<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


★10/9・ウェザーニューズの石橋取締役の講演が内定!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.日本で招待制のECサイトが増え始めている!その理由!
◆2.マガシーク,ロートレ・アモンの携帯サイト構築・支援開始!
◆3.CO2・25%削減は妥当という、末吉竹二郎さんとの対話!
◆4.10/9・講演1に、ウェザーニューズの石橋取締役が内定!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。おかげさまで10/9の講演1の講師に日本に本社
 がある世界1の気象コンテンツ企業:(株)ウェザーニューズ社
 の講演が内定しましたので、本日は配信の予定を早めて、速
 報いたします。

●今日の元気の出るニュースの第1は、『日本でも招待制のE
 Cサイトが増え始めている』という話題です。どうぞお楽しみに
 ・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『マガシークが、第1弾
 として、ロートレ・アモン(本社・神戸市)の携帯サイト構築の支
 援を開始する』という今後が楽しみな話題です。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『CO2・25%削減は妥
 当という、末吉竹二郎(国連環境計画・金融イニシアチブ特別
 顧問)さんとの長い対話』の第1回目の問題提起です。どうぞ
 お楽しみに・・・。

●10/9『EC研フォーラム』の講演1の講師に、株式会社ウェザ
 ーニューズ・取締役の石橋知博氏が内定しましたので、速報
 します。同社は日本に本社を置く、世界最大の気象情報(=
 気象コンテンツ)会社です。どうぞお楽しみに・・・。
 http://weathernews.com/jp/c/company/index.html

------------------------------------------------------
◆1.日本で招待制のECサイトが増え始めている!その理由!
------------------------------------------------------

●『日流eコマース新聞(9/17号)』の記事(1面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.日本では目新しいネットショップ形態の『招待制ECサイト』が
  今年に入って増えている。 
2.今年から日本で『招待制ECサイト』を始めた代表的な3社と
  して、(1)ギルト・グループ株式会社、(2)GSL JYPAN株
  式会社、(3)株式会社イキシア―がある。
3.ギルト・グループの桑野社長は、「マーケットを限定すること
  で 顧客の購買意欲を刺激できる」と指摘。
4.GSL JYPANでは、「招待制ECであれば、ブランド価値の
  維持が一定レベルで保てる利点」を指摘。
5.イキシアでは、自社が運営するECサイトの在庫商品を招待
  制ECサイトで展開している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●9/10朝日夕刊の記事を読んで以降・昨日までに、受け入れ
 態勢がある『ギルト・グループ』と、『GSL JYPAN』の2社に
 は、すでに10/9の講演の依頼状を出しています。

●OKの返事があり次第、また速報しますのでどうぞお楽しみ
 に・・・。

------------------------------------------------------
◆2.マガシーク、ロートレ・アモンの携帯サイト構築・支援開始!
------------------------------------------------------

●『日流eコマース新聞(9/17号)』の記事(2面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.女性向けアパレルECのマガシークは8/31、実店舗を持つ
  ファッション企業に対して、効果的な携帯サイト構築の支援
  事業を開始した。
2.第1弾はロートレ・アモン(本社・神戸市)。今後、年内に10
  社程度の支援事業を展開していく予定だ。
  http://www.lautreamont.co.jp/companyprofile/
3.現状では、実店舗への送客増強のための支援業務が中心
  だが、今後、(実店舗を持つ)アパレル企業からの要望が強
  まってくれば、「EC支援業務も検討していきたい」考えだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●実店舗を持つファッション企業に対して、アパレルECのマガ
 シークなどが、送客増強のために、携帯サイト構築の支援事
 業を本格化していくことは、ファッション分野に限らず、『リアル
 な商業とネットの商業との戦略的なクロス事業』の流れを象徴
 するものとして大いに注目して行きたいと思っています。

●結果はまだ分かりませんが、同社にも10/9の講演の依頼状
 を出しています。結果をどうぞお楽しみに・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.CO2・25%削減は妥当という、末吉竹二郎さんとの対話!
 ☆【長い対話】への第1歩として呼びかけたいと思います。☆
------------------------------------------------------

●9/18日経のインタビュー記事(5面・最終回)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.国連環境計画・金融イニシアチブ特別顧問の末吉竹二郎さ
  んは、鳩山新首相のCO2・25%削減提案を妥当として認め、
  「よかったと思う」、「(これでようやく)世界と同じ土俵で議論
  できるようになった」と評価。
2.末吉さんはまた、「低炭素社会への移行は不可避だ。今後、
  既存産業は製品や経営のグリーン度で判断されるようにな
  る」とも明言。
3.さらに、「(産業や家計などへの)負担ばかりを強調すべきで
  はない。温暖化が進んだときの被害と、食い止めるためのコ
  スト(の)両方を考える必要がある」と指摘。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●おおむね同感できる談話として、ひとまず歓迎したいと思いま
 す。しかし、金融の世界の良識派に見える末吉さんには、ぜひ
 語って欲しい内容・責務があります。

●ズバリ言えば、低炭素社会への移行は不可避だとして、どう
 すれば、『環境バブル』を避けられるか―という根本的な問題
 への対策と解決策への不断の模索と言及です。

●初めから決めつけるつもりはまったくありません。しかし、国
 連の環境計画という責任ある場所で、『金融のイニシアチブ』
 に関与し、その日本サイドの語り部を引き受けようとするので
 あれば・・・、

●末吉さんは、どうすれば、『環境バブルを避けられるか』―と
 いう最も根源的な問題について、自発的に語り始めるべきで
 あると思います。

●以上のような率直な問題提起が、良識派に見える末吉さんと
 の長い対話・長い共闘の始まりになることを、心から願って止
 みません。(第1信:2009年9月18日、EC研究会・エコ研究所
 ・代表 土屋憲太郎)

●お便りあり次第、その内容を無料の機関紙『環境経済新聞』
 でご紹介させていただければ幸いです。
  
------------------------------------------------------
◆4.10/9・講演1に、ウェザーニューズの石橋取締役が内定!
------------------------------------------------------

●次回10/9『EC研フォーラム』の講演1の講師に、株式会社ウ
 ェザーニューズ・取締役の石橋知博氏が内定しましたので、速
 報いたします。同社は千葉県・海浜幕張に本社を置く、世界最
 大の気象情報(=気象コンテンツ)企業です。
 http://weathernews.com/jp/c/company/index.html

●10/9(金)の午後、会場は下段の東京・神保町のオプトさん1
 階の会議室です。まだまだ不充分な段階でのご案内で申し訳
 ありませんが、お早目のお申し込みをスタッフ一同、心からお
 待ちしています。

☆===================================================☆
■日時:2009年10月9日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:【講師が内定しました】
 『(準備中のため、もうしばらくお待ちいただければ幸いです)』
 株式会社ウェザーニューズ 取締役 石橋 知博氏(内定)
◆講演の概要:(もうしばらくお待ちいただければ幸いです)
◆講師の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・青木
-----------------------------------------------------
※10/9(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。10/7
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参加
 費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
----------------------------------------------------
○10/9(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgi?field=17
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
==============================
[PR]

by ecken | 2009-09-18 18:48

★中国タオバオ、半期売上額は1兆円強!楽天+ヤフー超え!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
■『中国ネット販売の特質クイズ』3題の正解はB・A・B!■
◆1.中国タオバオ、半期売上額は1兆強!楽天+ヤフー超え!
◆2.ラグジュアリー・ブランドのネット進出、3社の戦略に注目!
◆3.若者の購買意欲・環境配慮で男性5倍、女性も3.5倍に!
◆4.次回『EC研フォーラム』は10/9(金)、会場は東京・神保町!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。日本の『七福神』のうち、3人がインド由来の神
 様で、3人が中国由来の神様。日本由来の神様は『恵比寿』
 だけであることはかなり有名な話で、小紙でも度々・紹介して
 来ましたね。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E7%A6%8F%E7%A5%9E

●日本の国家的な長期目標として、まず、『日米同盟』と『アジ
 ア重視』の両立が必要なわけですが、その『アジア重視』の中
 身もまた、『中国だけでなく、インドもアセアンも、その他のア
 ジア諸国・地域も』バランス良く重視する柔軟な姿勢が望まし
 いのではないかと思うのですが、いかがでしょうか・・・。

■今日はまず、『中国ネット販売の特質』に関連したクイズ3題
 の正解をお届けします。

-------------------------------------------------------
■問1:中国の消費者が、ネットで商品を買うときに、いちばん多
     く参考にしているのは、下記のうちどちらでしょうか?
     正解は、【B】BBSやブログのコメントが第1位です。
     【A】のテレビ広告の情報も3位に入っています。 

■問2:ネットで商品を買うときに、中国の消費者が多く利用する
     コミュニケーション手段は、下記のうちどちらでしょうか?
     正解は、【A】チャットです。即時性が好まれています。         
   
■問3:日本の著名なシンクタンクの、2012年の日本と中国の企
     業と消費者間(BtoC)の電子商取引(EC)の市場規模の
     予測データとして正しいのは、下記のうちどちらでしょうか? 
     正解は、【B】約12兆円で、中国市場の方が約1兆円多い
     ―です。
     ※EC研では、消費者という表現よりも、生活者という表
     現を重視していますが、混乱を避けるため、ここでは消
     費者という表現を便宜的に残しています。
-------------------------------------------------------

●今日の元気の出るニュースの第1は、『中国タオバオ、半期
 売上高は1兆強!楽天+ヤフー超え!』という今後が注目さ
 れる話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『ラグジュアリー・ブラ
 ンドのネット進出、3社の戦略に注目!』という今後が楽しみ
 な話題です。(ラグジュアリー・ブランドの定義については、下
 段をご参照ください)
 http://www.cafeglobe.com/news/trendbuzz/tr080115.html

●今日の元気の出るニュースの第3は、『若者の購買意欲・環
 境配慮で男性5倍、女性も3.5倍になる』というすごい話題で
 す。どうぞお楽しみに・・・。

●次回の『EC研フォーラム』は、10/9(金)の午後、会場は東京
 ・神保町のオプトさん1階の会議室です。どうぞお楽しみに・・・。

------------------------------------------------------
◆1.中国タオバオ、半期売上高は1兆強!楽天+ヤフー超え!
------------------------------------------------------

●日経流通記事(1面、上海支局・下原口徹記者のレポートを
 含む)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.中国最大の電子商取引(EC)企業アリババグループの『海
  宝網(タオバオ)』は、中国ネット販売の巨人(ガリバー)だ。
2.創業以来6年足らずで、今年1月~6月期:1兆1300億円と、
  日本のヤフーと楽天を合わせたネット販売額をすでに上回
  っている。
3.2010年には中国ネット販売の市場規模は、前年比2.3倍
  の4千億元(5兆6千億円)に達し、日本に並ぶ勢いだ。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●素晴らしい勢いであることがわかりますね。しかし、筆者は、
 むしろ冷静に、(1)中国経済の高度成長がいつ終わってしま
 うのか、(2)日本をはるかにしのぐ中国の少子高齢化や『富
 国強兵』の『強兵』から『富民』政策への転換=中国高度福祉
 社会の建設に、充分に間に合うのかどうかを真剣に心配して
 います。
 
------------------------------------------------------
◆2.ラグジュアリー・ブランドのネット進出、3社の戦略に注目!!
------------------------------------------------------

●9/10朝日夕刊のコラム記事(3面、生駒芳子氏)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ネット販売が人気だ。特に最近は(高級だけでなく、何かしら
  感動を招くような)ラグジュアリー・ブランドのネット進出が目
  立っている。
2.8月末にスタートした会員制サイト『グラムールセールス』の
  代表は、ルイ・ヴィトン日本法人の副社長から転身したばか
  りだ。
3.昨年末に上陸した米招待制サイト『ギルト』は、人気ブランド
  が最大70%オフの価格で買えると評判だ。
4.同時期に上陸した米サイト『グラム』は、大量のブロガーと携
  え、雑誌ばりの情報を掲載して、高級ブランドの広告を集め
  始めている。
5.ラグジュアリーな世界と生活者を結ぶ、ネット販売の今後の
  経済効果が大いに注目される。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●米国のラグジュアリー・ブランドの日本市場への現在の進出
 ぶり、そのネット販売戦略をよく観察し分析してみると、日本ブ
 ランドの中国EC展開・アジアEC展開の対象者別(収入層別・
 ライフスタイル別)の基本的な戦略もまた透けて見えて来るよ
 うに思うのですが、いかがでしょうか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.若者の購買意欲・環境配慮で男性5倍、女性も3.5倍に!
------------------------------------------------------

●9/14日経流通記事(4面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.民間調べによれば、環境配慮のイメージがある企業の製品
  に対して、若者の購買意欲が高まることがわかった。
2.男性の購買意欲は約5倍、女性も約3.5倍になった。
3.また、若者がエコに取り組む理由として、地球環境への配
  慮という側面よりも、むしろ節約という側面を重視する傾向
  が強いことも明らかになった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●同記事によれば、節約派は女性が42.8%、男性でも36.
 5%を占めています。つまり、エコで節約につながるイメージ(
 あるいは実体)が重視されていることがよく分かりますね。 

------------------------------------------------------
◆4.次回の『EC研フォーラム』4講演は、10/9(金)の午後!
------------------------------------------------------

●次回の『EC研フォーラム』は、10/9(金)の午後、会場は下段
 の東京・神保町のオプトさん1階の会議室です。どうぞお楽しみ
 に・・・。

☆===================================================☆
■日時:2009年10月9日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講演の概要:
◆講師の略歴:
-----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgi?field=17
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
==============================
[PR]

by ecken | 2009-09-14 18:22

★9/11・講演1『中国ネット市場では誰に何を売るべきか』!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.米ウォールマート,自社サイトを電子市場化,他社出店OK!
◆2.ユニクロ国際人材を日米中で継続育成!第1陣は2百名!
◆3.日本の8月の新車販売、前年比2.3%増の約20万台に!
◆4.9/11・講演1『中国ネット市場では、誰に何を売るべきか』!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。中国・インド・韓国・ベトナム(そして日本?)アジ
 ア経済に明るい太陽が再び輝き出し始めようとていますね。
 もうすぐですね・・・。
 
●今日の元気の出るニュースの第1は、『米ウォールマートが自
 社の販売サイトを電子市場化、他社出店を積極的に進める』
 という今後が注目される話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第2は、『ユニクロが国際人材を
 日米中で継続的に育成、第1陣は2百名』という頼もしい話題で
 す。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気の出るニュースの第3は、『日本の8月の新車販売
 が前年比2.3%増の約20万台になった』という明るい話題です。
 どうぞお楽しみに・・・。

●おかげさまで、9/11『EC研フォーラム』4講演が好評です。本
 日は講演1の核心、『中国ネット市場では、誰に何を売るべき
 か』にご注目いただければ幸いです。

●お手数ですが、最下段のお申し込み欄に必要事項をご記入
 のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.米ウォールマート,自社サイトを電子市場化,他社出店OK!
------------------------------------------------------

●9/2日経記事(9面、ニューヨーク発・杉本晶子記者)によれば
 ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.世界最大の小売業、米ウォールマート・ストアーズは、8/31、
  自社ネット販売サイト内に電子市場コーナーを新設。提携先
  の他社が出店することを積極的に進めると発表。
2.まずベビー用品や住居関連、衣料品などの分野で提携。ネ
  ット上の総合小売業・最大手のアマゾン・ドット・コムなどに
  対抗する。
3.電子市場コーナーの名称は、『ウォールマート・マーケットプ
  レース』。すでに『CNSストアーズ』などが出店し、約100万点
  が売り出されている。
4.決済や発送にかかわる業務はウォールマートが請け負う。
5.利用者は、『ウォールマート・ドット・コム』に口座を設ければ
  (1)ウォールマートの商品に加え、(2)出店業者の商品も
  購入できる仕組みだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●いよいよ『ネット販売と実店舗販売との効果的な交差(クロス
 ・マーケティング)が世界最大の小売業でも始まりましたね。

●米ウォールマートが新設した電子市場(マーケットプレース)
 への具体的な出店条件などはまだ不明なので、日本の流通
 紙誌各社の追跡記事・調査報道などをぜひお願いしたいと思
 います。

------------------------------------------------------
◆2.ユニクロ国際人材を日米中で継続育成!第1陣は2百名!
------------------------------------------------------

●9/2日経記事(3面)によれば・・・。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ユニクロを展開するファーストリテイリングは、海外事業拡
  大に向けて、経営幹部の大量育成に乗り出す。経営幹部
  の育成に年間10億円以上の経費を継続的に投じる。
2.2010年以降、日本や米国、中国に専門教育機関を順次・
  設置。社内外から選抜した30~40代の人材を3~5年かけ
  て育成し、海外現地法人などの経営を担わせる。
3.来年まず日本で研修生200人(うち100人は社外から募集す
  る)を受け入れる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●経営の根幹を担う国際的な人材の育成にいち早く取り組む
 ファーストリテイリングの姿勢を、まず高く評価し心から歓迎
 したいと思います。

------------------------------------------------------
◆3.日本の8月の新車販売、前年比2.3%増の約20万台に!
------------------------------------------------------

●9/2日経記事(1面)によれば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.8月の国内新車販売(軽自動車を除く)は前年同月比2.3
  %増の19万8265台で、昨年の7月以来1年1か月ぶりに前
  年実績を上回った。
2.トヨタが9万2547台で前年同月比9.5%増。ホンダが同13.
  4%増。三菱自動車が同22.8%増。ダイハツ工業が同9.
  2%増だった。
3.ハイブリッド車(HV)や電気自動車に代表されるエコカーへ
  の税の減免や補助金が大きく寄与している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●国内新車販売が1年1か月ぶりに前年同月の実績を上回っ
 たことは、ひとまず朗報ですね。本格的な景気回復に向けて
 油断せずに、お互いに全力を傾けていきたいですね・・・。

------------------------------------------------------
◆4.9/11・講演1『中国ネット市場では、誰に何を売るべきか』!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、9/11『EC研フォーラム』4講演が好評です。本
 日は講演1の核心、『中国ネット市場では、誰に何を売るべき
 か』にご注目いただければ幸いです。

●お手数ですが、最下段のお申し込み欄に必要事項をご記入
 のうえ、お早目にお申し込みいただければ幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2009年9月11日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『中国における富裕層像とEC市場参入のポイント』
 (株)チャイナ・コンシェルジュ代表取締役CEO 大西 正也氏
URL; http://www.concierge.com.cn
◆講演の概要:
 愛知万博協会から、『中国人富裕層誘致』の依頼を受けて以来、
 日本政府観光局を始め、各都道府県から依頼を受けた『富裕層
 誘致』のための広報・誘客支援は、40県を超え、ご依頼はますま
 す増えています。
 同時に観光だけでなく、中国人向け商品販売やECサイトの運営
 をお手伝いしてる中で、売れる商品の選定やプロモーションにお
 いてよく質問を受ける項目を中心に「誰に何を売るべきか」の指
 針になるようなお話をしたいと思います。
 ・中国人富裕層ってどんな人?銀座で買い物する中国人はどん
  な人?
 ・中国人の日本製品に対する意識~「何が売れるか?」を知る
  方法
 ・中国人に見られるウェブサイトにするために
◆大西正也氏の略歴:(同上)
 1963年、兵庫県生まれ。大阪市立大学・経済学部を卒業。
 1989年、株式会社リクルートへ入社。
 1995年、大連で創業。現在、東京を本社とし、大連・北京・香港・
 上海にて事業を展開。
 ■主な事業内容;
 ・フリーマガジンの企画・制作・発行:
 在中日本人向け『Concierge』、
 香港OL向け『needs』、中国人富裕層向け『A[ei]』
 ・ウェブサイトの企画・運営・制作:
 中国生活情報サイト『ちゃいなび』、
 日中求人サイト『ちゃいなびワークス』
 ・ウェブサイトの運営協力:
 JNTO(日本政府観光局)中国向けプロモーションサイト
 http://www.welcome2japan.cn/
 日本郵便事業株式会社 中国向けECモール『JapaNavi』
 http://japanavi.post.japanpost.jp/
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『アジア向けEC支援コンソーシアム「ECAA」と、当社の中国事
 業への取り組みについて』
 SBIベリトランス株式会社 総合企画室 室長 矢井 知章氏
 http://www.veritrans.co.jp/
◆講演の概要:
 本年4月に設立されたアジア向けeコマース事業者支援コンソ
 ーシアム『ECAA』(EC for Asia Alliance)について、
 ・設立の経緯
 ・活動内容
 ・目的
 ・アジア向けECの課題
 ―を中心にお話しします。
 また『ECAA』設立の動機にもなったSBIベリトランスの中国事
 業への取り組みについて、今後アジアの中心になる中国のEC
 事情のご紹介を交えてお話ししたいと思います。
◆矢井知章(やい・ともあき)氏の略歴:
 2000年からEC、ウェブマーケティングの支援に携わり、
 2008年8月、インターネット上の総合決済プロバイダーである
 SBIベリトランス株式会社に入社。
 中国向けECモール『Buy-J.com(バイ-ジェイ・ドット・コム)』の
 立ち上げに従事。マネージャー職を経て、現在、総合企画室長
 として主に新規事業、海外事業を担当。
 テレビ東京 ニュースモーニングサテライト、ワールドビジネス
 サテライト、日本経済新聞など多数のメディアで取り上げられ
 ています。
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『ETCの民間活用とITS事業企画(IBA)の事業展開』
 ITS事業企画株式会社 代表取締役社長 青木 新二郎氏
 http://www.itsbiz.co.jp/
 (パーク24(株) パーキング総合研究所 所長を兼任)
 http://www.park24.co.jp/japanese/company/profile.cfm
◆講演の概要:
 ITS事業企画株式会社(IBA)は、2003年の設立以来、駐車
 場・フェリーなどに対して、ETCを活用した入退場管理サービ
 スを提供してきました。同様の駐車場サービスを提供してき
 た、パーク24(株)が2008年に経営権を取得しました。こうし
 たETC活用について・・・、
 ・ETC民間活用の仕組み
 ・IBAの入退場サービス(駐車場・フェリーなど)
 ・携帯電話を活用した情報配信サービス
 ・今後の課題と展開の可能性
 ―当日は以上のような点についてお話しさせていただきます。
◆青木新二郎氏の略歴:
 1987年、早稲田大学・政治経済学部・経済学科を卒業し、
       野村総合研究所に入社。
 1992年、エール大学・経営学修士を取得。
 1999年、パーク24株式会社に入社。一貫して駐車場の利用
       動向やITSの推進に携わり、
 2005年、パーキング総合研究所・所長に就任。
 2008年、 ITS事業企画株式会社の代表取締役社長を兼任。
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:(すべて決まりました)
 『IBMの提唱するSmarterPlanet(スマーター・プラネット)の世
 界』 アイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス(株)
 戦略コンサルティングサービス シニアコンサルタント
 佐藤 暢佳(のぶか)氏
 http://www-06.ibm.com/services/bcs/jp/aboutus/#4
◆講演の概要:
 2008年に米国で発生した金融危機は、予想を上回るスピード
 で世界中へと広がり、日本経済にも大きな打撃を与えました。
 世界はますます「スモール化」「フラット化」が進んでいます。ビ
 ジネスや社会をより効率化し新たな対応を行うために、「機能
 化」「相互接続」「インテリジェント」をキーワードにIBMの提唱
 する『SmarterPlanetの世界』をお話しさせていただきます。
◆佐藤暢佳(のぶか)氏の略歴:
 学生時代からインターネットを主軸とした経営に関わり、1999
 年慶應義塾大学卒業後、日本IBMにエンジニアとして入社。
 アウトソーシングビジネスやEC関連の事業研究、ウェブ開発
 などに従事。2002年、IBMビジネスコンサルティングサービス
 に出向後、IT戦略策定や営業戦略策定などのプロジェクトに
 従事。
-----------------------------------------------------
○お申し込みは下記宛にお願いします。
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・青木
-----------------------------------------------------
※9/11(金)午後のフォーラムのお申し込みを歓迎します。9/9
 (水)までに参加費9千円を下記の口座にお振り込み下さい。
 (消費税分は不要です)当日現金でのお支払いの場合の参
 加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
----------------------------------------------------
○9/11(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。      (2)参加できません。
----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgi?field=17
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
==============================
[PR]

by ecken | 2009-09-02 17:17 | 情報経済新聞
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30