<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


★08年度のネット販売22%増の6兆2300億円!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.08年度のネット販売22%増の6兆2300億円!コンビニ抜く!
◆2.有力ブランドもネットモール(ネット商店街)に次々に出店へ!
◆3.08年のアジア中間層約9億人に拡大!富裕層も13年・1位!
◆4.SEOで1年目に1億円の収益!MBAに通う7/10の講演3!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。ネット販売(約6.2兆円)と他の通販(約2兆円)
 の合計売上高が、ついにコンビニの売上高(約8兆円弱)を超
 えました。

●08年度は非店舗販売の総合的な利便性が、ついにコンビニ
 を超えた記念すべき年として、歴史に刻まれ、人々の記憶に
 も残されるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか・・・。

●今日の元気の出るニュースの第1は、『08年度のネット販売
 が22%増の6兆2300億円となり、他の通販2兆円を加えて、
 コンビニ(8兆円弱)を抜いた』というビッグな話題です。どうぞ
 お楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『有力ブランドもネット
 モール(ネット商店街)に次々と出店している』という注目の話
 題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『アジア中間層が08年
 に約9億人に拡大し、富裕層も13年には北米を抜いて1位に
 なる』という、今後が楽しみな話題です。どうぞお楽しみに。

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式
 に決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に
 好評です。

●本日は特に、セルフデザイン代表の古澤さんの講演3、『「だ
 からあなたの会社のホームページは売れない」~今日からす
 ぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』に、ご
 注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報
 を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.08年度のネット販売22%増の6兆2300億円!コンビニ抜く!
------------------------------------------------------

●6/26日経記事(1面トップ)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.2008年度の通信販売の国内売上高は推定8兆円強となり、
  コンビニエンス・ストア(8兆円弱)や百貨店(7.2兆円)の規
  模を超えた。
2.2008年度のネット販売分野の市場規模は、前年度比22%
  増の6兆2300億円。他の通販分野の2兆円を加えると、コン
  ビニや百貨店の市場規模を超えた可能性が高い。ネット販
  売は通販全体の75%強を占めている。
3.野村総研は10年度のネット販売の市場規模を8兆5800億円
  と予測している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●通信販売は、(小売業態のひとつで、店舗の有無とは直接関
 係はなく)非店舗(店舗以外)での売上を伸ばす有力な手段で、
 (1)ネット販売、(2)カタログ通販、(3)テレビ通販などに分か
 れています。

●全体8兆円強の中で、ネット販売はすでに75%強を占めてお
 り、伸び率(前年度比22%)も高いレベルを維持しています。
 
------------------------------------------------------
◆2.有力ブランドもネットモール(ネット商店街)に次々に出店へ!
------------------------------------------------------

●6/27記事(1面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.有力ブランドのネットモール(ネット商店街)への出店が相次
  いでいる。ネットモール最大手で、5300万人の会員を持つ楽
  天市場への出店数は、約2万8千店。
2.7/1には有名な高級レストラン『マキシム・ド・パリ』(実店舗は
  首都圏に8店)が出店。ダンス用品製造販売の『チャコット』
  も自社サイトを閉めて、出店している。
3.洋菓子のヒロタは、ヤフーに加え、6/15には楽天に出店。
  「ネットモールに支払う手数料は、百貨店の出店料に比べて
  4分の1で済み、人件費の抑制も可能で、利益率の高さが魅
  力だ」としている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●現状「利益率の高さが魅力」のネットモールへの出店ですが、
 今後は、(1)エコ住宅の販売=住宅展示場などからネット販
 売への移行の動きを的確にとらえる、(2)エコカーの販売=
 ディーラー販売からネット販売への移行の動きを的確にとらえ
 るなど―への本格的な取り組みが、大いに注目されています。

●ネット販売がすでに本格化しているエコ家電(省エネ家電)だ
 けでなく、今後は、エコ住宅やエコカーのネット販売の本格化
 が有望・有益ではないかと思うのですが、いかがでしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆3.08年のアジア中間層約9億人に拡大!富裕層も13年・1位!
------------------------------------------------------

●6/29日経記事(23面)と6/26日経夕刊記事(5面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.5千1~3万5千ドルの所得を得ているアジア地域の人口は、
  1990には約1.4億人に過ぎなかったが、2008年には6倍強
  の約8.8億人に急拡大している。(09年の通商白書)
2.富裕層人口の上位5か国は、1位・米国(246万人)、2位・日
  本(137万人)、3位・ドイツ(81万人)、4位・中国(36万4千人)、
  5位・英国(36万2千人)。(6/26・NK)
3.アジア太平洋地域の富裕層の資産は08年末の7兆4千億ド
  ルから、13年末には13兆4千億ドルに増え、北米を抜いて
  トップに浮上する見通し。(6/26・NK)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ホンダの『インサイト』や150万円前後のハイブリッド・カー(HV
 カー)であれば、上記の中間層が狙い目になるでしょうし、トヨ
 タの『レクサス』のハイブリッド版であれば上記の富裕層がター
 ゲットになりそうですね。

●いずれにしても、アジア太平洋地域の中間層を重視したリア
 ルなマーケティングと、ネット・マーケティングとの効果的な交
 差(クロス・マーケティング)が、今後の最大のテーマになるの
 ではないかと思うのですが、いかがでしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆4.SEOで1年目に1億円の収益!MBAに通う7/10の講演3!
------------------------------------------------------

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式に
 決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に好評
 です。

●本日は特に、セルフデザイン代表の古澤さんの講演3、『「だ
 からあなたの会社のホームページは売れない」~今日からす
 ぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』に、ご
 注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報を
 心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
☆===================================================☆
■日時:2009年7月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー11階、ヤフー
 (株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『NTTドコモによるEC・通信販売事業への進出~オークローン
 マーケティング(OLM)との資本提携について~』
 NTTドコモ 理事 グループ事業推進部長 兼 新事業領域開
 発室長 守屋 学氏
 http://www.nttdocomo.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月、NTTドコモは、ビリーズブートキャンプなどのヒット作
 を生んでいるオークローンマーケティング社と資本提携、51%
 の株式を取得しました。コマース領域への本格的な進出はドコ
 モにとって初めて、また、通販業界においても通信キャリアとの
 提携は例のないことです。この新事業領域へのチャレンジをテ
 ーマに、
 ・ドコモの新事業領域
 ・通信販売市場とモバイルビジネスの親和性
 ・オークローンとの資本提携の理由
 ・今後の事業展開構想
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆守屋学氏の略歴:
 1960年生まれ、東京都出身、東京大学・経済学部卒業。
 1984年に日本電信電話公社に入社。以後NTTにおいて主とし
 て財務管理・ファイナンス業務を担当。2004年にNTTドコモに
 転籍。2005年より携帯クレジット事業、モバイルCRM、決済サ
 ービスの立ち上げ・展開などに従事、本年4月より現職。
※守屋氏はオークローン社の副社長も兼務しています。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『丸善店舗メディアの可能性 -新サービス「マルエムビジョン」
 の登場-』
 大日本印刷株式会社 C&I事業部メディア本部 
 ビジネス企画開発室 室長 福武 謙氏
 http://www.dnp.co.jp/
◆講演の概要:
 ・丸善の持つ「知的・創造空間」
 ・丸善店舗メディアと企業文化
 ・ クロスメディア情報端末「マルエムビジョン」
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話し
 する予定です。
◆福武謙氏の略歴:
 1958年、兵庫県生まれ。1981年大日本印刷株式会社入社。放
 送通信事業のサービス開発やコンテンツ事業を担当。2008年4
 月からDNPと丸善の資本・業務提携を受け、丸善店舗メディア
 事業や丸善教育・学術事業のサービス開発や事業運営を担当
 しております。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「だからあなたの会社のホームページは売れない」~今日か
 らすぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』
 株式会社セルフデザイン 代表取締役 古澤 暢央氏
 http://www.self-design.jp/
◆講演の概要:
 ・今すぐ止血を CPAを劇的に下げるPPC広告運用5つのチ
  ェックポイント。
 ・危険『SEO=上位表示=リンク獲得』は全くの間違い。
 ・ヤフー・カテゴリー登録の極意と最大のSEO効果を得るコツ。
 ・これがSEO対策の成果だ 実例紹介。
 ・実例から学ぶ究極の自然リンク獲得法。
 ・SEO対策、PPC広告運用で企業再生を実現した実例紹介。
 ・2年先をいく米国の最新SEO対策テクニック。
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆古澤暢央氏の略歴:
 1974年、札幌市生まれ。北海道立札幌北高校中退し上京する
 も失敗を続け約8か月間のホームレス生活の後、25歳で一念
 発起し、(株)光通信に入社。150ブースの大規模コールセンタ
 ーを統括するマネージャー経験を経てIT系ベンチャー企業に
 転職。社運を掛けた新規事業を失敗させ、30歳のときに特別
 損失5億円とともにリストラ。資金もコネもアテも無い状態でア
 フィリエイトを自宅アパートでスタートしSEO対策を独学で習得、
 1年目に1人で1億円の収益を上げることに成功し法人を設立
 する。現在は大検を取得し、グループ3社のCEOを務める傍
 らMBAを取得するため経営大学院に通い最先端のインター
 ネット・マーケティング手法と伝統的な経営理論を融合させ、机
 上の空論ではなく、実践に使える経営戦略スキルを編み出して
 います。
※ちなみに、札幌北高は札幌南高と同様に北海道1位・2位を争
 う進学校です。(編集部)
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「LightBike(ライトバイク)」ヒットに至るまでの経緯と今後の展開
 ~全米No.1 iPhone(アイフォーン)アプリになったその要因~』 
 株式会社パンカク 代表取締役 柳澤 康弘氏
 http://www.pankaku.co.jp/company.html
◆講演の概要:
 株式会社パンカクの3D対戦ゲーム『LightBike』(ライトバイク)が
 今年2月に米AppStore(アップストアー)の有料アプリランキング
 の第1位を獲得しました。
 当日は、ヒットに至るまでの経緯と、日本のモバイル・アプリケー
 ション・デベロッパーで唯一の快挙を成し遂げられた要因につい
 てお話ししたいと思います。
 ・パンカクについて
 ・現在のiPhone(アイフォーン)アプリ市場について
 ・パンカクのiPhone(アイフォーン)への取り組み
 ・『LightBike』(ライトバイク)』について
 ・今後の展開について
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆柳澤康弘氏の略歴:
 1980年、群馬県生まれ。慶応義塾大学・総合政策学部卒。携
 帯サービス製作会社、SNSパッケージ製作会社の創業を経
 て、2007年2月に株式会社パンカクを設立。iPhone/Android
 /Oviなどのプラットフォームを利用して、全世界の携帯電話
 を対象に、アプリケーションを開発し提供しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※7/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。7/8
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○7/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

===========================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋
 EC協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境
 経済新聞』編集部/代表・土屋憲太郎・金澤・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル
 6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ: http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ: http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
 『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
 『日本検索経済大賞』: http://ecken.jp/nkk/
 『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
 『モバイルコマース・グランプリ』: http://ecken.jp/mcg/
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
  http://ecken.jp/jk/
===========================
[PR]

by ecken | 2009-06-29 18:01

★7/10『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.セブンイレブン値引販売を容認へ!廃棄額の15%を負担!
◆2.昭和シェル、サウジ国営と共同で太陽光発電事業に参入!
◆3.環境技術の産業連携化と知財化促進=坂田提言の価値!
◆4.7/10の『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。エコカーブームの自動車業界やエコ(省エネ)家
 電ブームの家電業界だけでなく、流通小売業にも『グリーン・
 グロース』(環境を重視した経済成長)の大波がやって来てい
 ますね。
 
●今日の元気の出るニュースの第1は、公取の排除命令を受
 けて、『セブンイレブンが値引販売を容認し、食品廃棄金額(
 仕入れ原価で計算)の15%を本部が負担する』という、歓迎
 すべき話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『昭和シェルが、サウ
 ジアラビア国営の石油会社と共同で太陽光発電事業に参入
 する』という今後が楽しみな話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『世界トップの日本の
 環境技術の産業連携化と知財化を促進する坂田提言の価
 値』という、極めてタイムリーな話題です。どうぞお楽しみに。

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式
 に決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に
 好評です。

●本日は特に、NTTドコモさんの講演1、『NTTドコモによるEC・
 通信販売事業への進出~オークローンマーケティング(OLM)
 との資本提携について~』に、ご注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報
 を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.セブンイレブン値引販売を容認へ!廃棄額の15%を負担!
------------------------------------------------------

●6/24朝日記事(1面)・6/23朝日記事(1面・2面、小島・五十
 嵐・益増・高田・伊藤の5記者)・6/23朝日記事(11面)によれ
 ば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.6/22の公正取引委員会の排除措置命令を受けて、セブン
  イレブンは、6/23の記者会見などを通して、値引販売を容
  認し、売れ残りの弁当などを廃棄する場合、その仕入れ原
  価の15%を本部が負担する方針を明らかにした。今年7月
  から実施する。
2.この方針転換により、現状の廃棄食品の負担額=仕入れ
  原価の総額=約667億円のうち、本部負担の百億円、加盟
  店負担の567億円の圧縮が双方の今後の課題になる。
3.また、現状の廃棄食品量(推定・年間17万トン)の圧縮が、
  本部と加盟店双方の今後の課題になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●07年に改正された『食品リサイクル法』は、コンビニを含む
 食品小売業に対して、2012年度までに、リサイクル率を07年
 度の35%から45%まで向上させることを義務づけています。

●また、2010年4月に本格施工される『改正省エネ法』(経産
 省の試算)によれば、コンビニで30~40店、ファストフードで
 25店、フィットネスクラブで8店を超える流通・サービス各社
 には、年間のエネルギー使用量を報告し管理し減らす義務
 が課せられます。

●コンビニ大手各社とその加盟店のオーナーには、コンビニ
 本来のビジネスモデル(収益構造)を尊重しながら、食品の
 廃棄量を減らし、省エネに努め、国内外の店売・ネット販売
 ・通販分野などで、世界最高の競争力を保持しながら、今
 後とも、さらに健全な経済成長を着実に実現して行かれる
 ことを、強く要望しておきたいと思うのですが、いかがでしょ
 うか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆2.昭和シェル、サウジ国営と共同で太陽光発電事業に参入!
------------------------------------------------------

●6/24日経記事(1面トップ、11面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.昭和シェル石油は、サウジアラビアの国営石油会社サウジ
  アラムコ社と共同で太陽光発電事業に参入する。
2.まず、2010年に、サウジに昭和シェルの太陽電池を使い、
  小規模分散型発電所を建設。地域の家庭や公共施設に電
  力を供給する。
3.2012年をメドに合弁会社を設立し、中東のほか東南アジア
  などの新興国でも事業を展開する。
4.日本とサウジの石油大手が手を組み、太陽光発電を新たな
  収益源に育成する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●太陽光発電事業への参入では、すでに太陽光パネル国内
 最大手のシャープが昨年、イタリアの電力会社エネル社と提
 携して、同国でのパネル生産と発電事業に乗り出すことを発
 表しています。

●今回のニュースは、石油や天然ガスを燃やさない方向に進
 む、現在の『環境・エネルギー革命』の流れを受けて、消費
 国日本と、産油国サウジアラビア両国の石油大手企業が手
 を組み新たな収益源として、太陽光発電事業を育成しようと
 している点(その切実な点)が大いに注目されますね・・・。

------------------------------------------------------
◆3.環境技術の産業連携化と知財化促進=坂田提言の価値!
------------------------------------------------------

●6/24日経『経済教室』記事(29面、東大教授の坂田一郎氏の
 寄稿)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.世界的に革新的な環境技術の創成を目指した学術研究が
  盛り上がっており、この分野(特定の4分野)では日本の大
  学や研究機関が世界のトップグループにある。  
2.学術研究と産業技術のリンケージ(距離の短縮)という観点
  から見ると、日本のグリーン・イノベーション(環境を重視した
  技術革新)のために下記の3点を提案したい。
3.◆まず第1に、学術文献と特許の双方を対象にした、『シー
  ムレスな検索エンジン』の開発である。
  ◆第2に、日本版の『仮出願制度』の導入である。米国には
  すでに同制度があり、簡略な早期出願による権利確保に役
  立っている。
  ◆国内の大学で国際競争上、重要な技術が生まれた場合、
  その特許出願をサポートする最高の『ドリームチーム』を編
  成し、派遣する仕組みを設けることである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●現行の特許法が制定から50周年の節目を迎えている現在、
 ぜひ実現して欲しい提言ではないかと思うのですが、いかが
 でしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆4.7/10の『NTTドコモのEC・通販参入戦略』講演1に注目を!
------------------------------------------------------

●7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要がすべて正式に
 決まりました。おかげさまで、内容も充実しており、大変に好評
 です。

●本日は特に、NTTドコモさんの講演1、『NTTドコモによるEC・
 通信販売事業への進出~オークローンマーケティング(OLM)
 との資本提携について~』に、ご注目いただければ幸いです。

●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報を
 心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
☆===================================================☆
■日時:2009年7月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー11階、ヤフー
 (株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『NTTドコモによるEC・通信販売事業への進出~オークローン
 マーケティング(OLM)との資本提携について~』
 NTTドコモ 理事 グループ事業推進部長 兼 新事業領域開
 発室長 守屋 学氏
 http://www.nttdocomo.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月、NTTドコモは、ビリーズブートキャンプなどのヒット作
 を生んでいるオークローンマーケティング社と資本提携、51%
 の株式を取得しました。コマース領域への本格的な進出はドコ
 モにとって初めて、また、通販業界においても通信キャリアとの
 提携は例のないことです。この新事業領域へのチャレンジをテ
 ーマに、
 ・ドコモの新事業領域
 ・通信販売市場とモバイルビジネスの親和性
 ・オークローンとの資本提携の理由
 ・今後の事業展開構想
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆守屋学氏の略歴:
 1960年生まれ、東京都出身、東京大学・経済学部卒業。
 1984年に日本電信電話公社に入社。以後NTTにおいて主とし
 て財務管理・ファイナンス業務を担当。2004年にNTTドコモに
 転籍。2005年より携帯クレジット事業、モバイルCRM、決済サ
 ービスの立ち上げ・展開などに従事、本年4月より現職。
※守屋氏はオークローン社の副社長も兼務しています。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『丸善店舗メディアの可能性 -新サービス「マルエムビジョン」
 の登場-』
 大日本印刷株式会社 C&I事業部メディア本部 
 ビジネス企画開発室 室長 福武 謙氏
 http://www.dnp.co.jp/
◆講演の概要:
 ・丸善の持つ「知的・創造空間」
 ・丸善店舗メディアと企業文化
 ・ クロスメディア情報端末「マルエムビジョン」
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話し
 する予定です。
◆福武謙氏の略歴:
 1958年、兵庫県生まれ。1981年大日本印刷株式会社入社。放
 送通信事業のサービス開発やコンテンツ事業を担当。2008年4
 月からDNPと丸善の資本・業務提携を受け、丸善店舗メディア
 事業や丸善教育・学術事業のサービス開発や事業運営を担当
 しております。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「だからあなたの会社のホームページは売れない」~今日か
 らすぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』
 株式会社セルフデザイン 代表取締役 古澤 暢央氏
 http://www.self-design.jp/
◆講演の概要:
 ・今すぐ止血を CPAを劇的に下げるPPC広告運用5つのチ
  ェックポイント。
 ・危険『SEO=上位表示=リンク獲得』は全くの間違い。
 ・ヤフー・カテゴリー登録の極意と最大のSEO効果を得るコツ。
 ・これがSEO対策の成果だ 実例紹介。
 ・実例から学ぶ究極の自然リンク獲得法。
 ・SEO対策、PPC広告運用で企業再生を実現した実例紹介。
 ・2年先をいく米国の最新SEO対策テクニック。
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆古澤暢央氏の略歴:
 1974年、札幌市生まれ。北海道立札幌北高校中退し上京する
 も失敗を続け約8か月間のホームレス生活の後、25歳で一念
 発起し、(株)光通信に入社。150ブースの大規模コールセンタ
 ーを統括するマネージャー経験を経てIT系ベンチャー企業に
 転職。社運を掛けた新規事業を失敗させ、30歳のときに特別
 損失5億円とともにリストラ。資金もコネもアテも無い状態でア
 フィリエイトを自宅アパートでスタートしSEO対策を独学で習得、
 1年目に1人で1億円の収益を上げることに成功し法人を設立
 する。現在は大検を取得し、グループ3社のCEOを務める傍
 らMBAを取得するため経営大学院に通い最先端のインター
 ネット・マーケティング手法と伝統的な経営理論を融合させ、机
 上の空論ではなく、実践に使える経営戦略スキルを編み出して
 います。
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【新着情報です】
 『「LightBike(ライトバイク)」ヒットに至るまでの経緯と今後の展開
 ~全米No.1 iPhone(アイフォーン)アプリになったその要因~』 
 株式会社パンカク 代表取締役 柳澤 康弘氏
 http://www.pankaku.co.jp/company.html
◆講演の概要:
 株式会社パンカクの3D対戦ゲーム『LightBike(ライトバイク)』が
 今年2月に米AppStore(アップストアー)の有料アプリランキング
 の第1位を獲得しました。
 当日は、ヒットに至るまでの経緯と、日本のモバイル・アプリケー
 ション・デベロッパーで唯一の快挙を成し遂げられた要因につい
 てお話ししたいと思います。
 ・パンカクについて
 ・現在のiPhoneアプリ市場について
 ・パンカクのiPhoneへの取り組み
 ・LightBikeについて
 ・今後の展開について
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆柳澤康弘氏の略歴:
 1980年、群馬県生まれ。慶応義塾大学・総合政策学部卒。携
 帯サービス製作会社、SNSパッケージ製作会社の創業を経
 て、2007年2月に株式会社パンカクを設立。iPhone/Android
 /Oviなどのプラットフォームを利用して、全世界の携帯電話
 を対象に、アプリケーションを開発し提供しています。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※7/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。7/8
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○7/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ecken | 2009-06-24 18:39 | 情報経済新聞

★7/10講演2はDNPと丸善の電子広告『マルエムビジョン』!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.危機下で学ぶべき恐慌から日本を救った高橋是清の4年!
◆2.復調インド、農村が主体!携帯1.3億台・バイク450万台!
◆3.ローソン来月10台。将来は営業車すべてを電気自動車に!
◆4.7/10講演2はDNPと丸善の電子広告『マルエムビジョン』!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。英誌の世界で最も住みやすい都市ランキング
 で、東京が前回に引き続き連続で3位に入りました。『効率
 的な公共交通システム』があることや、『都市緑化計画に対
 する意識の高さ』などが高く評価された結果です。
 
●今日の元気の出るニュースの第1は、『危機下で学ぶべき
 恐慌から日本を救った高橋是清の4年』という頼もしい話題
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『復調インド、農村が
 主体。携帯1.3億台・バイク450万台』という心強い話題です。
 どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『ローソン来月10台。
 将来は営業車1600台すべてを電気自動車にする方針』とい
 う嬉しい話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要
 が決まりました。内容も充実しており、好評が予想されます。

●本日は特に、大日本印刷・福武室長さんの講演2、『丸善店
 舗に設置された電子広告「マルエムビジョン」の可能性』に、
 ご注目いただければ幸いです。
 
●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報
 を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.危機下で学ぶべき恐慌から日本を救った高橋是清の4年!
------------------------------------------------------

●注目すべき、6/16日経『経済教室』記事(27面、米ピッツバー
 グ大学のリチャード・スメサースト教授の寄稿。同氏の専門は
 近代日本経済史)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.90年代の日本の『失われた10年』を反面教師とする論考は
  多いが、実は日本には、世界恐慌から日本を救った『高橋
  是清の4年』(1931年12月~1936年2月26日)という、世界
  が学ぶべき、最もよいお手本がある。
2.1931年12月に蔵相に就任(5回目)した高橋は、金本位制
  からの離脱と円の切り下げ、通貨供給量の増大、金利の
  引き下げを行い、32年の夏には大規模な赤字国債の発行
  に踏み切った。
3.こうした景気刺激策が奏効して、日本の輸出、内需、生産
  は拡大し、民間の設備投資も急伸。世界恐慌を乗り切った
  日本の実質国民総生産(GNP)は、32年~36年の4年間、
  年6.1%の成長を達成した。
4.高橋は、1885年に『富国強兵』ではなく『富国裕民』を提唱。
5.高橋は、1992年には所得税の累進課税を支持した。
6.高橋は、経済や政治の地方分権論者だった。
7.高橋は、軍の文民統制にこだわり、軍事支出の拡大に抵
  抗した。(これが2.26事件での高橋の暗殺につながった)
8.高橋は、対中政策も米英主導の世界秩序の中で行動すべ
  きだと考えていた。
9.高橋は、国立大学の民営化を提唱。技術革新・経営革新
  を基盤にした成長経済戦略を重視していた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●筆者も、『小日本主義』を唱えた石橋湛山さん以上に、『高
 橋の4年』から、今後さらに学んでいきたいと痛感した次第
 です。
 
------------------------------------------------------
◆2.復調インド、農村が主体!携帯1.3億台・バイク450万台!
------------------------------------------------------

●6/16朝日記事(8面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.インドの農村が元気だ。携帯電話やバイク(自動2輪)など
  が飛ぶように売れ、景気の底割れを防いでいる。
2.インドの携帯電話の契約件数は、4月末で4億件を突破。
  1年間で日本の総契約者数を上回る1億3千万件が増えた。
3.08年のホンダの全世界でのバイク(自動2輪)の販売台数は、
  約1512万台。そのうち3割にあたる約450万台がインドで売
  れている。
4.5月のインドのバイク(自動2輪)の販売台数は、前年同月比
  12.4%増の約72万台。現地法人ヒーロー・ホンダが5割の
  シェアを確保している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●インドの4輪車市場では日系のマルチ・ススキが5割のシェア
 を確保しており、バイク(自動2輪)市場ではヒーロー・ホンダが
 5割のシェアを確保しています。

●先進国市場・アジア市場・アセアン市場を大切にするのは当然
 として、世界景気を今けん引している、ケタ違いに大きな中国市
 場とインド市場を重視していくことは、復活に向う日本経済にとっ
 て、不可欠な選択ではないかと思うのですが、いかがでしょうか
 ・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.ローソン来月10台。将来は営業車すべてを電気自動車に!
------------------------------------------------------

●6/17日経MJ紙の記事(5面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ローソンは7月下旬をメドに電気自動車10台を導入する。
2.店舗指導員が使う営業車として、三菱自動車が今夏に発売
  する電気自動車『アイミーブ(i-MiEV)』を採用する。
3.今後1年で150台まで拡大し、将来的には営業車1600台す
  べてを電気自動車に切り替える方針だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●6/16日経記事(7面)のよれば、中国の新興自動車メーカー
 BYD(広東省)はこのほど、家庭用電源で充電できる『プラグ
 イン・ハイブリッド車(PHV)』の『F3DM』(約217万円)を、本
 社のある同省深せん市政府に合計10台を納入したそうですよ
 ・・・。

------------------------------------------------------
◆4.7/10講演2はDNPと丸善の電子広告『マルエムビジョン』!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要
 が決まりました。内容も充実しており、好評が予想されます。

●本日は特に、大日本印刷・福武室長さんの講演2、『丸善店
 舗に設置された電子広告「マルエムビジョン」の可能性』に、
 ご注目いただければ幸いです。
 
●お早目のお申し込みを歓迎いたします。スタッフ一同、朗報
 を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
☆===================================================☆
■日時:2009年7月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー11階、ヤフー
 (株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『NTTドコモによるEC・通信販売事業への進出~オークローン
 マーケティング(OLM)との資本提携について~』
 NTTドコモ 理事 グループ事業推進部長 兼 新事業領域開
 発室長 守屋 学氏
 http://www.nttdocomo.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月、NTTドコモは、ビリーズブートキャンプなどのヒット作
 を生んでいるオークローンマーケティング社と資本提携、51%
 の株式を取得しました。コマース領域への本格的な進出はドコ
 モにとって初めて、また、通販業界においても通信キャリアとの
 提携は例のないことです。この新事業領域へのチャレンジをテ
 ーマに、
 ・ドコモの新事業領域
 ・通信販売市場とモバイルビジネスの親和性
 ・オークローンとの資本提携の理由
 ・今後の事業展開構想
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆守屋学氏の略歴:
 1960年生まれ、東京都出身、東京大学・経済学部卒業。
 1984年に日本電信電話公社に入社。以後NTTにおいて主とし
 て財務管理・ファイナンス業務を担当。2004年にNTTドコモに
 転籍。2005年より携帯クレジット事業、モバイルCRM、決済サ
 ービスの立ち上げ・展開などに従事、本年4月より現職。
※守屋氏はオークローン社の副社長も兼務しています。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『丸善店舗メディアの可能性 -新サービス「マルエムビジョン」
 の登場-』
 大日本印刷株式会社 C&I事業部メディア本部 
 ビジネス企画開発室 室長 福武 謙氏
 http://www.dnp.co.jp/
◆講演の概要:
 ・丸善の持つ「知的・創造空間」
 ・丸善店舗メディアと企業文化
 ・ クロスメディア情報端末「マルエムビジョン」
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話し
 する予定です。
◆福武謙氏の略歴:
 1958年、兵庫県生まれ。1981年大日本印刷株式会社入社。放
 送通信事業のサービス開発やコンテンツ事業を担当。2008年4
 月からDNPと丸善の資本・業務提携を受け、丸善店舗メディア
 事業や丸善教育・学術事業のサービス開発や事業運営を担当
 しております。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「だからあなたの会社のホームページは売れない」~今日か
 らすぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』
 株式会社セルフデザイン 代表取締役 古澤 暢央氏
 http://www.self-design.jp/
◆講演の概要:
 ・今すぐ止血を CPAを劇的に下げるPPC広告運用5つのチ
  ェックポイント。
 ・危険『SEO=上位表示=リンク獲得』は全くの間違い。
 ・ヤフー・カテゴリー登録の極意と最大のSEO効果を得るコツ。
 ・これがSEO対策の成果だ 実例紹介。
 ・実例から学ぶ究極の自然リンク獲得法。
 ・SEO対策、PPC広告運用で企業再生を実現した実例紹介。
 ・2年先をいく米国の最新SEO対策テクニック。
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆古澤暢央氏の略歴:
 1974年、札幌市生まれ。北海道立札幌北高校中退し上京する
 も失敗を続け約8か月間のホームレス生活の後、25歳で一念
 発起し、(株)光通信に入社。150ブースの大規模コールセンタ
 ーを統括するマネージャー経験を経てIT系ベンチャー企業に
 転職。社運を掛けた新規事業を失敗させ、30歳のときに特別
 損失5億円とともにリストラ。資金もコネもアテも無い状態でア
 フィリエイトを自宅アパートでスタートしSEO対策を独学で習得、
 1年目に1人で1億円の収益を上げることに成功し法人を設立
 する。現在は大検を取得し、グループ3社のCEOを務める傍
 らMBAを取得するため経営大学院に通い最先端のインター
 ネット・マーケティング手法と伝統的な経営理論を融合させ、机
 上の空論ではなく、実践に使える経営戦略スキルを編み出して
 います。
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(講師が決まりました)
 『全米ダウンロード数1位を獲得した 「ライトバイク」と、パンカ
 クのゲーム事業戦略』
 株式会社パンカク 代表取締役 柳澤 康弘氏
 http://www.pankaku.co.jp/company.html
◆講演の概要:(正式な原稿はもうしばらくお待ちください)
 【仮のご紹介になりますが・・・】
 3/26日経本紙の記事、『いまどきの売れ筋』によれば、アイフ
 ォンなどのソフトを取り込むアップル社の『アップストア(App St
 ore)』で、日本のベンチャー企業(本社・藤沢市)パンカクのゲ
 ーム、『ライトバイク』が全米ダウンロード第1位を獲得した。
 ゲーム名は『ライトバイク(LiGHT BiKE)』。アイフォンを傾ける
 だけでバイクが蛇行して他車を妨害するスピード感と、1ドルを
 切るお試し感覚の当初の値段が人気を呼んだ。
◆柳澤康弘氏の略歴:(同社HPから抜粋)
 慶大在学中に研究会(ゼミ)の仲間とビジネスプランコンテスト
 に応募し、優勝。その賞金(と賞品の公認会計士のコンサル1
 年無料)を利用し、携帯アプリやWebアプリの製作を専業とす
 る(株)Jukebox Communications(ジュークボックス・コミニュケ
 ーション)を設立。2004年2月、SNSのパッケージソフトを製作
 する、(株)Beat Communication(ベスト・コミュニケーション)の
 創業に参画。大手通信・電話会社、大手エスアイヤー(SIer)、
 大手ケーブルテレビ局などの大企業を中心にSNSのパッケー
 ジ・ソフトを納入。
 2004年3月、慶應義塾大学総合政策学部を卒業 。
 2006年5月、独立し、プロジェクト・パンカク立ち上げ 。
 2007年2月、株式会社パンカクを設立。現在に至る。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※7/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。7/8
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○7/10(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------
[PR]

by ecken | 2009-06-23 11:32 | 情報経済新聞

★7/10講演1はNTTドコモ守屋氏のeコマース・通販戦略!★

  ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.医療用の医薬分野もリアルとネット情報を平等に活用へ!
◆2.日米欧市場任せを反省。各国とも産業政策が復権の兆し!
◆3.NTTドコモや集英社、日本の人気漫画、欧州で携帯配信!
◆4.7/10講演1は、NTTドコモ守屋氏のeコマース・通販戦略!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。ネット販売の売れ筋探査(6/14日経MJ11面)に
 よれば、かわいいデザインの恐竜型ロボット『プレオ』が人気
 を呼んでいるそうです。

●同紙(16面)の『定店チェック』(今回はロフト)によれば、戦国
 武将の入浴剤(6種類×158円、特に直江兼続や真田幸村な
 ど)がタオルとセットで、『父の日のプレゼント用』などに売れて
 いるそうですよ・・・。
 
●今日の元気の出るニュースの第1は、『大事な医療用の医薬
 分野もリアルとネットの情報を平等に活用へ進む』という注目
 すべき6/12講演2の内容のご紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『日米欧、市場任せを
 反省。産業政策が復権の兆し』という心強い話題です。どうぞ
 お楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『NTTドコモや集英社、
 日本の人気漫画、欧州で携帯配信』という、頼もしい話題です。
 どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要
 が決まりました。おかげさまで好評が予想されます。

●本日は特に、NTTドコモ・守屋氏の講演1、『NTTドコモによ
 るEC・通信販売事業への進出~オークローンマーケティング
 (OLM)との資本提携について~』にご注目いただければ幸
 いです。
 
●お早目のお申し込みを心から歓迎いたします。スタッフ一同、
 朗報を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
◆1.医療用の医薬分野もリアルとネット情報を平等に活用へ!
------------------------------------------------------

●6/12の午後、ソネット・エムスリー(株)取締役の西さんの貴
 重な講演を、久しぶりにお聞きすることができました。

●約7兆円の『医療用の医薬』分野ですが、その大切な情報を
 医師(約26万人)に直(じか)に伝える、リアルなMR事業の従
 事者は日本全国に約5万人。

●一方、同社が運営しているポータルサイト『m3.com』には、
 全国の医師ら17万人が登録。サイトやメールなどでの医薬
 情報の提供が活発になされています。

●新薬などの採用状況についての両者の貢献度の違いを聞
 いたアンケート調査によれば、リアルなMR氏からの情報提
 供を重視している医師が9%、ネットの『MR君』情報を重視
 しているのが8%、両方を活用しているのが16%で第1位だ
 ったそうです。

●また、ガンなど重大な医薬情報についてはリアルな情報を
 重視し、一般的な医薬情報についてはネットで充分とする傾
 向があり、今後とも、両者の情報を「平等(50対50)に活用し
 て行きたい」とする意見がトップの34%を占めていたそうです。

●リアルなMR事業の経費は年間1兆円。一方の『MR君』事
 業の売上高は120億円(10年3月期見込み)。同社の8期連
 続の最高益更新の原動力の一端がよく理解できますね。

●さらに、気の早いことで恐縮ですが、筆者は来年の『年頭所
 感(≒年間テーマ)』に、ネットスーパー事業の躍進など、『リ
 アルなマーケティングとネットマーケティングの効果的な交差
 (クロス)』を挙げたいと念じています。

●生命に係わる『医療用の医薬』の情報分野でさえ、リアルと
 ネットの情報を「平等(50対50)に活用して行きたい」とする意
 見がトップを占めていることが、何よりの証拠ではないかと思
 うのですが、いかがでしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆2.日米欧市場任せを反省。各国とも産業政策が復権の兆し!
------------------------------------------------------

●6/13朝日記事(12面、ロンドン発・有田哲文記者)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.政府が関与して強い産業を育てる『産業政策』が、再び注目
  され始めている。
2.90年代以降『時代遅れ』とされてきた政策が、金融危機をき
  っかけに再評価されている。
3.政府は明日の市場を言い当てることはできないが、しかし、
  基盤となる技術に焦点をあて、民間企業に明確なシグナル
  を送ることができる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●いつまでも政府頼みのひ弱な産業構造であってはならない
 と思いますが、『ここぞという時』に、基盤となる技術に焦点を
 あて、民間に明確なシグナルを送ることは極めて有効なこと
 だと思います。

●そして、日本経済やアジア経済は当然として、世界経済的
 なレベルで、今こそがその『ここぞという時』だろうと思います
 し、『グリーン・グロース(緑の成長)』=環境を重視した健全
 な経済政策・経済成長が、切実に求められていると痛感す
 るのですが、いかがでしょうか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.NTTドコモや集英社、日本の人気漫画、欧州で携帯配信!
------------------------------------------------------

●6/14日経MJ紙の記事(11面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.NTTドコモや集英社など5社は、日本の人気漫画コンテン
  ツを欧州の携帯サイト向けに配信した。
2.提携先の仏携帯大手ブイグテレコムの携帯サイト内に、ド
  コモのオンライン子会社が漫画専門サイト『MANGA MO
  DE』を開設した。
3.利用料は月額3ユーロ(約411円)。第1弾として、漫画『ドラ
  ゴンボール』、『ナルト』など十数作品を供給。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●こうした過去の反省を踏まえた、同社の着実な海外進出、コ
 ンテンツ配信・コンテンツ課金・eコマースへの挑戦を心から
 歓迎したいと思います。(下段の講演1をご参照ください)

------------------------------------------------------
◆4.7/10講演1は、NTTドコモ守屋氏のeコマース・通販戦略!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、7/10(金)『EC研フォーラム』の4講演の概要
 が決まりました。おかげさまで好評が予想されます。

●本日は特に、NTTドコモ・守屋氏の講演1、『NTTドコモによ
 るEC・通信販売事業への進出~オークローンマーケティング
 (OLM)との資本提携について~』にご注目いただければ幸
 いです。
 
●お早目のお申し込みを心から歓迎いたします。スタッフ一同、
 朗報を心からお待ちしています。

------------------------------------------------------
☆===================================================☆
■日時:2009年7月10日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー11階、ヤフー
 (株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『NTTドコモによるEC・通信販売事業への進出~オークローン
 マーケティング(OLM)との資本提携について~』
 NTTドコモ 理事 グループ事業推進部長 兼 新事業領域開
 発室長 守屋 学氏
 http://www.nttdocomo.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月、NTTドコモは、ビリーズブートキャンプなどのヒット作
 を生んでいるオークローンマーケティング社と資本提携、51%
 の株式を取得しました。コマース領域への本格的な進出はドコ
 モにとって初めて、また、通販業界においても通信キャリアとの
 提携は例のないことです。この新事業領域へのチャレンジをテ
 ーマに、
 ・ドコモの新事業領域
 ・通信販売市場とモバイルビジネスの親和性
 ・オークローンとの資本提携の理由
 ・今後の事業展開構想
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆守屋学氏の略歴:
 1960年生まれ、東京都出身、東京大学・経済学部卒業。
 1984年に日本電信電話公社に入社。以後NTTにおいて主とし
 て財務管理・ファイナンス業務を担当。2004年にNTTドコモに
 転籍。2005年より携帯クレジット事業、モバイルCRM、決済サ
 ービスの立ち上げ・展開などに従事、本年4月より現職。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『丸善店舗メディアの可能性』 -新サービス マルエムビジョン
 の登場-』
 大日本印刷株式会社 C&I事業部メディア本部 
 ビジネス企画開発室 室長 福武 謙氏
 http://www.dnp.co.jp/
◆講演の概要:
 ・丸善の持つ「知的・創造空間」
 ・丸善店舗メディアと企業文化
 ・ クロスメディア情報端末「マルエムビジョン」
 ―当日は上記のようなポイントについて、具体例を交えてお話し
 する予定です。
◆福武謙氏の略歴:
 1958年、兵庫県生まれ。1981年大日本印刷株式会社入社。放
 送通信事業のサービス開発やコンテンツ事業を担当。2008年4
 月からDNPと丸善の資本・業務提携を受け、丸善店舗メディア
 事業や丸善教育・学術事業のサービス開発や事業運営を担当
 しております。
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「だからあなたの会社のホームページは売れない」~今日か
 らすぐ実践できるSEO対策、PPC広告運用7つのコツ~』
 株式会社セルフデザイン 代表取締役 古澤 暢央氏
 http://www.self-design.jp/
◆講演の概要:
 ・今すぐ止血を CPAを劇的に下げるPPC広告運用5つのチ
  ェックポイント。
 ・危険『SEO=上位表示=リンク獲得』は全くの間違い。
 ・ヤフー・カテゴリー登録の極意と最大のSEO効果を得るコツ。
 ・これがSEO対策の成果だ 実例紹介。
 ・実例から学ぶ究極の自然リンク獲得法。
 ・SEO対策、PPC広告運用で企業再生を実現した実例紹介。
 ・2年先をいく米国の最新SEO対策テクニック。
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆古澤暢央氏の略歴:
 1974年、札幌市生まれ。北海道立札幌北高校中退し上京する
 も失敗を続け約8か月間のホームレス生活の後、25歳で一念
 発起し、(株)光通信に入社。150ブースの大規模コールセンタ
 ーを統括するマネージャー経験を経てIT系ベンチャー企業に
 転職。社運を掛けた新規事業を失敗させ、30歳のときに特別
 損失5億円とともにリストラ。資金もコネもアテも無い状態でア
 フィリエイトを自宅アパートでスタートしSEO対策を独学で習得、
 1年目に1人で1億円の収益を上げることに成功し法人を設立
 する。現在は大検を取得し、グループ3社のCEOを務める傍
 らMBAを取得するため経営大学院に通い最先端のインター
 ネット・マーケティング手法と伝統的な経営理論を融合させ、机
 上の空論ではなく、実践に使える経営戦略スキルを編み出して
 います。
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(講師が決まりました)
 『全米ダウンロード数1位を獲得した 「ライトバイク」と、パンカ
 クのゲーム事業戦略』
 株式会社パンカク 代表取締役 柳澤 康弘氏
 http://www.pankaku.co.jp/company.html
◆講演の概要:(正式な原稿はもうしばらくお待ちください)
 【仮のご紹介になりますが・・・】
 3/26日経本紙の記事、『いまどきの売れ筋』によれば、アイフ
 ォンなどのソフトを取り込むアップル社の『アップストア(App St
 ore)』で、日本のベンチャー企業(本社・藤沢市)パンカクのゲ
 ーム、『ライトバイク』が全米ダウンロード第1位を獲得した。
 ゲーム名は『ライトバイク(LiGHT BiKE)』。アイフォンを傾ける
 だけでバイクが蛇行して他車を妨害するスピード感と、1ドルを
 切るお試し感覚の当初の値段が人気を呼んだ。
◆柳澤康弘氏の略歴:(同社HPから抜粋)
 慶大在学中に研究会(ゼミ)の仲間とビジネスプランコンテスト
 に応募し、優勝。その賞金(と賞品の公認会計士のコンサル1
 年無料)を利用し、携帯アプリやWebアプリの製作を専業とす
 る(株)Jukebox Communications(ジュークボックス・コミニュケ
 ーション)を設立。2004年2月、SNSのパッケージソフトを製作
 する、(株)Beat Communication(ベスト・コミュニケーション)の
 創業に参画。大手通信・電話会社、大手エスアイヤー(SIer)、
 大手ケーブルテレビ局などの大企業を中心にSNSのパッケー
 ジ・ソフトを納入。
 2004年3月、慶應義塾大学総合政策学部を卒業 。
 2006年5月、独立し、プロジェクト・パンカク立ち上げ 。
 2007年2月、株式会社パンカクを設立。現在に至る。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※7/10(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。7/8
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○6/12(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ecken | 2009-06-23 10:58 | 情報経済新聞

★6/12講演2、8期連続・最高益『MR君』事業の仕掛け!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.中印は早い景気回復、日韓がそれに続く(可能性がある)!
◆2.環境関連投資は5.7%増、IT投資も前年並みを確保へ!
◆3.給油所で充電・課金実験!今夏にも経産省・拠点を整備!
◆4.6/12講演2は、8期連続・最高益『MR君』事業の仕掛け!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。W杯の予選突破。岡崎のヘッドスライディング
 で挙げた1点。その闘志を高く評価したいと思います。しかし、
 4強入り云々は(キャッチフレーズとしては良いのですが・・・)
 まずは、アウェイでオーストラリアに勝てるかどうかが試金石
 になりそうですね・・・。

●今日の元気の出るニュースの第1は、『中印の景気回復の
 足取りは早く、日韓がそれに続く(可能性がある)』という、頼
 もしい話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『環境投資は5.7%
 増、中国投資は3.4%減と前年並みを確保した』という心強
 い話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『給油所で充電・課金
 実験!今夏にも経産省・拠点を整備!』という、注目の話題
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、6/12(金)午後の『EC研フォーラム』の4講演
 の概要がすべて正式に決まりました。

●本日は特に、ソネット・エムスリーさんの講演2、『8期連続・最
 高益を更新している「MR君」事業の仕掛け』に、ぜひご注目い
 ただければ幸いです。

●スタッフ一同、お早目のお申し込みを心から歓迎いたします。

------------------------------------------------------
◆1.中印は早い景気回復、日韓がそれに続く(可能性がある)!
------------------------------------------------------

●6/7朝日記事(6面)と、6/7日経記事(6面、ソウル発・稲田清
 英記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中国は、4兆元(約60兆円)の経済対策で09年初めから国
  内投資が回復。農村部で家電などの需要が増えている。
2.インドは、現在12億人の人口がさらに増える傾向にあり、
  個人消費が堅調だ。
3.韓国の1~3月のGDPは0.1%増。「10~12月期か遅くと
  も来年1~3月期には上向き始める」(企画財政相の談話)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●肝心の日本ですが、4~6月期以降のGDPはプラスになる
 ことをほとんどの民間エコノミストが予測。その後、中折れす
 るかどうかで議論が分かれていますが、「今年後半、遅くとも
 来年1~3月期には景気回復する」との見通しが主流になっ
 ています。

------------------------------------------------------
◆2.環境関連投資は5.7%増、IT投資も前年並みを確保へ!
------------------------------------------------------

●6/8日経記事(1面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.09年度の設備投資は、全産業(1475社)の08年度比で約16
  %減。
2.しかし、環境関連投資は全産業で5.7%増。石油が3倍増、
  食品や紙・パルプも約4割増える。
3.業務の効率化や高度化につながるIT(情報技術)投資も非
  製造業を中心に増やす企業が多く、全体で前年並みの水準
  を維持する見通しだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●全体の設備投資が大幅に削減されるなかで、(1)環境投資、
 (2)IT投資、(3)中国投資(3.4%減)の堅調ぶりが目立って
 いますね。
 
------------------------------------------------------
◆3.給油所で充電・課金実験!今夏にも経産省・拠点を整備!
------------------------------------------------------

●6/8日経記事(3面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.経産省は、電気自動車の充電拠点の整備に向けて、今夏
  にもガソリンスタンドで充電した際に料金を徴収するシステ
  ムの実証実験を始める。
2.スタンドの屋根に置いた太陽光パネルでつくった電力を充
  電に使う実験にも乗り出す。
3.スタンドでは、ICカードや自動料金収受システム(ETC)を
  使って、充電した電気料金を徴収できるシステムを開発す
  る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●同記事によれば、「将来的には店員がいなくても利用者が
 セルフで充電し、料金も支払えるような仕組みをつくる」予定
 で、その実現が大いに楽しみなニュースですね・・・

------------------------------------------------------
◆4.6/12講演2は8期連続・最高益『MR君』事業の仕掛け!
------------------------------------------------------
 
●おかげさまで、6/12(金)午後の『EC研フォーラム』の4講演
 の概要がすべて正式に決まりました。
 
●本日は特に、ソネット・エムスリーさんの講演2、『8期連続・最
 高益を更新している「MR君」事業の仕掛け』に、ぜひご注目い
 ただければ幸いです。

●非会員さんや初めて参加される方々のお申し込みを、心か
 ら歓迎いたします。最下段の申し込み欄に必要事項をご記
 入のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2009年6月12日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー11階、ヤフ
 ー(株)さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「モーションポートレート」によるサービスの現状~面白く、優し
 いユーザー・インターフェイスの提供~』
 モーションポートレート(株) 代表取締役社長 藤田 純一氏
 http://www.motionportrait.com/about/
◆講演の概要:
 ・モーションポートレートとは
 ・ユーザ参加型ネットワーク・キャンペーン事例
 ・アバターを利用した優しいウェブ・インターフェイス事例
 ・クリック率を高める新たなバナー・サービスの紹介
 ―当日は、以上のようなポイントについてお話する予定です。
◆藤田純一氏の略歴:
 東京都出身。1983年、東京工業大学卒業、精密機械会社に入
 社。コンピュータ・グラフィックス関連の開発に従事。
 1989年、ソニー株式会社へ入社。株式会社ソニー木原研究所
 へ出向。コンピュータ・グラフィックス関連の研究・開発に従事。
 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのPS2の中心
 となるLSIの開発などに貢献。
 2004年、株式会社ソニー木原研究所のCTOに就任、2005年、
 代表取締役社長に就任。
 2007年、モーションポートレート株式会社を設立し、代表取締
 役社長に就任。現在に至る。
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「MR君」サービスの現状と成果-マーケティング戦略策定から
 プロモーションまでを統括した仕掛けが生み出したもの-』
 ソネット・エムスリー株式会社 取締役 西 章彦氏
 http://www.so-netm3.co.jp/
◆講演の概要:
 ・『MR君』とは
 ・『MR君』が製薬業界に及ぼしたインパクト
 ・『MR君』によるクライアント企業が得た成果
 ・『MR君』利用企業が競合優位になれる仕掛け
 ・『MR君』が存在する製薬業界の営業、マーケティングの将来像
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆西章彦氏の略歴:
 大阪府出身。1990年、外資製薬会社に入社。MR職を経て、戦
 略企画グループに従事。製品戦略、ヒューマン・リソース・アロケ
 ーション、SFAプロジェクトなどの営業・マーケティング変革業務
 に従事。2000年、ソネット・エムスリーに入社し起業に参画。イン
 ターネットを中心に製薬企業のコンサルテーションを行うグルー
 プのリーダーとして『MR君』ビジネスの立ち上げに従事。2004年、
 同社・取締役に就任。『MR君』を中心としたコンサルティング・ビ
 ジネスを始めコンテンツ・ビジネス、リサーチ・ビジネス、『m3MT』
 (広告プロモーションビジネス)のビジネスを統括。現在に至る。 
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『国内外のレコメンデーションの現状と展望~「モノ」の「オススメ
 」を超えて~』
 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 専務取締役(COO)
 西村 淳子氏 
 http://www.silveregg.co.jp/ja/services/clickstorm
◆講演の概要:
・日本におけるレコメンデーションの現況
・サイトにおけるレコメンド戦略の実例
・グーグルの考えるニュース・レコメンデーションのご紹介
・新しいレコメンデーションの潮流
・クリック誘導型ソリューション『クリックストーム』の概要
―当日は、以上のようなポイントについてお話する予定です。
◆西村淳子氏の略歴:
 京都生まれ。神戸女学院大学を卒業。大阪府知事付通訳を経
 て同時通訳者として活動。英国オンライン・データベース企業の
 日本総代理店を設立。1998年より、シルバーエッグ・テクノロジ
 ー株式会社を、トーマス・フォーリーと設立。現在に至る。
 翻訳『One-to-oneマーケティングを超えたWebパーソナライゼー
 ション』(トーマス・A・フォーリー著/2002年5月・日経BP出版) 
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『世界市場への冒険!世界208か国からドンドン引き合いが来
 るネットショップの秘密とは?』
 WIPジャパン株式会社 第2情報事業部 WEBマーケティング
 グループ 責任者 百瀬 道子氏
 http://www.japan.wipgroup.com/
◆講演の概要:
 伸び悩む国内経済事情を背景に、国内だけでなく海外市場に
 目を向ける企業が急増しています。特に中小企業を中心に、
 比較的コストの安いインターネットを活用し、英語圏や成長著
 しいアジアに向けてネット販売を模索する企業が増えてきまし
 た。実際に従業員数10名以下の地方の小さな会社が、インタ
 ーネットを駆使し、世界各国の消費者・バイヤーから、毎日の
 ように直接の引き合いを受ける事例も出て来ています。
 このような企業は、なぜ少人数・少予算で海外市場を開拓でき
 たのでしょうか。海外向けネット販売に取り組む上での基礎知
 識や、その過程での担当者の工夫、効果のあったポイントなど
 をご紹介します。
◆百瀬道子氏の略歴:
 1978年、兵庫県出身。大学時代にコンピューター・デザインに
 出会う。大学卒業後、印刷会社・IT系出版社を経てウェブサー
 ビス会社を設立。同社にて2006年に2言語対応のネットショッ
 プASPを、2007年に多言語対応のネットショップASP『マルチリ
 ンガルカート』を開発する。2008年の事業買収に伴いWIPジャ
 パンに入社。『マルチリンガルカート』は、2008年4月現在、9言
 語・21通貨対応。約280社の導入実績があります。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※6/12(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。6/10
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参加
 費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○6/12(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いします。

===========================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋
 EC協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境
 経済新聞』編集部/代表・土屋憲太郎・金澤・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル
 6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ: http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ: http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
 『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
 『日本検索経済大賞』: http://ecken.jp/nkk/
 『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
 『モバイルコマース・グランプリ』: http://ecken.jp/mcg/
 『環境経済大賞:エコカー部門とエコ住宅部門(2009年)』:
  http://ecken.jp/jk/
===========================
[PR]

by ecken | 2009-06-08 17:44

★6/12『内外レコメンデーションの現状と展望』講演に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.エコポイント導入2週間で、大型エコ家電が倍増の勢い!
◆2.インドの内需堅調、GDP直近5.8%増!昨年6.7%増!
◆3.自動車産業の大転換期に挑むトヨタ、ハイブリッドに本腰!
◆4.6/12『内外レコメンデーションの現状と展望』講演に注目!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。いよいよ6月がスタートしましたね。米GMの法
 的整理などに象徴されますが、トンネルを抜けた先は、小型
 のエコカー(環境対応車)による新興国市場の開拓が勝負の
 決め手になりそうですね・・・。
 
●現状、ハイブリッド(HV)車での日本メーカーの優位性は揺
 るがないだろうと思いますが、次の電気自動(EV)車の段階
 での優劣は、まだ未定ですし不明です。残念ですが、トヨタや
 ホンダといえども、戦略を間違えれば消え去って行く可能性
 すらあることを、けして忘れてはならないのだろうと思います
 ・・・。

●今日の元気の出るニュースの第1は、『エコポイント導入2
 週間で、大型エコ家電が倍増超の勢い』という、頼もしい話
 題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『インドの内需が堅
 調で、GDP1~3月期5.8%増、08年度は6.7%増』とい
 う心強い話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『自動車産業の大転
 換期に挑むトヨタ、ハイブリッドに本腰』という、本質的な話題
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、次回6/12『EC研フォーラム』の3講演の概要
 が正式に決まりました。
 
●本日は特に、シルバーエッグ・テクノロジーさんの講演3、『
 内外レコメンデーションの現状と展望』に、ぜひご注目いただ
 ければ幸いです。

●スタッフ一同、お早目のお申し込みを心から歓迎いたします。

------------------------------------------------------
◆1.エコポイント導入2週間で、大型エコ家電が倍増の勢い!
------------------------------------------------------

●5/31朝日夕刊の記事(7面、堀内京子記者)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.エコ家電(省エネ家電)を買うと商品券などに交換できるポ
  イントが付く=『エコポイント』制度が始まって2週間。
2.薄型テレビや冷蔵庫では、ポイントが高い大型製品の売れ
  行きが前年の2倍以上に伸びている。
3.46型以上の大型テレビの売上高は2.2倍。501リットル以
  上の大型冷蔵庫の販売台数は前年同期の2倍以上に伸び
  ている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●エコカーやエコ家電の普及が進むことは大変に嬉しいことだ
 と思いますが、もう一方のエコ住宅(ソーラーパネル付きなど)
 の売れ行きについてのニュース(朗報)も待ち遠しいですね。

------------------------------------------------------
◆2.インドの内需堅調、直近GDP5.8%増!昨年6.7%増!
------------------------------------------------------

●5/30朝日記事(13面、ニューデリー発・高野弦記者)によれ
 ば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.インド政府が5/29に発表した、09年1~3月期の実質国内
  総生産(GDP)は、前年同期比で5.8%と下げ止まり、内
  需に支えられて堅調だった。
2.08年度(08年4月~09年3月)通年のGDPの成長率は6.
  7%増だった。
3.1~3月期の商業サービス業の伸びは6.3%増、金融・不
  動産が9.5%増、建設が6.8%増だった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●強い内需に支えられて中国とインドの景気が回復傾向にあ
 ることは朗報ですね。エコカー・エコ家電・エコ住宅の普及な
 ど、グリーン・グロース(環境を重視した健全な経済成長)で、
 日本も景気回復の軌跡を明確化して行きたいですね・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.自動車産業の大転換期に挑むトヨタ、ハイブリッドに本腰!
------------------------------------------------------

●6/1日経記事(17面、特別編集委員の森一夫さんの解説)に
 よれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.(トヨタやホンダの)ハイブリッド(HV)車が販売回復の主役
  として急浮上している。長い目で見ると、HV車を契機に会
  社のあり方が変わる可能性を秘めている。
2.日本生産性本部の牛尾治朗会長は、「電気自動車になる
  と部品は4分の1に減り、どこでも作れるようになるだろう」
  と指摘。
3.化学メーカーも、「(電気自動車になると)高熱にならないの
  で耐熱性のエンジニアリング・プラスチックも不要になる」、
  「車の本質の部分が一変する」と指摘。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●以上のような分析からもわかるように、あと数年から十数年
 の間に、日本の大手自動車メーカーは、製造業としての匠の
 強みを発揮している現段階から、これまで以上に研究開発や
 デザイン面など、知財で強みを発揮する段階に入らざるを得
 ないのではないかと思います。

●知財で強みを発揮する段階で、万一、乗り遅れてしまえば、
 これからHV車で世界市場を席巻するであろう、トヨタやホン
 ダといえども、残念ながら消え去る運命にあることを、けして
 忘れてはいけないのだろうと思うのですが、いかがでしょうか
 ・・・。

------------------------------------------------------
◆4.6/12『内外レコメンデーションの現状と展望』講演に注目!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、6/12『EC研フォーラム』の3講演の概要が正
 式に決まりました。
 
●本日は特に、シルバーエッグ・テクノロジーさんの講演3、『
 内外レコメンデーションの現状と展望』に、ぜひご注目いただ
 ければ幸いです。

●非会員さんや初めて参加される方々のお申し込みを、心か
 ら歓迎いたします。最下段の申し込み欄に必要事項をご記
 入のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2009年6月12日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー、ヤフー(株)
 さんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:
 都営大江戸線『六本木駅』8番出口に直結。(徒歩1分)
 東京メトロ日比谷線『六本木駅』から地下通路で直結(徒歩5分)
 または『六本木駅』4a、6番出口より徒歩5分。
 東京メトロ千代田線『乃木坂駅』3番出口より徒歩約3分。
 東京メトロ南北線『六本木1丁目駅』1番出口より徒歩約10分。   
■案内図:http://map.yahoo.co.jp/pl?p
☆===================================================☆
------------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(最終調整中です。もうしばらくお待ちくだ
 さい)
------------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50 
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『「MR君」サービスの現状と成果-マーケティング戦略策定から
 プロモーションまでを統括した仕掛けが生み出したもの-』
 ソネット・エムスリー株式会社 取締役 西 章彦氏
 http://www.so-netm3.co.jp/
◆講演の概要:
 ・『MR君』とは
 ・『MR君』が製薬業界に及ぼしたインパクト
 ・『MR君』によるクライアント企業が得た成果
 ・『MR君』利用企業が競合優位になれる仕掛け
 ・『MR君』が存在する製薬業界の営業、マーケティングの将来像
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆西章彦氏の略歴:
 大阪府出身。1990年、外資製薬会社に入社。MR職を経て、戦
 略企画グループに従事。製品戦略、ヒューマン・リソース・アロケ
 ーション、SFAプロジェクトなどの営業・マーケティング変革業務
 に従事。2000年、ソネット・エムスリーに入社し起業に参画。イン
 ターネットを中心に製薬企業のコンサルテーションを行うグルー
 プのリーダーとして『MR君』ビジネスの立ち上げに従事。2004年、
 同社・取締役に就任。『MR君』を中心としたコンサルティング・ビ
 ジネスを始めコンテンツ・ビジネス、リサーチ・ビジネス、『m3MT』
 (広告プロモーションビジネス)のビジネスを統括。現在に至る。 
------------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:【新着情報】
 『国内外のレコメンデーションの現状と展望~「モノ」の「オススメ
 」を超えて~』
 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社 専務取締役(COO)
 西村 淳子氏 
 http://www.silveregg.co.jp/ja/services/clickstorm
◆講演の概要:
・日本におけるレコメンデーションの現況
・サイトにおけるレコメンド戦略の実例
・グーグルの考えるニュース・レコメンデーションのご紹介
・新しいレコメンデーションの潮流
・クリック誘導型ソリューション『クリックストーム』の概要
―当日は、以上のようなポイントについてお話する予定です。
◆西村淳子氏の略歴:
 京都生まれ。神戸女学院大学を卒業。大阪府知事付通訳を経
 て同時通訳者として活動。英国オンライン・データベース企業の
 日本総代理店を設立。1998年より、シルバーエッグ・テクノロジ
 ー株式会社を、トーマス・フォーリーと設立。現在に至る。
 翻訳『One-to-oneマーケティングを超えたWebパーソナライゼー
 ション』(トーマス・A・フォーリー著/2002年5月・日経BP出版) 
------------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『世界市場への冒険!世界208か国からドンドン引き合いが来
 るネットショップの秘密とは?』
 WIPジャパン株式会社 第2情報事業部 WEBマーケティング
 グループ 責任者 百瀬 道子氏
 http://www.japan.wipgroup.com/
◆講演の概要:
 伸び悩む国内経済事情を背景に、国内だけでなく海外市場に
 目を向ける企業が急増しています。特に中小企業を中心に、
 比較的コストの安いインターネットを活用し、英語圏や成長著
 しいアジアに向けてネット販売を模索する企業が増えてきまし
 た。実際に従業員数10名以下の地方の小さな会社が、インタ
 ーネットを駆使し、世界各国の消費者・バイヤーから、毎日の
 ように直接の引き合いを受ける事例も出て来ています。
 このような企業は、なぜ少人数・少予算で海外市場を開拓でき
 たのでしょうか。海外向けネット販売に取り組む上での基礎知
 識や、その過程での担当者の工夫、効果のあったポイントなど
 をご紹介します。
◆百瀬道子氏の略歴:
 1978年、兵庫県出身。大学時代にコンピューター・デザインに
 出会う。大学卒業後、印刷会社・IT系出版社を経てウェブサー
 ビス会社を設立。同社にて2006年に2言語対応のネットショッ
 プASPを、2007年に多言語対応のネットショップASP『マルチリ
 ンガルカート』を開発する。2008年の事業買収に伴いWIPジャ
 パンに入社。『マルチリンガルカート』は、2008年4月現在、9言
 語・21通貨対応。約280社の導入実績があります。
------------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・金澤・ユン・青木
----------------------------------------------------
※6/12(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。6/10
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参加
 費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
---------------------------------------------------
○6/12(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
------------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
------------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いします。

===========================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋
 EC協会』(NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境
 経済新聞』編集部/代表・土屋憲太郎・金澤・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル
 6F(半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp  HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ: http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ: http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/ols/
 『三石玲子賞』:            http://ecken.jp/mitsuishi/
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/bbb/
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/ujg/
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/wnb/
 『日本検索経済大賞』: http://ecken.jp/nkk/
 『アバタービジネスグランプリ』:   http://ecken.jp/abg/
 『モバイルコマース・グランプリ』: http://ecken.jp/mcg/
 『環境経済大賞:エコカー部門とエコ住宅部門(2009年)』:
  http://ecken.jp/jk/
===========================
[PR]

by ecken | 2009-06-02 14:07
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30