムーズな連携。
 2006年、日本BPM協会を設立し理事に就任(現在に至る):ビジネ
 スの可視化、業務改善・改革。
 2008年 芝ソフト株式会社  取締役に就任(現在に至る):映像・画
 像などを利用した新事業の開拓。
 書籍として、『XMLでe-ビジネスに勝つ』(NTT出版)、『勝者のデー
 タベース経営戦略』(NTT出版)、『これから始める人のXMLガイド』
 (日経BP共書)、『実践XMLのスキーマ設計ハンドブック』(SRC)な
 どがある。
-------------------------------------------------------
■講演4:16:00~16:50
◆講演テーマと講師:
 『成功するインターネットショップの作り方』(決定)
 Eコマース戦略研究所 代表パートナー 
 株式会社 北国からの贈り物代表取締役&CEO 加藤 敏明氏
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆加藤敏明氏の略歴:(決定)
 1965年に北海道厚岸で生まれる。大学卒業後、家業の蟹卸売業
 『加藤水産』のネット部門として、1999年に『北国からの贈り物』を
 立ち上げる。
 その後、多くの失敗と試行錯誤を繰り返しながら、メールマガジン
 会員35万人、購入者のリピート率50%越えを達成。楽天市場、ヤ
 フーショッピングにて各賞を連続受賞。経済産業省の推進事業、
 IT経営百選『奨励賞企業』の受賞など、日本のトップレベルのEC
 (ネット販売)ショップに成長。ネット販売業界においていま最も熱
 い視線を集めるカリスマ店長・カリスマ経営者のひとり。
 ネット販売業界の先駆者として、日本全国で講演会などを数多く
 こなしている。
-------------------------------------------------------
※10/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。
 10/8(水)までに下記の口座宛てに参加費9千円のお振り込みを
 お願いします。当日現金でのお支払いの場合の参加費は1万円
 になります。(消費税分は不要です)
※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
------------------------------------------------------
○参加費9千円の振り込みは( 月 日)を予定しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・山村
------------------------------------------------------
○10/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
○10/10フォーラム終了後の懇親会:(会場はUDXビルに隣接・徒
 歩1分の『ばんかむ(アラビア語)』、TEL3256-8860、店主は
 辻さん夫妻。参加費は2千円前後を予定しています)に・・・、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:
○御社名:
○ご所属:
○お役職:
○TEL:
○FAX:
○Eメール:
------------------------------------------------------

●10/10の会場はJR秋葉原駅・電気街口下車・徒歩2分のUDXビ
 ル9階の『アイ・オー・スクエア』になります。北側のエレベーター
 で9階にお越しください。案内図:http://www.udx.jp/access.html

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 
============================
『EC研究会』(NPO)/『付属OLS研究所』/『アジア太平洋EC
協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』編集部/
代表・土屋憲太郎/金澤/山村/佐藤ほか。
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4宝文館ビル
6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、集英社ビルの隣りの隣り) 
TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
ブログ: http://ecken.jp/blog/
『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/nkk/
『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
『モバイルコマース・グランプリ』:   http://ecken.jp/mcg/
『住まいとクルマの最優秀ネットマーケティング賞』(新設を予定):
============================
[PR]

by ecken | 2008-10-01 15:16
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30