<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


★ツイッター活用とメルマガ見直しでネット販売倍増へ!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.リチウムイオン電池6割の日本追う韓国と中国のメーカー!
◆2.3D関連の5市場!ゲーム4千億円など1兆円超えを予測!
◆3.創造型需要で先行利得!小宮山三菱総研理事長が提言!
◆4.ツイッター活用とメルマガ見直しでネット販売・勢い倍増へ!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
☆こんにちは。学生時代に参加させていただいた『太平洋大学』
 の学長でもあった大森実さん(88歳)が、3/25永眠されました。
 心からお悔やみを申し上げます。そして大森実さんの著書『石
 に書く』、その記者魂を、ぜひ継承して参りたいと念じています。
  
●今日の元気が出るニュースの1番目は、『リチウムイオン電池
 6割の日本追う韓国と中国のメーカー』の話題です。どうぞお楽
 しみに・・・。

●今日の元気が出るニュースの2番目は、『3D関連の5市場が
 ゲーム4千億円など1兆円を超える』という市場予測のご紹介
 です。どうぞお楽しみに・・・。

●本日の元気が出るニュースの3番目は、『創造型需要で先行
 利得を提言された、三菱総研理事長の小宮山宏氏の分析』の
 骨子ご紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

☆本日の元気が出るニュースの4番目は、4/9(金)『EC研フォ
 ーラム』講演3と4の、下段のような【ツイッター活用とメルマガ
 見直しでネット販売・勢い倍増】講演骨子のご紹介です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※講演3の骨子は、『数から質の時代に移行した、やり直しのメ
  ルマガ講座』で、5千社以上の指導実績を持つ、メルマガ専門
コンサルタントの平野友朗(ともあき)氏が担当されます。
※講演4の骨子は、『ウェブビジネスの新潮流と確かな収益化手
  法』で、8部門すべてが黒字で売上・利益ともに破竹の勢いの
 (株)じげん社長の平尾丈(じょう)氏が担当されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆月末・年度末など、なにかと多忙な時期ですが、おかげさまで、
 大変に好評です。お早目にお申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.リチウムイオン電池6割の日本追う韓国と中国のメーカー!
------------------------------------------------------

●3/26日経記事(13面)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.民生用リチウムイオン電池のシェア第1位(08年、数量ベー
  スで43.1%)のパナソニックは、約1千億円を投資して月産5
  千万個=5倍増以上の生産を目指している。
2.第2位のソニーのシェアは17.2%。第3位の韓国サムスンS
  DIは15.1%。第4位の中国BYDは8.9%。
3.同電池は、携帯電話・電気自動車(EV)・住宅用などに用途
  が拡大している。
------------------------------------------------------

●ちなみに、第4位の中国BYD(広東省)は、自動車メーカーと
 しては後発ですが、09年には中国で約45万台を販売。乗用車
 のシェアは6位。小型車『F3』がヒットしモデル別販売台数では
 首位。日本の金型大手オギハラの群馬県・館林工場を4月に
 買収します。(出典:3/27日経1面トップ記事)

●1995年設立のBYDの09年12月期の売上高は前期比47.3%
 増の約5200億円。最終利益は前期比3.7倍の約500億円。(
 出典:3/27日経11面記事)

------------------------------------------------------
◆2.3D関連の5市場!ゲーム4千億円など1兆円超えを予測!
------------------------------------------------------

●3/28日経記事(3面)『きょうのことば』によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.3D関連・5部門の市場規模は総額1兆円以上を予測。
2.ゲームは2018年に4000億円。ディスプレーは2019年に4321
  億円。ネット広告は2018年に2200億円。eラーニング(ネット
  を使った遠隔医療)は2018年に625億円。映画は2012年前後
  に200億~400億円が、各々見込まれている。
------------------------------------------------------

●ちなみに、3Dテレビでみたい映像の調査では、1位が映画で
 94%、2位がスポーツで50%、3位がドキュメンタリーで31%、
 第4位がアニメで30%。(出典:3/28日経3面記事)

●今後はスポーツ、コンサートのライブ映像のほか、医療や教
 育分野など、多方面での利用が進む見通しで、任天堂は6月
 の米国の見本市で、眼鏡なしで3D(3次元)映像のゲームが
 楽しめる製品を発表。今年の後半以降に日米欧で発売する
 予定です。(出典:3/29日経17面記事)
  
------------------------------------------------------
◆3.創造型需要で先行利得!小宮山三菱総研理事長が提言!
------------------------------------------------------

●3/26日経『経済教室』記事(31面)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.三菱総研理事長の小宮山宏氏(前東大総長)は、中国の人
  工物の飽和の状況をセメントと自動車で分析。中国の高度
  成長が世界経済をけん引できるのは「今後5~10年ほど」と
  見てもおかしくないと指摘。
2.日本経済は、人工物の飽和に向う【普及型需要】だけでなく
  環境問題や高齢化などの課題を先んじて解決する【創造型
  需要】を掘り起こし、先行者利得を目指すべきだと提言。
3.有望分野として、(1)低炭素社会の実現と、(2)活力ある高
  齢社会の実現を―目指すべきだと提言。
------------------------------------------------------

●いま急成長中の中国ですが、2030年代の初めには人口が減
 り始め、ひとりっ子政策などの影響で、韓国や日本以上の速さ
 で高齢化する公算が高いことも、けして忘れないで欲しいと思
 います。

●特に、戦前の日本のような、【富国強兵】路線を早急に改め、
 市民1人ひとりが本当の意味で豊かになれる【富国富民】政策
 を円滑に進めてくれることを、40年以上にわたる古くからの友
 人として、強く求めたいと思います。
  
------------------------------------------------------
◆4.ツイッター活用とメルマガ見直しでネット販売・勢い倍増へ!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/9の『EC研フォーラム』の講演3と4の魅力的
 な内容が、下段(骨子)のように決まりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※講演3の骨子は、『数から質の時代に移行した、やり直しのメ
  ルマガ講座』で、5千社以上の指導実績を持つ、メルマガ専門
コンサルタントの平野友朗(ともあき)氏が担当されます。
※講演4の骨子は、『ウェブビジネスの新潮流と確かな収益化手
  法』で、8部門すべてが黒字で売上・利益ともに破竹の勢いの
 (株)じげん社長の平尾丈氏が担当されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●月末・年度末など、なにかとお忙しい時期ですが、おかげさま
 で、大変に好評です。お早目にお申し込みいただければ幸い
 です。

☆===================================================☆
■日時:2010年4月9日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。(学士会館の真後
 ろのビルの1階です)
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 『ツイッター連動の在庫検索サービス「コレカモネット」の活用』
 (仮題)
 株式会社 東急ハンズ IT物流企画部 部長 『コレカモネット』
開発責任者 長谷川秀樹氏
 HP: http://korekamo.net/
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆長谷川秀樹氏の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 『4/1からツイッターを使った成果報酬広告を始めるイデアクロ
 スのシステム力と販売戦略』(仮題)
 イデアクロス株式会社 代表取締役社長 中嶋 公栄氏
 HP:http://hp.ideacross.co.jp/p/profile
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆中嶋公栄(なかしま・こうえい)氏の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
 『間違いだらけの、メルマガ活用、いまさら聞けない、やり直し
 のメルマガ講座』
 有限会社アイ・コミュニケーション 代表取締役社長 
 メルマガ専門コンサルタント 平野 友朗(ともあき)氏
 http://www.sc-p.jp/
◆講演の概要:
 最新ツールが続々と誕生する昨今、メルマガは古い手法に思
 われがちですが実際に効果を出すに至るまで、メルマガを使
 いこなしている会社は少ないようです。
 ビジネスモデルとメルマガの関係にも変化があらわれ、読者は
 数から質への時代に移りました。やみくもに読者数を増やした
 時代は終わったのです。リストはもう買えません。
 それでは、読まれるメルマガ・捨てられるメルマガはどこが違う
 のでしょうか?ブランディングや売り上げアップに貢献している
 メルマガには成功のポイントがあります。メルマガの活用方法
 について、事例を交えながら解説します。
 これからの読者の集め方、よく間違われる「一斉配信」と「ステ
 ップメール」について、読者に求められるコンテンツ作り、配信
 システムの機能&料金、自分に合った配信システムの選び方
 など、メルマガで成功するノウハウをご紹介します。
◆平野友朗(ともあき)氏の略歴:
 1974年、北海道生まれ。筑波大学・人間学類で認知心理学を
 専攻。広告代理店勤務を経て独立。日本で数少ないメルマガ
 専門コンサルタントとしても知られている。メルマガ黎明期より、
 その可能性にいち早く気づきノウハウを体系化。商品化された
 ビデオ『メルマガのノウハウ』はシリーズ3千本以上を売り上げ、
 数々のメルマガを、オピニオンリーダー誌など影響力のあるメ
 ディアに育てあげる。起業からわずか7年で顧客は5千社を超
 える。
 「流れのない販売方法は売れない。売るのは仕組み!」という
 ポリシーのもと、粗利額の高いビジネス展開をしているクライア
 ントに最もその手腕を発揮する。現在は、ビジネスモデルの見
 直し、ウェブマーケティングによる集客から販売戦略、メディア
 戦略などそのアドバイスは多岐にわたる。また、各媒体におけ
 る効果測定の膨大なデータを保持しており、顧客の経営ステー
 ジにあわせた広告戦略提案には定評がある。
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
 『ウェブビジネスの新潮流と、体得した確かな収益化手法』
株式会社 じげん 代表取締役社長 平尾 丈氏
 http://zigexn.co.jp/
◆講演の概要:
1.ウェブメディア ~WEB(ウェブ)2.0その後
 ・ WEB(ウェブ)サイトの増加
 ・ WEB(ウェブ)メディアの撤退
 ・ サービスの存続のための公式
 ・ よくあるケース
2.マネタイズ手法 【CREAM(クリーム)メソッド】
 ・ ウェブサービスの収益化手法 【CREAMメソッド】
・ Commission(コミッション:有料課金)
 ・ Rights(ライツ:著作権)
 ・ E-Commerce(eコマース:ネット通販)
 ・ Advertisemnet(アドザタイズメント:広告)
 ・ Marketing Research(マーケティングリサーチ:調査)
3.じげん社の現状と展望~オンライン・リード・ジェネレーション
 ・ 会社概要
 ・ バーティカルサーチ×オンライン・リード・ジェネレーション
・ 米国での先行事例
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆平尾丈(じょう)氏の略歴:
 01年4月 慶応義塾大学・環境情報学部に入学。
 03年2月 神奈川県主催のアントレプレナービジネスコンテスト
       に優勝。
 04年10月 東京都主催の学生起業家選手権に優勝。
       株式会社営業を設立し代表取締役に就任。
 05年3月 慶應義塾大学・環境情報学部を卒業。SFC AWARD
        (SFCアワード)を受賞。
 05年4月 株式会社リクルートに新卒入社。   
 05年5月 同社インターネットマーケティング局HRGに異動。New
       ValueCreation(ニュー・バリュー・クリエイション)受賞。         
 05年10月 同社の新規事業コンテストNewRing(ニューリング)複
       数同時入賞。事業開発室に異動。
       株式会社ドリコムジェネレーティッドメディアに出向。   
 07年12月 リクルート社を退社
 08年1月 ドリコムジェネレーティッドメディア 代表取締役就任。
 10年9月 株式会社じげんに商号を変更。代表取締役社長。
 -----------------------------------------------------
●4/9の『EC研フォーラム』のお申し込みは下記宛にお願いしま
 す。 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
●4/9(金)午後の、『EC研フォーラム』のお申し込みを歓迎しま
 す。4/5(月)までに、参加費9千円を下記の口座にお振り込み
 下さい。(消費税分は不要です)
 当日・現金払いの場合の参加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
-----------------------------------------------------
○4/9(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------- 
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・遠藤・田ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgifield=17
==============================
[PR]

by ecken | 2010-03-30 16:37 | 情報経済新聞

★4/9・『ツイッターを使った成果報酬広告』講演に注目!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.ネットを介して“連帯感”を求める!今どきの生活者の姿!
◆2.電気自動車普及20年に保有200万台、新車販売80万台!
◆3.4/9・『ツイッターを使った成果報酬広告』講演にご注目を!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
☆こんにちは。おかげさまで、4/9『EC研フォーラム』の講演2の
 講師が、4/1からツイッターを使った成果報酬広告を始めるイ
 デアクロス(株)社長の中嶋公栄氏に決まりました。
 HP: http://hp.ideacross.co.jp/p/profile

☆ネットレイティングスによれば、2月のツイッターへのアクセス
 数は推定560万人。アスキー総研の調査では、ツイッター利用
 者の51.5%が短文(140字)で紹介された商品のサイトをチェッ
 ク、14.4%は購入経験があるそうです。(出典:3/24日経35面)
  
●今日の元気が出るニュースの1番目は、『ツイッターや動画サ
 イトへの書き込みなど 新メディアが消費を生んでいる』現状の
 ご紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気が出るニュースの2番目は、『電気自動車の本格
 的な普及に向けて、経産省が2020年には保有200万台、新車
 販売では80万台を目指す』という方針のご紹介です。どうぞお
 楽しみに・・・。

●本日の元気が出るニュースの3番目は、4/9のEC研フォーラ
 ム前半の『ツイッター活用ビジネス特集』のご紹介です。どうぞ
 お楽しみに・・・。

☆決算月の最後の追い込みなど、お忙しい時期ですが好評が
 予想されますのでお早目にお申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.ネットを介して“連帯感”を求める!今どきの生活者の姿!
------------------------------------------------------

●3/24日経『コンシューマ最前線』記事(35面)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.良品計画が2月に実施したネット販売の時間限定のセール
  をツイッターで知った延べ約2万人がアクセス。4時間で約
  600人がワンピースなどの商品を購入した。
2.ツイッターには、『RT』(リツイート)と呼ばれる他人の投稿を
  引用する機能があり、興味を引く投稿は瞬く間に、ユーザー
  の間に広がる。
3.投稿動画サイト『ニコニコ動画』の動画の下に、関連商品の
  リンクが張られており、この仕組みを通じた09年の物品の売
  上高は前年比10%増の約31億3千万円だった。
------------------------------------------------------

●同記事によれば、「背景にはネットを介して“連帯感”を求め
 る」今どきの生活者の姿があるようですね。

------------------------------------------------------
◆2.電気自動車普及20年に保有200万台、新車販売80万台!
------------------------------------------------------

●3/25日経記事(5面)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.経産省は電気自動車など次世代自動車の新車販売に占め
  る割合を引き上げ、2020年に50%、2030年に70%を目指す
  方針を固めた。
2.また、同省は2020年までに電気自動車の保有台数を200万
  台程度に増やす目標を掲げており、家庭向けの充電器の配
  備目標も200万台に設定する。
3.さらに同省では、電池の形や性能の評価方法、充電システ
  ムなどの国内の規格統一に早期に着手し、国際規格づくり
  を主導できるようにする方針だ。
------------------------------------------------------

●同省はすでにリチウムイオン電池の材料開発を促進するた
 め、4月上旬に、民間企業16社と共同で『研究開発センター』
 を新設しますが、【電池の形や性能の評価方法、充電システ
 ムなど国内の規格統一】方針を歓迎すると同時に、その早期
 実現を強く求めたいと思います。
 
 
------------------------------------------------------
◆3.4/9『ツイッターを使った成果報酬広告』講演2にご注目を!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/9『EC研フォーラム』の講演1は『ツイッター
 連動の在庫検索サービス』に決定。講演2もまた、『ツイッター
 を使った成果報酬広告』に決定。『ツイッター活用ビジネスの
 特集講演』になりました。

●決算月の最後の追い込みなどなにかとご多忙な時期ですが、
 好評が予想されますので、お早目にお申し込みいただければ
 幸いです。

☆===================================================☆
■日時:2010年4月9日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。(学士会館の真後
 ろのビルの1階です)
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 『ツイッター連動の在庫検索サービス「コレカモネット」の活用』(仮題)
 株式会社 東急ハンズ IT物流企画部 部長 『コレカモネット』
開発責任者 長谷川秀樹氏
 HP: http://korekamo.net/
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆長谷川秀樹氏の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 『4/1からツイッターを使った成果報酬広告を始めるイデアクロ
 スのシステム力と販売戦略』(仮題)
 イデアクロス株式会社 代表取締役社長 中嶋 公栄氏
 HP:http://hp.ideacross.co.jp/p/profile
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆中嶋公栄(なかしま・こうえい)氏の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 【講師が決まりましたが、先方とのお約束で、内容につきまして
 は、原稿到着次第、改めてご紹介いたしますので、もうしばらく
 お待ちいただければ幸いです】
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
 『ウェブビジネスの新潮流と、体得した確かな収益化手法』
株式会社 じげん 代表取締役社長 平尾 丈氏
 http://zigexn.co.jp/
◆講演の概要:
1.ウェブメディア ~WEB(ウェブ)2.0その後
 ・ WEB(ウェブ)サイトの増加
 ・ WEB(ウェブ)メディアの撤退
 ・ サービスの存続のための公式
 ・ よくあるケース
2.マネタイズ手法 【CREAM(クリーム)メソッド】
 ・ ウェブサービスの収益化手法 【CREAMメソッド】
・ Commission(コミッション:有料課金)
 ・ Rights(ライツ:著作権)
 ・ E-Commerce(eコマース:ネット通販)
 ・ Advertisemnet(アドザタイズメント:広告)
 ・ Marketing Research(マーケティングリサーチ:調査)
3.じげん社の現状と展望~オンライン・リード・ジェネレーション
 ・ 会社概要
 ・ バーティカルサーチ×オンライン・リード・ジェネレーション
・ 米国での先行事例
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆平尾丈(じょう)氏の略歴:
 01年4月 慶応義塾大学・環境情報学部に入学。
 03年2月 神奈川県主催のアントレプレナービジネスコンテスト
       に優勝。
 04年10月 東京都主催の学生起業家選手権に優勝。
       株式会社営業を設立し代表取締役に就任。
 05年3月 慶應義塾大学・環境情報学部を卒業。SFC AWARD
        (SFCアワード)を受賞。
 05年4月 株式会社リクルートに新卒入社。   
 05年5月 同社インターネットマーケティング局HRGに異動。New
       ValueCreation(ニュー・バリュー・クリエイション)受賞。         
 05年10月 同社の新規事業コンテストNewRing(ニューリング)複
       数同時入賞。事業開発室に異動。
       株式会社ドリコムジェネレーティッドメディアに出向。   
 07年12月 リクルート社を退社
 08年1月 ドリコムジェネレーティッドメディア 代表取締役就任。
 10年9月 株式会社じげんに商号を変更。代表取締役社長。
 -----------------------------------------------------
●4/9の『EC研フォーラム』のお申し込みは下記宛にお願いしま
 す。 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
●4/9(金)午後の、『EC研フォーラム』のお申し込みを歓迎しま
 す。4/5(月)までに、参加費9千円を下記の口座にお振り込み
 下さい。(消費税分は不要です)
 当日・現金払いの場合の参加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
-----------------------------------------------------
○4/9(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------- 
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・遠藤・田ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgifield=17
==============================
[PR]

by ecken | 2010-03-26 13:08 | 情報経済新聞

★4/9ツイッターで商品と在庫がわかる東急ハンズ講演1に注目を!★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.セブン、ヤフーと共同でネット&店頭の人気商品を開発へ!
◆2.ネット販売とタッグを組む百貨店、衣料品や食品で開始!
◆3.ゲイツ氏、東芝と組み次世代原発!私財数千億の投入も!
◆4.4/9(金)午後、講演4の魅力的な講演内容が決まりました!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
●こんにちは。おかげさまで、たったいま、4/9の講演1に東急ハ
 ンズさんと良品計画さんの共同事業で、経済産業省の小売業
 のIT支援事業でもある、ツイッター連動の『コレカモネット』開発
 責任者の長谷川秀樹氏(東急ハンズ・IT物流企画部・部長)の
 講演が正式に決定しました。 http://korekamo.net/

●『コレカモネット』は、ツイッターで「かわいい石けん」、「父の日
 のプレゼント」など、欲しい商品やギフトの特徴などを入力する
 と、該当する商品の概要とその在庫店がわかる、いま人気ナ
 ンバーワンのツイッターと、店頭が連携・連動する画期的なサ
 ービスです。(原典:3/2日経13面記事)
 
●今日の元気が出るニュースの1番目は、『セブン&アイが、ヤ
 フーと共同で、ネット販売の人気商品を店頭向けに開発する』
 という、これから10年の『リアルとネットの相互貢献時代』という
 大きな潮流を浮き彫りにする象徴的な話題です。どうぞお楽し
 みに・・・。

●今日の元気が出るニュースの2番目は、『ネット販売とタッグ
 を組む百貨店』の話題です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気が出るニュースの3番目は、『ゲイツ氏が東芝と
 組み次世代原発を開発する』という、驚きの話題です。どうぞ
 お楽しみに・・・。

●おかげさまで、4/9(金)午後の講演4の魅力的な講演内容が
 正式に決まりました。決算月の最後の追い込みの時期ですが、
 お早目にお申し込みいただければ幸いです。

------------------------------------------------------
◆1.セブン、ヤフーと共同でネット&店頭の人気商品を開発へ!
------------------------------------------------------

●3/23日経記事(1面)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.セブン&アイ・ホールディングスはヤフーと共同で店頭用の
  ヒット商品の開発を始める。
2.まず、ヤフーのネット販売で人気の高い食品を対象にして
  厳選し、さらに磨きをかけて、店頭などで大量販売できる商
  品に仕上げて、来年から全国約1万4千店のコンビニなど
  で販売する。
3.来年以降、食品だけでなく、同様の取り組みを衣料品や化
  粧品などにも広げ、3年以内に100点以上を共同開発する。
-----------------------------------------------------

●同様の取り組みは、すでに化粧品分野でファミリーマートと
 (株)アイスタイル(アットコスメを運営)が共同で、ネット上の
 売れ筋商品を店頭の専用棚にそろえて、大きな販売成果を
 収めています。

●いよいよ『リアルとネットの相互貢献時代』の本格的な開幕
 ですね。

------------------------------------------------------
◆2.ネット販売とタッグを組む百貨店、衣料品や食品で開始!
------------------------------------------------------

●3/19日経流通紙(5面)の『百貨店 逆境に挑む』記事(武田
 敏英記者)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.大丸東京店の5階に、ネット販売で人気の婦人服ブランド
  『アンティカ』の期間限定の売り場が現れた。
2.『アンティカ』は、森にいそうなゆったりした格好の“森ガー
  ル”系の洋服を多く扱い、ネット販売では若い女性のファン
  が多い。
3.しかし、大丸東京店では目新しく、体形を気にしなくてもよ
  く、価格も約4千円と手ごろなため、意外にも百貨店の本
  命の中高年層に受けている。
-----------------------------------------------------

●上記の記事の中には、逆境に挑む百貨店にとって多くの改良
 ・改善のためのヒントがあるように思います。

●例えば、森ガール系のような婦人服を自ら製造小売り(SPA)
 するのか、あるいは『アンティカ』などのネット上の人気ブランド
 店の常設化を図るのか―などが、最低でも検討課題に入って
 きそうですね。

------------------------------------------------------
◆3.ゲイツ氏、東芝と組み次世代原発!私財数千億の投入も!
------------------------------------------------------

●3/23日経記事(1面トップ)によれば・・・。

------------------------------------------------------
1.米マイクロソフトの創業者で会長のビル・ゲイツ氏は東芝と
  組み、次世代原子炉(TWRなど)の開発に乗り出す。
2.同氏は実用化に向けて私財を投じる考えで、その額は数千
  億円の規模に膨(ふく)らむ可能性がある。
3.温暖化防止のために原発建設の機運が世界的に高まるな
  かで、今回の2者の連合の誕生は大きな影響を与えそうだ。 
-----------------------------------------------------

●ご承知の通り原発の建設・運営には長所と短所があります。

●しかし、自然の代替エネルギーの開発だけでは、今後の急
 速な電力需要の増加には対処できない可能性が大きい現
 状では、個人としての投資とはいえ、情報経済分野のガリバ
 ーが、環境経済分野にも本気で取り組んで行く、大きな時代
 の流れを象徴するような、ビッグニュースであると筆者は思う
 のですが、いかがでしょうか・・・。

------------------------------------------------------
◆4.4/9(金)午後、講演4の魅力的な講演内容が決まりました!
------------------------------------------------------

●おかげさまで、4/9(金)午後の講演4の魅力的な講演内容が
 正式に決まりました。決算月の最後の追い込みの時期ですが、
 お早目にお申し込みいただければ幸いです。

●特に、講演4の担当企業の株式会社じげんは、就職をめざす
 学生にとって、働きがいのある成長企業として、『就活アワード
 2011』を受賞しています。
 http://shukatsu-award.com/company/7893/jigen/

●また、講師である株式会社じげん社長の平尾丈氏は、共著で
 すが、『Webコミュニティでいちばん大切なこと。 CGMビジネス“
 成功請負人”たちの考え方』(インプレスジャパン刊、2310円)な
 どの著書もありますので、ご参照いただければ幸いです。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4844325078/

☆===================================================☆
■日時:2010年4月9日(金) 13:00~17:00
■場所:東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、
 (株)オプトさんの会議室をお借りしています。(学士会館の真後
 ろのビルの1階です)
■最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線『神
  保町駅』A9出口下車・徒歩1分です。
  東京メトロ東西線『竹橋駅』1b出口下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■1.講演1:13:00~13:50
◆講演のテーマと講師:【講師が決まりました】
 『ツイッター連動の在庫検索サービス「コレカモネット」の活用』(仮題)
 株式会社 東急ハンズ IT物流企画部 部長 『コレカモネット』
開発責任者 長谷川秀樹氏
 HP: http://korekamo.net/
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆長谷川秀樹氏の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■2.講演2:14:00~14:50
◆講演のテーマと講師:【交渉中です】
 『』(仮題)
 (株) □□□ 
 〇〇 〇〇氏
 HP:
◆講演の概要:(交渉中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■3.講演3:15:00~15:50
◆講演のテーマと講師:
 【講師が決まりましたが、先方とのお約束で、内容につきまして
 は、原稿整い次第、改めてご紹介いたしますので、もうしばらく
 お待ちいただければ幸いです】
◆講演の概要:(準備中です。もうしばらくお待ちください)
◆講師の略歴:(同上)
-----------------------------------------------------
■4.講演4:16:00~16:50
◆講演のテーマと講師:【すべて決まりました】
 『ウェブビジネスの新潮流と、体得した確かな収益化手法』
株式会社 じげん 代表取締役社長 平尾 丈氏
 http://zigexn.co.jp/
◆講演の概要:
1.ウェブメディア ~WEB(ウェブ)2.0その後
 ・ WEB(ウェブ)サイトの増加
 ・ WEB(ウェブ)メディアの撤退
 ・ サービスの存続のための公式
 ・ よくあるケース
2.マネタイズ手法 【CREAM(クリーム)メソッド】
 ・ ウェブサービスの収益化手法 【CREAMメソッド】
・ Commission(コミッション:有料課金)
 ・ Rights(ライツ:著作権)
 ・ E-Commerce(eコマース:ネット通販)
 ・ Advertisemnet(アドザタイズメント:広告)
 ・ Marketing Research(マーケティングリサーチ:調査)
3.じげん社の現状と展望~オンライン・リード・ジェネレーション
 ・ 会社概要
 ・ バーティカルサーチ×オンライン・リード・ジェネレーション
・ 米国での先行事例
 ―当日は以上のようなポイントについてお話しする予定です。
◆平尾丈(じょう)氏の略歴:
2001年4月 慶応義塾大学・環境情報学部に入学。
2003年2月 神奈川県主催のアントレプレナービジネスコンテスト
        に優勝。
2004年10月 東京都主催の学生起業家選手権に優勝。
         株式会社営業を設立し代表取締役に就任。
2005年3月 慶應義塾大学・環境情報学部を卒業。SFC AWARD
        (SFCアワード)を受賞。
2005年4月 株式会社リクルートに新卒入社。   
2005年5月 同社インターネットマーケティング局HRGに異動。New   
        ValueCreation(ニュー・バリュー・クリエイション)受賞。         
2005年10月 同社の新規事業コンテストNewRing(ニューリング)複
数同時入賞。事業開発室に異動 
株式会社ドリコムジェネレーティッドメディアに出向。   
2007年12月 リクルート社を退社
2008年1月 ドリコムジェネレーティッドメディア 代表取締役就任。
2010年9月 株式会社じげんに商号を変更。代表取締役社長。
 -----------------------------------------------------
●4/9の『EC研フォーラム』のお申し込みは下記宛にお願いしま
 す。 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
●4/9(金)午後の、『EC研フォーラム』のお申し込みを歓迎しま
 す。4/5(月)までに、参加費9千円を下記の口座にお振り込み
 下さい。(消費税分は不要です)
 当日・現金払いの場合の参加費は1万円になります。
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
-----------------------------------------------------
○4/9(金)午後の『EC研フォーラム』に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------- 
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・遠藤・田
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・遠藤・田ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
                       http://ecken.jp/diary.cgifield=17
==============================
[PR]

by ecken | 2010-03-26 13:07 | 情報経済新聞

★モバイルコマースと3Dアバター2賞の受賞者6社が決定★

          ≪本日の目次=情報メニュー≫
------------------------------------------------------
◆1.モバイルコマースと3Dアバター2賞の受賞者6社が決定!
◆2.キム・浅田金銀に見る、日韓マーケティング方向の違い!
◆3.3/12前半の第1シンポジウムの出演企業と骨格が決定!
------------------------------------------------------
      
      ~~~~ 編集長 土屋 憲太郎 ~~~~
 
☆こんにちは。女子プロゴルファーの宮里藍さん(24)が米女子
 ツアーの開幕から2連勝をしましたね。
  
●今日の元気が出るニュースの1番目は、『モバイルコマースと
 3D&アバター2賞の受賞者6社が決定』しましたので、そのご
 紹介です。どうぞお楽しみに・・・。

●今日の元気が出るニュースの2番目は、『冬季五輪女子フィ
 ギュア金銀メダルの争奪戦』を題材に日韓のマーケティング・
 センスの違いを少し分析してみたいと思います。どうぞお楽し
 みに・・・。

●本日の元気が出るニュースの3番目は、『3/12の第1シンポ
 ジウム【エコECショップの志とビジネス】(仮題)の骨格が決定
 しました。そのご案内です。どうぞお楽しみに・・・。

------------------------------------------------------
◆1.モバイルコマースと3Dアバター2賞の受賞者6社が決定!
------------------------------------------------------

●おかげさまで2/25(木)の午後、東京・池袋サンシャインシティ
 文化会館で、(1)2賞合同の記者発表会と、(2)2賞合同の授
 賞式』が無事終了。下段の6社の受賞が決まりました。皆様の
 ご支援・ご協力を改めて心から感謝いたします。本当にありが
 とうございました。

●今年の2賞は、いずれも『志のある』(先進性・革新性・独自性
 が高く、環境や社会への貢献度が高い)サイトであって、しかも
 『ビジネス的にも手堅い』サイトが受賞されています。

===========================
   
   ■□■第2回『MCG大賞』&第3回『3DA大賞』■□■

□報道資料の中心となる賞の名称・受賞者名・受賞理由などは
 下段の通りです。

-----------------------------------------------------
■第2回『モバイルコマース・グランプリ』
賞の名称: 『大賞グランプリ』
サイト名:  『安心食品オイシックス』
運営企業: オイシックス株式会社 
◆受賞理由:
御社のモバイルサイト『安心食品オイシックス』は、商品開発の
段階から明確な安全基準を満たした食品のみを選択。また、包
装材などの三Rにも積極的に取り組むなど、人間の健康と地球
環境の双方に配慮した先進的な『エコECサイト』です。また、そ
のユーザービリティーの高さにも定評があります。
-----------------------------------------------------
■第2回『モバイルコマース・グランプリ』
賞の名称: 『国際貢献モバイルサイト・特別賞』 
サイト名:  フェアトレードショップ『ベルダ』
運営企業: (有)ネパリ・バザーロ 
◆受賞理由: 
御社のモバイル対応サイト、フェアトレードショップ『ベルダ』は、
「お買い物で国際協力」をテーマに、現地製品を、継続的に輸
入販売することで、生産者の経済的自立を促すネット店&実
店舗として、手作りの味を生かしたセンスの良い商品を、買う
側の利便性にも配慮しながら、継続的に提供されています。 
----------------------------------------------------
■第2回『モバイルコマース・グランプリ』
賞の名称: 『国際貢献モバイルサイト・特別賞』 
サイト名:  『『MOTTAINAI-SHOP』
運営企業: 伊藤忠商事(株)・立巳物産(株) 共同運営
◆受賞理由: 
両社が共同運営する『MOTTAINAI-SHOP』は、本来の趣旨と
しての『MOTTAINAI(もったいない)精神』を充分に活かしたエ
コバックや有名人がデザインしたマイ傘など、188点を開発。
いち早くモバイルにも対応し、値段や新着順で選べるなど、買
う側の利便性にも配慮されています。
-----------------------------------------------------
■第2回『モバイルコマース・グランプリ』
賞の名称: 『地域起こし先進モバイルサイト・特別賞』 
サイト名:  『お取り寄せスイーツ えんふぁん』
運営企業: (株)ENFAN
◆受賞理由:
御社のモバイル対応サイト『お取り寄せスイーツ えんふぁん』
は、宮城県・塩釜市周辺の体に良くて美味しいお菓子(スイーツ)
のネット販売と熱心な商品開発を通して、地元・塩釜市周辺の地
域起こしに大いに貢献。その背景にある『塩釜』の古きよき歴史
や伝統を、広く全国各地に紹介する役目も果たされています。
-----------------------------------------------------
■第3回『3D&アバタービジネスグランプリ』 
賞の名称: 『大賞グランプリ』 
サイト名:  仮想空間サイト『Nicotto Town - ニコッとタウン -』
運営企業: (株)スマイルラボ 
◆受賞理由:
御社の『Nicotto Town - ニコッとタウン -』は、すでに繁盛してい
るコミュニティサイトとして、(1)24時には仮想タウンを終了しユ
ーザーにゆっくり休んでいただく、(2)有料であっても可能な限り
低価格化を図るなど―長続きする仮想空間サイトとして、最も誠
実な王道を歩まれています。
-----------------------------------------------------
■第3回『3D&アバタービジネスグランプリ』 
賞の名称: 『特別賞』
サイト名:  3Dコミュニティゲームサイト『MILU (ミル)』
運営企業: グレイトフルデイズ(株) 
◆受賞理由:
御社が運営する3Dコミュニティゲームサイト『MILU (ミル)』は、
日本と韓国で同時に展開する、国際的な事業モデルを採用。
サイト全体の雰囲気は温かな癒しの気分に満ちており、3Dア
バターの応募型のコンテストを実施するなど、ユーザーもすで
に5万人を突破しています。
===========================

●以上、これからもEC分野とエコ分野の健全な発展の一助に
 なれますように継続して尽力して参りますので、今後ともどう
 ぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------
◆2.キム・浅田金銀に見る、日韓マーケティング方向の違い!
------------------------------------------------------

●3/1朝日記事(3面、バンクーバー発、稲垣・平井両記者)に
 よれば・・・。

------------------------------------------------------
1.日本のメダル数は今回銀3個、銅2個。前回トリノの金1個
  に比べて復調の兆しはあるが、長野オリンピックの時の黒
  字(全体45億円のうち40億円余をスポーツ振興に使用)の
  恩恵が消える新年度からの強化策には大きな不安が残る。
2.代表選手になれば給料が出る中国や韓国に比べて、日本
  には練習に専念できる拠点リンクさえない。
3.財閥サムソンが資金を援助。金メダルを取れば、兵役免除
  や賞金(一括だと約530万円)の支給もある韓国などと比べ
  て大きな隔たりがあることも事実だ。
------------------------------------------------------

●今回・朝日の五輪報道で筆者がいちばん注目したのは、長
 野五輪金メダリストで鋭い観察眼を持つ清水宏保さんの連載
 『スポーツ後進国 日本』の記事でした。

●その内容は割愛しますが、こうした辛口の分析記事がベース
 にあって初めて、甘口のエンタメ記事も生きて来るのではない
 か、と思いました。

●2/27(土)のNHKスペシャル番組で『キム・ヨナ選手の磨きあ
 げた表現力と、3回転半ジャンプを成功させた浅田真央選手
 の技術力』の差について、深く知ることができました。

●3回転半ジャンプなど、技術力では浅田選手に勝てない部分
 があることを深く自覚した韓国チームは、ほぼ4年間プログラ
 ムの内容を変えず、音楽の選曲や編曲にいたるまで磨き抜く
 ことに徹し切りました。

●そうした韓国チームのいわば『売りに徹した』マーケテイング
 戦略と、『技術力と(表現力を含めた)プログラムの新しさ』に
 こだわり抜いた日本チームの、練度の差が今回のバンクー
 バー大会では出たように感じました・・・。

●以上のような戦略的な考察と対策と健康があれば、次のソチ
 大会の金メダルは浅田選手のものだと思います。(以下はあ
 くまでも筆者の推測ですが・・・)浅田選手も、NHKスペシャル
 番組が伝えたかったエッセンス(精髄)を知り、そのことをすで
 に深く自覚しているのではないでしょうか・・・。
 
------------------------------------------------------
◆3.3/12前半の第1シンポジウムの出演企業と骨格が決定!
------------------------------------------------------

●3/12(金)午後のEC研・エコ研の『第1シンポジウム』=【エコ
 ECショップの志とビジネス】(仮題)の骨格が、おかげさまで、
 正式に決まりました。

☆===================================================☆
■日時:2010年3月12日(金) 13:00~17:00
 【前半】 第1シンポジウム  13:00~15:00
 【後半】 第2シンポジウム  15:00~17:00
■会場:
 東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル1階、(株)オプ
 トさんの会議室をお借りしています。(学士会館の真後ろのビル
 の1階です)
■最寄駅:
 【1】東京メトロ半蔵門線『神保町駅』(A9出口下車)徒歩1分。
 【2】都営地下鉄三田線・新宿線『神保町駅』(A9出口)徒歩1分。
 【3】東京メトロ東西線『竹橋駅』出口6下車・徒歩5分です。    
■案内図: http://www.opt.ne.jp/move/index.html
☆===================================================☆
-----------------------------------------------------
■第1シンポジウム 【エコECビジネスの明日】 13:00~15:00
-----------------------------------------------------
□1.基調報告 13:00~14:00 【すべて決まりました】
◆基調報告1:13:00~13:20
 ◇基調報告1のテーマとパネリスト:
 『愛犬のためのエコ商品開発 ~愛犬の健康を守るグッズは
 こうして生まれた~ 』
 有限会社エコ・プラン21 代表取締役社長 戸松 寛人氏
 愛犬のエコロジーショップ『わんのはな』:http://wannohana.com/
 プロフィール:http://wannohana.com/brand/profeel/profeel1.php
 ◇基調報告1の概要:
 ・国際生物多様性年
 ・愛犬をとりまく環境問題
 ・わんのはな はじまり物語
 ・わんのはなエコロジカル・ドッグライフ
 ・わんのはなの商品開発
 ・わんのはなの活動
 ・わんのはなのキセキ
 ―当日は、上記のような要点についてお話しする予定です。
 ◇パネリストの略歴:
 静岡県生まれ。静岡県立沼津商業高等学校卒
 1979年、東京にてソフトウェア会社:株式会社CSK入社、
 三菱銀行、IBM社等の大型汎用コンピューター技術に従事。
 1989年、外資系ソフトウェア会社2社にて、
 技術マネージャー職とマーケティングマネージャー職に従事。
 1998年、京都温暖化会議COP3を機に環境関連事業を目指
 し退職、東京にてエコロジービジネスの調査・情報収集・スタ
 ディ。同年6月清水町に戻る。
 1999年、3月有限会社エコ・プラン21を設立。
 エコロジーショップビジネスを伊豆とインターネットで開始。
 2002年、楽天市場、ヤフーへネットショップを開店。
 2004年、NHKにて『日本初、愛犬のエコロジーショップ』とし
 て放送。
 2009年、第13回『日本オンラインショッピング大賞』の『大賞
 グランプリ』を受賞。
 2010年現在 ネットショップ4店舗、実店舗1店舗を運営。
----------------------------------
◆基調報告2:13:20~13:40 【パネリストが決まりました】
 ◇基調報告2のテーマとパネリスト:
  『人と環境に優しいTシャツづくりと文化の振興をめざして』
  (仮題)
  久米繊維工業(株) 代表取締役社長 久米 信行氏
  同社HP : http://www.kume.jp/company/index.html
  環境方針: http://www.kume.jp/ecology/ecology3.html
 ◇基調報告2の概要:(準備中です。もう少々お待ちください)
 ◇久米信行氏の略歴:(同社ホームページから抜粋)
 イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開
 発後、家業の3代目となる。T-GALAXY.comで日経インターネ
 ットアワードIT経営百選受賞。AllAbout Tシャツガイド。明治大
 学商学部講師。東京商工会議所IT分科会長、墨田ブランドア
 ップ推進会議委員。連載は、経営者会報.日経パソコン.日経IT
 pro.日経ベンチャーなど多数。著書に『メール道』、『ブログ道』
 (NTT出版)など。日本オーガニックコットン協会の広報委員。
 http://www.joca.gr.jp/joca/whats_joca/joca_member.html
----------------------------------
◆基調報告3:13:40~14:00 【同社内で講師を人選中です】
 ◇基調報告2のテーマとパネリスト:
  『地球と人に優しい食品・農産物の取り扱いを拡大』(仮題)
  オイシックス株式会社 商品開発(特に青果)ご担当者様
  同社のHP:
  http://www.oisix.com/topPageG5.htm?SESSIONISNEW=TRUEID&mi2=7749
  環境方針:
  http://www.oisix.com/shop.g5--aboutus--annai_kankyo__html.htm#03
 ◇基調報告2の概要:(準備中ですも少々お待ちください)
 ◇パネリストの略歴: (準備中ですもう少々お待ちください)
----------------------------------
□2.パネルディスカッション 14:00~14:40
□3.質疑応答 14:40~14:50
□4.名刺交換 14:50~15:00
-----------------------------------------------------
■第2シンポジウム 【ネット金融の明日】 15:00~17:10
-----------------------------------------------------
□1. 15:00~16:00
◆基調報告1:15:00~15:30 【パネリストが決まりました】
 ◇基調報告1のテーマとパネリスト:
 『お客様に喜ばれるサービスの提供と、金融資本市場の健全
 な発展』(仮題)
 カブドットコム証券(株) 【東証1部】 執行役 営業本部長 
 臼田 琢美氏
 同社の概要: http://www.kabu.com/company/profile.asp
 同社の企業行動憲章:
 http://www.kabu.com/company/policy/charter.asp
 ◇基調報告1の概要:(準備中です。もう少々お待ちください)
 ◇パネリストの略歴:( 準備中です。もう少々お待ちください)
----------------------------------
◆基調報告2:15:30~16:00 【すべて決まりました】
 ◇基調報告2のテーマとパネリスト:
 『ライフネット生命のチャレンジ~還暦のベンチャー・戦後初
 の独立系生保の誕生~』
 ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 
 出口 治明(はるあき)氏
 同社の概要:
 http://www.lifenet-seimei.co.jp/profile/outline/index.html
 社長メッセージ:
 http://www.lifenet-seimei.co.jp/profile/message/index.html
 ◇基調報告2の概要:
 1.現代日本の社会・経済構造的問題~ライフネット生命立ち
   上げの背景
 2.生命保険業界の問題とは
 3.還暦の起業~骨太のベンチャーのこれから~
 ◇出口治明氏の略歴:
 1948年三重県美杉村生まれ。                              
 京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。
 企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の
 初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の
 改正に東奔西走する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長
 などを経て、同社を退職。
 2005年より東京大学総長室アドバイザーを勤めた。
 2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。
 2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険
 株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。
 主な著書に、『生命保険はだれのものか』2008年11月(ダイヤ
 モンド社)、『直球勝負の会社』2009年4月(ダイヤモンド社)、
 『生命保険入門 新版』2009年12月(岩波書店)など。
----------------------------------
□2.パネルディスカッション 16:00~16:45
□3.質疑応答 16:45~17:00
□4.名刺交換 17:00~17:10
-----------------------------------------------------
●3/12の『EC研・エコ研シンポジウム』(前半・後半・両方)にお
 申し込みの場合、最下段のお申し込み欄に必要事項をご記入
 の上、下記宛にご返信ください。 
 EC研・事務局 ecken@ceres.ocn.ne.jp 
 TEL:03-3515-7175 担当/土屋・ユン・青木
-----------------------------------------------------
●3/12(金)午後の前半と後半・両方のシンポジウムへのお申し
 込みを歓迎します。両方の場合の参加費は1万6千円(事前お
 振り込みの場合は1万5千円)になります。
-----------------------------------------------------
●前半第1・後半第2のどちらか一方だけのシンポジウムへの
 お申し込みもできます。どちらか一方だけの場合の参加費は
 1万円(事前お振り込みの場合は9千円)になります。
-----------------------------------------------------
●3/9(火)までに上記の参加費を下記の口座にお振り込み下
 さい。(消費税分は不要です)
 ※三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通口座 4046687 
 EC研究会・事務局(イイシイケンキユウカイ ジムキヨク)
-----------------------------------------------------
○3/12(金)の『第1と第2のシンポジウム』両方に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
-----------------------------------------------------
○3/12(金)午後の『第1シンポジウム(前半)』に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
-----------------------------------------------------
○3/12(金)午後の『第2シンポウム(後半)』に、
 (1)参加します。 
 (2)残念ですが、今回は参加できません。   
-----------------------------------------------------
○お名前:                 
○御社名:                
○ご所属:
○お役職:               
○TEL:                    
○FAX:                    
○Eメール:
-----------------------------------------------------

●以上、どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
 『EC研究会』(NPO)/ECO研究所(エコ研)/『アジア太平洋EC協会』
 (NGO)/9賞合同事務局/『情報経済新聞』・『環境経済新聞』編集部
 /代表・土屋憲太郎・ユン・青木ほか。
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-4原口ビル6F
 (半蔵門線・神保町駅A1・徒歩3分、新集英社ビルの並び) 
 TEL:03-3515-7175 FAX:03-3515-7176
 eメール: ecken@ceres.ocn.ne.jp HP: http://ecken.jp/
 『情報経済新聞』のブログ:     http://ecken.jp/blog/
 『環境経済新聞』のブログ:     http://eckenkyuka.exblog.jp/
 『日本オンラインショッピング大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=10
 『モバイルコマース・グランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=11           
 『日本ブロードバンドビジネス大賞』:http://ecken.jp/diary.cgi?field=12
 『ユビキタスジャパン・グランプリ』: http://ecken.jp/diary.cgi?field=13 
 『ウェブ2.0ビジネス大賞』:     http://ecken.jp/diary.cgi?field=14   
 『日本検索経済大賞』:        http://ecken.jp/diary.cgi?field=15
 『アバタービジネスグランプリ』:  http://ecken.jp/diary.cgi?field=16
 『三石玲子賞』:         http://ecken.jp/diary.cgi?field=18 
 『環境経済大賞:エコカーとエコ住宅のグランプリ(2009年)』:
 http://ecken.jp/diary.cgi?field=17  
==============================
[PR]

by ecken | 2010-03-01 18:10
line

第9回『日本オンラインショッピング大賞(=OLS大賞)』募集中です


by ecken
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31